福島からやってきたパソコン

PC:富士通 ESPRIMO DH50/CN
OS:Windows7 HomePremium 64bit
Memory:4GB
HDD:約320GB

プリンタ:EPSON PM-3700C
デジカメ:富士フィルム Finepix Z700EXR、Panasonic Lumix DMC-X8、Pentax OPTIO E75

今まで使っていたパソコンが、電源を入れるとすぐに休止状態になってしまい、メーカー(Sony)に電話して指示に従って色々操作して、一旦は良くなったもののまたすぐにダメになり、リカバリを勧められたそうで、うちにSOSが来ました。
メーカーがリカバリを勧めるのは原因切り分けの為であって、必ずそれで治るというものではありません。
リカバリしてしまうともちろんデータは失われますし、もし私が料金いただいてリカバリし、いろんな設定をやり直し、その後すぐにまた休止状態に・・・なんて事になったら目も当てられません。
それに、そろそろ買い換えても良いかと思われます。
修理専門の人に聞いても、再発の可能性は低くないとの見解で、その場合の修理費など考えると、やはり買い替えをお薦めしたいと思います。

そうアドバイスを差し上げたところ、お客様よりパソコンの選定と購入を一任されました。
そして選んだのがこれ。
ピアノ調のパソコンで、モニタ無しで購入です。
前のパソコンのモニターがまだ使えるのと、お客様が大きな画面をお望みにならなかったのでそのまま使うことにしました。
驚くほど静かです。本当に動いてる?って不安になるくらい。

周辺機器も今まで使っていたものは全部接続設定。
デジカメは正式にWindows7に対応していたのはFinepixだけでしたが、他のデジカメもUSB接続したところ、Finepixのユーティリティソフトの「MyFinePix Studio」で認識できました。
メールソフトはOutlookExpressは無くなってしまったので、比較的似た感じにカスタマイズできる「Thunderbird」を設定。

そして、起動しなかったSonyのVaioですが、電源を入れてみたところ起動しました。
急いで外付けHDDにデータをバックアップ。メールデータも移行できました。

このパソコン、富士通の福島工場が震災後生産を再開して出荷されたパソコンです。
福島の人たち1000人を雇用する工場、本当に業務再開おめでとうございます。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA