• 2016年5月12日

せっかくいらないスマホが手に入ったので、rootを取ってみました。
ネットにアップされている情報は2013年頃のものがほとんどで、操作するWindowsも10に代わっているし、androidのToolも終了していたりします。
まあ、できるところまで行ってみましょう。

環境はPC Windows10 Home 32bit。android バージョンは2.3.4、上限です。
ベースバンドは「N_02.29.09P」。

Motorola ISW11M Photon

ネットのチャレンジャーの皆様の情報によると、「N_02.28.15P」の初期バージョンのみがブートローダーアンロック可能らしい。
がーん、だめ?
でも、↓こちらではベースバンドは何でもroot化できるとあります。

PHOTON root化方法手順解説
まあ、行けるところまで行ってみましょう。
このサイトを参考にやってみました(感謝)。

まず、PC(Windows10)に、android SDKinstaller_r24.4.1-windows.exe)インストール。
Javaの該当するOS用の最新バージョン「Windows x86 jdk-7u11-windows-i586.exe」をインストール。
PCの環境設定にandroid SDKとJAVAのインストール場所のパスを通します。

次に、ISW11MをPCにUSB接続するADBドライバFhoton用 MotorolaDeviceManager_2.5.4.exeをインストール。

Photon用ROOTファイルphoton-torpedo.tarをダウンロード。

次に、Photonの準備。
Photonの設定→アプリケーション→開発を開き、
「USBデバック」と、「スリープモードにしない」
にチェック。
Playstoreから「SuperUser」をインストール。

そして、ISW11MをパソコンにUSB接続。
ISW11Mの通知でUSB接続が認識されるので、「USBマスストレージ」を選択しておきます。
そしていよいよroot化を開始します。

コマンドプロンプトで開始します。
photon-torpedo.tarを適用して、root化終了。
で、ブートローダーアンロックはできるだろうか・・・。

※ お世話になったチャレンジャーの皆様(大変感謝!)

Photon root化方法 手順解説

【暇人脱獄BlogのPhoton ISW11M CWMあれこれ】とうとう完成。Photon ISW11MにClockWorkMod=CWMインストール完了。Backup&Recoveryが可能になりこれでフルに弄る事が可能になったよ^^

PHOTON ISW11Mのroot化〜ブートローダー解除〜カスタムROM導入までの道のり

  • 2016年5月12日

MOTOROLA ISW11M PhotonMotorola ISW11M Photon(Softbank)をもらったので、いろいろ遊んでいます。
まずは念の為、ネットワーク利用制限携帯電話機照会で製造番号で問題無いことをチェック。
次にリセット。
予備に持っているFreetelのSIMで通信したいので、auのSIM解除をしました。
ここ↓でできちゃう(゚д゚)!。Price 4.99 EURO

http://sim-unlock.net/

ペイパルで支払って約50分後にメールでPINコードが届きました。
PIN入力してSIM解除完了。
でも、Freetelの契約がネット+SMSなのでこのままではネットができません。
いろいろぐぐって、チャレンジャーの皆様の情報によると、rootを取ってひと手間かける必要がありそうです。

とりあえず、Googleアカウントにログインしようとすると、認証が通りません。
「入力したユーザー名またはパスワードが間違っています。」
いえいえ、ユーザー名・パスワードは合っています。
Googleの2段階認証を設定しているので、通常は登録している携帯に確認コードの連絡が来るのですが、来ません。
アプリのパスワードではログインできますが、GooglePlayは認証されません。
2段階認証を設定していない別のGoogleアカウントではログインできたので、追加でメインのアカウントを登録して、アプリのパスワードで登録しました。
android2.3以前ではマルチアカウントにも対応していないとか、2段階認証に対応していないとか・・・。
で、この端末はandroid2.3.4でこれ以上のアップデートは無いそうです。

MotorolaがAndroidを4.1に更新できない端末を発表。

  • 2016年1月20日

台湾で使うスマホアプリ(android)

Google翻訳台湾旅行で実際に使ったアプリを紹介してみます。

My Maps
Googleマップと連携した地図作成アプリ。パソコンで作ってスマホで見ました。
必ず行く場所と、行けたら行く場所、参考程度の場所と行く順番を整理。
ただ、なぜか現地でよく落ちました。

Google手書き入力
日本語を含む82言語に対応。
これは日本在住の台湾人のスマホにも入れてあげました。

Google翻訳
もちろん翻訳精度はまだまだですが、補助的には助かります。

Googleピンイン入力
勉強を兼ねて入れています。

Google注音入力
勉強を兼ねて入れています。
台湾の方でこれでないと入力できない人もいるので。

台湾ドル計算機
台湾ドル計算機必須です。

高鐵T-EX
台灣高鐵のホームページが日本語対応しているので、上記をダウンロードする前にサイトで確認して、発券でアプリを使うのが良いでしょう。

LINE
LINEのトークと無料通話はやはり便利。

Ingress
記念にハック。地元のエージェントさんにご挨拶しました。

ワープロで日程も作って、Dropboxに入れておき、タクシーや誰かに尋ねる時に、その場所を拡大表示させます。
スマホ無しでの旅行はもう考えられません。
バッテリーチャージャーと、落下防止ストラップも必須。

  • 2015年1月17日

Zenfone 5 LTE海外で使うガラケーの替りが必要になり、ヨドバシカメラのポイントで、「Zenfone 5 LTE」を買ってみました。
Googleで同期すると、既存のNexus7と同じになりました。
ポケットに入るのは実にありがたい。
スマホの小さい画面は苦手なのですが、文字サイズを「極大」にするとアプリによっては見やすくなりました。
ただ、iPhone4が片手でほぼ入力できるのに比べて、Zenfone 5は微妙に届かないところがあり、やや工夫が必要になりそうです。
カバーをかけるとまず片手では無理です。
Nexus7に挿入していたSIMカードを入れて、接続設定。

セキュリティは「ファイスアンロック」にしてみましたが、前より精度が良くなったかもしれません。
無線LAN 802.11b/g/n 、aが非対応でしたね。
このサイズだと車載が楽です。
7inchのNexus7やiPad miniだと車載ホルダーがなかなか不安定で、車への粘着部分がだめになってしまいました。

Zenfone 5 LTE

Kindleで本を読むのも、「読書モード」でも良いけど、背景を黒、文字を白がなかなか読みやすいです。
テカらない画面が気に入りました。

Bluetoothのイヤホンマイクを使いたいのですが、一番使いたかったものがNGのようです。残念。
バッテリーの持ちは、WillcomのPHSにはやはり負けます。

 

  • 2015年1月8日

Xperia TM Z2 Tablet暮れにパソコンを納品した際に、インストール必要なソフト(見積・売上・販売管理)のディスクが見当たらず発注しておきました。
無線機が古かったので、今回新規購入して交換、パソコン・タブレット・スマホを再設定。

ルータ:NEC Aterm PA-WG600HP
プリンタ:Canon MG7100(WiFi)

プリンターは無線LANに手順通り進んで、「Canon Inkjet Cloud Printing Center」に登録。
念の為プリンターのIPアドレス固定。
これで、パソコン、タブレット、スマホから印刷とスキャンができます。

Dropbox新規取得及び設定。
これで、パソコン、タブレット、スマホでデータの共有ができ、スマホで撮った写真がすぐにパソコンで整理できます。

Excelでの確定申告の集計を支援。
自営のお客様で、経理の整理をしている紙ベースの資料があります。
以前にも売上を手計算する部分をExcelで補助しました。
今回は経費部分をExcelで楽に集計できるようにします。
市販のソフトだとソフトに合わせなければいけないのですが、こちらの場合は逆にお客様の慣れた方法を補助する形でExcelを使うことにしました。

副業でなさっているアクセサリー製作をホームページに出すことをお考えとのことなので、Facebookページ作成。BASEでショッピングカート作成。
基本部分だけ作っておきましたので、あとはゆっくり内容を追加していけば良いです。
お金をかけなくてもここまでできるのです。

  • 2012年10月2日

ソフト修復とスマホ

こちらはお仕事で使っているソフトが壊れたそうで訪問しました。
IRTの「見積・納品・請求書」というソフトですが、起動すると「¥は整数ではありません」と出て一応起動はするものの、 印刷しようとすると「I/Oエラー」と出て印刷できません。
インストールCDを使って修復を試みましたがダメ。
バックアップを取ってアンインストールし、インストールし直してもダメ。
アンインストールし、残ったフォルダをリネームして、インストールし直したら直りました。

スマホを購入したそうで無線LANに接続しました。
auの「MEDIAS」 。
片手で使うのと、携帯性にはやっぱりこの大きさでしょうけど、入力はやっぱり耐えられない。
ワンセグは映らない。
お客様のタップのタイミングがうまくつかめないようで、「この辺を何度か押してると出る・・・」とイライラしてます。
バッテリーは持ちません。
Facebookは「いいね」しかしてないそうで、写真のアップの仕方を説明しました。
写真をMEDIASでばかり撮っているので、今度はそのバックアップが必要です。

 

  • 2011年10月8日

音声でツィート

運転時間が長いと、どうしようもなく眠くなる、
そんな時、「誰か携帯に電話してくれよぉ〜」と思う。
もしも、スマホで音声でTwitter入力したり、他の方のつぶやきを音声で読み上げてくれたら・・・、
それができるなら、 スマホを買って月額5000円くらい払ってもいいと思う。
たくさんアプリがあっても、私のやりたいことはできないんだな。 

一応試してみました。
Google Chromeのエクステンションで、「Tw plus 」 。
インストールすると、Twitterの入力画面にマイクの絵が出てくる。
 「すごく眠い、ビール乾杯、ぬか漬けうまい」なんてのはOK。
「音声ツィートのテスト中」→「酸性水」(????)