Windows8.1アップデート

お客様からWindows8タブレットのセットアップをご依頼です。
1年前に購入したもので未開封品。
これに初めて電源を入れて設定して欲しいとのこと。
せっかくだからWindows8.1にアップすることになりました。

STYLISTEC

PC:富士通 STYLISTIC WQ2/J(Web販売モデル、量販店モデルはQH77
OS:Windows8→8.1 64bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-3427U 1.8GHz
Memory:4GB(MAX)
Drive:256GB SSD(SAMSUNG mSATA)

とにかく最初にアカウントを登録、Windows8だと日本語アカウントでトラブルがあったので英字で登録。
そして無線LANに接続。

Windows8.1へのアップグレードについては、メーカーサイトを確認します。
Windows8スタートガイド
2012冬モデル STYLISTIC QHシリーズ Windows 8.1 動作確認情報
やっぱりリカバリディスクは必須なので、作成します。
これが時間がかかること多分1時間以上、DVD-Rを6枚。なぜか1枚失敗して作り直し

次にマイクロソフトアカウントを取得して、こちらをAdministratorに変更。

Windows8.10
Windows8.10

そして、次は・・・WindowsUpdateを全部!!
全部か?無理!絶対無理!何時間かかる?
という訳で、お預かりしました。

自宅でWindowsUpdateかけて放置。
何時間かかったのか不明。

Microsoftストアに行って、Windows8.1にUpdate実行して放置。
そして、WindowsUpdate、富士通Updateも実行。
ネットでググると、この機種でマウスポインタの誤作動トラブルがあったらしい。
全部含めて直ってるといいな。
そして、何度か再起動を繰り返して完了。

スタートボタン復活。右クリックするとシャットダウン復活。
タスクバー右クリック→プロパティで設定変更。
起動時にデスクトップ画面が開くように、
スタートボタンを押すとすべてのアプリが表示されるように、

プロパティ

アプリの並び順は「使用頻度順」に変更。

ところが、タッチパネルが反応しないことに気づきました。
タッチパネルが使えないタブレットなんて笑えない。
メーカーのサポートサイトでWindows8.1用の更新ドライバを全部入れて再起動すると使えるようになりました。
でも、しばらく入力せずにおいておくと、またタッチパネルが無反応になります。
一旦、画面をOFFにしてON→ログオンすると復旧。

使ってみた感想。
タブレット側面の電源ボタンが入れ難い。上へスライドって生理的に逆方向だわ。
せっかく縦表示できるので、キーボードドックに縦でドッキングできたら、ワープロの作業ではすごく良いのにね。
USB、HDMI、LAN、SDカードがタブレットの側面にあるのはすごく便利。
これらのせいで厚みが必要になって重くなっちゃうのは仕方ないとも思う。
でも重い。
タブレットだけで持ち歩こうと思ったら液晶を保護するカバーが必要。
しばらく使っていると、タブレットの右側面が熱くなってくる。
キーボードドックを接続して持ち歩くならさらに重い。
他のお客様からの情報だと、Windows8.1にUPして、IEのCookieが保存されない障害は解消したらしい。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA