• 2015年6月16日

FTTH工事FTTHを開通させる為に、配管があるのかどうか、あっても通線できるかどうか、数年前に2度調査して、一旦は不可能と言われてしまったお宅です。
その時は私は立ち会わなかったので、どういう状況なのかお客様だけではわかりませんでした。
今回、私も立会の上で再度調査することになりました。
一度、開通できないと言われても、別のお宅で再度申し込むと開通できた例もあります。

こちらは配管はあるのですが、引き込みからMDFまでの間に中継があるらしく、それが見つかりません。
通線紐が通してあるので、どこかにその出口はあるはずですが、かなり探しても見つかりません。
数カ所床下に点検口、天井の点検口、エレベーター室と探しましたが見つかりません。
引き込みから通線ワイヤーを入れてみると、かなり近くまで来ているようなのですが辿りつけません。
新築時の設計図面も見せてもらいましたが、中継らしき記載がありません。まっすぐストレートに配管してあるかのように書かれています。
半日探しても見つからないので、お客様と相談の上、外壁に穴を空けることになりました。

NTTさんは壁の穴空けはやらないので、弊社の工事屋さんで空けることになりました。
FTTHの本工事の前に、壁の穴空けと、NTTさんも外工事をしました。
そして、ようやくひかりが開通できました。
あとは、何とか1Fと2FのLAN工事ができれば、面倒なトラブルも解消します。

 

 

  • 2015年6月13日

パソコンが起動できないそうで訪問しました。
ブルースクリーンが出て、スタートアップ修復になり、失敗する。
この繰り返しだそうです。セーフモードでも起動できません。

PC:NEC VALUESTAR VN770/J
OS:Windows8.1 64bit
Memory:8GB

起動には失敗しますが、NECのトラブルシューティングの誘導に従って、システムの復元ができました。
直近の復元ポイント(6/7)を選ぶと、アプリケーションエラーが出て失敗。

「rstrui.exe」
0xfb065560の命令が0x00000008のメモリを参照しました。メモリがreadになることはできませんでした。

5/27の復元ポイントに指定すると復元できました。
パソコンも起動できました。

Smart Update、Homeリンクマネージャがエラーを吐いているのでアップデート、WindowsUpdateを全部しつつ様子を見ます。
どうやら最近のWindowsUpdateでの障害だったようです。

  • 2015年6月13日

PC:NEC PC-GV326ZZAZ
OS:Windows8.1 64bit

InternetExplorerを開いて、日本語をONにしようと「全角/半角」を押すと、Internet Explorerセキュリティの窓が開いて、「Webサイトで、このプログラムを使ってWebコンテンツを開こうとしています」と許可するかしないかの選択を求められます。

「今後、このプログラムに関する警告を表示しない」にチェックを入れると出なくなりました。
調べてみましたが、Microsoftのコミュニティでは話題になっていますが、Microsoftの公式な回答は無いようです。

  • 2015年6月12日

パソコンが起動できなくなったそうで、訪問しました。

PC:ASUS N53JF
OS:Windows7 HomePremium 64bit
CPU:インテル® Core™ i5-460M プロセッサー 2.53GHz
Memory:4GB
HDD:約500GB

ブルースクリーンが出て、スタートアップ修復になり、失敗。これを延々と繰り返します。

ブルースクリーン スタートアップ修復 ハードディスクを取り出して、必要なデータをコピー。

このパソコンは起動のロゴの間にF9を押すと、診断画面になりますが、大したツールは無く、リカバリくらいしかできません。
リカバリ覚悟で、ディスクを入れるとなぜか起動しました。
なぜか、「regedit」が実行され、ダイヤログボックスが出て「修復しました」とのこと。
イベントビューアでログを見ても、原因と思われるような内容が見つかりません。
ウイルスバスタークラウドは、Webの脅威をひとつ見つけてブロックしたようです。

とりあえず、Windows10を予約。
Windowsバックアップの領域が不足しているので、最新のイメージのみのバックアップに設定。古いバックアップを削除。
システムイメージの作成は失敗する。
システム修復ディスクの作成。
これで、Windows10へのアップグレードへの準備もOK。
Christal Disk Infoでハードディスクのチェックをすると、若干注意が必要な状態。
ディスクチェックしたところ、不良クラスタが少しあるので、ハードディスク交換することにしました。
今クローンをつくっておけば、Windows10にアップする際のバックアップを兼ねられるし。

ハードディスクは東芝の「MQ01ABD050」。
パソコンのゴムの下の隠しネジを外すと、蓋が開きます。

ASUS N53JF 2015-06-13 19.32.11
ハードディスクをクローンしてパソコンに接続。
WindowsUpdateを全部実行。
Windowsファイヤーウォールを有効にしようとすると、エラー「0x80070422」が出て、有効にできません。

Windows ファイアウォールを有効にしようとすると、「0x80070422」エラー メッセージ

これは、↑ここの「Microsoft Fix it」で改善。
ウイルスバスタークラウドの「ファイヤーウォールチューナー」を有効に。

この機会に、ASUS WebStrageでのバックアップを設定。
無料で5GBまでクラウドストレージが使用できます。
ただ、転送は遅いです。
起動時に「regedit」が実行されるのは、「msconfig」でスタートアップになぜかある「regedit」の項目を無効にしました。

入ってたハードディスクと交換後のハードディスク。

ASUS ハードディスク 東芝 ハードディスク

  • 2015年6月8日

パソコンがおかしくなったので買い換えたいとご相談です。
どこがどうおかしいのか、電話で聞いてもご本人ももう何が何やら・・・文字化けとか・・・。
このお客様のパソコンは結構高スペックだし、今買い換えるのは賛成しかねます。多分、見に行けば何とかなりそうな気がします。
ちょっと遠いけど都内某所まで出かけました。

詐欺ソフトは「Inbox」発見。でも、それだけでした。
ウイルススキャン、不要なソフトはアンインストール、InternetExplolerの設定を修正、WindowsUpdateを全部実施。
プリンター設定:HP Photo Smart6520
今はもう無いプリンターの設定を削除。

ブルースクリーンも出たそうなので、念の為富士通の診断ツールでスキャン、特に問題は無いようです。
さらにCrystalDiskInfoでチェックすると、「代替処理済みのセクタ数」に注意が出ています。
このまましばらく様子を見て、ハードディスクを交換しても良いし、以外に早めにWindows10のパソコンが出るようなら買い替えても良いでしょう。

  • 2015年6月7日

レッツノートパソコンがめちゃくちゃ遅いです。
いつからかもうわからないそうです。

PC:PANASONIC Let’snote S9 CF-S9KWEJDS
OS:Windows7 Pro SP1 64bit
CPU:Intel Core i5_M520(2.40GHz)
HDD:250GB
Memory:2GB

不具合はハードディスクかなー、基板かなー、エラーは出ないです。
故障かな・・・、WindowsUpdateも果てしなく時間がかかる。
メモリ増設する・・・?確かにメモリ多くは無いけど、こんなに遅くなるほど少なくは無い。
パソコン買い換える?もうすぐWindows10出るのに?
タスクマネージャを見ると、explorerと、Skypeと、Dropboxがメモリをくってます。
デスクトップ上のDropboxのアイコンがなんだか変です。
SkypeとDropboxをアンインストールしてインストールし直すと・・・、改善しました。
Dropboxのアイコンも正常になりました。
全然問題無いです(笑)。
何かぶつかってた?

  • 2015年6月5日

ハードディスクの問題が検出されましたパソコン起動時に「ハードディスクの問題が検出されました」と出て、とりあえず使えますが、延々と出続けます。

PC:富士通 FMV-DESKPOWER F/G70T(FMVFG70TR)
OS:Windows7 Home Premium SP1 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i5 CPU M430 @ 2.27GHz 2.27GHz
HDD:1TB

富士通の診断ツールの診断では、機械的なトラブルは検出されませんが、Crystal Disk Infoでは、「代替処理済みのセクタ数」に異常が出ています。

FMV-DESKPOWER F/G70T FMV-DESKPOWER F/G70T
リカバリディスクが作成されていないので、作成を試みますが何度も失敗して、DVDディスクを無駄にしながらなんとか作成しました。
とりあえずバックアップを取ってハードディスクを交換することにします。
このパソコンは一体型で、普通のデスクトップより分解が面倒です。

FMV-DESKPOWER F/G70T CrystalDiskInfo
ハードディスクはクローンして接続し直して正常動作を確認。
WindowsUpdateをすべて実施。
パソコン内もクリーニング。

  • 2015年6月1日

海外の詐欺商法に泣き寝入りしない

今どき流行りの詐欺商法サイトに、弊社のお客様も被害に合いました。
その対応を記録します。

パソコンがこのままでは動かなくなるとか脅して、メンテナンスをしてあげます〜みたいなよくあるやつです。
画面と電話に従って、クレジットカードの番号やメールアドレス等を入力してしまったそうです。
デスクトップ上に[TeamViewer]があり、遠隔で操作されたようです。
パソコンには[eFixPro.exe]がダウンロードされており、レジストリには[ReiGuard.exe]がレジストリに書き込んだ形跡があります。
どちらもこの会社が提供しているらしく、電話番号(下のキャプチャとは違う03-4578-9266)をググると同じような書き込みがありました。
ttp://www.jpnumber.com/numberinfo_03_4578_9266.html#comment

[Baidu]もいました。

Baidu
もちろん、全部がここの仕業とは言い切れません。
どれが最初なのかわかりません。IEの履歴やイベントビューアのログの時間を追うと、Baiduからのようでもあります。
いろいろググっていると、[eFixPro]を削除するには[Systweak]の[システムプロテクター]をダウンロードせよとか、もうめちゃくちゃです。

電話をすると、外国人が日本語を話して対応します。
電話は東京の番号で、転送してスペインで受けているそうです。
本社はヨーロッパの大きい会社と言ってましたが、会社案内にも正式な社名も住所も記載はありません。
ホームページには下の方にフィリピンと書かれており、レンタルサーバーは米国のDreamHost。
Whois情報によると、レジストラの住所はキプロスのレメソス。

一応解約に応じたようなので詐欺とは言い切れないかもしれませんが、明らかに日本人を狙っており、泣き寝入りするカモと思われては困るので公開します。
クレジットカードは念の為番号を変える手続きをしました。
電話でのこのやりとりは録音しています。

会社名:TSPテックサポート
HP:tsptechsupport.com/jindex.html

tsptechsupport.com
tsptechsupport.com Whois情報:

Whois Server Version 2.0

Domain names in the .com and .net domains can now be registered
with many different competing registrars. Go to http://www.internic.net
for detailed information.

Domain Name: TSPTECHSUPPORT.COM
Registrar: DREAMHOST, LLC
Sponsoring Registrar IANA ID: 431
Whois Server: whois.dreamhost.com
Referral URL: http://www.dreamhost.com
Name Server: NS1.DREAMHOST.COM
Name Server: NS2.DREAMHOST.COM
Name Server: NS3.DREAMHOST.COM
Status: clientTransferProhibited http://www.icann.org/epp#clientTransferProhibited
Updated Date: 20-may-2015
Creation Date: 19-may-2014
Expiration Date: 19-may-2016

>>> Last update of whois database: Mon, 01 Jun 2015 11:06:24 GMT <<<

The Registry database contains ONLY .COM, .NET, .EDU domains and
Registrars.

For more information on Whois status codes, please visit
https://www.icann.org/resources/pages/epp-status-codes-2014-06-16-en.
Domain Name: TSPTECHSUPPORT.COM
Registry Domain ID: 1859290948_DOMAIN_COM-VRSN
Registrar WHOIS Server: whois.dreamhost.com
Registrar URL: www.dreamhost.com
Updated Date: 2015-05-21T00:35:42.00Z
Creation Date: 2014-05-19T10:42:00.00Z
Registrar Registration Expiration Date: 2016-05-19T10:42:47.00Z
Registrar: DREAMHOST
Registrar IANA ID: 431
Registrar Abuse Contact Email: domain-abuse@dreamhost.com
Registrar Abuse Contact Phone: +1.2132719359
Domain Status: clientTransferProhibited
Registry Registrant ID:
Registrant Name: MARK STONE
Registrant Organization:
Registrant Street: 4 PIKIONI ST.
Registrant City: LIMASSOL
Registrant State/Province: LIMASSOL
Registrant Postal Code: 3075
Registrant Country: CY
Registrant Phone: +357.97875916
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax:
Registrant Fax Ext:
Registrant Email: SALES@EDESIGN.ASIA
Registry Admin ID:
Admin Name: MARK STONE
Admin Organization:
Admin Street: 4 PIKIONI ST.
Admin City: LIMASSOL
Admin State/Province: LIMASSOL
Admin Postal Code: 3075
Admin Country: CY
Admin Phone: +357.97875916
Admin Phone Ext:
Admin Fax:
Admin Fax Ext:
Admin Email: SALES@EDESIGN.ASIA
Registry Tech ID:
Tech Name: MARK STONE
Tech Organization:
Tech Street: 4 PIKIONI ST.
Tech City: LIMASSOL
Tech State/Province: LIMASSOL
Tech Postal Code: 3075
Tech Country: CY
Tech Phone: +357.97875916
Tech Phone Ext:
Tech Fax:
Tech Fax Ext:
Tech Email: SALES@EDESIGN.ASIA
Name Server: NS1.DREAMHOST.COM
Name Server: NS2.DREAMHOST.COM
Name Server: NS3.DREAMHOST.COM
DNSSEC: unSigned
URL of the ICANN WHOIS Data Problem Reporting System: http://wdprs.internic.net/
Last update of WHOIS database: 2015-05-21T00:35:42.00Z
DreamHost whois server terms of service: http://whois.dreamhost.com/

 

  • 2015年5月30日

NetvibesからiChromeに移行

長く使っていたウェブポータルサイトのiGoogleが一昨年に終了してしまって、代替サービスとしてNetvibesを使ってきましたが、今回iChromeに移行しました。

iChrome iChrome
タブレット対応なのでしょう、横向き矢印で次のタブに移動します。
この中に、Googleカレンダー、Gmail、天気予報、Twitter、Facebook、メモ、電卓、翻訳、ニュース、最近閉じたページ、RSSリーダーを並べます。
パーツがもっと充実してくると良いですね。

  • 2015年5月27日

新聞の取材を受けました

取材新聞の取材を受けました。
秋田さきがけ(5/18)、徳島新聞(5/18)、山梨日日新聞(5/18)、日本海新聞(5/16)のくらし経済のコーナーです。
ただし、作業内容の「NTTの光回線を引き込む工事」は間違いで、引き込みの為の配管導通確認の写真です。
光の引き込みはこの後、NTTさんがやりました。
地方の皆様、お仕事お待ちしております。
特にお酒のおいしいところは大歓迎です。