• 2017年6月25日

auのiPhone5でDocomo系格安SIMを使う

20170625005auのiPhoneはDocomoやSoftbankのiPhoneとは通信方式が違うので、Docomo系格安SIMで使用する事ができませんでした。
自己責任で、脱獄したりSIM解除アダプタを使えば通信できるのですが、私もSIMロック解除アダプタを使用して、時々圏外になったり、シャットダウンするとダメだったり、4回起動し直しして復旧させたりとけっこう苦戦したものでした。

が、この新しいSIM解除アダプタ「SmartKing X」で安定して使用可能となりました。

実は最初は手こずりました。というのも、元々使っていたFreetelのSIMカードが突然通信できなくなり、他の端末(Nexus7、Zenfone5)でもNGで、SIMカードの有償交換を依頼しました。交換直後はNexus7で動作確認したのですが、iPhone5では「不正なSIM」とか出て、SIMカードを認識するものの、通信できない状態に陥りました。
その後はNexus7でもZenfone5でも通信不可です。

メーカーにメールで問い合わせて指示された確認事項に、「設定」→「もっと見る/その他」→「モバイルネットワーク」
→「通信事業者」→「NTT DOCOMO 4G」を選択とあり、Nexus7でこれをやったところ、通信が回復しました。
端末1台で回復した後は、他のスマホ(タブレット)でも通信可能です。

iPhoneをシャットダウンしても電源を入れれば正常に繋がります。
iOS 10.3.2にアップデートしても問題ありません。

 

  • 2017年6月21日

プロセッサと実装メモリが使用不可

珍しい現象を見たので覚書。
お友達が自作してくれたというデスクトップパソコン。

プロパティ

Youtubeが非常に遅くまともに動きません。DVDドライブはすぐにトレイが出てきてしまい、故障の可能性もあります。
ただ、Windows7ですし、買い替えもそろそろ考えたほうが良いかもしれず、とりあえず今は使えているのでちゃんと修復まではしないことにしました。
とりあえず、こんな現象があったということで。

一応ぐぐってみるとちらほらあるトラブルらしい。
↓この方法で直るらしいです(すばらしい!)。
プロセッサと実装メモリが使用不可と表示される

本家が無くなるといけないので、記録します。

net stop winmgmt /y
cd /d %windir%\system32\wbem
rename Repository Rep_bak
for %%i in (*.mof,*.mfl) do Mofcomp %%i
EXIT

上記の内容でバッチファイル作って名前を付けて(例:wmir.bat)保存し、管理者として実行する。

  • 2017年6月17日

アカウントが一時的に使用停止になっています新規にパソコンを購入したのでセットアップをご依頼です。

PC:富士通 ESPRIMO FH52/A3
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:1TB
Memory:4GB

今日は有線LANで接続しますが、実際には別の部屋で使用するので、その時は無線機を設置することになります。
ということは、しばらくネットに繋げなくなるので、今日のうちにWindowsUpdateした方が良いのです。
時間はかかると思いますが・・・。
電源を入れて初期セットアップ開始。
セットアップ中にWindowsUpdateをしました。
すると・・・、30分以上ボーッっと待つことに・・・。

やっと終わって、GoogleChromeインストール、Gmail設定。
既存のパソコンと同じに設定します。
プレインストールのMS-OFFICE2016を起動し、認証をすると・・・、通りません。
「ライセンス認証回数が上限に達しているためライセンス認証を実行できません」
Office 製品のライセンス認証ができないお客様へ

つまり、1月に大発生したトラブルで、そのまま改善されてない。
上記は今見つけた記事で、問い合わせの電話番号は、現場ではパソコンには表示されません。
WEBからログインしろとか言われます。
ログインしようとすると正しいID・パスワードを入力してもログインできず、パスワードリセットに進むと、
「アカウントが一時的に使用停止になっています」
と難癖つけられました。
「お客様のアカウントxxxx@gmail.com 使用して大量の迷惑メールが送信されたか、Microsoft サービス規約に違反する行為が行われた可能性があります。」
そんなことはありません(怒)。
続行して、担当者さんの携帯電話のSMSで確認コードを受け取って、使用停止を解除。

Officeはまだです。
認証画面のヘルプをクリックしたところでやっとMicrosoftのサポートの電話番号が表示され、電話が繋がりました。
電話認証になり、アナウンスの声に従い認証IDを入力すると、これも認証できず、
サポートは日本語を話しますが、日本人ではありません。
そして、認証IDが発行され、その通りに入力すると認証が通りました。
さっさと電話を切ろうとするので、どうして認証が通らなかったのかと質問すると、原因はわからないとのこと。
そして、お客さんに迷惑をかけたという認識はありません。

Outlookでメール設定。
もう、時間が無いので、続きは次回に持ち越しました。
つまり、Microsoftの認証がすべて通らないトラブルなのでしょう。

  • 2017年6月13日

突然に日本語の入力ができなくなりました。
IME言語バーも出てきません。
パソコンを起動した時には出ていて、かな入力がONになっているのをOFFにしたところまで覚えています。
ネットでググると、同じ現象で困ってる人が少なからず・・・。

[Windows 7] 言語バーを表示する方法を教えてください。

再起動 NG
「地域と言語」内の「テキストサービスと入力言語」で言語バーをタスクバーに表示する項目を一旦無効→有効 NG
レジストリで「Input Method」を確認。→「Show Status」の値は1で正常。
「ctfmon.exe」をスタートアップに登録 で解決。

MS-IME

既定の言語

 

  • 2017年6月10日

外出先で使う軽くて小さなノートパソコンをご依頼頂きました。
これが機器選定に悩みました。
予算が許すならもちろんPanasonic Let’sNOTEでしょう。
でも、そこまでかけるほどの使用でもないそうで、でも、なまじな安いパソコンですぐ故障も嫌だし、セキュリティも心配です。
だいたい安いパソコンってCPUやメモリが貧弱で、WindowsUpdateする度にどんどん動作が遅くなります。
それならむしろタブレットの方が使いやすい。
いろいろ探して今回選んだのはこれ。マウスコンピュータ

PC:マウスコンピュータ MB-C250S1
OS:Windows10 Home 64bit
CPU :Intel(R) Celeron(R) プロセッサー N3450 ( 4コア / 4スレッド / 1.10GHz / IBT時最大2.20GHz / 2MBキャッシュ )
HDD:1TB
Memory:8GB
液晶:11.6型ノングレア

受注生産で工場は長野県の元イーヤマ。
約1週間で納品しました。
昔は安いBTOパソコンで売り出して、電源が弱いとか言われてましたが、最近は工場を元イーヤマ工場に集約して、修理やサポートも短期間で対応しているらしい。
ともあれ、他に比較検討するような機種もありません。
ぜひとも、長野県で頑張っていただきたいので、見守っていきたいと思います。

納品前に初期設定。
最初からこのパソコンはCortanaがしゃべってました。
WindowsUpdateをすべて実施。
回復ドライブ作成。
ソフトは「MS-OFFICE2010」「Adobe Reader」インストール。
取扱説明書(PDF)へのショートカットをデスクトップ上に貼り付け。
セキュリティは「Defender」を有効。
社内でNASに接続、プリンター設定(自動で認識)。
まだどんな使い方をするか未定なので、外出先からのネット接続は、スマホのテザリングか、フリースポットを使用。
会社内でまめにWindowsUpdateをするようにしましょう。