Java Updateの通知をやめたい

パソコンのタスクバーにしょっちょう出てきてうざいと言われるJava。
オレンジ色のお茶マークですよ。
うざいと言われても必要だから出るのです。
で、アップデートせずに閉じるから、再起動するとまた出る。
「いらないものは消してください」と言われても、他人が何をパソコンでやってるかなんてわかりませんよ。

例えばYahooゲームとか、ショッピングカートで使ってるケースもあります。
この機能を悪用する輩がいるので、古いバージョンを使っていると危険!というわけです。

でも、建設業の入札システムとか、JavaやIEがバージョンアップしても、すぐに対応できないんです。
対応できてないのにアップすると、対応できませんから使えなくなります。
使えないと入札参加できません。困ります。
そういう場合、危険と言われてもバージョンアップできません。
なので、仕方なくJava Updateの通知を切ります。
「更新を自動的にチェック」をOFF。

java

java

だって、うざいんですもの。
そして、IEはなるべく使わず、ネットを見るのはGoogleChromeやFirefoxなどの別のブラウザを使います。

もちろん、そういう事情が無い場合はアップデートすべきです。
本当に必要ないならアンインストールすれば良い。
アップデートする場合は、インストール途中に出る「ask.com」のチェックを忘れずに外すこと。
これ、askツールバーインストールされて、ホームページをask.comにされて、検索エンジンもaskになっちゃいます。

ask

ちゃんと読めばわかるんですが、皆さん読まない。
高いお金払ってセキュリティソフトをインストールしてたって、自分でインストールしたものは防げません、ウイルスじゃないですから。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA