Facebookの講習

Facebookお友達からFacebookの友達申請が来て、やりたくなかったけど無視すると失礼かと思ってクリックしたら登録になってしまったそうです。
個人情報の公開範囲をちゃんと設定して欲しいとのご依頼で伺いました。
以前からこの手のものはお好きでないので、やらない方針だった方です。
でも、アカウント作ってしまったし、しばらくやってみるそうです。

個人情報も投稿も友達のみ公開、友達は申請してきた一人だけなので、その友達にしか見えないわけです。
写真も日本語名も登録無し。
アドレス帳へのアクセスももちろん拒否。
誰かが検索しても同名の人ばかり出てきて見つかりません。
パソコンのみでスマホではやりません。
最小限度のFacebookです。

Facebookというのは他人と繋がるツールですから、自分は情報公開しなくても、友達が公開していれば間接的に他人の目にさらされる可能性があるし、ストレスにもなるかもしれません。
リスクを追ってもやりたいと思うようならやれば良いし、ちょっとやってみてやっぱりやりたくなければやらなければ良いです。
うまく活用しようにも、Facebookって、結構わかりづらいツールですから、元々やりたくないのに勉強するなんて嫌でしょう。
友達がやってるからって、付き合いでやらなきゃいけないようなものではありません。
友達申請が来たら無視すると失礼では・・・?
いえいえ、「私Facebookはやらないのよ」とお返事すれば良いのです。
Facebookやってる人の中にだって、失礼な人はいっぱいいますよ。

このままやってみて、イイねも投稿もしなければそのうちアカウント取り消しになるかもしれないし、興味が出てきたら勉強しながらやってみれば良いでしょう。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA