• 2018年6月25日

iPhoneの写真を外付けHDDにコピー(Mac)

iPhoneの写真のバックアップを取る方法と同期について、ネットでググると古い記事もヒットしてわかりにくいので整理してみました。正しい方法が一つでは無いので逆に複雑になってしまいます。iCloudはすぐに一杯になってしまうし、Dropboxも・・・では、もっとも簡単に失敗無くできる方法は何なのか。

iPhoneからUSB接続メモリに直接コピー

これはデータ量が多すぎなければ一番簡単。


iPhoneからUSB接続HDDへ、Macで操作してコピー

データ量が多ければこれかなと思います。
HDDはMacのディスクユーティリティでフォーマット、Windowsでも開きたければどちらでも開けるようにexFat形式でフォーマット。

iMacにiPhoneとUSB接続HDDをケーブルで接続し、「イメージキャプチャ」でコピーします。

Macのイメージキャプチャで、「読み込み先:」に、USBHDDを選択。コピーしたい写真を選択して「読み込む」、または「すべてを読み込む」。

 

  • 2018年6月18日

Windows10とセキュリティソフト

パソコンの画面にNortonの期限が切れるとかなんだとか出て、セキュリティソフトが必要だと思って、どういう訳かソースネクストの「ZEROスーパーセキュリティ」をダウンロード購入して、ダウンロードしたもののうまくできなくて訪問となりました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/C
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

まず、Windows10には「Defender」が最初から入っているので、普通の個人宅ではまずこれだけで良いはずです。なぜか6/14にNortonやら「Amazon Assistant」「Teoma Search App」「Auto~ Mechanic~ 2018」が入っているので、これらをアンインストール。

 

購入してしまった「ZEROスーパーセキュリティ」は勿体無いですが、不要なのでインストールしません。勿体無いからとインストールすると、かえってリスクが増えます。ただでさえ、Windows10はWindowsUpdateのトラブルがあるのに、セキュリティソフトまで他社のものをインストールして、トラブルの可能性を増やすだけです。

このパソコンはWindows7からのグレードアップであり、インターネット回線がADSLなので、常駐するソフトはなるべく少なくするべきです。毎月実施されるWindowsUpdateの為に、パソコンは影響を受けるでしょう。Windows10ならこれはどうしようもありません。

ブラウザはedgeをお使いで、トップページはNifty。ソースネクストの広告がたくさん出ています。何か広告が出たのを警告と思ったかもしれません。「Teoma Search App」はJavaのアップデートで入るらしい(askみたい)。試してみたところ新規インストールでは出なかったけど、インストールガイドに言い訳っぽい文章がありました。

これらはウイルスではないので、どんなに優秀なセキュリティソフトを導入していても、防ぐことはできません。自分で入れたことになるのですから。
ソースネクストは「駅探エクスプレス」は使っていますが、メールマガジンは必要無いのですべて受信しない設定にしました。
Liveメール1011をお使いで、これも何かトラブルが出たら、もうサポート終了しているので、使用も終了です。NiftyのWEBメールを使えるようにしてあります。

時々、パソコンの反応が遅いように思いますが、そのうちWindowsUpdateで修正されるかもしれません。
次回はメモリ増設した方が良いと思います。

  • 2018年6月13日

パソコンをWindows10に買い換えたお客様、どうしても、旧PCとは使用感が違います。

一太郎をお使いなのですが、買い替え時に旧PCに入っている一太郎のDVDディスクが見つからず、最新バージョンをダウンロード購入しました。

しかし、どうも使い勝手が違うらしく、高齢でもあり馴染めません。パソコンが変わったことと、OSがWindows7から10に変わったこと、一太郎のバージョンが変わったこと、パソコンメーカーが変わったこと、何のせいなのかわからないので、メーカーのせいとなってしまいます。でも、使っているのは一太郎とブラウザだけなので、おそらく一太郎の操作方法が変わったのが大きいかと想像します。

その後、一太郎のディスクが見つかったので最新バージョンをアンインストールし、旧バージョンをインストールし直しました。

一太郎は、2011から新しく「オリジナルタイプ」が導入されましたが、「クラシックタイプ」に切替が可能です。こういう思いやりは評価したいと思います。

画面タイプを切り替える

今回もクラシックタイプに切り替えると、使いなれたUI画面になったようです。文字が小さいそうで、初期のフォントをゴシック体に、文字サイズ11に変更しました。これで様子を見ましょう。楽々はがきセットアップ。



携帯電話がガラケーですが、早めにスマホを購入して少しづつ慣れることをお勧めしたところ、奥様にiPhone SEをご購入となりました。通信はSo-netの0simを契約。

一生ガラケーでいられるわけではありませんし、急にガラケーから乗り換えるとパニックになってしまいますし、電話帳の移行も簡単ではないのでぼちぼち慣れていきましょう。0simは自宅では宅内の無線LANに接続するので、外出時のみ通信を使用します。よっぽど使わない限り無料です。よっぽど使うようになったらプラン変更を検討すれば良いです。携帯キャリアのような2年縛り、3年縛りはありません。

液晶フィルム貼り付け、落としても壊れないようカバーを装着、リングを貼り付けて、Gmail、iCloud、Dropbox、LINE、Youtube、Radikoなど設定。

勉強する必要は無いのです。ただ慣れるだけです。ガラケーが故障したら電話番号も移しましょう。

  • 2018年6月11日

パソコンの画面を録画する(MAC)

パソコンの画面で操作内容を音声を含めて動画として録画したいと思います。調べたところ、Macでは標準ソフトのQuickTimeでできました。

問題は音声です。自分の声はiMacのマイクで入力ですが、パソコンの音声は別途「Soundflower」が必要です。

↓ここからDL及びインストール。

Signed Version for Yosemite/Mavericks/El Capitan/Sierra/High Sierra

セキュリティが警告を出すけど、都度許可したりしてインストール。

システムの環境設定で出力を「Soundflower(2ch)」を選択すると、パソコンからは音声が消え、ソフトで音声を認識します。

QuickTimeを起動し、[ファイル]-[新規画面収録]で、メニュー録音ツールバーが表示されるので、録画ボタン右の下向きくさびをクリックし、録画したい範囲をドラッグで設定して、録音開始。[esc]で再度ツールバーを表示し録画終了。Dropboxに保存して、他OSでも再生できて音声も認識できることを確認。