• 2017年10月21日

Windows10をクリーンインストール

液晶故障したWindows8パソコンに、Windows10をクリーンインストールしてみました。
メーカーサイトを確認しましたが、近い型番は10に対応確認されていますが、微妙に対象外でした。

PC:富士通 LIFEBOOK UH75/J(2012年秋モデル)※ 仕様
OS:Windows8→10 Home 64bit
HDD:約500GB HDD + 高速処理用SSD
Memory:4GB(交換不可)

このパソコンはDVDドライブが外付けになります。
Windows10のディスクで起動したいので、BIOSの設定を変更。
チャームを表示→[設定]→[PC設定の変更]→[PC設定]の[全般]を開く
[PCの起動をカスタマイズする]→[今すぐ再起動する]をクリック。
[オプションの選択]→[トラブルシューティング]→[詳細オプション]→[UEFIファームウェアの設定]→[再起動]
ああ、めんどくさい。

BIOSで起動の順序を変更し、再起動。
インストールする場所をフォーマットして、インストールしました。
認証は何もしなくても通ってました。
強制アップデートで通したことがあったかどうかはわかりません。
Windows10にアップグレードした後に「Fujitsu BIOS Driver」「富士通拡張機能ユーティリティ」をインストール。
高速スタートアップは無効に。
「Fall Creators Update」も問題ありませんでした。
OSのクリーンインストール直後なので、一番問題無いかもしれませんね。

ところで、このパソコンはキータッチが気持ち悪い。
富士通の一部にあるのだけど、キーを押した感じがぐにゅ・・・とする。
これがどうしても耐えられないお客様もいました。
軽くタッチすれば良いのですが、私も無理かも・・・。
このパソコンで「Fall Creators Update」の新機能を試してみましょう。

winver

  • 2017年10月15日

Office2016 for Macの設定

お客様がWindowsからMacに買い換えるので、これを機会に「Office2016 for Mac」のサポート記事を書くことにしました。
私自身は普段は「LibreOffice」をメインに使っており、どうしても必要な時だけ、Windowsで「MS-OFFICE2016」を使用しています。
スマホ(android)にもOfficeアプリを入れたことはありますが、あまりに重くて耐えられず削除しました。
「Microsoft AutoUpdate」で自動チェック有効。
「Office2016 for Mac」現時点でバージョンは15.38.0。

Mac版では、昔ながらのメニューバーが表示されます。

office for mac

【Office共通】

個人用設定
[全般]で、「Officeテーマ」をクラシックに設定。
「○○の起動時に○○ギャラリーを開く」のチェックをOFF(どれかで設定すると全部に反映される)。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズ
複数回クリックしなければできない操作の繰り返しは無駄。
よく使用する操作「ファイル」「保存」「名前を付けて保存」「元に戻す」「繰り返し」「印刷」などを登録。

【Word】

「遊明朝」フォントが妙に薄く見えて気持ち悪いので、既定のフォントは変更。
[形式]-[フォント]で好みのフォントに変更(ex:MS P明朝、ヒラギノ明朝等)、「規定値」をクリックしてOK。
[環境設定]-[保存]で、標準のファイル保存形式:「Word文書(.docx)」
[.doc]で保存すると図の挿入ができない。一旦[.docx]で保存すれば図の挿入はできるので、作業中は[.docx]にしておき、
最後に[.docx]で保存すれば良い。

【Excel】

フィールドの設定
「Excelの起動時にブックギャラリーを開く」のチェックをOFF

【Powerpoint】

[表示]-[スライドマスター]-[フォント]の▼をクリック。
任意のフォントをクリック。
これでスライドごとでなく、プレゼンテーション全体の既定のフォントが設定できる。

【Outlook】

[メール]-[作成]を開き、「形式とアカウント」項目で、
「既定ではHTMLでメッセージを作成する」のチェックを外す。(これは好みによります。)
受信メールが文字化けする場合はエンコードを変更、またはGmailやThunderbirdを併用する。
基本的にOutlookはお勧めしない。

  • 2017年10月11日

ガラケーからスマホへの乗り換えを検討のお客様に、ガラケーとは別にスマホ+MVNOを導入することにしました。
ガラケーを急いでやめる必要はまったくありません。

スマホ:ASUS Zenfone 3
通信(MVNO):So-net 0sim データ+SMS対応プラン
保護フィルム貼り付け、クリアケース装着。
SIMカード・MicroSDカード装着。

Zenfone3 Zenfone3 Zenfone3

Googleアカウント、アマゾンKindle、Gmail、Youtube、Googleマップ設定。
通信契約はSo-netの0simで、500MBまでは無料。上限は5GBで1600円。
但し、3ヶ月全く使用しないと解約されてしまうので注意が必要です。
いきなりガラケーから乗り換えて、使い方がわからないとかバッテリーが無いとか突然電話が使えなくてパニックになるのも怖いです。
しばらく使って慣れてきてから通信契約を変更してもかまわないのです。
ドコモやau、Softbankなどのキャリア契約と違って契約期間の縛りがありませんから、電話番号を移したくなったらその時移せば良いです。
そして、自宅では自宅のWiFiに接続すれば0simの通信を使用しません。
問題はメールアドレスで、固定回線のプロバイダ契約と同様です。
面倒でも乗り換えれば月額5000円くらい違うはずで、1年で60,000円。5年で300,000円と考えていただきたい。
メールアドレスは最初からプロバイダやキャリアのものを使わず、Gmailなどを使っておいたほうが後々面倒がありません。
フリーメールだとダメなサービスもたまにはありますが、そういう時だけに使うようにしておけば乗り換えもさほど面倒になりません。

 

  • 2017年10月7日

パソコンの調子が悪いそうで訪問しました。
2台のパソコンのうち1台がネットが不安定だったそうです。

PC:NEC VALUESTAR 
OS:Windows10 Home
Memory:8GB

インターネット接続:CATV
ISP:J:COM

まず、ネットが切れるのでJ:COMに電話したところ、無線ルータはサポート外、モデムは正常と言われたそうです。
パソコンメーカーに電話したところ、原因が特定できずシステムの復元を案内され、復元後も改善しなかったそうです。

まず、有線LANでもブツブツ切れています。
無線LANも有効になっているので一応ネットは使えますが、頻繁に有線と無線が切り替わっているようで、切れているのは有線LANの方でした。
こちらはマンションで、埋め込み下駄箱の上にネット設備が収納されています。
壁から宅内の各部屋からのLANケーブルが集まっていて、モデム、HUB、無線ルータが設置されていて、今回のトラブルはHUBの故障でした。
HUBのランプが全点灯→消灯→接続箇所のみ点灯を繰り返していました。

ネットワーク

HUBは撤去。無線ルータのLANポート4つでなんとかします。
全部で6本のLANケーブルのうち、どうしても必要なリビングや遠い部屋の分のみ無線ルータのLAN側に接続し、それ以外は無線LANで接続しました。
今回無線ルータも古いので交換しましたが、なぜかなかなか繋がりません。
一台だけパソコンが繋がり、なぜかWAN側IPアドレスを取得しています。ルータが有効になっていない。
背面の切り替えスイッチは間違いなくルータはONなのに。

昔CATVでこんなことがよくあったものですが、モデムの電源を切って5分ほど放置。
モデムの電源を入れ直し、ランプが点灯したのを確認してから無線ルータの電源をON。
これで正常に動作しました。

アメーバのゲームの画面にビックリマークが出ていましたが、ネットが安定して「Flash Player Pro」をアンインストールしたら出なくなりました。
この「Flash Player Pro」はAdobeの偽サイトです。

アメーバエラー 偽Frash Player

「Byte Fence AntiCalware」「Flash Player Pro」「InternetSpeedTracker」アンインストール。
「Adobe Reader」インストール。
プリンタ設定確認。

ネットワーク

  • 2017年10月1日

プリンタ廃インク限界

廃インクエラープリンターのエラーを放置していたら印刷できなくなったそうで訪問しました。

修理対象機種・料金一覧
を確認すると、製造終了。すでに5年以上過ぎているのでメーカー修理は不可能。
修理出来ても修理代7,000〜13,000円かかります。

【EPSON】廃インク吸収パットの限界エラーの対処方法
によると、廃インクのタンク化とか、カウンターをリセットするツールとかあるようですが、修理して使いたいと思えないので買い替えです。
廃インクのタンク化改造は面白そうでやってみたいけど、直ってもこれ大きくて邪魔なんです。

  • 2017年10月1日

マウスもキーボードも動かない

起動できなくなったパソコンを一旦は修復しましたが、すぐにまた不具合が出たので、もう修理しても無駄と判断しました。
今回導入したパソコンはこれ。超小型パソコン。

PC:MousePro-M590C-SSD-1701
OS:Windows10 Pro 64bit
SSD:240GB
Memory:8GB(8GBx1)

LAN:BN MAX BCW710J2
インターネット接続:CATV
ISP:J:COM

無線LAN接続設定。
メール設定(Thunderbird)
プリンタ設定(EPSON EP-806AW)
回復ドライブ作成。

そろそろSSDのパソコンが一般にも普及してきました。一度SSDにするともう戻れません。
このパソコン、ディスプレイの後ろに取り付けるマウンタが同梱されています。
つまり、一体型パソコンが作れちゃうんですね。面白い。

2017-10-14 10.59.36

付属品 「 VESA マウンタ 」 の取り付け方法 ( コンパクト PC )

ハードディスク故障旧PCは起動するものの、マウスもキーボードも反応せず、まったく使えません。
諦めて新しいパソコンを導入。
前回、住所録ファイルをCSVファイルでエクスポートしておきました。
旧PCを後日確認したところ、ハードディスクに不具合が発見されました。
これを交換修理した場合、リカバリすればWindows7に戻り初期設定して、2020年までで終了。
Windows10をクリーンインストールして再設定すればまだ使えるかもしれませんが、それでもハードディスク以外に不具合が無い、あるいはすぐに別の部分に不具合が出ないとは限らない訳です。
また、強制アップデートでWindows10にされたパソコンはメーカーは推奨しなかったので対応義務は無いし、大きなアップデートの度にトラブルを誘発する「アップグレード版Windows10」と、どの時点で見切りをつけるか、修理にお金をかけるか、という選択になります。
もちろん親の形見のパソコンで、どうしてもずっと使いたいなら延々と修理をしてもかまいません。