• 2016年8月14日

BingとGoogleでは検索結果が違います。
Edge自体使わずにGoogleChromeを使えば良いのですが、一応設定変更方法です。

1)EdgeでGoogleのページを開く(http://www.google.co.jp/)。
2)右上の「・・・」をクリック→「設定」をクリック。
3)下の方、「詳細設定を表示」をクリック。
4)「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー:」のところで「変更」をクリック。
5)Google検索が自動検出されるので、これを選択して「既定に設定」をクリック。

ちなみに、スタートボタン横の「WebとWindowsを検索」の検索をGoogleに設定したかったのですが、既定のブラウザをGoogleChromeに設定してもBingから変更できませんでした。
以前はできたようなのですが、WindowsUpdateでできなくなったようです。

Google検索

  • 2016年8月13日

楽天メールの画像が表示できない

WindowsLiveメールで楽天ショップから来たメールの画像が表示されません。
「×」がついていて、本来はクリックするとリンク先のショップに行くはずですが行けません。

楽天メール

他のメールは問題無くて、楽天からの一部のメールだけこうなります。
楽天メールの中で、画像が表示できるメールとできないメールとがあるのです。
普通は上の方に「画像を表示」ボタンがあったりして、クリックすると画像が表示できるのですが、これらの楽天メールではボタンが表示されません。
Liveメールの差出人セーフリストに登録してもできません。

一応、メーカーサイトのサポートにこんな案内があります。
[Windows Live メール] 画像が表示されません。
今回は全部確認しても該当しません。

Liveメールのバージョンは2002、Liveメールをアップグレードしたら表示できるようになりました。

  • 2016年8月12日

Windows10にアップグレードしたら、電源ボタンの項目が「スリープ」「更新してシャットダウン」「更新して再起動」の3つになってしまいました。
再起動の日時を設定することは可能ですが、更新しないで再起動やシャットダウンができない。
デスクトップPCを移動したい時やソフトのアンインストール後など、とりあえず一回シャットダウン、または再起動したいだけなのに、更新が始まって欲しくないタイミングは多々あります。
Windows7でも、作業中なのに更新が始まってしまって30分以上待つしか無かった・・・。

今後は意識してWindowsUpdateを停止する必要があるかなと思います。
Windows 10 Pro、 Enterpriseではローカルグループポリシーの変更により、以前のように更新しないで再起動・シャットダウンできるようだが、Homeエディションでは[gpedit.msc]が使えません。
[Ctrl]+[Alt]+[Deleat]でタスクマネージャを開き、[サービス管理ツール]で、「WindowsUpdate」を停止するしか無いようです。
お客様宅で作業中にやむを得ず停止したら、完了後は絶対に元に戻さないといけません。

サービス管理ツールを開く

 

  • 2016年8月12日

Windows10にアップしたらPDFファイルが削除できない

Windows7からWindows10にアップグレードしたら、PDFファイルの削除でエラーが出ます。

PDFエラー

「エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません。ファイルを閉じてから再実行してください。」
これは「プレビューウィンドウ」がONになっている為で、OFFにすれば削除できるのですが、内容を確認(プレビュー)したいので、いちいちON・OFFを切り替えなければいけません。
Windows7の時はこんな手間は無かった。正確にはWindows8からこうなったらしい。

ネットでいろんな人が確認したり、Adobeに問い合わせしたりしているけど、解決策は見当たらない。
デスクトップ上にあるファイルは削除できる。
NASに保存したファイルが削除できない。
この辺は人によっていろんなケースがあるようで、他にPDF関係のソフトをインストールしていると関係するかもしれない。
ショートカット[Alt]+[p]でプレビューをOFF→[Deleat]が最短でしょうかね。

 

  • 2016年8月12日

Windows10でロック画面を表示したくない

Windows10のロック画面、無駄なのでパスすることにしました。
スマホやタブレットでは必要でも、デスクトップパソコンでは必要ありません。

ネットでググッて見つけたのがここ↓
Windows 10 ログイン時にロック画面を表示しない
ところが、[gpedit.msc]で設定変更するはずが、「Windows」+「R」で検索しても出てきません。
このパソコンは「Windows10 Home」でした。Homeではサポートしません。

さらにググッて見つけたのがここ↓
Windows10で不要なロック画面をなくす方法を紹介します。
レジストリにキーを追加する。本家が無くなると困るので記録します。
下記の内容で「○○.reg」のファイルを作成して実行。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Personalization]
“NoLockScreen”=dword:00000001

これでロック画面は無くなりました。

さらにググッて見つけたのがここ↓
windows10でロック画面を表示しない方法
Windows10のアップデートでグループポリシーエディター(gpedit.msc)のロック画面に関する項目は無効化されるらしい。

WindowsUpdateする度に、ますますユーザーの自由を奪うらしい。

  • 2016年8月6日

NUMキーパソコンをWindows10にアップしたら、パソコンを起動時にNUMキーが無効になってしまいました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH50/HN
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:BB Excite

F2を押しながら起動して、BIOSを確認すると、起動時のNUMキーはONになっています。
レジストリを修正します。

HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboard

InitialsKeyboardIndicators

の値のデータを、

「2147483648」→「2147483650」に変更。

 

  • 2016年8月3日

タスクバータスクバーが上に行っちゃったり、横に行っちゃったりって、前から時々見かけます。
いずれも設定を弄れるようなお客様ではありません。
今回はWindows10。

元に戻す方法。
タスクバーの何もないところを右クリック→[プロパティ]を開き、[タスクバー]タブで、「画面上のタスクバーの位置」を「下」に設定。

それにしても、どうして移動してしまうのでしょう?
以前はドラッグすると移動しましたが、デフォルトでタスクバーは固定されているので、移動しないはずなんです。
ネットでググると、Windows7ではバグが確認されていて、修正プログラムが公開されています。

Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 で画面の一番上に修正: ロックされているタスク バーの移動します

タスクバーのアイコンを右クリックして、タスクバーの何もないところをクリックすると上に移動してしまうそうです。
多分、Windows10にアップグレードされる前にこの状態になってしまったのかと思われます。

  • 2016年8月3日

Windows10でNODとOutlookのトラブル

Windows10にアップグレードしたパソコンの中で、一台だけ調子が悪いそうで訪問しました。
セキュリティソフトの「Canon NOD32 Antivirus」が更新できません。
アンインストールしようとしましたができません。
メーカーサイトにWindows向けアンインストールツールがあったので、これで一旦アンインストールして、再度インストールし直すと治りました。
セキュリティソフトは最新にアップデートしてからWindows10にアップしないといけません。

また、Outlook2003のメール内に記載されているURLをクリックしても、リンク先に繋がりません。
これは、既定のブラウザをGoogleChromeに変更してOK。

  • 2016年7月31日

Windows10にアップグレードしたパソコンがやはり調子が悪い。
特にWindowsUpdateした後はまともに起動できず、青い画面で修復だのを数回繰り返してやっと起動するそうです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH50/HN
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:BB Excite 

メーカーサイトを確認すると、この機種はWindows10対応から外れています。近い機種(2012年10月)はリストにあるのですが、この2012年5月の製品は無いのです。

起動できず、青い画面で「自動修復」になりますが失敗します。復元になりますが、それも失敗します。

自動修復

自動修復

「次のエラーを後からオンラインで検索してください:BAD_POOL_CARRER」
とか、
「次のエラーを後からオンラインで検索してください:IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」
つまり自分でググれと・・・。
画面に「CEF Initialization Error」とエラーが出ています。
バックアップは失敗しています。

CEF Initialization Error
「BAD_POOL_CARRER」や「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」をググると、前からいろんなOSで発生するらしく、原因も様々で要を得ません。
「CEF Initialization Error」は「ウイルスクリア」が怪しいかも・・・。
タスクバーの「ウイルスクリア」にビックリマークがついて、「再起動してください」の吹き出しが出ます。
再起動しても出続けます。
試しにアンインストールしようとすると、「CEF Initialization Error」が出てアンインストールできません。どうやら当たりです。
メーカー提供の「ウイルスバスタークラウドアンインストールツール」を使ってアンインストールすると、正常に起動できるようになりました。

とりあえず、回復ドライブをUSBフラッシュメモリで作成。
外付けHDDにバックアップ。

  • 2016年7月30日

画面がバッキバキのiPhoneをもらいました。
動作確認したところ、画面以外はまったく問題無い。
中古が1万〜2万円で買えるのに、パネル交換たいていは1万円くらい・・・。修理代払うか悩みましたが、思い切って自分で修理してみました。
前にiPad miniの画面の壊れたのをトライした時は、液晶を傷つけてしまい玉砕。

今回は修理用のパーツも一番評価の高いものにして、Youtubuの修理動画を見ながらやってみました。
画面バキバキなので、修理用の吸盤は使えません。

 iPhone 

ネジマップなんてものも売ってますが、印刷して、ダンボール紙に貼り付けて、必要なところにボールペンで穴を開けて、ネジを挿していきました。

iPhone修理

交換用パネル。液晶は大丈夫なのですが、ガラスだけ交換というのは無理。

iPhoneフロントパネル

出来ました!!\(^o^)/

iPhone修理