• 2017年3月27日

3台のパソコンでお仕事をしてきて、データの共有をファイル共有でやってきたお客様。
パソコンはWindows7、8、10と3OS。随分昔にファイル共有を設定して、複合機のスキャンファイル共有などもする為に、追加での設定をしてきたようです。
それが、なんだかWindows10からは編集後の保存に時間がかかるそうで、共有したいファイルはさほど多くないということだったので、Googleドライブなども試してみたのですが、イマイチ・・・。
そこで、NASを導入してみました。

アイ・オー・データ機器 I-O DATA
HDL-TC1 [ネットワーク接続ハードディスク(NAS) コンパクトモデル 1TB]

すごく簡単で、パソコンが無くてもスマホやタブレットだけでも使用できます。念の為管理画面にログインしてみましたが、しなくても良いくらいの単純さです。このシンプルさが気に入りました。
メーカー提供のバックアップアプリ「Sync With(シンクウィズ)」が使い易くて、弊社のお客様にはお勧めしています。
形が変わってて、意外な小ささです。
スマホの写真が溜まってしまって、バックアップをどうやったらよいかわからない人にはお薦めです。

  • 2017年3月22日

パソコンがどうにも使いづらいそうで、Windows10にアップグレードをご希望です。Windows102013年10月モデル。
無料アップグレード期間は終わってますが、以前アップグレードが始まっちゃって止めたことがあるそうなので、もしかしたらできるかも・・・という感じでチャレンジです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH56/M(FMVA56MW)
OS:Windows8.1 64bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-4702MQ CPU @ 2.20GHz、2201 Mhz
Memory:8GB

まず、BIOSをアップグレード(Ver.1.15→1.22)。
メーカーサイトの機種別注意事項を確認。
お客様はデータ等全部消えて良いとのこと。
ただ、アップグレード後起動しないとか、Windows10にできないとかトラブルがあると嫌なので、バックアップディスクを作成。
このパソコンはリカバリディスク作成方法がわかりづらい。
バックアップナビ→次→管理で、「リカバリディスクセットの作成」。
DVD6枚、1回しか作成できません。
セキュリティソフトは「ウイルスバスタークラウド」をアンインストール。
念の為、フリーソフトでプロダクトキーを確認。

3時間ほどかけてリカバリディスク作成。
その後、Windows10アップグレードディスクを使ってアップグレードを試みるも失敗。元の状態に復元されました。
ドライバが問題・・・とか出るので、WindowsUpdateを更に続け、全てアップデートして、再度アップグレードを試みるも失敗。
完璧にはまりました。

お客様とご相談の上、DVD起動によりアップグレードを試みると、ライセンスキーの認証が通りませんでした。ああ、そういうこと・・・。
最初からそう言ってくれれば・・・。

せめてもう少し快適に動いて欲しいので、イベントビューアのログを確認すると、たくさん忠告やら警告やらが発生していました。

イベント1, ApplicationExperienceInfrastucture(Intel Bluetooth Wireless High Speedの警告)
イベント1002,Application Hang (LiveComm.exeのエラー)
イベント 2006, LocationProvider(エラー)
イベント 2001,LMS (MEI driverのエラー)
イベント 1000, Application Error (PG_Logon.exeのエラー)
イベント 1000, Application Error (svchost.exe_PcaSvcのエラー)
イベント 1000, Application Error (wermgr.exeのエラー)
イベント 100, Bonjour Service (3つエラー)

一番面倒だったのがIntelのWiFiドライバ。
富士通アップデートナビで検出するものを全部アップデートしてみたが、Intel PROSet/Wirelessソフトウェア V.19.20.3がエラーになる。

Error [80000000]:This version can not upgrade from the current older product.Please uninstall the older product manually

デバイスマネージャで、古いドライバを削除してDLしたドライバを入れ直してもNG。
で、WindowsUpdateで検出されたオプションのアップデートで適用するとあっさりエラーは消えました。
BonjourのエラーはiTunes使わないのでアンインストール(正しい順番で)。
これでどうやらエラーは無くなりました。
つくづくWindowsUpdateって不具合の修正してるんだよ。
せっかくエラーが消えたので、ダメ元でもう一度だけWindows10にアップグレードを試みました。
が、やっぱりNGでした。ネットでぐぐると、このメッセージは無償アップグレード期間も多発したらしい。

0xC1900101-0x30018
SYSPREP 操作中にエラーが発生したため、インストールはFIRST_BOOTフェーズで失敗しました。

このままWindows8.1のままで、2023年1月10日のサポート終了までお使いになる予定です。Windows10
というわけで、何故か無償アップグレード期間を終えてもできていたWindows10の認証は本当にできなくなったようです。
勝手にアップグレードされたりして、一度でも認証したことがあるなら認証可能らしいです。

  • 2017年3月12日

レッツノートパソコンの電源を入れても何もできないそうで、Vistaパソコンなので買い換えることになりました。
中古パソコンですが、とても良いのが見つかりました。

PC:Panasonic Let’s Note CF-B11
OS:Windows10 Pro 64bit
HDD:320GB
Memory:8GB
MS-OFFICE2010 Home付き。
3年保証付き。

旧PCはSonyのVaio type F VGN-FE53B/W(PCG-7V1N)。
ドライブが一杯になってしまって、お孫さんがUSBメモリにバックアップを取って、いろいろやってみたそうですがうまくいかなかったとのこと。
メモリの中には写真とファイルがありました。

Yahooメール、パスワードを紛失しているので、パスワードリセット。
アドレスブックには何も入っておらず、おそらくメールソフトにYahooメールを設定していたらしい。そのアドレス帳はバックアップ無し。

筆ぐるめソフト、ヨドバシカメラよりDL購入及びインストール。
USBメモリの中にあった筆ぐるめフォルダの中は、使用していないフォルダでした。多分共有フォルダとかその辺の間違いでしょう。

ゲームをUSBにバックアップを取ったとのことでしたが、実行ファイルはありませんでした。

旧PCは起動時に「BOOTMGR is missing」と出ます。
取り外してUSB接続してみると、ドライブは見れますが中は空です。
Ubuntu Diskで起動、確認しても同様。
OS(Vista)ディスクで起動しても、スタートアップ修復では修復できず、
コマンドプロンプトを開いて

bootrec /fixmdr
bootrec /fixboot

を実行し再起動でもNG。

リカバリ領域は生きているので、リカバリ実行。
「VAIOデータレスキューツール」なんてのがあるのでダメ元で実行。
これの内容はWinPEです。
「かんたんデータレスキュー」を実行すると、「アプリケーションエラー」。
「例外 unknown software exception(0xc0000094)がアプリケーションの0x00433803で発生しました。」で終了。
一応、「VAIOハードウェア診断ツール」でチェックするとハードウェアは正常。
「ハードディスク診断と修復」なんてのもあるので起動してみた。
正常。

何をしたんだろう、どうしたらこんなふうになるんだろう。まったく何も無くなってる。
とりあえず、HDDをそのままコピーして、コピーでリカバリしました。
ゲームはフォルダごとコピーしてみると、Windows10でも動きました。
(が、その後動かなくなりました。これは続く・・・)