• 2015年10月18日

Windows10一昨日、お客様から電話が入りました。
「WindowsUpdateを見ると、オプションの「Windows10にアップグレード」にチェックが入っている。パソコンをシャットダウンすると、そのままWindows10になってしまうのでは?どうしたらいい?!」
とりあえず、オプションのチェックを外して様子をみること。
たとえアップグレードされてしまったとしても、1ヶ月以内なら元に戻せるはず。
とにかく私に聞かれても、やってるのはMicrosoftなのです。どうしたら良いかなんてわかるはずない。
ネットの情報を見ていても、必ずアップグレードされるという訳でも無いようなので余計にタチが悪い。
オプションのチェックを外しても、また勝手に入るとか、いろんな情報が出回っていました。

真相は、Microsoftのミス。すでに修正済みらしい。
正式な発表は見当たらないしお詫びももちろん無い。
この2日の間に訪問したお客様のパソコンでは、オプションにそんな項目は見当たりませんでした。
WindowsUpdateは自動更新になっているのが一般的ですが、人によっては手動でやっている人もいます。
アップデートを回避する為に、プログラムを一部入れないようにするとか工夫している人もいますが、それがかえってトラブルの要因になったら・・・と思うと、自動更新にしておくのが無難かとも思います。
MicrosoftはWindowsUpdateでしょっちゅうバグを落としています。その修正もWindowsUpdateでしている訳ですから、なまじユーザーがネットの情報に振り回されて何かを適用したりしなかったりというのは、私はまた危険だと思うのです。
WindowsXPの頃は、ユーザーがOSをカスタマイズして使うこともできましたが、今のWindowsはユーザーにできるだけ何もさせたくないような傾向を感じます。
この5年の間に一番多かったパソコンのトラブルは、詐欺ソフトとWindowsUpdateトラブルです。

私個人は、もうそんなWindowsをメインマシンからは除外しました。
Windowsパソコンも持ってはいますが、どうしてもWindowsでないとできない作業の時以外は電源を入れません。
今回はこのトラブルが収束するまで使わないことにしました。
皆さんもスマホやタブレットもお持ちでしょうから、このようなトラブルが起きた時は、パソコンは起動しないようにしてはいかがでしょうか?
もし、Windows以外のパソコンに興味をお持ちでしたら、喜んでお手伝いしますよ。
WindowsVistaのパソコンが2017年にはサポート終了ですが、このくらいのパソコンでUbuntuパソコンが作れます。

Windows Updateすると半自動的にWindows10がダウンロードされる現象 Microsoftが改修

Windows Updateすると勝手にWindows7/8がWindows10にアップグレードされるエラーが発生

  • 2015年10月17日

Paypalに対応しました

ワークデザインは、Paypal(ペイパル)での決済に対応しました。
ご希望の方はお申し出ください。

Paypalについて
Paypalに関するお問い合わせ先

  • 2015年10月17日

格安SIMのFREETELを契約しています。モバイルルータこれを古いモバイルルーターに指してみました。
設定はどちらもできました。問題は速度。

NEC Aterm MR01LN(LTEで接続)

速度測定

EMOBILE GP02(3Gで接続)

速度測定

測定した場所(我が家のマンションの9階)は、LTE(4G)の電波状態は良くありません

Zenfone5+NifMo SIM(4Gで接続)

速度測定

Nexus7+FREETEL SIM(4Gで接続)

速度測定
Atermはまだまだ使えそうですね。E-mobileは捨てるかな・・・。

  • 2015年10月16日

メールが送信できない

メールが送信できないご相談を受けることが多いです。
どうしてですか?と聞かれても、困ります。

メールソフトやサーバーがエラーを伝えているはずです。

Gmail

添付ファイルのサイズが大きすぎるようで、上限を超えたと書かれています。

The error that the other server returned was:
552 5.3.4 message size exceeds fixed maximum message size

メールの添付ファイルが上限を超えなかったとしても、 そんな大きな添付ファイルを送られたら、受け取る方も迷惑です。
ファイルサイズを小さくするか、送る方法を変えるかですね。

  • 2015年10月14日

お店のホームページ

ホームページについてご質問です。
飲食チェーン店を経営なさっているのですが、ネットで検索すると他の支店ばかりがヒットするとのこと。
ホームページを作ったほうが良いでしょうかとご質問。
ホームページより、Google+ページを作ることをお勧めしました。
お金と労力かけてホームページを作るより、Google+ページやFacebookページを作って、メニュー等定期的にアップすれば、ある程度ちゃんと検索されるようになります。
ネットやパソコンが得意ならホームページを作っても良いでしょうが、苦労するくらいなら本業に力を注ぐべきだと思います。
食べログとかぐるなびなども気になるようですが、競合店に悪い評価をつけられたり、悪質な書き込みもあります。
もう、ネットでもそういうことがあることは知られていますし、実際にお店が暇な訳では無いのですから、気にしなくて良いと思います。
何が書いてあっても、おいしければお客さんは来ます。

  • 2015年10月14日

ネットワークプリンターが使えない

CANON MG7530プリンターが使えなくなってお困りです。
前回、無線LAN接続したプリンター(Canon MG7530)です。
「接続されていません」と出るそうです。
プリンター以外は問題無いとのこと。

訪問してみると、接続がいくつもできていて、USBケーブルを購入していらっしゃいます。
これら失敗した設定を全部削除し、無線LAN接続に設定を戻しました。
USBケーブル刺しちゃうと、設定が変わっちゃうんです。
こちらのお宅には設定を変更するような人はいませんから、何かおかしい時はモデムと無線機(こちらの場合は一体型ルータ)の電源を入れ直すだけです。
このモデムと無線機の電源の入れ直しが本当に重要なんですが、なかなかやっていただけません。
実際、今回も設定を修正しただけではダメで、モデムの電源を入れ直しで完了しました。
特にこちらはケーブルテレビなので、誰も何も触らなくても、深夜にメンテナンスなどあると、なぜか繋がらないことがあります。
そういう時にどこかのサポートに電話をしたりすると、違う操作をさせられて、再設定などさせられて、かえって繋がらない原因を作ることになります。

  • 2015年9月26日

acer  Aspire遅ればせながらWindowsXPからの買い替えのお客様です。
予算が少ないので機種選択に苦労しました。
今回選んだのはこれ。

PC:Acer Aspire E E5-532-N14D/K
OS:Windows8.1 64bit→Windows10
CPU:Intel Celeron N3050 デュアルコア 1.60 GHz
HDD:500GB
Memory:4GB

acerは台湾メーカーです。お客様はご存知無かったようですが、パソコンに詳しい人には有名です。
ディスプレイのBenQやパーツメーカーのAOpenは傘下企業。
ゲートウェイやパッカードベルを買収した企業グループです。

まず、リカバリディスク作成。
検索欄にrecといれると「Acer Recovery Management」が表示され、USBメモリで作成します。
WindowsXPからあまり操作方法が変わらないようにとのご要望ですが、それは無理というものです。
OutlookExpressも終了して、MS-OFFICEは別のソフトになったのです。
今後も変わるでしょう。
そういう変更が嫌なら、メールはWEBメールにして、MS-OFFICEはLibreOfficeにすれば、
これほどの混乱は無いでしょう。

  • 2015年9月20日

WinThruster前回詐欺ソフトが入ってしまって訪問したお客様です。
今回また入ってしまいました。

PC:ASUS K53T
OS:Windows7 HomePremium SP1 64bit
Memory:8GB
HDD:500GB

LAN:Aterm WG1400HP
インターネット接続:インターネットマンション
ISP:Cyberhome

詐欺ソフト「WinThruster」、「Ask Web Search」、「Internet Speed Tracker Internet Explorer Toolbar」アンインストール。
プリンターネットワーク接続再設定(Canon MP560)
写真加工には、JTrimインストール。

ハードディスクを「Christal Disk Info」でチェックしてみたところ、注意が出ています。
今すぐどうと言うことでは無いかもしれませんが、いつ起動しなくなっても良いようにと相談して、Gmailを設定。
Gmailに慣れておけばパソコン買い換えはラクラクです。

  • 2015年9月17日

NTTフレッツひかりJ:COMをやめて、NTTフレッツ光をお申し込みです。
NTTの引き込みの位置がJ:COMとは違うので、LAN工事も必要になりました。
無線LANも可能ですが、お仕事でお使いのお客様なので、メインマシンは有線LANにしておくべきと思います。
こちらは、NTTのホームテレホンが入っており、ドアホンも電話機で取っています。
J:COMの前はNTTのアナログ回線だったので、元通りにすれば大丈夫なはずなんですが、あたりをつけてやってみましたがうまくいきませんでした。
電話配線が元のNTTのものと、追加でJ:COMがしたものとあり、露出配線で1階と2階に渡っており、整理しきれません。
今回は、新しい電話機(子機付き)を購入し、FTTHルータの側に設置し、ドアホンは今までどおり古い電話機で応対することにしました。
今のドアホンが故障したら、その時にはドアホン一式と全部見直すことになるでしょう。

ところで、J:COMさんたら解約するとなるとすごい電話対応なさるそうで、その口調にびっくりだそうです。
解約するお客様だって今まで使って頂いて料金払ってくださってたのですから、もう少し気をつけたほうが良いと思います。

  • 2015年9月17日

YahooモデムYahooからモデム交換依頼が来たそうです。
それ以前に、ADSLが繋がらなくなったとのこと。
自分でモデム交換が自信が無い、説明書きに色々書いてあるのが、全部やって良いのか心配です。

訪問してみると、まず古いモデムに刺さっている2本の電話線が逆です。
これでは繋がりません。
ネットが繋がらなくて色々やっているうちに間違えたのかもしれません。
無線機のルータのスイッチがAutoになっていました。
これは、ブリッジに変更。
私が設定した時はブリッジにしたと思うので、やはり色々やっているうちに間違えたのかもしれません。

ともかく、正しくADSLモデムを交換して、無線機も電源を入れ直すと繋がりました。
無線LANの電波もそれほど強くはありません。
モデムと無線機は1Fで、2Fへは中継器をつけています。
いろんな不安定要素がありますね。

この電話線が逆というケース、何度も経験があります。
インターネットが繋がらないので、プロバイダーのサポートに電話をかけると、とりあえずモデム交換になり、送られてきたモデムを取り付ける際に間違えてしまうようです。
最初の繋がらなかった原因とは別の繋がらない原因を作ってしまうわけです。
ADSLは電話線を使うので、ドアホンやホームテレホン、親子電話など、過去にいろんな電話サービスがあって、宅内の配線状況によってはADSLを繋げるために電話工事をしています。
これらはその工事をした時に、工事人に聞いておかなければわからないでしょう。図面もありません。
工事人の名誉の為に言うなら、何年もたってから電話で聞かれてもわかりません。
プロバイダに電話で聞いてもわかりませんし、どんなにパソコンに詳しい人に聞いてもわからないのです。
かかりつけの電気屋さんとちゃんとお付き合いしましょう。

それから、ADSLモデムに付属する説明書、全部読んでそのとおりにやって、おそらくやらなくて良いことまでやって、その時にまた間違えると、ここでも繋がらない別の原因を作ることになりかねません。
新規契約の場合でも、交換の場合でも同じものが送られてくるのですから仕方ありません。