• 2020年3月21日


テレワークでなくてもFAXをやめたい会社さんや個人のお客様はいらっしゃいます。どうしてFAXをやめられないのでしょう。

パソコンやスマホを触りたくない相手(会社)とお付き合いしなければいけない場合です。

昔ながらのFAXありきの業務や思想を変えたくない人たちがいるわけです。意外ですが大手さんに多いそうです。そういう人たちも永遠にそれを続けられる訳では無いのですが、とにかく粘りたいのでしょう。自分が現役の間は逃げ切りたい。そういう壁とまともに戦っても無駄です。

Brother家庭用FAX複合機は、今はBrotherが優秀です。受信FAXをクラウドやメールに転送でき、100%ペーパーレスが可能です。迷惑広告も迷惑電話登録で遮断できます。

ここに一つ問題がありました。送信済みFAXを後から確認できない。送信時の確認はエラーがあれば通知レポートがありますし、心配なら通知レポートを保存すれば良いでしょうが、今までのFAX複合機のように相手先が一覧表示されたり、検索できたりということはできません。どうしてもと思うなら、FAX送信済みフォルダを作成して、そこにFAX送信と同時に保存するとか、送信したファイルに「ファイル名_xxxx(日付)FAX済み.xlsx」とファイル名の後ろにコメントをつける等、自分で一手間かけることです。

自分が変わったほうが早いです。なんだかんだ言っても人は慣れます。

  • 2020年3月4日

FAXをやめたい(PDF編集)


在宅勤務(テレワーク、リモートワーク)移行の壁になるのが、電話・FAX。FAXで届く注文に色々書き込んで返信FAXする業務をどうするか、今どきの複合機はFAXをNASに転送したり、メールに添付する機能はありますが、それを紙で処理している今までの業務のあり方を、人間が変えていかないといけないのです。

FAX受信→口頭で在庫確認→返事書き込み→FAX返信
これを
FAX受信→NASへ転送→Slackで在庫確認→PDF編集で返事書き込み→PCFAX送信。
に変えるわけです。

PDF編集には、普通は高額なアプリ「Acrobat」などを使うわけですが、フリーソフト「Libre Office」でPDFファイルを開くと編集が可能で、PDFに書き出しも可能です。

紙でなくデータを扱う場合、ファイル名にルールを決めて、NASに転送されたFAXファイルをまず、その日の日付フォルダに入れ、xxxx(受信日付時刻).pdfとし、確認作業や返信など作業が終わり次第、ファイル名に追加していってはどうでしょう?xxxx(受信日付時刻)○○在庫確認xxxx(返信日付)fax返信済.pdf。

そして、PCFAXで送信。その日の日付フォルダにある返信済みファイルの数と、PCFAXの送信数が一致していれば良し。その確認作業を別のスタッフがすればなお確実です。そして、翌日それぞれ取引先フォルダにファイルを移動。

紙で目の前にあるのと違って、データの扱いは不慣れなうちはミスが増えそうです。最初はみんな不慣れなのです。それなら、紙を見える所に置いておくように、画面をマルチモニタにして、処理が終わるまで画面に出しておいても良いでしょう。これで棚の上の分厚いファイルは一つ無くなります。

  • 2020年3月2日

Googleからメールがブロックされた


お客様のホームページのメールリンクから送信されたメールが、Googleでブロックされたとご相談です。

Mail Delivery Subsysem <mailer-daemon@googlemail.com>からで、

メールのブロック
○○○@icloud.coへのメールはブロックされました。
詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。

ホームページに記載されたメールアドレスはiCloudのメールで、Gmailで受信しています。そのGoogleが出したメッセージということです。

私も初めて見ました。メールテストをホームページのリンクからと、問い合わせフォームからもやってみましたが、まったく正常です。お客様の方でもテストして見たそうですが、まったく正常だったそうです。

仕方無いので、「一時的な問題かもしれませんから、ホームページのお知らせに、メールブロックされる事象がありましたと書いておけば良いと思います。続く場合はメールフォームからお知らせください」とアナウンスをお願いしました。それ以上はブロックされたご本人でないと対応できません。

  • 2020年2月21日


パソコン購入をご依頼です。運良く見つかったのがこれ。

ACERPC:Acer XC-886-F78V (Aspire XC-886)
OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-9700
Memory:8GB
SSD:512GB

Display:ASUS VZ249HR-J 

Acerは台湾メーカー、SSDはマストです。バランスの良いパソコンです。
初期セットアップでローカルアカウントの選択肢が無くなりました。Microsoftに登録しないとパソコンを使わせない仕様です。そして、登録するとエラー。これは無視して進めました。
MS-OFFICE2019のダウンロードが全く進みません。気配もありません。と思いきや、突然完了。途中の画面がおかしかっただけ?
セキュリティは「NOD32アンチウイルス」。バンドル版のセキュリティソフトはアンインストール。
複合機の設定で、スキャンしてパソコンに送る設定がなぜか通りません。共有フォルダを作成して、他のパソコンからもネットワーク越しにアクセスできますが、複合機からはNG。samba1を有効にしてもNG。これは複合機のメーカーのCanonにお任せすることになりました。

そして、トラブルメーカーのメール設定。
Outlook2019です。メールはドメインメールで、ロリポップ。サポートサイトにちゃんとOutlook2019の設定方法が案内されており、そのとおりに設定すると、一発で完了。これは素晴らしい。
他のISPはOutlook2019の案内はなかなかありません。

ロリポップを含むGMOインターネットグループは新型コロナウイルスの感染拡大に備えて、全パートナー(従業員)在宅勤務切り換えました。行動と判断の速さに敬意を表します。

  • 2020年2月19日

ASAHI-NETのOutlook設定


Windows10パソコンの初期セットアップで、一番リスキーなのがメール設定。特にISPのメール設定。今回もOutlook2010からのデータ移行。ASAHI-NETのサポートサイトにはOutlook2019の設定方法は2016までしかありませんでしたが、それを参考にいくつか試して何とか設定できました。

Officeのセットアップはなぜかエラーが出ます。エラーが出ても完了できました。

  • 2020年2月16日


10年ぶりにご連絡いただいたお客様、Windows7終了に伴いパソコン買い替えのご依頼です。昔はパソコンは10年もったんです。無線ルータも10年前の物なので、これも使えてはいますがセキュリティ上替えるべきなので交換することになりました。さすがに量販店に残っているパソコンは少なく高い。どうせサポート終了は過ぎてしまったので、「大丈夫でしょうか?」と聞かれても、「大丈夫です」と言えるはずもありません。これでも技術者であり、インストラクターです。すぐにIIYAMAのパソコンのカスタマイズと発注を済ませて、約3週間後の納品となりました。古いパソコンはIIYAMAで下取り手配しました。

何もかも変わります。
無線ルータセットアップ(NEC PA-WG2600HS)
スマホとの連動も考えてGmail取得。
GoogleChromeセットアップ。
プリンタ設定(EPSON PM-A820)
MS-OFFICE2019セットアップ。

新しいパソコンの事を勉強しようと思ったら、本を買ってはいけないとご説明。本が出版される時点ですでに情報として古い。必要な情報はいつもインターネット上にあるとお話しました。

作業完了後、お父様の満州時代の話や祖先のお話、そういう事がパソコンやインターネットでわかるようになった話など・・・。進歩が早いのは素敵なことですよ。

  • 2020年2月16日


出先でZOOM(WEBミーティング)するのにパソコンが欲しいとご相談頂きました。

iPadやiPhoneをお持ちなので、それでできるのですが、いろんな操作をキーボードでやりたいし、大きな画面でやりたいとのこと。Windowsパソコンを購入するとセキュリティやWindowsUpdateが面倒で、普段から使っていないといざという肝心な時に使えないのがWindows。高いお金をかけて面白くないことになりそうで、お勧めしたのがiPad Pro。

私が持っているのはiPad Pro 11inch ですが、お客様は12inchのをご購入。DocomoのSIMを入れて使おうとDocomoショップに行ったところ、iPadのセットアップはできないそうで、訪問ご依頼頂きました。

写真は私のiPad↓

iPad pro

設定は古いiPadから移行なので、新しいiPadと古いiPadを近くで起動すると簡単に移行が始まります。SIMカードも挿入するだけで使えるようになりました。パスコードやAppleIDパスワード・Googleパスワードを忘れていなければ問題無し。

ZOOMはアプリを入れて、練習用にミーティングを作ってパソコンとiPadでミーティングの操作練習をしてみました。わからなくて色々いじってパニクってしまわないように、メニューを常時表示に設定しておけば特に問題は無さそうです。不安だったら練習して自信をつけましょう。こんなアプリも今では無料で使えるのですから、本当に便利になりました。

pagesをApple Pencilで操作してお見せしたら、気に入って頂けたようで、購入すると仰っていました。iPadに純正のキーボード付きカバーもAppleCareもつけて、結構なお値段になったわけですが、それでもこの純正のフィット感はさすがです。高くても満足とのこと。

  • 2020年2月7日


パソコンが不穏な動きをするのでまともに動くうちに買い替えをお勧めしました。Windows7終了と新コロナウイルスの影響でパソコンが品切れです。その中で見つけたのがこれ。色はピーコックブルー(孔雀っぽいブルー)。

PC:ASUS VivoBook 15 X512FA( X512FA-826G512B)
OS:Windows10 Home 64bit
SSD:512GB
Memory:8GB
CPU:Intel(R) Core i5 8th Gen

WindowsUpdate
不要なアプリ(iフィルター、McAfee)アンインストール
GoogleChrome、Adobe Readerインストール

「やよいの青色申告」のインストールディスクがVer.18で、都度アップデートしてVer.20になっています。サポートサイトを注意深く見ながら、まずVer.20をダウンロード及びインストール。元のパソコンからバックアップを取り、新パソコンでバックアップを復元。古いデータはVer.20にコンバート。旧パソコンを認証解除して、新パソコンで認証。無事データ移行ができました。
ちなみに、商工会で会計の指導をしてくれる人に、ASUSのパソコンにしたと言ったら、ASUSのパソコンは良いと言われたそうです。よっぽどわかる人がいるらしい。

前回、アマゾンプライムビデオをお勧めして、無料体験申し込みをしたのですが、古い映画をたくさん見れてたいそう気に入って頂けたようです。「ひまわり」「禁じられた遊び」「グラントリノ」とね・・・と。これはとてもうれしいです。パソコンでご覧でしたが、テレビの大きな画面で見れたらとアマゾンスティックも購入なさいました。

調子の悪いWindows8.1のパソコンは、ダメ元でWindows10にアップグレードしてみれば、ハードのトラブルかソフトのトラブルか、はっきりすると思います。

ファンクションキーはFnキーで切替です。ランプがついていれば通常のファンクションキーになります。なかなか格好良いです。

Vivobook

  • 2020年2月5日

OUTLOOK2019でメールのパスワードが通らない


パソコンを買い替えたそうで、訪問しました。

dynabook P2-T9KD-BGPC:dynabook P2-T9KD-BG(P2T9KDBG)
OS:Windows10 Home 64bit

LAN:Buffalo WSR-1166DHPL
インターネット回線:FTTH
キャリア:Fiberbit
ISP:Fiberbit

プリンター:EPSON EP812-A

ウイルスバスタークラウドを抱き合わせで買わされていらっしゃいましたが、不要なので返品していただくようご案内。旧PCにはインストールされていましたが、それでも「SpyHunter 5」がインストールされていました。無駄です。

こちらはインターネットマンションで、Fiberbitのメールをご利用ですが、今までお使いのWindowsLiveメールは終了しているので、Outlook2019で設定することにして、それ以外のプリンター設定やユーザー登録はスマホに登録されているGmailですることにしました。これもパスワードが通らないのでパスワードリセット。

ところが、Outlookでメールアドレスとパスワードを入力しても通りません。Fiberbitのサポートサイトを確認しても、Outlook2013までの設定方法しか説明はありません。何度確認してもダメで、試しにパスワード変更を試みるとちゃんとできるので、パスワードは正しかったということになります。

Fiberbitに電話してその旨伝えて、電話で聞きながらの設定となりました。
まず、最初に入力するメールアカウントはメールアドレスの「@」を「-(ハイフン)」に変えたものです。そして、一応先に進めるので詳細を手入力で編集します。
電話で聞きながら作業なのでメモも取れず、記憶は曖昧ですが、受信メールアカウントは「-」を「@」に戻し、送信アカウントは「-」にします。送信ポートは「25」→「587」。
これで設定できました。細かい所を再度確認したいのですが、Outlook2019は編集画面の開き方が難しく思い出せなかった。
この情報はサポートサイトにもどこにも書かれていません。
サポートのお姉さん曰く、いろんなケースがあるので書けずにいるとのこと。異論はあるがお姉さんのせいでは無いのでお礼を述べて終了。

データ移行の為にDropboxを設定。LiveメールからOutlook2019へアドレス帳を移行。宛名職人から住所データをCSVに出力。

心の底からOutlookは使うべきではないと思いました。
そして、みんなGmailに乗り換えるべきと思いました。

そして、やっと設定が終わって、スマホ(らくらくホン)を無線LAN接続したところ変なエラー、インターネットが切断されています。今までも時々こういう事があったそうです。パソコンのデータ移行作業が一時停止されました。
切断されて無線ルータを電気の入れ直しをした後が面倒です。いちいちBuffaloの回線確認が入ります。

もうね、Fiberbitもやめた方が良いと思いました。
でも、マンションの配線が原因なら他のauやSoftbankに替えても同じかもしれません。その辺を管理組合などに確認していただくようご案内。

  • 2020年1月26日


Windows7のパソコンですが、使用頻度のすごく少ないパソコンです。外観もきれいでトラブルもありません。スペックも良いのでWindows10にアップグレードしてみることにしました。

PC:富士通 LIFEBOOK A574/KW
OS:Windows7 SP1 64bit → Windows10 Pro 64bit
HDD:500GB
Memory:4GB

メーカのサポートサイトによればできそうです。

法人向けPC Windows 7 → Windows 10 動作確認情報 - LIFEBOOK A574/KW

ダウンロード検索(検索結果)

MicrosoftのWindows10ダウンロードサイトでやってみましたが、失敗しました。

Windowsをインストールできませんでした

Windows10をインストールできませんでした。
お使いのPCは、Windows10のインストールを開始する直前の状態に戻りました。
0x8007001F-Dx200006
REPLICATE_OC操作中にエラーが発生したため、インストールはSAFE_OSフェーズで失敗しました

とのこと。

ネットでググると、複数の情報がヒットします。セキュリティソフトをアンインストールしてみるとか、これはもちろんアンインストール済みです。

引き継ぐ項目

どうやら、設定とアプリを引き継がなければ成功するらしい。ファイルは残りますが、つまりリフレッシュしたのと同じになります。ダメ元で良いとのことなので、今回はこの方法でアップグレード

そして、メーカーサイトのサポート内容通りにドライバやBIOSのアップデートをして完了です。