• 2016年8月12日

Windows10にアップグレードしたら、電源ボタンの項目が「スリープ」「更新してシャットダウン」「更新して再起動」の3つになってしまいました。
再起動の日時を設定することは可能ですが、更新しないで再起動やシャットダウンができない。
デスクトップPCを移動したい時やソフトのアンインストール後など、とりあえず一回シャットダウン、または再起動したいだけなのに、更新が始まって欲しくないタイミングは多々あります。
Windows7でも、作業中なのに更新が始まってしまって30分以上待つしか無かった・・・。

今後は意識してWindowsUpdateを停止する必要があるかなと思います。
Windows 10 Pro、 Enterpriseではローカルグループポリシーの変更により、以前のように更新しないで再起動・シャットダウンできるようだが、Homeエディションでは[gpedit.msc]が使えません。
[Ctrl]+[Alt]+[Deleat]でタスクマネージャを開き、[サービス管理ツール]で、「WindowsUpdate」を停止するしか無いようです。
お客様宅で作業中にやむを得ず停止したら、完了後は絶対に元に戻さないといけません。

サービス管理ツールを開く

 

  • 2016年8月12日

Windows10にアップしたらPDFファイルが削除できない

Windows7からWindows10にアップグレードしたら、PDFファイルの削除でエラーが出ます。

PDFエラー

「エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません。ファイルを閉じてから再実行してください。」
これは「プレビューウィンドウ」がONになっている為で、OFFにすれば削除できるのですが、内容を確認(プレビュー)したいので、いちいちON・OFFを切り替えなければいけません。
Windows7の時はこんな手間は無かった。正確にはWindows8からこうなったらしい。

ネットでいろんな人が確認したり、Adobeに問い合わせしたりしているけど、解決策は見当たらない。
デスクトップ上にあるファイルは削除できる。
NASに保存したファイルが削除できない。
この辺は人によっていろんなケースがあるようで、他にPDF関係のソフトをインストールしていると関係するかもしれない。
ショートカット[Alt]+[p]でプレビューをOFF→[Deleat]が最短でしょうかね。

 

  • 2016年8月12日

Windows10でロック画面を表示したくない

Windows10のロック画面、無駄なのでパスすることにしました。
スマホやタブレットでは必要でも、デスクトップパソコンでは必要ありません。

ネットでググッて見つけたのがここ↓
Windows 10 ログイン時にロック画面を表示しない
ところが、[gpedit.msc]で設定変更するはずが、「Windows」+「R」で検索しても出てきません。
このパソコンは「Windows10 Home」でした。Homeではサポートしません。

さらにググッて見つけたのがここ↓
Windows10で不要なロック画面をなくす方法を紹介します。
レジストリにキーを追加する。本家が無くなると困るので記録します。
下記の内容で「○○.reg」のファイルを作成して実行。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Personalization]
“NoLockScreen”=dword:00000001

これでロック画面は無くなりました。

さらにググッて見つけたのがここ↓
windows10でロック画面を表示しない方法
Windows10のアップデートでグループポリシーエディター(gpedit.msc)のロック画面に関する項目は無効化されるらしい。

WindowsUpdateする度に、ますますユーザーの自由を奪うらしい。

  • 2016年8月6日

NUMキーパソコンをWindows10にアップしたら、パソコンを起動時にNUMキーが無効になってしまいました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH50/HN
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:BB Excite

F2を押しながら起動して、BIOSを確認すると、起動時のNUMキーはONになっています。
レジストリを修正します。

HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboard

InitialsKeyboardIndicators

の値のデータを、

「2147483648」→「2147483650」に変更。

 

  • 2016年8月3日

タスクバータスクバーが上に行っちゃったり、横に行っちゃったりって、前から時々見かけます。
いずれも設定を弄れるようなお客様ではありません。
今回はWindows10。

元に戻す方法。
タスクバーの何もないところを右クリック→[プロパティ]を開き、[タスクバー]タブで、「画面上のタスクバーの位置」を「下」に設定。

それにしても、どうして移動してしまうのでしょう?
以前はドラッグすると移動しましたが、デフォルトでタスクバーは固定されているので、移動しないはずなんです。
ネットでググると、Windows7ではバグが確認されていて、修正プログラムが公開されています。

Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 で画面の一番上に修正: ロックされているタスク バーの移動します

タスクバーのアイコンを右クリックして、タスクバーの何もないところをクリックすると上に移動してしまうそうです。
多分、Windows10にアップグレードされる前にこの状態になってしまったのかと思われます。

  • 2016年8月3日

Windows10でNODとOutlookのトラブル

Windows10にアップグレードしたパソコンの中で、一台だけ調子が悪いそうで訪問しました。
セキュリティソフトの「Canon NOD32 Antivirus」が更新できません。
アンインストールしようとしましたができません。
メーカーサイトにWindows向けアンインストールツールがあったので、これで一旦アンインストールして、再度インストールし直すと治りました。
セキュリティソフトは最新にアップデートしてからWindows10にアップしないといけません。

また、Outlook2003のメール内に記載されているURLをクリックしても、リンク先に繋がりません。
これは、既定のブラウザをGoogleChromeに変更してOK。

  • 2016年7月31日

Windows10にアップグレードしたパソコンがやはり調子が悪い。
特にWindowsUpdateした後はまともに起動できず、青い画面で修復だのを数回繰り返してやっと起動するそうです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH50/HN
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:BB Excite 

メーカーサイトを確認すると、この機種はWindows10対応から外れています。近い機種(2012年10月)はリストにあるのですが、この2012年5月の製品は無いのです。

起動できず、青い画面で「自動修復」になりますが失敗します。復元になりますが、それも失敗します。

自動修復

自動修復

「次のエラーを後からオンラインで検索してください:BAD_POOL_CARRER」
とか、
「次のエラーを後からオンラインで検索してください:IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」
つまり自分でググれと・・・。
画面に「CEF Initialization Error」とエラーが出ています。
バックアップは失敗しています。

CEF Initialization Error
「BAD_POOL_CARRER」や「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」をググると、前からいろんなOSで発生するらしく、原因も様々で要を得ません。
「CEF Initialization Error」は「ウイルスクリア」が怪しいかも・・・。
タスクバーの「ウイルスクリア」にビックリマークがついて、「再起動してください」の吹き出しが出ます。
再起動しても出続けます。
試しにアンインストールしようとすると、「CEF Initialization Error」が出てアンインストールできません。どうやら当たりです。
メーカー提供の「ウイルスバスタークラウドアンインストールツール」を使ってアンインストールすると、正常に起動できるようになりました。

とりあえず、回復ドライブをUSBフラッシュメモリで作成。
外付けHDDにバックアップ。

  • 2016年7月30日

画面がバッキバキのiPhoneをもらいました。
動作確認したところ、画面以外はまったく問題無い。
中古が1万〜2万円で買えるのに、パネル交換たいていは1万円くらい・・・。修理代払うか悩みましたが、思い切って自分で修理してみました。
前にiPad miniの画面の壊れたのをトライした時は、液晶を傷つけてしまい玉砕。

今回は修理用のパーツも一番評価の高いものにして、Youtubuの修理動画を見ながらやってみました。
画面バキバキなので、修理用の吸盤は使えません。

 iPhone 

ネジマップなんてものも売ってますが、印刷して、ダンボール紙に貼り付けて、必要なところにボールペンで穴を開けて、ネジを挿していきました。

iPhone修理

交換用パネル。液晶は大丈夫なのですが、ガラスだけ交換というのは無理。

iPhoneフロントパネル

出来ました!!\(^o^)/

iPhone修理

 

 

  • 2016年7月18日

DELLパソコンの不要品が出たのでWindows10にアップグレードしてみました。

PC:DELL LATITUDE E4310
OS:Windows7 Professional SP1 64bit→Windows10
HDD:
Memory:4GB

DELL LATITUDE E4310

ハードディスクは余ってた中古に交換、メモリも余ってた中古で増設。
Windows7をクリーンインストールすると有線LANも使えない状態。
とりあえず余ってる無線LANアダプタを付けて、DELLのサポートサイトからドライバを探します。
WEB上でスキャンして、一括でダウンロードとインストールまでできるようになっていますが、実際には途中で進まなくなり、手作業手探りで必要そうなドライバをインストールしていきました。
ちなみにWindows10対応については「Windows10へのアップグレードをテストしていない商品」だそうです。

BIOSのアップデートが検出され、「Dell Latitude E4310 System BIOS(E4310A14)」をインストールしようとしたら、A07を先に入れろと怒られました。

不明なデバイスがひとつ。

SMO8800

これは「Free fall sensor」だそうで、「ST Microelectronics Free Sensor Driver」をインストール。
下記のサイトにお世話になりました(感謝!!)。

DELL LATITUDE E4310 をWindows10化!(不明なデバイス対応)

必要かどうかわかりませんが、「Dell Data Protection | Access(DDPA)」もインストール。

dell data protection
そして、進まないWindowsUpdate。
今回も「wsusoffline」でWindowsUpdate。
これはさっと終わったのですが、再起動後に普通のWindowsUpdateをすると、また「確認しています」のまま進まない。
早朝から始めて放置して出かけて夕方戻っても「確認しています」のままで、そのままさらに放置すると、「確認しています」のまま再起動を促される。「インストール」の文字が出ない。
指示通りに再起動するとWindows10のお誘いが出たので「すぐにアップグレード」を選択。
これも果てしなく時間がかかるので放置。
時間はかかったけど、一応Windows10、問題無く動いています。

  • 2016年7月14日

東芝のテレビだけChromebitが繋がらない
で、繋がらないChromebit、この為にテレビを買い換えるのもあり得ない。
今回はアンプをネットワーク対応のものに買い替えたので、アンプを経由して繋いでみました。
DENON AVR-X1300W

DENON AVR-X1300W

うまくいきました!!
Chromebitが使えます。
ただ、GoogleChrome上でキーボードの入力が認識しません。
ログイン時には入力できるのです。
LINEもログインはできるけど、文字入力がNG。
マウスは認識するので、テレビでネット動画が見れるようになりました。

Chromebit