• 2015年7月22日

先月にパソコンが起動できないトラブルがあったので、万が一に備えてNASを導入しました。

機種は、QNAPのTS-231。Raid1に設定。
このNASは自分で好きなハードディスクを購入してセットします。
今回は「WD10EZRX」×2。
ウイルスチェックもパソコンを使わずに勝手にやっといてくれます。
仕事に合わせて共有フォルダを作成し、アクセス権も設定。

それから、機種変してあまったiPhone4を、ひかり電話の子機に登録設定。
家電専用iPhoneになりました。

  • 2015年7月22日

ハードディスク交換して、リカバリしたお客様、その後WindowsUpdateを何日もかけてやりましたが、Windows10へのお誘いアイコンが出ません。

PC:富士通 LIFEBOOK AH42/E
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit
HDD:640GB
Memory:4GB

ネットでググってみると、そういう人がやっぱりいるらしい。
Microsoftのコミュニティでスレを見つけたけど、必要な要件は全て満たしています。KB3035583 と KB2952664も適用になっています。

Windows10
スレで案内されていたバッチファイルは無限ループになります。
さらにスレを辿って、Susan BradleyさんのDropboxに公開しているバッチに辿り着いて、こちらを試すと、アイコンが出現しました。
最初(1)のKB3035583 と KB2952664のチェックはやはり問題無くて、次(2)のレジストリのアップデートでOKでした。感謝!!

I want to reserve my free copy of Windows 10, but I don’t see the icon on the taskbar

https://www.dropbox.com/s/0u0au9xgy6ss18p/win10fix_full.zip?dl=0

 

  • 2015年7月21日

パソコンの電源を入れるとディスクチェックが始まり、何かたくさん処理をして、「ユーザープロファイルサービスによるログオンの処理に失敗しました」と出て、自分のアカウントにログインできません。
セーフモードでは起動できます。
これはマイクロソフトのサポートサイトに対処法がありました。

“ユーザー プロファイル サービスによるログオンの処理に失敗しました” エラー メッセージが表示される

つまり、ユーザープロファイルが壊れているので、バックアップから戻すか、削除して作りなおすらしい。
今回は、「regedit」で

KEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList

を探して、「S-1-5-xxx」で始まるフォルダの該当キーとバックアップ(bak)を入れ替えて、[RefCount]と[State]の値を「0」に設定して再起動すると正常に起動できました。

regedit
WindowsUpdateを全部やって、セキュリティは「Microsoft Security Essencials」をインストール。

 

  • 2015年7月20日

7/16にパソコンが起動しなくなったそうで、画面上にはスタートアップ修復が出て、失敗しています。
これもWindowsUpdate後のトラブルかなと思いましたが、BIOSを確認すると、ハードディスクを認識していません。

PC:富士通 LIFEBOOK AH42/E
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit
HDD:640GB
Memory:4GB

購入後4年経過、購入店(Y電気)での5年延長保証がありますから、無償で修理はしてもらえるのですが、それだとリカバリされてしまいますから、再設定が必要です。特に消えて困るデータは無いとのことで、リカバリディスクは作成してあります。
延長保証でパーツだけくれると助かるのですけど、もちろんダメです。
どうせリカバリ後は、気が遠くなるほど大量のWindowsUpdateがあります。
お客様、延長保証は棄てても良いので全部お願いしたいとのことでお預かりしました。

持ち帰って再度確認しても、やはりハードディスクは認識しません。USBで他のパソコンに接続しても認識しません。
これはハードディスク交換して、リカバリするしか無さそうです。
ネットでググると、同機種をSSDに換装できた例があるので、交換には特に問題は無さそうです。
ついでに、もうすぐWindows10が提供開始されるので、それを試してみることにしました。うまくいけば修理代だけでアップグレードできるし、だめでも再度リカバリすれば済むことです。
富士通の場合は、Windows10アップグレード対応機種一覧が公開されており、この機種と同種のシリーズがリストにあります。
直接話したところでは、Windows8からのアップグレードはドライバーを提供するけど、Windows7へは対応しないそうですが、うまくいくといいなあ。

  • 2015年7月16日

今年2月に設置設定したSlingboxが見れなくなったそうで、調査に伺いました。
その前にケーブルモデムとルータの電源の入れ直しはして頂き、iPadでインターネットが正常であることは確認済みです。

到着して検証用PCを有線LAN接続すると、Slingplayerでテレビも試聴できます。
Zenfone5で、宅内LAN以外からもテレビが試聴できます。
どうやら、Slingboxのサーバーに障害が発生し、緊急メンテだったようです。
Slingplayerも最新バージョンが出ていて、アップデートすると以前よりずっと映像がきれいになったそうです。

これで終わるはずでしたが、その後リモコンが使えないとのこと。
Slingplayerが新しくなったので再登録が必要かもしれないと思い、リセットして登録し直してもNG。
レコーダーは動作確認できる機器の一覧にあるものだし、リモコン登録は「Other-001」と指定のとおりです。
どうやらリモコンの電源をOFFにしたところで認識しなくなったようで、また見れなくなってしまいました。
その後、自宅から再度設定を試みますが、どうやら見れたり見れなかったりするようです。
リモコンで電源をOFFにすると、しばらくONにできないとか、朝の10:00頃になると見れるようになるとか、よくわかりません。
Slingboxの日本の代理店であるイーフロンティアに問い合わせをしたところ、設定も確認してくれましたが間違っていないとのこと。
レコーダーの電源の入れ直しをしてみて欲しいとのことでした。

再度、訪問して、レコーダーの電源の入れ直しをし、リモコンケーブルを接続しました。これはもともと無くても良いのですが、今回のような事もあるので、接続することにしました。

設置場所のお母さんでもわかるようにレコーダーの電源の位置と、各機器の電源をわかりやすく整理して、写真に残しました。
その後は安定してテレビも見れているようです。

  • 2015年7月16日

パソコンが起動できなくなったそうで訪問しました。
スタートアップ修復になって失敗して、回復オプションが出ているようです。
リカバリされては困るので、中止してシャットダウンして、一旦電源コードとバッテリーを外し、再度電源を入れ直すとWindowsの更新を時間をかけてやって起動できました。

システムの復元、イベントビューアを確認すると、7/15の夜のWindowsUpdateの後起動できなくなったことがわかりました。

スタートアップ修復 システムの復元

  • 2015年7月15日

Windows Server 2003サポート終了

今日、7/15でWindows Server 2003がサポート終了しました。弊社のお客様でもお使いの会社さんがありました。
WindowsXPとOffice2003のサポート終了の際に、これも念頭に入れて対応してきました。販売管理ソフトが古くて、Windows7以降には対応しておらず、サポート終了後どうするか相談の末、同ソフトのクラウド版に乗り換え、データを移行していただき、サーバー機は先月のうちに、早めにLANケーブルを外して、うちであまってた小さなモニターをつけて、スタンドアローンにしていただき、どうしても過去のデータを見たい時のみ、単独で起動して見る。絶対にUSBメモリなどは接続しないことにしました。

  • 2015年7月13日

NASのハードディスクが故障したお客様、ハードディスクを交換すれば良いのですが、これを機会に買い換えることになりました。
今のNASを導入した時は、比較検討するほどの製品が無かったのですが、今は良い製品が出ています。

最近人気の「QNAP」、自分でハードディスクを選んで購入し、組み込みます。
初心者向けでは無いかもしれませんが、どうせ私が設定するのなら同じこと。
拡張性も高くて気に入っています。
こういうNASを導入しながら、会社の業務に合わせて、フォルダやアクセス権を設定するのは、業務の効率化や社員のセキュリティへの意識を向上させるのにも役に立つと思います。

  • 2015年7月10日

パソコン4台ある中で、1台のみウイルスクリアの更新ができなくなりました。
更新ツールも接続できません。IPV6がNG?
有線LANでなら更新できました。
このパソコンのみ無線LAN接続でしたっけ。
無線アクセスポイント(BuffaloWHR-G301N ブリッジ接続)を電源を入れ直すと接続可能となりました。
そういえば、たまにこちらは無線が繋がらなくなり、その度無線機の電源の入れ直しをしています。
無線機のファームウェアは最新です。
次回は無線機も買い替えましょう。

  • 2015年7月7日

突然NASトラブル

NASからエラー通知メールが来ました。
メールには「緊急ではありませんが・・・」とあったけど、すぐに緊急事態になった。
自宅から遠隔でパソコンを操作し、NASの状態を確認すると、一応データはコピーできそうなので、全データをパソコンにコピーを試みました。
すると、なぜか一番重要なファイルがコピーできません。
なぜか、ウイルスクリアがウイルス検出して、せっかくコピーしたファイルをどんどん削除します。
ウイルス感染はおかしい。誤検出と思われます。
とにかく、翌日訪問して、恐る恐るウイルスクリアを無効にすると、ほとんどのデータはバックアップできましたが、一番重要なEXCELファイルだけがコピーできません。コピーしようとすると、NASが落ちます。
ちょうどこの重要なファイルの部分がエラーになっているみたいです。
どうにもならないので、NASをお預かりしました。

さんざん悩んで、ふと気がついたのがNASのフォルダ内のゴミ箱。
中にEXCELファイルのtempファイルがたくさんあります。
その中でサイズの大きい物の拡張子を「.xls」に変更すると、元のEXCELファイルになりました!
このゴミ箱、ソフトによっては上書き保存する度に既存のファイルをゴミ箱内にtempファイルとして作るらしい。
普段は迷惑だったけど、そろそろゴミ箱いらないかなと思ってたけど、なんと今回は救われました。