• 2019年2月13日

パソコンの前で座らない為のモニターアーム

長時間のパソコン作業と運転で、腰への負担が気になるお年頃です。スタンディングデスクというのもありますが、ずっと立ちっぱなし作業も良くないような気がします。それにここで食事もするし、動画も見る。そこで、モニターアームを設置してみました。

モニターの足が無くなると机が広くなります。

高さを好きなように変えて、立ってる時は高い位置で角度も見下ろす感じに。

ワープロを打つ時は縦置きも良いです。

これにキーボードアームを追加できると良いですね。

  • 2019年2月11日

Windows10でスリープが出なくなった

Windows10にアップグレードしたパソコン、スリープが出なくなりました。

コントロールパネルの[電源オプション]-[電源ボタンの動作を選択する]で、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックし、シャットダウン設定項目の「休止状態」にチェック。

 

  • 2019年2月11日

Windows10の「最近使ったファイル」表示させない

Windows10にアップグレードしたパソコンのエクスプローラで、クイックアクセスの読み込みにえらく時間がかかっているので、履歴を消して「最近使ったファイル」も表示させないことにしました。

[ファイル]-[フォルダーと検索のオプションの変更]のプライバシー項目で履歴消去、チェックボックスもオフ。

  • 2019年2月11日

お客様の会社で不要になったパソコンを引き上げてきました。CADやグラッフィック関係に使われていたパソコンで、iCloudやiTunesなど認証を解除してサインアウト、データをすべて削除した上で検証に使います。
PC:DELL PRECISION T3500
CPU:Intel(R) Xeon(R) CPU W3565 @3.20GHz
Graphic:NVIDIA Quadro® 2000
OS:Windows7 Pro 64bit → Windows10 Pro 64bit
HDD:1TB
Memory:12GB

まず、DELLのサポートサイトで確認すると、このパソコンは2013年の製品でグラボは2010年の製品、Windows10アップグレードサポート対象外。廃棄する前に個人設定を引き継いでのアップグレードがどの位時間がかかるかテストすることにしました。通常はトラブルまで引き継ぐのが嫌なのでクリーンインストールしています。

最初に起動するとやたら遅い。こんなにメモリ積んでいるのに何で?ってくらいで、本人がそれを早くしようとして入れたらしきフリーソフトIObitの「Advanced SystemCare 8」「IObit Uninstaller」「Driver Booster Free」「Malware Fighter」他多数をアンインストールして、最後にウイルスバスタークラウドもアンインストールするとやっと動作が軽くなりました。

Windows10のディスクを使ってWindows10アップグレードスタート、アップグレードの事前のシステム検証で[NVIDIA Quadro 2000]が互換性無しと出ました。そのまま続けて途中の最新のシステムをダウンロードするか否かを無しにしてのアップグレードに何と4〜5時間以上かかりました(途中で時間を見た)。しかもこれにはアップグレードディスクのダウンロードやディスク作成時間は含まれていません。もう、絶対客先ではできません。

[NVIDIA Quadro 2000]の互換性の問題は解決できませんでした。NVIDIAは全製品Windows10に対応したというような記事を見た気がするのですが、現時点で不可です。将来的にどうかはわかりません。NVIDIAサイトで検索をかけたり、ドライバの入れ直しなど試して、何度も再起動の末、結局[NVIDIA Quadro 2000]のドライバは使用できず、グラボのDVI接続は、[Microsoft Basic Driver]で画面は出力されています。

ずっとこれが出ています。でも、8年前のパソコンにしては当時お金かけただけあってかなり良い方です。3Dは無理ですけどね。

 

  • 2019年2月8日

NEC Mate MC-Mを分解してみた

壊れたNECパソコンを分解してみました。

中はLenovo。

メモリはSAMSUNG。

サポートもLenovoと一緒。

 

 

  • 2019年2月6日

Officeのメニューが英語になる

突然EXCELとPOWERPOINTのメニューが英語になってしまったそうです。
PC:NEC Lavie NS150/K
CPU:Intel® Celeron® プロセッサー N4000
HDD:500GB
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

WORDは正常です。こういう障害は以前にもありましたが、ネットでググると、今回は去年頃からあるようです。EXCELのオプションで言語設定を確認しても正常です。「アプリと機能」で修復しても未改善。リセットするとMicrosoftアカウントのパスワードが必要になるので、覚えていないなら資料を探していただかないとできません。このパソコンは購入時に業者に設定してもらって、そのメールアドレスはOfficeのセットアップと同時に作成して、使っていないそうなので、最悪パスワードリセットもできません。

どうにか見つけ出してもらえたので、とりあえずWindows10のメールで設定。ウイルスバスターもこのメールアドレスで設定されていました。

で、リセットしてもNGでした。

Windows 10 Fall Creators Update以降が搭載されたPCにプレインストールされたOffice2016は、Microsoft Store版で、Microsoft Storeアプリの右上[・・・]-[ダウンロードと更新]で更新すれば修復されるようです。ただ、このお宅はインターネット回線がADSLで、ネットが非常に遅い。とりあえずPOWERPOINTのみ更新して、その他は全部キャンセル。更新が完了したら、EXCELも修復されていました。デスクトップ版とMicrosoft Store版ではOfficeはシステムが違っており、会計ソフトとの連携などでMicrosoft Store版では対応できない場合はデスクトップ版を再インストールすることになります。

ADSL回線は厳しいです。最初から何だかパソコンが遅いと思いましたが、CPUのせいと回線のせいだと思います。今後もWindowsUpdateがらみで不具合やパソコンの遅くなる現象は避けられないでしょう。使わない時もできるだけ起動して放置しておくしか対処法はありません。耐えられなくなったらFTTHに乗り換えですね。

 

  • 2019年2月2日

一太郎の登録キー紛失

前回訪問時に、一太郎のバージョンアップしようとして、旧バージョン(2008)の登録キーが見当たらず、ジャストシステムに問い合わせメールを出しました。すぐにメールが来て、本人確認の上サポート側でUserID登録、引き続きパスワード設定。改めて一太郎2016をインストール及びユーザー登録。

インストール及びユーザー登録完了。一太郎2016バージョンアップ完了。画面タイプをクラシックタイプに設定。旧ツール設定引き継ぎ。

[スタート]→[JustSystemsツール&ユーティリティ-JustSystemsツール&ユーティリティ][一太郎]メニューから[一太郎2018 画面タイプ切替ツール]→[クラシックタイプ]

クラシックタイプのメニューからオリジナルタイプのメニューへ切り替える場合

[表示]-[オリジナル]-[オリジナルタイプのメニューを使う]

これができるのはジャストシステムの偉いところ。Microsoftより顧客への思いやりがあると言えましょう。