• 2009年6月17日

ADSL阻害要因-VDSL-

USEN光からYahooBBに乗り換えたら、リンクがひどく不安定で使えない時間の方が長いそうで、訪問しました。
MDFを確認すると、VDSL装置があって、保安器と宅内のMJとの間にVDSL装置への接続が中継されています。
解約してもこの配線は元には戻しません。
電話の通話には差し支え無いからですが、この余計な配線がADSLにはジャマになります。
YahooBBは特にこういう障害に敏感です。
NTTのフレッツADSLでは何とか繋がっても、YahooBBではダメということも多々あります。
とは言え、フレッツで繋がってはいても速度は落ちているはずですが。
VDSLに回っている配線を切り離し、保安器と宅内MJを直結させます。
これで正常にリンクしました。

※ この作業は電話工事の資格が無いとできません。



  • 2009年2月22日

スカパー Pay per view購入不可

YahooBBご利用のお客様です。
スカパーの「Pay per view」の購入手続きができないそうで訪問しました。
スカパーの視聴はできています。電話テストも正常です。
電話線をたどって確認してみました。

Yahooモデムの前に以前契約していた他社ADSLのスプリッタがついています。
これは不要。ていうか、これで分けちゃうとBBフォン使用不可です。

その前に分岐があり、TVの部屋とモデムとに分かれているようです。
これNGです。よくYahooモデムリンクしてましたね。
おそらくTV側の電話にはノイズが入っていたでしょう。
購入手続きをしようとすると、「回線が繋がっていない」と表示されたこともあるとか。
タイミングによって繋がったり繋がらなかったりしたのかもしれません。

今回は電話工事で対応です。
分岐のところで2口MJを設置して、片方は局側、片方はTVの部屋に通じるように接続。
局線側からモデムに接続し、モデムの電話機側から電話機とTVの部屋へと分岐してやります。
これでTVの部屋でも電話が正常に繋がります。
スカパーで試しに購入したところ、正常に完了です。
BBフォンも正常に使用できるようになりました。


  • 2008年11月11日

ADSL阻害要因(電話線劣化)

ADSLの阻害要因が全く無いお宅です。
ただ、宅内の電話線がとても長いです。
公団なんですが、玄関入り口近くに電話線が引き込まれていて、その後がパソコンのある部屋まで長い、しかも古い。
試しにドアの外の電話端子盤に直接モデムを繋いでみると、ちゃんとリンクします。
ここからパソコンの所までのどこかで電話線が損傷があるのでしょうか。
損傷がどこか追求するのは大変だし、今回突き止めても古い電話線ですからいずれまた別の場所がダメになる可能性もあります。
そこで、ドアのそばの電話線が入った所で一旦切断して、ここにMJを設置することをご提案。
ここにモデムを繋いでリンクすれば、あとはお客様ご自身で好きなように配線するそうです。

  • 2008年11月11日

ADSL阻害要因(MJ劣化)

ADSLがリンクしないそうで訪問しました。
保安器の2次側(部屋側)に直接モデムを繋ぐとリンクします。
壁のMJはけっこう古そうです。
試しに別のMJを繋いでみるとリンクします。
これはMJの劣化ですね。
MJ(モジュラージャック)交換してOKです。

  • 2008年11月11日

ADSL阻害要因(ガス集中監視システムその2)

ADSLが開通できない要因の一つに、ガス集中監視システムがある。
前にも書いたが、これは使用したガスメーター量を電話配線で検収するシステムである。
これを設置することで、ガス会社の人はメーターを見に来なくて済む。

事前に電話で状況を伺い、これがあるようならガス会社に電話して対応してもらう。
ところが、このシステムをすでに止めていても、配線設備が残っているだけでも阻害要因になる。
お客様はもう使用していないので、阻害要因として存在するという自覚が無い。
ガス会社に問い合わせても現在使用が無ければ「ありません」と言われてしまう。
今回もそう。「わかりました」と電話を切ってしまいそうなので慌てて電話を替わってもらい説明。
機器の名称を説明して、設備が残っているだけでもADSLができないと説明すると、調べて折り返してくれることになった。
結果、やはり以前に設置していた設備で、現在は使用していないのでした。
「申し訳有りませんが、そちらで切断していただけますか?」とのこと。
確認さえできれば良いのです。
ガス検への接続を切断して、リンクUPしました。

  • 2008年10月24日

ADSL阻害要因(プロバイダ関連)

「インターネットが繋がらなくなった!」と連絡を受けました。
無線LANご利用のお客様です。

さて、どこで繋がらないのでしょう。

無線接続のトラブル
FTTHのモデムの不良
パソコンの不良

の3種類の可能性があります。
あと1番多いのが、単に電源の入れ直しです。
今回、NTTに電話してもダメだったそうで、どうにも自分ではわからないと言われて訪問しました。

到着して、まずはランプの確認。
ONUは正常、ひかり電話対応ルータ「RT-200NE」のpppランプが消灯しています。無線機は正常。
pppが消灯ではインターネットは繋がりません。
RT-200NEの管理画面に入ろうとしましたが、パスワードがわかりません。
仕方なく、初期化して接続設定をし直しましたが、それでも繋がりません。
認証エラーが出ます。
認証エラーでは、接続IDとパスワードのどちらか、または両方が違う、それかルータの故障しかあり得ません。
プロバイダに電話してみると・・・、やはりその接続IDは停止になっていました。
接続IDが停止になるなんてことは、契約上の問題です。
そう、料金未払いでした。

これは訪問してもどうにもなりません。
このケースもたまにありますが、NTTに電話してサポート対応時にどうしてプロバイダへの確認を案内しないのか不思議です。


  • 2008年10月24日

ADSL阻害要因(接続間違い)

ADSLが雷の後繋がらなくなり、モデム交換しても繋がらない、そんなケースが今年は数件ありました。
最初の繋がらなくなったのはモデム故障かもしれません。
でも、交換しても繋がらない・・・なぜでしょう?
今年数件あったのは接続ミスです。

ぱっぱっと古いモデムを外し、パッパッと新しいモデムをつけます。
その時に、ちょっとだけ間違えてしまうと・・・、はい、繋がりません。

あるお宅は、ドアホンアダプタとの接続を間違えていました。
あるお宅は、局線に繋がるMJと別の階に繋がるMJとを逆にモデムに接続していました。
経路が間違っていても、線さえ繋がっていれば電話は使えてしまうので、余計に訳が分かりません。
ただでさえ、モデムが壊れた後なので、他にも何か壊れているのかと思ってしまいます。

雷の二次災害ってところでしょうか。



  • 2008年9月29日

ADSLリンク不可

スタッフが訪問したADSL開通作業、モデムがリンクアップしないと電話がかかってきました。
モデム初期化も試したし、ガス検やドアホン・ホームテレホンなどの阻害要因は無いとのこと。
そのお宅のモジュラジャックのところに「SASJ-21」と書かれていて、2つ差し込み口があるけど、どちらに接続してもリンクアップしないとのこと。

うーん、それ怪しい。

急遽、検証用モデム持参でかけつけ、検証用モデムを試してもリンクしないのでモデムの不具合ではありません。

 
試しに、これを外して普通のMJをつけるとリンクアップしました。
お客様も有償でも良いから仰るので、取替工事をして、無事ADSL開通です。

後で調べたところ、これ転換器です。

電話を2台接続すると、普通は片方を通話中にもう片方の電話機で受話器を上げると通話が聞こえてしまうのですが、それを聞けなくする機能があるようです。


  • 2008年5月23日

モデム交換したらリンク不可能

そのお客様はADSLをお使いです。

モデムが故障したので交換したら繋がらなくなってしまったのだそうです。

こちらのお宅は、電話線が露出配線で、外から引込んだ電話線を玄関で一旦引き出し、近くの電話機と、少し離れたパソコンのある部屋へと分岐しています。

なので、この分岐のところにスプリッタを設置することになります。

接続は間違っていません。



ところが、リンクしません。

スプリッタの位置にモデムを接続するとリンクします。

間にスプリッタをつけるとリンクしません。

交換前のスプリッタでも、新しいスプリッタでもダメです。スプリッタ不良ではありません。

スプリッタや延長コネクタ等、何か間に入れるともうリンクしません。

この分岐のところの配線はお客様が自分でしたようです。

電話は正常に繋がります。ノイズもありません。



NTTからの距離などを確認すると、4km以上あるので伝送損失もけっこう大きいです。

ギリギリで届いているADSLだったのでしょうか。

前のモデムと機種が変わってしまったので、ギリギリだったのがダメになってしまったのでしょうか・・・。



外の保安機から直接電話線を引っ張ってモデムを繋いで見ました。

やはり間にスプリッタをつけるとリンクしません。

保安機の前に繋いで見てもリンクしません。

・・・?配線は関係無い?



原因は、何だったと思います?

交換品で送られたモデムに同梱されていた電話線の不具合です。

電話線を変えたらリンクしました。

ああ、いろいろ考えすぎてしまいました!!

もーーーー、お客様と大爆笑です。

それにしても、ちゃんと気づけてほんとーーーーに良かった(冷汗)。









  • 2008年4月20日

ADSLリンクせず

ADSLモデムがリンクせず、モデムを交換しても変わらないとの事で訪問しました。

理由は簡単でした。ホームテレホンです。

プロバイダのカスタマーもどうしてこれを確認しないのかわかりません。

古いホームテレホンで、市販の電話機をつけられず困っているとの事。

なーんだ、それならお安い御用です。



ホームテレホンの前に電話の局線を引き出してモデムに接続。

このモデムはスプリッタ内蔵タイプなので、モデムの後ろ電話機側からホームテレホンに戻してやります。

ついでにモデムの後ろで二又にわけて市販の電話機もつなげます。

これで、今までの電話も、市販の電話も両方使えます。



めでたし、めでたし。