• 2018年7月30日

FacebookでサイトへのURLを入力するとエラー

Facebookでたまに見かけるリンクエラー。

リンクのURLは正しく見えるのだが、マウスを合わせると・・・

URLの末尾に「%E2%80%AC」が追加されていて、その為エラーとなります。この方はiPhoneアプリから投稿するとこうなるのだそうです。

下記のサイトによると、

iOSでマストドンへのURLコピペがうまくいかない?

「%E2%80%AC」はテキスト方向の指定を解除するUnicodeのメタ文字・・・

だそうです。

unaristさんのTwitterによると

%E2%80%ACは POP DIRECTIONAL FORMATTING と呼ばれる、テキスト方向の指定を解除するUnicodeのメタ文字で、例えばiOSのTwitterアプリの投稿画面から全文をコピペしたらなんかついてきた。

どうも、対応できるのはFacebookのようで、一応不具合の報告を送信。

Facebookアプリを別のもの(Facebookページマネージャなど)で試してみるのも有りかと思います。

 

  • 2018年7月29日


パソコンの画面がタスクバーなど出てこず、マウスやキーボードの操作もできないそうで、電話でパソコンを有線LAN接続して放置していただくようご案内しました。

さて、訪問すると、少し表示が増えています。とそのうち全部表示されてパソコンの操作ができるようになってきました。これはWindows10のUpdateのせいです。WindowsUpdateの履歴を確認すると、2日前から何か失敗したり、インストールできなかったりした様子。イベントビューアを確認すると、何かひっかかった様子。Outlookが何かエラーを吐いています。MS-outlookを起動するとメニューバーがなかなか表示されません。

この場合、訪問してもできることはありません。WindowsUpdateで何かぶつかって修復に時間がかかって、超絶パソコンの表示が遅くなっているのでしょう。だったら、画面に従うのが一番。せめて、電源オプションの設定で電源アダプタが接続されている時はスクリーンセーバーやスタンバイはオフにします。たまに画面を見て、再起動の指示が出ていたら、再起動のスケジュールを待たずに再起動しましょう。普段もあまりシャットダウンせずになるべく放置しましょう。2〜3日様子を見てWindowsUpdateが終わったら多分不具合も修正されるでしょう。Windows10というのはそういうOSです。Windows10 ProならWindowsUpdateをスケジュール調整することもできますが、Windows10 Homeではできません。近いうちに再訪の予定があるので、メモリ増設しましょう。

  • 2018年7月27日

中古でお安く手に入れたiPhone6はやはりバッテリーがへたっているので、バッテリー交換を試みる。せっかくだから大容量にする。

Deeproの交換キットが非常に良かった。工具が前にiPhone5で交換した時のものより格段良く、マニュアルもわかりやすい。iPhone5では液晶を開けるのに結構苦労したけど、iPhone6は吸盤で簡単に開いた。外すネジも下の2つと、プレートの7つだけ。

バッテリーの接着テープもするっと取れた。

左:旧バッテリー 右:交換バッテリー

  

バッテリーのコネクターを固定して、バッテリーもセット。

そして、外したコネクターを元に戻していく。これが一番難しかった。外すのは簡単だが、取付は指先の微妙な感触で小さなコネクタをはめていく。(後から考えたら上のプレートは外さなくても作業可能かも・・・、バッテリーの両面テープを外す時うまく固定できれば)液晶をはめて電源を入れると無事起動した。バッテリーライフは大容量を確認できないそうで、ベンチマークアプリ「AIDA64」をインストール。ご機嫌です(●^o^●)

 

  • 2018年7月25日

iPhone最新モデルは10万以上します。スマホというよりパソコンです。でも、中古だったらもっと安くで入手することができます。今までiPhone5にアクティベーション解除のゲタを履かせて、FreetelのSIMで使っていましたが、iOSバージョンアップ10.3.3で打ち止め。今回はiPhone6をメルカリで購入してみました。Phone6以前の機器はSIM解除非対応です。だから安い。13,000円ほどです。アクティベートが必要なので、アクティベートカードを購入。そして、iPhone5で使用していたFreetel SIMを使いたいので、iPhone6で使えるSIM解除アダプタも購入。iOS11.4.1までアップグレード。これでPokemonGoも遊べます。ただ、バッテリーはやっぱりヘタっています。バッテリー交換もしてみましょうかね。

   

  • 2018年7月18日

iMacで1ヶ月前くらいでしょうか、GoogleChromeの動画が止まるようになりました。Youtubeとニコニコ動画・Dailymotionとか、カーソルアイコンがくるくる回っちゃって、Chromeを強制終了するしか無い。UbuntuやWindowsでは問題無く、iMacだけの障害。Safariでは問題ありません。iMac再起動して、動画再生できたと思うとすぐにカーソルが回り始めて、動画が止まって音だけになったり、結論から言うと一旦改善してもまた再発したりするので、Safariの方が動画は良いかなと思います。とりあえず現時点では、これらを試して再起動して動画が見れています。以下はやってみたことを覚書。

GoogleChromeのバージョン:

ハードウェアアクセラレーションを無効にする

chrome://flags

[Disenebled]

ハードウェアアクセラレーションを完全に無効にする

chrome://settings

[OFF]

一時ファイルの削除

chrome://settings

 

  • 2018年7月16日

会社の社員同士でスマホを活用して、LINEで無料通話、現在地を共有して業務のスピード感をUPさせたいとご相談を受けました。

機種選定は、すでにご利用中のスマホはiPhoneですから、ITに詳しくない人のサポートする事を考慮して同じiPhoneに。最新機種は高額ですが、現役機種の中で一番古いiPhoneSEあたりなら4万ほどです。または、良質な中古でiPhone6あたりなら2万ほど。但し、保証は一切無し。これは、新品だって保証期間でもどうせ故障すれば修理で使えない期間が出るわけで、中古でも故障したらまた中古を買っていけば良いとのこと。

通信契約は、メインスマホで使用しているのはauですが、今回は格安SIMで、So-netの0SIMにしました。社内では会社の無線LANに接続です。LINEを使うのでデータ通信+SMSの契約。500MBまではデータ通信は無料。SMSの150円分だけ。0SIMの通信速度が遅いという悪評番もあるのですが、こういう使い方でどの程度不便があるか試してみて、不便なら別のSIMに乗り換えれば良いだけです。

外出中の社員の位置を把握するには、Appleの「iPhoneをさがす」でも良いのですが、パソコンで見るにはiCloudのサインインが面倒で、何か無いか調べたところ、Googleの位置共有が便利でした。

パソコンでなく、iPhoneのアプリなら色々多機能なものも使い勝手の良さそうなものも多数ありましたが、パソコンではこれくらいしか見つかりませんでした。

Googleマップのメニューに「現在地の共有」があり、これに共有したい相手のGoogleアカウントを登録。メールアドレス・メッセージ・LINEなどで共有相手と接続して、共有を開始します。Google側の設定で「ロケーション履歴」はオンに設定。自分の為にもなかなか便利ですよ。

 

  • 2018年7月15日

海外から日本の自宅のテレビを視聴できるSlingbox、でも、たまに繋がらなくなると設置場所にわかる人が行かないといけません。たいてい設置設定をして自分は遠く離れてしまうのですから、そこに住んでいる人に対応してもらうのは難しいケースもあります。

今回は直接の原因は赤外線リモコンケーブルが外れていただけでした。
ついでにSlingboxを無線LANから有線LAN接続に変更(同じ場所なので)。
掃除ができるようにケーブルを整理。
古い無線機を撤去し、ルータの内蔵無線にPCやスマホ類を接続変更。
外れていたケーブルはテープで固定。
正常な状態を写真に撮っておくと、ランプ状態で不具合の内容がわかりやすくなります。
このSlingbox、Chromecastと接続するとテレビでも見れるらしい。
SlingBoxは今は衛星放送DISHの親会社”EchoStar”が販売している。
EchoStarはSlingboxの製造を終了したというニュースがあり、在庫がある限り販売は行われるが、新製品の予定は無いらしい。実際、Slingbox350・SlingboxPROは製造終了していまず。