• 2016年1月30日

Dynabook R730/E 16BRPC:東芝Dynabook R730/E 16BR
OS:Windows7 Home Prem OA→Windows10
CPU:Intel Core i3-370M
Memory:2GB→4GB(2GBx2)

リカバリして64bitにしてWindows10にアップグレードしたいのですが、リカバリディスクはありません。
取扱説明書もありません。
サポートサイトで確認すると、Windows10へのアップグレード保障対象外です。
リカバリディスクを作成したいのですが、「リカバリメディア作成ツール」が見当たりません。
リカバリするには「0」を押しながら電源を入れるのですが、リカバリ画面に行けません。
仕方がないのでWindows7のディスクでクリーンインストール。
シリアルキーはパソコンに貼ってあるのを入力して、電話認証。
有線LAN・無線LANともにドライバが無いようなので、外付けの無線LANアダプタをインストール。
無線アダプタこのBuffaloの「WLI-U2-KG54」は、こういう時にいつも重宝します。
ネットに繋がったので、ドライバを検索してネットからインストール。
そして、果てしないWindowsUpdate。
そうして、やっとWindows10にアップグレード。

Windows10でクリーンインストールでもできたかもしれないけど、Windows7でちゃんとドライバ確認してから、引き継いで10にしたかったのです。
なかなか快適です。

  • 2016年1月23日

ChromebitASUSのChromebitを買ってみました。
テレビにHDMIで接続します。HDMIの延長ケーブルやアダプタも同梱されています。

Chromebit

Wireless Touch Keyboard k400 pluss

スマホやタブレットが無くても繋がるPCですが、その替りマウスとキーボードは必要です。
ChromebitにUSBの差込口がひとつあって、複数使いたい場合はUSBのHUBを使えます。
Logicoolの「Wireless Touch Keyboard k400 Plus」を接続してみました。

Chromebit

WiFi接続して、Googleアカウントでログインします。

Chromebit

GoogleChromeでできることはだいたいできるようです。

Chromebit

ブラウザでQNAPのNASのフォルダや管理画面もアクセスできました。

Chromebit

GoogleChromeの拡張機能でOFFICEが使えます。
Googleドライブで他のPCとデータを共有できます。
Google専用パソコンですね。
Windowsでは無いのでセキュリティソフトは必要ありません。
ChromeOS、Googleのセキュリティ内です。
スマホやタブレットは必要無いですが、接続もできてマウスやキーボードの替りになったらもっと良かった。

 

  • 2016年1月22日

ASUS EeePCをWindows10に

HotkeyService.exeのその後です。
起動する度にマウスのアイコンがくるくる回って、動作が重い。
イベントビューアーを確認すると、HotkeyService.exeに障害が起きています。
これは前回も同様で、Fnキーの操作ができません。
WindowsUpdateがかなり時間がかかって進まないので、USBに刺しているマウスの発信機を外したりして手動でやり直すと完了できました。
アップデートできたので試しに前回も試したHotkeyService.exeを再度インストールを試みましたが、やはりNG。

ネットでググっても特に新しい情報も見当たりません。
ASUSのサポートサイトにはHotKeyのドライバはWindows8.1用しかありません。
どうせ有効にならないのでアンインストール。
Fnキーは使えませんが、それ以外ではとりあえず問題無さそうです。

  • 2016年1月20日

台湾で使うスマホアプリ(android)

Google翻訳台湾旅行で実際に使ったアプリを紹介してみます。

My Maps
Googleマップと連携した地図作成アプリ。パソコンで作ってスマホで見ました。
必ず行く場所と、行けたら行く場所、参考程度の場所と行く順番を整理。
ただ、なぜか現地でよく落ちました。

Google手書き入力
日本語を含む82言語に対応。
これは日本在住の台湾人のスマホにも入れてあげました。

Google翻訳
もちろん翻訳精度はまだまだですが、補助的には助かります。

Googleピンイン入力
勉強を兼ねて入れています。

Google注音入力
勉強を兼ねて入れています。
台湾の方でこれでないと入力できない人もいるので。

台湾ドル計算機
台湾ドル計算機必須です。

高鐵T-EX
台灣高鐵のホームページが日本語対応しているので、上記をダウンロードする前にサイトで確認して、発券でアプリを使うのが良いでしょう。

LINE
LINEのトークと無料通話はやはり便利。

Ingress
記念にハック。地元のエージェントさんにご挨拶しました。

ワープロで日程も作って、Dropboxに入れておき、タクシーや誰かに尋ねる時に、その場所を拡大表示させます。
スマホ無しでの旅行はもう考えられません。
バッテリーチャージャーと、落下防止ストラップも必須。

  • 2016年1月18日

LTE先日、2度めの台湾旅行をしました。
私のスマホはZenhone5。もちろんSIMを差し替えて使います。
前回は初めての台湾でいろいろ慌てましたが、2度めは少し落ち着いて来ました。

今回使ったのは中華電信のLTE。
外国人旅行者向けサービスで、なんとWiFi無制限、通話料NT$50分付で、NT$300。
ホームページも日本語対応しており、WEBから予約もできます。
中華電信のカウンターは空港のロビーに出てすぐ目の前、スマホへの装着も動作確認もやってくれました。
一応、iTaiwanも申し込みしましたが必要ありませんでした。
台北、高雄、屏東と移動してどこでも繋がっていました。
唯一、国立故宮博物院の中で使えない場所(一時的?)がありましたが、たいていの場所では使えたので問題ありませんでした。
通話はLINE通話があるので、使いませんでしたが、台湾での連絡先を書く必要がある場合には良いですね。

こういうの、日本もしっかりやらないとね。

  • 2016年1月17日

Dell Studio 1555突然インターネットができなくなったそうで訪問しました。
1ヶ月前に訪問して設定したばかりです。
お客様はあまりパソコンを使いませんし、勝手に設定を変更するような事はできないはずです。

PC:DELL Studio 1555
OS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit
LAN:E-WMTA2.3
インターネット接続:FTTH
キャリア:ネクスト光
ISP:SoftbankBB

訪問してすぐに判明。
パソコンの無線LANがOFFになっています。
このパソコン、無線LANのON/OFFのキーがF2なのです。
たいていのパソコンはFNキーとの組み合わせでファンクションキーが割り当てられていたり、パソコンの側面にボタンがあったりするのですが、このパソコンはF2のキーなので、間違って手が当たったのかもしれません。

  • 2016年1月7日

eLTaxで償却資産申告は・・・

1月は年末調整や給与支払報告書の提出と、償却資産申告があって、
税務署関係はeTaxで、市税はeLTAXという別のソフトを使う。
eTaxはWindows10に対応したけど、eLTAXは対応予定未定。
面倒なのでまだWindows7のままで運用する。

今年初めて給与支払報告書と償却資産申告とをeLTaxでやってみました。
給与支払報告書提出は、相変わらずわかりにくい画面ではあるものの完了。
償却資産申告も増減無しなので簡単だろうと思ったら・・・、評価額を計算しないといけない。
手書きの提出なら「昨年度の申告に増減なし」に○して終わるところ。
つまり、電子申告にするとかえって面倒になる。
手書きで作成して、返信用封筒同封して郵送しました。

償却資産評価額

  • 2016年1月5日

F-Secureアンインストールできない

PC:富士通 FMV LIFEBOOK SH54/D
OS:Windows7 Home Premium 64bit
Memory:4GB

何かエラーが出ているので一度メンテナンスをお願いしますとのことで、訪問しました。
まず、「Search APP by ask」、「Hao123」「fst_jp_69」アンインストール。
IEのトップページがHaoになっているので修復。

Hao123

セキュリティソフトはぱよぱよち〜んの「エフセキュア」が入っているはずなのになぜか常駐していない。
アンインストールもできません。
強制アンインストールツールを使ってアンインストールして、「Microsoft Security Essencials」をインストール。
定義の更新がなかなか進まず、かなり時間がかかった末に失敗。
再起動すれば自動更新で進むでしょう。

エフセキュア

  • 2016年1月5日

メールの添付ファイルが開けない

メール(WindowsLiveメール)で受信したメールの添付ファイルを開こうとすると、Wordが起動できず閉じてしまいます。
Word2016で英語でも日本語でも無い言語で、認証が通ってないような感じでした。
確認すると、Office2010と2016がインストールされています。
試しにWord2010を起動して、添付ファイルを開くと正常に使えます。
2016をアンインストールすると、多分2010の方も修復が必要になるかと思われ、その時にインストールディスクが必要かもしれませんが、ディスクは見つからないので、今後はこのやり方でファイルを開いて使うことにするそうです。

  • 2015年12月29日

iPad miniの保護フィルム交換

保護フィルムiPad miniの保護フィルムを交換しました。
年末に張り替えると、新品みたいになってうれしいですよ。
最近のフィルムは本当に良くできている。張りやすく失敗が無い。
ただ、やっぱり私はノングレアでないといけません。