• 2019年1月13日

正月早々EXCELが落ちる

新年早々、EXCEL2010が起動できません。こんなふうに薄くなって応答無しになり、強制終了してしまいます。

ネットで報告されているとおり、WindowsUpdateトラブルです。

KB4461627をアンインストールすると治ります。

[スタート]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[更新の履歴を表示する]-[更新プログラムをアンインストールする]で、「KB4461627」を検索すると簡単です。

下記で記載の「インストールされた更新プログラムを表示」で検索では検索されませんでした。

Excel 2010 (KB4461627)、2019 年 1 月 2日の更新プログラム

  • 2019年1月12日

パソコンの調子が悪くて、文字入力もできなくなったそうでパソコンを買い替えたほうが良いかと聞かれましたが、こちらのお客様、訪問してパソコンが故障だったことは一度もありません。とりあえず、訪問しました。

PC:富士通 ESPRIMO FH WF1/U
OS:Windows10 Home
Memory:4GB

キーボードは無線で、電池切れを疑って電池を交換しても未改善。キーボードの受信機を確認したところ接続されていない。USBのHUBに繋がるケーブルを外して忘れてしまったようです。前のキーボードも繋がらなくなって買い替えたそうですが、USB HUBにはその受信機らしきものも接続されています。USB HUBを使わなくてもUSBの数は足りているので直接接続。

ノートンが有効にできないとのことですが、ノートンのシリアルナンバーとか見当たらず、アクティベーションできていません。使えないまま自動更新されて、クレジットカード決済で代金が決済されています。ていうか、そもそもノートン必要ありません。パソコンがWindows10なのでDefenderがあるし、マンションのインターネットでCyberhomeにセキュリティ対策されており、メールもウイルスチェック付きです。そして、ネットを見るにはGoogleChromeを使えばGoogleのセキュリティもあります。

  • 2019年1月10日

HOMEボタンを押さないアプリ「Swiftly Switch」

Zenfone(ASUS_X00HD)のHOMEボタンが時々無反応になって、再起動で直ったりしていますが、メインスマホでこういうのはイラッとして、精神衛生上宜しく無いので、対処法を考えました。iPhoneならHOMEボタンが故障した場合に備えてHOMEボタンを画面上に別に作れたりしましたよね。

「Swiftly Switch」というアプリを導入。

これは、HOMEボタンや戻るボタン・タブボタンを押さなくても同様の操作ができるようメニューを設置できます。いわゆるサブランチャーアプリ。なかなかセンスが良くて、片手ですべて操作できます(これ大事)。内側にRecent apps(最近使ったアプリ)か、Circle Favorite(お気に入り登録アプリ)とか、自分の好きなように設定。外側はQuick Actions、HOMEボタンや戻るボタンなど好みのボタンを登録できます。自分の指の押す強さなども調整できて気に入りました。左親指がバネ指っぽいのでこういうカスタマイズはありがたいです。設定のバックアップができるので初期化しても安心。いっそ画面上のアイコン消しちゃおうかと思います。

無料で使える機能限定版なのに広告も表示されないので、感謝と応援の気持ちを評してPro版に切り替えました。最初からPro版インストールするより、無料版からアップグレードするほうがお安いです。メニューを左右に2つ設定しました。前のZenfone5に設定しましたが、追加料金請求されませんでした。いきなり古いZenfone5が使いやすくなってしまいました。グローブモード使えるのはありがたい。

開発会社はベトナムのde-studio。なかなかやるな。