• 2018年12月22日

離れて暮らす家族が顔を見て話ができるようにしたい。今までにもテレビ電話サービスは現れては消え、15年位前でしょうかテレビ電話機の出張設定のお仕事もありました。すぐに絶ち消えてしまったので普及しなかったのか、システムが不完全だったのかわかりません。今ではスマホやパソコンでSkypeやFaceTimeでビデオ通話が普及しています。会社はビデオ会議やビデオ研修ができますし、ビデオチャットのWEBサービスもあります。

問題は、ITを使えない人とのテレビ電話。例えば相手が自分では何もできない病人の場合、離れて暮らす高齢の家族とのコミュニケーション。NTT西日本では「光だんらんTV」というサービスがあり、テレビに端末を接続することで自宅のテレビがテレビ電話機になるサービスです。これとカルチャー事業のコラボもあったようですが、私自身、実際にお客様や知人でテレビ電話サービスを使用しているケースを見たことがありません。

相手が何もできない場合、スマホで受信をタップしてもらうことも期待できない場合です。

まず、iMacのFaceTime自動応答は下記の方法がありました。

MacのFacetimeを自動応答にして遠隔カメラ的に扱う方法

ターミナルで下記の設定をするだけ

defaults write com.apple.FaceTime AutoAcceptInvites -bool YES

が、残念ながらhighsierra以降、自動応答はできなくなりました。Skypeも2017年より自動応答はできなくなっていました。

iPhoneやiPadでは自動応答可能です。

【iOS 11】iPhoneの電話を自動応答できるように設定する方法

パソコンを起動しておいて、遠隔操作でチャットアプリを起動してテレビに映せるでしょうか。テレビには「HDMI連動」の機能があります。

「HDMI連動機器」にテレビが含まれるなら可能かもしれませんが、テレビの設定を確認したところ、デフォルトでこれは有効になっていました。HDMIで下記の操作を連携する。
One Touch Play (テレビの電源ON、入力切替)
System Standby  (テレビの電源OFF)
Remote Control Pass Through  (テレビのリモコン操作)

設定は[ネットワーク・サービス設定]-[外部連携設定]-[リモート電源オン設定]-[外部機器から電源オン]

Mac に HDMI デバイスを接続する

↑これによると、MacはCEC (Consumer Electronics Control) を使った HDMI デバイスの制御に対応していません。やはり見る側で入力切換をしなければいけません。

これは最もな話で、自動応答というのはハッキングに悪用されそうで怖い。つまり介護でのご家族の要望は、普通の考えではセキュリティ対策の真逆なのです。ルータを遠隔で誰かが管理して、不審な動きが無いか監視する必要がありそうです。

Sony Braviaは「Skype for TV」という機能がありましたが、Skypeの仕様変更に伴い終了してしまいました。パソコンモニターとしての接続はサポートしています。

パソコンモニターとして使用する方法を教えてください (2011年~2018年モデル)

インターネットの技術は進歩も早くどんどん変わっていくので、前はYoutubeが見れたテレビもYoutubeの仕様変更に伴いサービス終了したり、ハードが固定されているテレビがそれらに対応するのはメーカーにとっては厳しいものがあるだろうと想像できます。いっそ大画面の液晶ディスプレイを買ってレコーダーでテレビ出力した方が役割分担できて良いかもしれません。

そして現状では、iPadやiPhoneを壁に固定して、自動応答に設定して、FaceTimeコールを受ける人を制限するのが一番安全のようです。

参考:東芝レビュー2007年12月 HDMI-CECによるテレビーDVDーパソコンの機器連携技術

  • 2018年12月21日

Zenfoneクイック設定が出ない

Zenfone(ASUS_X00HD)のクイックメニューや通知が出なくなりました。上からスワイプすると1行だけ出ますが、Homeボタンとマルチタスクボタンは動作しません。なぜかタップするとバイブレーションします。戻るボタンは正常です。再起動もセーフモードも効果無し。Androidバージョンは7.1.1(最新)

UIがおかしいのかと別のUIアプリのインストールを試みましたが、Playストアのインストールで一瞬ポップアップが出ますがすぐに消えて、「ダウンロードを保留しています」で止まります。

LINEは起動できません。

ネットでググったところ、1件まったく同じ障害が価格ドットコムのレビューで見つかりましたが、未解決のままです。

購入後10ヶ月まだ保証期間内なのでサポートにメールで問い合わせしてみました。翌日返事が来て、AndroidOSトラブルの可能性が高いそうで初期化を勧められました。アドバイスに従い初期化。

「設定」→「バックアップとリセット」→「データの初期化」→「携帯端末(デバイス)をリセット」

でも、画面は真っ暗なままでいつまで待っても初期セットアップ画面にはなりません。

この続きをサポートからのメールに返信した上で、サポートサイトの「ZenFoneを工場出荷時に戻す方法」に従って初期化をしたところ、初期セットアップ画面になりました。

[Volume down]長押ししながら[Power]を長押し、端末が振動したら[Power]のみ離すとRecoveryモードが始まります。[Volume down]を押して下へ行き、[wipe data/factory reset]に合わせて、[Power]キーで実行。

「Wipe all user data? THIS CAN NOT BE UNDONE!」と出るので、[Yes]を実行

左下に「Data wipe complete」と出て、[Reboot system now]を実行で再起動。

これで初期セットアップ画面が表示されました。Googleやその他のアプリでサインインしてすべてキレイに元通りになりました。

  • 2018年12月18日

経理用パソコンが起動できなくなったとのこと。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます。

修復するには、最初の画面で ‘R’ キーを押してください。

自作パソコンでOSはXP。サポート終了しているけどネットに繋がずに使っているそうで、セットアップCD-ROMなんて無いので困ってしまったそうです。それにしてもなんと懐かしいエラーメッセージ。何度このエラーと格闘したことか・・・。一応まだ取ってありますよ、WindowsXP。

OSのCD-ROMで起動しようにもDVDドライブがボタンを押しても出てきません。BIOSはAward Biosです。外付けのDVDドライブを接続して、[Advanced BIOS Features]でBoot順序を変えて内蔵CD-ROMドライブは無効にしてOSのCD-ROMで起動。

セットアップ開始画面で「R」を押して回復コンソールで起動。

windowsにログインし、壊れたsystemを修復。

dir system

ren system system.bak

copy d:\windows\repair\system

  ↑ここは今回は「d」でした。

そして、exitしてパソコン再起動。無事起動できました。うちのUSBマウスは認識できないので、キーボードだけで動作確認。これ以上何も触らず、とにかく早くバックアップを取って頂きパソコンは買い替えですよ。起動できたとは言え、何だかんだとエラーが出ています。これ以上はダメです。

  • 2018年12月16日

ネットワークカメラ「I・O DATA Qwatch」

ネットワークカメラ「I・O DATA Qwatch TS-WRLP」を設定したのでレビュー。

情報漏えいの脆弱性が確認された為、しばらく受注停止していたようですが、今はファームウェアで対応済みです。

箱の解説のとおり、かなり高機能で設定もセンスが良くわかりやすい。首振りはできませんが、Windows+IEとiPhoneに限るがズーム・通話もできる。

画像はきれいでカメラ自体もかわいいので、監視カメラっぽい威圧感がありません。

ユーザーの視聴許可はID・パスワードを登録。防犯やペット・介護にも使えそうです。ひとつだけ残念なことに、made in China です。

last comments
吉村
吉村

「Qwatch TS-WRLP」を設定されたんですね(^^) これは、お客様の…
marumi
marumi

今回はお客様の所でテスト運用中です。こういうのは実際に使ってみないと機器の仕様も…

  • 2018年12月16日

勝手にLINEがインストールされた

Windows10(Home)をインストール後ずっと使っていないパソコンを起動して、WindowsUpdateを全部実行したところ、勝手にLINEがインストールされました。これは11月からちまたで問題になっています。

プログラムと機能一覧にはありません。

LINEを右クリックでアンインストールはできます。

勝手にインストールされないようにするには、Microsoft Storeの設定で「アプリを自動的に更新」をオフにします。

この機能自体は、Windows 10 November Update(1511)で追加されたMCE(Microsoft Consumer Experience)というらしいが、「October 2018 Update(バージョン1809)」でLINEアプリが旧バージョンからWindowsStoreで統合されて、今回勝手にインストール・・・となったらしい。どうして勝手にアプリをインストールして良いということになるのか理解に苦しみます。また、全部のパソコンでインストールされるわけでは無いようです。今回のパソコンはMicrosoftアカウントにもサインインしていないローカルアカウントです。子供や高齢者の使用には要注意です。

※ 2018/12/18 追記

新品のパソコンで、バンドル版の「ノートン セキュリティスキャン」が、初期セットアップ後真っ先にアンインストールしたのに、WindowsUpdate後勝手にインストールされました。

 

  • 2018年12月11日

GoogleChrome71

しばらくiMacのGoogleChromeでYoutubeやニコニコ動画が再生できないトラブルがあって、一通り対処法を試してもダメだったのでSafariで再生していたのですが、今日、GoogleChromeのバージョンアップがあって、結果トラブル解消しました。

安定版の「Google Chrome 71」公開、不正防止の対策実装

詐欺広告への排除も盛り込んだそうです。でも、ChromeだとIEに比べて普段から広告が少ないのです。

  • 2018年12月10日

iCloudの容量が足りない

iPhoneをお使いのお客様の多くがiCloudの容量不足になっています。料金払って容量を増やしている方もいらっしゃいます。

困って携帯キャリアショップに相談に行って、言われるがままにもっと容量の大きいiPhoneに機種変させられた方もいらっしゃいます。ショップに行くと言いなりです。

たいていは写真が多い。iPhoneの写真はきれいで解像度が高くファイルサイズが大きい。これらを外に保存すれば良い。パソコンやNASに保存してiPhoneから削除。

 

クラウドのストレージサービス(Dropbox、Googleフォト)などを使って、カメラアップロードをONにすれば、WiFi接続したタイミングで自動でアップロードされるので、アップロードを確認したらiPhoneからは削除。

iPhoneのiCloudバックアップも、バックアップする内容を確認して、iTunesに保存して、iCloudのバックアップは削除。

    

  • 2018年12月9日

iTunesがダウンロードできない

お客様のiPhoneがパスワードロックかかってしまって、iTunesで初期化するしかなくなりました。仕方ないのでiTunesのインストールをしようとしたら、MicrosoftのWindowsストアに飛ばされてサインインしろと・・・、このパソコンはMicrosoftサインインのパスワードを紛失しておりパスワードリセットもできない状態です。Outlook.jpのメールを登録と同時に作ってメールは全く使っていなかったので、本人確認が不可能なんです。これもひどい。後で探したところ、今までのiTunesのダウンロード方法が見つかったので覚書。

パソコン(Windows10)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

↑とても丁寧に解説されています(感謝!)

これをクリックするとWindowsストアに飛ばされて、WindowsアプリのiTunesをダウンロードになって

サインインなんてしたくない。いらん。

Windowsをクリックしても何も出ないけど、そのまま上に戻れば

確か一度はやったのですが、たまたま見つけてできてしまったので、こんなに探すのに苦労するとは思わなかった。

  • 2018年12月5日

Windows7ダウングレード版をWindows10にアップグレード

2013年秋冬モデル。東芝の問題発覚する前の製品です。Windows8.1のダウングレード権でWindows7で購入して使っていたパソコンを、あと1年ちょっとでサポート終了なのでWindows10にアップグレードしました。

PC:東芝 Satellite B354/25KB(PB354KBB482JD7Y)

OS:Windows7 Pro SP1 32bit→Windows10 Pro 64bit

CPU:Core i5 4200M(Haswell)2.5GHz/2コア

HDD:500GB

Memory:4GB(4GB×1)/16GB PC3L-12800(DDR3L-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応

Microsoft公開の「Windows10 April 2018 Update」をインストール。32bitを64bitにしたいので、クリーンインストールです。シリアルはBIOSに紐づけタイプでシールなどは貼り付けがありません。一応、「Produkey」で確認しておきましたが、アップグレードの過程ではまったくシリアルを聞かれることも無く、完了すると自動で認証されていました。メーカーサイトでもWindows10アップグレード対象になっていて、特に何も問題ありませんでした。発売から5年経っていますがなかなか出来の良い子です。

無線ルータが古いのでこの機会に買い替え(NEC PA-WG1200HP3)。古いルータは、例え故障や不具合が無くても買い換えるべきです。少なくともファームウエアの更新が無くなったら買い替えです。メーカーによっては古い機器でも電話のサポートで再接続などサポートするところがありますが、理解に苦しみます。

プリンターをLAN接続、iPhone連携設定。

  • 2018年11月18日

Zenfone4でホームボタンが無反応に

突然にZenfone4のホームボタンが反応しなくなりました。とりあえず再起動で直ったのですが、念の為ググってみたところGoogleアシスタントアプリがホームボタン動作不良に関係あるとか・・・、そう言えば最近何もしていないのにやたらとGoogleアシスタントが起動して、その都度キャンセルをしてました。念の為Googleアシスタントアプリを無効化。

[設定]→[アプリ]の右上歯車マーク→[アシストと音声入力]→アシストアプリを「なし」