• 2018年8月17日

Windows7のサポート終了が近いので、Windows10にアップグレードをご希望です。前回訪問時は、まだWindows10無料アップグレード期間中でしたが、もう終了していますし、アップグレードする方法が無いわけではではないものの、8年ほど前の製品とあっては、いつ故障してもおかしくありません。買い替えをお勧めしました。

こちらは、インターネットとメールくらいしか使わないお客様です。今回おすすめしたパソコンはこれ。

PC:マウスコンピュータ  1805LM-iGS410SD-S2-A

OS:Windows10 Home 64bit
SSD:240GB SSD ( 6Gbps 対応 )
Memory:8GB
CPU:インテル(R) Core(TM) i5-8400 プロセッサー ( 6コア / 6スレッド / 2.80GHz / TB時最大4.00GHz / 9MBキャッシュ )

MS-OFFICE Personal 2016(個人向け)認証。今回はアクティベートだけでなく、登録を要求されました。マウスコンピュータのパソコンは複数設定してるけど、登録要求されたのは初めて。どういう違いなんだろう。

メールの設定とデータ移行だけど、今まではWindowsLiveメール。これは終了していて、Microsoftのメールソフトで設定するとまた終了されても困るので、プロバイダのJ:COMのWEBメールを確認。でも、J:COMもあまり使いたくないそうで、新たにGmailを登録しました。GmailでJ:COMメールを送受信できるよう設定。アドレス帳はGoogleコンタクトに移行。

プリンター設定(Canon MG3530)

WindowsUpdate、どうも遅い。パソコンのスペックは高めなんだけど・・・、回線が遅い?J:COMの契約コースが12MBでした。たいして速度を要求する使い方はしないから・・・と思うでしょうが、一番要求するのがWindowsUpdateですよ。WindowsUpdateに時間がかかって、終るまでパソコンが重くなります。正常に終了すれば良いですが、WindowsUpdateトラブルに会ったら超絶遅くなりそうです。対応策としては、パソコンを使わない時もずっと起動しておくことです。J:COMにする前はADSLで12MBのプランだとADSLより遅くなったかもしれません。

セキュリティは「Canon NOD ファミリーセキュリティセットアップ」。もう一台のパソコンの方は旧バージョンなので、アンインストールして「ESET Internet Security」をインストール。ついでに次回の更新も手続きして、コンビニ払いで更新。

  • 2018年8月11日

顧問先の会社さんでiMacのメモリ増設をすることになったので、事前に自分のiMacでやってみました。うちのiMacは、iMac(21.5-inch,Late2009)Appleのサポートサイトにメモリ増設の情報は確認できます。

iMac にメモリを取り付ける

で、メモリはうちにゴロゴロと転がっているので、対応していて2枚組で使えるものを探す。メモリは標準で2GBx2枚装着されていて、スロットは4つあるので、2GBx2枚増設すると合計8GBになる。上限は16GB。

ドライバーで下のパネルを外すと、メモリ交換・増設ができる。

入っていたメモリ(hynix)。

今回増設したエルピーダメモリ(Made in Taiwan)。

このiMacはもともと中古で購入してmacOS High Sierraまでアップグレードしたもの。CPUがIntel Core 2 Duoだしお金をかけるほどでは無いと思ったものの、メモリ増設してみるとなかなかの働きです。9年前のパソコンとは思えない。画面も本当にきれい。

  • 2018年8月10日

いつまで経っても楽譜が読めない私、ピアノの先生から良いiPhoneアプリを教わりました。

[音名]ピアノフラッシュカード

 

見ながらピアノで音符の音を弾くと、どんどん練習できます。もともと紙で作られたものをアプリ化したようです。ピアノの音を認識して、正しく弾けるとどんどん点数が上がります。

ただ、私の場合老眼なので、iPhoneだと小さくて辛い。iPadだとなぜかアプリが落ちる。

そこで、使っていないテレビ(22型)+AppleTVでミラー化してみました。

バッチリです。

うちの電子ピアノはYAMAHAのネットに繋がるので、こういうアプリがあれば良いのにね。

  • 2018年8月5日

3DCADを使うパソコンセットアップ

建設業で3DCADソフトを使うパソコンについてご相談いただきました。今回導入したパソコンはこれ。

PC:マウスコンピュータ MPro-S200X-SSD-A-1804
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Intel(R) Core(TM)i7-8700 prossecer
SSD:480GB
Memory:16GB
Moniter:iiyama ProLite XU2390HS-3(マルチモニタ)

このくらいスペックを上げておけば大丈夫でしょう。初期セットアップ中もすごく動作が早くて快適でした。MS-OFFICE Home & Business 2016 バンドル版はMicrosoftにサインイン不要でした。これがあるか無いかで随分違います。
メール設定(Gmail)。
3D飲食店プランナーインストール。

マルチモニタは強くお勧めしました。CADを使うなら絶対です。

複合機設定(EPSON PX-M5041F)クリーニングしても取れない掠れあり。これは修理代高そうです。買い替えでしょうか・・・。

  • 2018年8月4日

新規PCセットアップとWindowsUpdate

法人のお客様、Windows7からWindows10へと入れ替えが始まりました。今回はその1台目。
PC:富士通 LIFEBOOK A577/SW
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Core i5
Memory:4GB

「MS-OFFICE Home & Business 2016」インストール済み、いつもはサインインして認証を通すのですが、今回はサインイン無しでした。これはOffice360の有無なのかな?メールはMS-OUTLOOK2016でデータ移行。
プリンター設定(EPSON LP-S210、Docucentre-V C5571)。
銀行関係、証明書移行。ヤマトB2アプリからクラウドへ移行。翌日以降で確認可能。
運送会社の出荷ラベル発行ソフト「iSTAR-2」、Net Framework1.1が必要なのですが、途中でインストールが中止されてしまいます。
ネットでぐぐっても情報は無いので嫌な予感がして運送会社のサポートに電話すると、Windows10のバージョン1709でインストールできない現象が確認されており、1709以外にすることでインストール可能とのこと。つまり、WindowsUpdateを全部終了しないとできません。つまり当日の設定は不可でした。
パソコンを早めに購入して、すぐには使い始めないケースがありますが、要注意です。
パソコンは事務作業用で、Windows7の時と同スペックで注文したようですが、Windows10の場合はWindowsUpdateが始まると非常にパソコンが遅くなるので、メモリは8GBあった方が良いと思います。今回も作業中に動作が重たくなりました。

  • 2018年7月30日

FacebookでサイトへのURLを入力するとエラー

Facebookでたまに見かけるリンクエラー。

リンクのURLは正しく見えるのだが、マウスを合わせると・・・

URLの末尾に「%E2%80%AC」が追加されていて、その為エラーとなります。この方はiPhoneアプリから投稿するとこうなるのだそうです。

下記のサイトによると、

iOSでマストドンへのURLコピペがうまくいかない?

「%E2%80%AC」はテキスト方向の指定を解除するUnicodeのメタ文字・・・

だそうです。

unaristさんのTwitterによると

%E2%80%ACは POP DIRECTIONAL FORMATTING と呼ばれる、テキスト方向の指定を解除するUnicodeのメタ文字で、例えばiOSのTwitterアプリの投稿画面から全文をコピペしたらなんかついてきた。

どうも、対応できるのはFacebookのようで、一応不具合の報告を送信。

Facebookアプリを別のもの(Facebookページマネージャなど)で試してみるのも有りかと思います。

 

  • 2018年7月29日


パソコンの画面がタスクバーなど出てこず、マウスやキーボードの操作もできないそうで、電話でパソコンを有線LAN接続して放置していただくようご案内しました。

さて、訪問すると、少し表示が増えています。とそのうち全部表示されてパソコンの操作ができるようになってきました。これはWindows10のUpdateのせいです。WindowsUpdateの履歴を確認すると、2日前から何か失敗したり、インストールできなかったりした様子。イベントビューアを確認すると、何かひっかかった様子。Outlookが何かエラーを吐いています。MS-outlookを起動するとメニューバーがなかなか表示されません。

この場合、訪問してもできることはありません。WindowsUpdateで何かぶつかって修復に時間がかかって、超絶パソコンの表示が遅くなっているのでしょう。だったら、画面に従うのが一番。せめて、電源オプションの設定で電源アダプタが接続されている時はスクリーンセーバーやスタンバイはオフにします。たまに画面を見て、再起動の指示が出ていたら、再起動のスケジュールを待たずに再起動しましょう。普段もあまりシャットダウンせずになるべく放置しましょう。2〜3日様子を見てWindowsUpdateが終わったら多分不具合も修正されるでしょう。Windows10というのはそういうOSです。Windows10 ProならWindowsUpdateをスケジュール調整することもできますが、Windows10 Homeではできません。近いうちに再訪の予定があるので、メモリ増設しましょう。

  • 2018年7月27日

中古でお安く手に入れたiPhone6はやはりバッテリーがへたっているので、バッテリー交換を試みる。せっかくだから大容量にする。

Deeproの交換キットが非常に良かった。工具が前にiPhone5で交換した時のものより格段良く、マニュアルもわかりやすい。iPhone5では液晶を開けるのに結構苦労したけど、iPhone6は吸盤で簡単に開いた。外すネジも下の2つと、プレートの7つだけ。

バッテリーの接着テープもするっと取れた。

左:旧バッテリー 右:交換バッテリー

  

バッテリーのコネクターを固定して、バッテリーもセット。

そして、外したコネクターを元に戻していく。これが一番難しかった。外すのは簡単だが、取付は指先の微妙な感触で小さなコネクタをはめていく。(後から考えたら上のプレートは外さなくても作業可能かも・・・、バッテリーの両面テープを外す時うまく固定できれば)液晶をはめて電源を入れると無事起動した。バッテリーライフは大容量を確認できないそうで、ベンチマークアプリ「AIDA64」をインストール。ご機嫌です(●^o^●)

 

  • 2018年7月25日

iPhone最新モデルは10万以上します。スマホというよりパソコンです。でも、中古だったらもっと安くで入手することができます。今までiPhone5にアクティベーション解除のゲタを履かせて、FreetelのSIMで使っていましたが、iOSバージョンアップ10.3.3で打ち止め。今回はiPhone6をメルカリで購入してみました。Phone6以前の機器はSIM解除非対応です。だから安い。13,000円ほどです。アクティベートが必要なので、アクティベートカードを購入。そして、iPhone5で使用していたFreetel SIMを使いたいので、iPhone6で使えるSIM解除アダプタも購入。iOS11.4.1までアップグレード。これでPokemonGoも遊べます。ただ、バッテリーはやっぱりヘタっています。バッテリー交換もしてみましょうかね。

   

  • 2018年7月18日

iMacで1ヶ月前くらいでしょうか、GoogleChromeの動画が止まるようになりました。Youtubeとニコニコ動画・Dailymotionとか、カーソルアイコンがくるくる回っちゃって、Chromeを強制終了するしか無い。UbuntuやWindowsでは問題無く、iMacだけの障害。Safariでは問題ありません。iMac再起動して、動画再生できたと思うとすぐにカーソルが回り始めて、動画が止まって音だけになったり、結論から言うと一旦改善してもまた再発したりするので、Safariの方が動画は良いかなと思います。とりあえず現時点では、これらを試して再起動して動画が見れています。以下はやってみたことを覚書。

GoogleChromeのバージョン:

ハードウェアアクセラレーションを無効にする

chrome://flags

[Disenebled]

ハードウェアアクセラレーションを完全に無効にする

chrome://settings

[OFF]

一時ファイルの削除

chrome://settings