• 2016年3月17日

どこでもドアホン前に取り付けたドアホンが調子が悪いそうで、今回買い替えました。
元々は昔にNTTでホームテレホン工事されていて、1Fと2Fで電話もドアホン応対も連携していたのですが、そのドアホンがついに故障したのでした。

以前のように1Fでも2Fでもドアホンを電話で取りたい、ただそれだけなのですが、ホームテレホンは終了したのです。
今はPanasonicの「どこでもドアホン」がお勧めで、アイホンなどもっと安い機器もあるのですが、使い勝手を考えて見積もっていくと、結局「どこでもドアホン」が拡張性も高くて最終的には安くなりそうです。
今回は電話機も一緒に買い替えです。
今回採用したのはこれ。

Panasonic VL-SWD303KL(ドアホン)
Panasonic VE-GD72DL(電話機)

それぞれ子機が1つづつ付いていて、ドアホン子機で電話ができるし、電話の子機でドアホン応対ができます。
つまりドアホンの子機が2台、電話の子機が2台あるように使えるわけです。
電話親機とドアホン親機は同じ場所で、1Fと2Fのよく使う部屋に子機を置いておけば、3部屋で使えますし、将来的に子機増設も可能です。
何度かこの工事をしてきましたが、機器はますます薄く小さくなっていきます。
これで面倒な工事無しでドアホンと電話機が接続できました。