• 2018年1月5日

自宅に届いたFAXをメールの添付ファイルで受信する方法。
Brother MFC-J997DNで設定したので覚書。

パネルの ▷ をずっと右へ進んで、「お役立ちツール」の中の「ファクスクラウド転送」を選択。

ファックスクラウド転送

「編集」→「メール転送」→「送付先編集」→「送付先登録」で送付したいメールアドレスを登録。

これで、FAX受信時に登録したメールアドレス宛にFAXがPDFファイルとなってメール送信されます。

FAX

スマホのアプリ「iPrint & Scan」でFAXの送受信もできますが、これは同じネットワーク内からに限られます。

 

Brother iPrint & Scan

で、どうしても外出先からFAXを送りたかったら、
1)コンビニFAXを使う。
2)インターネットFAXサービス(HelloFaxなど)を使用する。
3)自宅のパソコンをリモートアクセス設定して、ネットワーク外からでも自宅のネットワーク機器を操作できるようにする。

  • 2018年1月5日

Macのメールの添付ファイル

Macのメールの添付ファイルが、メール本文に含まれてしまって使いづらいとのご質問。
WindowsのLiveメールなどと同じに添付ファイルとして認識したいそうです。
Gmailを使えば、WindowもMacも同じなので一番楽なんですが、複合機からスキャンしてメールする際に、パソコン既定のメーラーを使う必要があるのです。
これは添付ファイルをアイコン表示にすることで解決しました。
↓adobeサイトに解説があります。
画像をメール本文内に表示させずに添付する方法(Macintosh)

メール作成画面で、普通に添付するとこうなる。

Macメール

画像を[Control]を押しながらクリック→[アイコンとして表示]

Macメール

これがアイコン表示。

Macメール

添付する際にいちいちこれをやるのが面倒という場合はメーラーの設定を変更します。
ターミナルで以下を入力。

defaults write com.apple.mail DisableInlineAttachmentViewing -bool yes

元に戻すには以下を入力。

defaults write com.apple.mail DisableInlineAttachmentViewing -bool false

メール受信側は、添付ファイルを保存したり、Macのメールなら「クイックルック」でプレビューしたりできます。

Macメール

どっちが使いやすいかはむしろ受け取る側の事情です。
例えば、Windowsでもメール本文に画像ファイルを埋め込んで送る人がいますが、後でメール一覧からそのメールを探す場合、添付ファイルのついてたあのメール・・・と思って探すと見つかりません。
メール本文の文字サイズやフォントも、受信した側が好みでどうにでもするのですから、なまじいじってもメールサイズを大きくするだけだったりします。

  • 2018年1月1日

昨年中は皆様たいへんお世話になりました。アイボ今年もよろしくお願いします。
世界に平和がありますように。

12月30日より1月3日まで年末年始休暇となります。
お急ぎのご用件はメールにてお願いします。
お問い合わせフォーム