Windows8.1を設定を変えずに使いやすくする

Windows8.1を使いやすくすることをずっと考えていました。
しかも設定を変更せずに。
なぜかというと、使用するのが自分だけなら何をしても構わないけど、業務で他の人と共有する場合、電話でメーカーのサポートを受ける場合に、あまり設定が変わっていると困るかもしれないからです。
お客様のパソコンを設定する際に私だけ楽をしたい(笑)。
たどり着いた答えはショートカット。
マウスのクリックってのは細かい所を見ないとできない。WindowsはandroidやiOSに比べてさらにポイントが細かくて疲れる。
タッチパネルをべたべた触る必要も無い。
これを覚えてしまえば目も疲れないし、おそらく操作も一番早い。

以下を、お客様のデスクトップ上に付箋で貼ることにしました。Windows8.1

Win  スタート画面
Win+C チャーム
Win+I 設定チャーム
Win+D デスクトップ
Win+E コンピューター
Win+F ファイル検索
Win+Q アプリケーション検索
Win+R ファイル名を指定して実行
Win+W 設定検索
Win+X コンテキストメニュー
Win+X A コマンドプロンプト
Win+X P コントロールパネル
Win+X M デバイスマネージャ
Win+X W ネットワーク接続
Win+X T タスクマネージャ
Win+Pause システム
Win+数字 タスクバーの左から○番目のアイコン

Alt+F4 ウィンドウを閉じる
Win+X U R 再起動
Win+X U U シャットダウン

自分で勉強したい気持ちのあるお客様には役に立つし、単なる付箋ですから、自分の好きなように追記や削除も自由です。
あとは、モダンUIアプリを使うか使わないかで変わってきます。

使うなら、スタート画面をカスタマイズし、Microsoftアカウントを登録。
使わないなら、下記を設定。

  • IEを常にデスクトップで開く

IEのインターネットオプション→[プログラム]タブ→「Internet Explorerタイルをクリックするとデスクトップで開く」にチェック。

  • 画像ファイルを常にデスクトップで開く

画像ファイルを右クリック→[プロパティ]→[全般]タブで、プログラムを「フォト」から「Windowsフォトビューア」に変更。
上記は拡張子(jpg、png、gifなど)ごとにそれぞれ設定。

  • 起動時にスタート画面をスルーしてデスクトップを表示する

タスクバーを右クリック→[プロパティ]→[ナビゲーション]タブで、スタート画面を「サインイン時または画面上のすべてのアプリを・・・、デスクトップに移動する」にチェック。

そうそう、デスクトップの壁紙も何か目に優しいのを考えましょう。
この黄色いのは勘弁して。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA