• 2014年11月6日

タブレットのネットワークキーが保存されない

この半年ほど自宅のNexus7(2013年モデル)の無線LAN接続が、接続先を変える度ネットワークキーを入力を求められてうんざりしていました。
このメインで使うNexus7だけで、古い方のNexus7やiPad miniでは正常に接続できます。
全部ではなくて、最近新しく導入した無線ルータ(ASUS RT-AC68U)の2.4GHz帯と5GHz帯。

WiFi

我が家には無線の電波が1台では全部屋には届かないので、2台設置しており、前から設置している方は問題無く接続できます。
忙しくてついつい自分の事は後回しで放置していましたが、やっと対応してみました。
ネットでぐぐると似たような書き込みがありますが、質問サイトでも的を得た回答は見当たりません。
何となく・・・、記憶できる数に上限でもあるんじゃない?と思って、いくつか無線LAN接続先を切断してみました。
切断で削除されるはず。
すると、正常に接続が保存されるようになりました。

WiFi

仕事でも使っているので、あちこちで無線接続しますからすごい数になってるんでしょうね。
このリストって名前で昇順に並ぶんですが、保存した日にち順で並び替えとかできたら、どれを削除してよいか判断しやすいんですがね。

  • 2014年6月5日

ベッドでタブレット

寝室でタブレットを使う時に、なんとか調度良い位置に固定したいと思い、アームを探してみました。

サンワサプライ SANWA SUPPLY CR-LATAB1 [ iPad/タブレット用アーム]

タブレット用アーム

これ、なかなかしっかりしてて良かったです。

タブレット用アーム

前に購入した車載ホルダと同じタイプだったので、タブレットの抑え部分ごと付け替えができました。

タブレット用アーム

アームをあっちこっち付け替えるのは大変なので、よく使う場所にはアームを設置しておくのが良さそうです。

タブレット用アーム

Nexus7でもOKです。
これで朝のラジオをタイマー設定しておくと良いかも。

  • 2013年11月29日

Screenshot_2013-11-29-10-17-28

タブレット上でMS-OFFICEファイルの編集が「Quickoffice」でできるのを確認しました。
Googleドライブ」に保存することで編集はしてましたが、アプリがandroidでもiOSでも対応しているので、かなり便利。
本当のOfficeほどの機能はもちろんありませんが、そもそもそんな高機能なものは不要です。
出先でファイルを受け取るのも、メールに添付されるとPPTファイルなんて無駄にサイズがでかくて受信に時間がかかるし、必要な取引先とは共有フォルダ作っておけば、Officeの入っていないパソコンでも、Nexus7でもiPad miniでもファイルが開けて編集までできる。
相手がGoogleアカウントを持っていなくても、リンクで共有すればGoogleログオフ状態でもファイルが開けるってのも便利だ。
そして、Googleドライブはアップロード時にウイルススキャンをしてくれるので、今噂のWordを装ったウイルスもここで防げるってことになるんじゃないかな。
しかも全部フリーソフト。
メール自体が迷惑メールフィルタにはまったりして、もう全然安心できないし、いい加減メールでのやりとりはやめたい。

  • 2013年10月29日

Nexus7モバイルルータを契約したらNexus7(2012)がついてきたそうです。
まだ何もしていない状態。
とりあえず無線LAN設定をしてネットに繋ぎましたが、何もわからないので私のNexus7と同じように色々できるように設定して欲しいとのこと。

まず、保護フィルムを張ります。
次に、前に取得したGmailアドレスを設定。
Google日本語入力をインストールして、まずQWERTY配列をデフォルトに。
パソコンのThunderbirdのアドレス帳をエクスポートして、Gmailにインポートし、Nexus7と同期。
Googleカレンダーも同期。
Googleクラウドプリンタを設定して、Nexus7で「クラウドプリンタ」「Canon EPP」で印刷設定。

その他設定。
Avast!、Googleマップ、Nav Launcher、Youtube、Dailymotion、PCM録音、Dropbox、コンパス、Radiko、SEIRKIとNENGO、六曜ステータス

一つ問題があります。
奥様がタップすると、なぜかタップしたポイントより少し下が反応して、広告をタップしてしまいます。
私がタップしてそうはならないので、指の形状かタップの微妙な違いだと思います。
広告をタップしたと自覚があれば広告を消せば良いだけですが、よく分かっていないので判断が難しいです。
タッチペンを使ったほうが良いかもしれません。

  • 2013年10月12日

Nexus7 LTEモデルを購入して、BBExciteの契約を「LTE500MBコース(SIM3枚)」に変更しました。
すでに使用中のMicroSIMに追加してカードが送られてきましたので、さっそくNexus7に装着しました。

SIMカード

右側面の下に装着口があって、穴があるのでゼムクリップなどで押してカバーを外してセットします。

SIMカード

SIMカードはすぐに認識されましたが、設定が必要です。
「設定」-「無線とネットワーク」-「モバイルネットワーク」-「アクセスポイント名」とタップして、BBExciteのAPNを設定します。
設定内容はBBExciteの案内の通り。

APN
設定してチェックを入れると繋がります。
WiFiをOFFにして、再起動すると繋がりました。さっそくスピードテスト。ま、こんなもんですかね。 

スピードテスト

ついでにデザリングも設定(使うかどうかわからないけど保険)。
「設定」-「無線とネットワーク」-「デザリングとポータブルアクセスポイント」-「WiFiアクセスポイントをセットアップ」で適当にネットワークキーを作って設定。

デザリング

ちゃんと繋がりましたよ。
数日使ってみましたが、やっぱりモバイルルータを一々電源入れなくて良いのは楽ですなあ、当たり前ですが。
Nexus7(LTE)の使用頻度がダントツになりました。

  • 2013年9月22日

背面カメラがついた新しいNexus7でスキャナアプリを入れてみました。
「CamScanner HD」←HDでない方に変えました。

今までiPad miniで「GeniusScan」を使ってましたが、こっちの方が良い。
写真を撮って

CamScanner

トリミングして、自動で画像調整してPDF作成

CamScanner

クラウドプリンタで印刷、DropboxやEvernoteで共有、WebAccessAで自宅のNASにも保存できる。

CamScanner

タグ付けしたり、メモを添付できる。
普段からメモ代わりに写真を撮っているので、管理するアプリとしていいかも。

CamScanner

ちなみに、iOSアプリもあるけど、私はandroid版が気に入りました。
無料版だと広告や透かしが入って、保存は1ドキュメント10ページまで、10ドキュメントまでの制限があります。
400円なら払ってもいいけど、保存をNexus7にせずDropboxにすれば大丈夫?
しばらく使ってみます。

追記(2013/9/22)
「CamScanner HD」ではなく、「CamScanner」の方で、ユーザー6000万人突破を記念で無料で正式版にアップできて、透かしや広告が消えました。

  • 2013年9月21日

Nexus7

ヨドバシカメラで9/13のLTEモデル発売と同時に到着。
去年のNexus7もiPad miniも持ってるんですが、どうしても欲しくなって買っちゃいました。
両方共WiFiモデルで、仕事とプライベートで使ってます。微妙にできることが違うし、両方持ってもパソコン持つより軽いし、どっちかがバッテリー切れても大丈夫。

Nexus7を約1年使っての感想が、
やっぱり背面カメラが欲しい
モバイルルータのバッテリーが夕方切れる
カーナビ使ってる最中はLINEやメールの通知が邪魔
車載ホルダに装着してると結局字が小さくて他の作業は難しい。

その上、iPad mini(16GBモデル)はディスクの空きが無くなってきました。
これはビデオを入れてるせい。

今回、値上げは残念だったけど、32GBのLTEモデルを購入すればすべて解消するのではないかと思った。
旧Nexus7はカーナビ専用にすればいい。
カーナビの地図を更新する費用を考えたら安い。

SIMカードは、今契約中のBBExiteをSIMカード3枚契約に変更。
これは来月からなので、今のところはWiFiのみで接続。

約1周間使ってみた感想は、
ちょっと縦長になって持ちやすくなった。電車の中でKindleが読みやすい。
フェイスアンロックの精度が格段に良くなった。全然失敗しない。
画面がめちゃくちゃキレイになった。iPad miniよりはるかにキレイ。
カメラの撮影サイズの設定ができるのが良い。iPad miniはできない。
Dropboxへのカメラアップロードがすごく早い。
Googleの認証を通すと、Googleで認識できるアプリは全部自動で入って設定も自動だった。
スクリーンショットが取りやすい、旧Nexus7は結構失敗した。
バッテリーの持ちが良く、充電も早いような気がする。
iPad miniより小さい感じが強調された。
画面消す時、テレビを消す時みたいに光る。
残念なのは値上げのみ・・・。

今のところトラブルもないし、あとは来月SIMカードが届くのを待つのみです。
2013-09-21 02.12.36


  • 2013年8月22日

タブレットでパソコンを操作する

WOL仕事部屋が日当たりが良すぎて暑いので、涼しい部屋でノートパソコンやタブレットで仕事をしたいと思い、リモートデスクトップを設定して見ました。
メインマシン(Ubuntu)ではなく、普段あまり使わないWindows7、Windowsでないと使えないソフトを操作する時だけなので、いちいちパソコンの電源を入れに暑い部屋に来たくない。
ついでに、出先からもパソコンの電源を入れられるように、Wake on lanの設定をしました。
Nexus7でロケフリが見れてしまった。
Windows7をタブレットにしたみたいで何だかおかしい。

【パソコンの設定】

PC:富士通 FMV CE50W7
OS:Windows7 Professional SP1 32bit
LAN:Intel(R)82566DC

Biosの「電源管理」で、「PCIデバイスによる電源ON」を「使用する」に設定。
確認するとすでに「使用する」になっていたけど、何かの機会にもしかしたら自分で変更したかも。

デバイスマネージャから、「Intel(R) 82566DC Gigabit Network Connection」のプロパティを開き、「電源の管理」で、
「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」
「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」
「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」
の3つにチェックが入っているのを確認。

詳細設定にWake on lanに関する設定があると色々情報があったけど、このパソコンには特に無し。
「Intel(R) 82566DC Gigabit Network Connection」のMACアドレスを確認。
起動させたいパソコンのIPアドレスは固定。

デスクトップ上にシャットダウンと再起動のショートカットを作成(あると便利)。
シャットダウン 「shutdown -r -f -t 0」
再起動 「shutdown -s -f -t 0」
※オプション
-r (リブート) -s(シャットダウン) -f(アプリケーションを警告無しに閉じる) -t 0(0秒後にタイムアウト)

【ルータ(RT-400KI)の設定】

「高度な設定」で、「WAN→LAN中継機能」を使用するにチェック。

【Nexus7】
WOLアプリ:WoL Wake On
リモートアプリ(ネットワーク内):Splashtop
リモートアプリ(ネットワーク外):TeamViewer

【iPad mini】
WOLアプリ:Remote Boot
リモートアプリ(ネットワーク内):リモートデスクトップ
リモートアプリ(ネットワーク外):TeamViewer

【パソコン(Windows7)から】
WOLアプリ:WoL Wake On Lan Tool
リモートアプリ(ネットワーク内):リモートデスクトップ接続
リモートアプリ(ネットワーク外):TeamViewer

ネットワーク内からWOLする際は、ブロードキャストはON、ネットワーク外ではOFF
グローバルIPアドレスは変動するので、無料のDNSサービスを使用しています。
Dyn.com
うちではDNSの更新をUbuntu パソコンで「ddclient」で行なっている。
[Ubuntu12.10]DynDNS設定
Windowsなら、「MyDNS.JP」が簡単らしい。

※ 上記以外に、Chromeリモートデスクトップも面白い。ただ、タブレットは現状は非対応。

  • 2013年8月17日

タブレットでGoogleマップ

仕事でフル活用のGoogleマップ、最近変わってしまいました。
アップデートで、android版もiPhone版もほぼ同じになったようです。
一番痛かったのが、androidのナビアイコンが無くなったこと。
久しぶりに電車で移動したら困ってしまった。
そこで、現時点での対応を考えて見ました。

androidでは「Nav Launcher(Beta)」なるアプリを入れると、ナビ復活しました。

Navigation Launcher
これ、なかなか使えます。
色々登録するとやたら便利。

iPad miniでは、「My Maps Editor 4.61」を入れると、Googleマップのマイマップが使えてかなり便利。

My Maps Editor
現状ではGoogleアカウントにログインすると、「Failed to load maps. (エラーコード:400, Request Quota Exceeded)」とエラーが出ますが、これは設定で「Google Fusion Tables」をオフにすれば解消します。
これでマップを呼び出して、マップアプリへ切り替えてやります。

今後も色々変わるでしょうけど、すごいですね。

  • 2013年5月14日

タブレットで年号調べ

未だによく調べるのがこれ、年号調べ。
昭和59年に生まれたって言うと・・・、西暦では・・・ってやつ。
お客様宅で何かの登録作業があると、決まって聞かれます。
自宅ではiGoogleガジェットに入れてましたが、iGoogleは終了予定。
調べてみたら・・・、ありましたよ!

Nexus7(android)ではこんなの、

SEIREKIとNENGO

SEIREKIとNENGO SEIREKIとNENGO
iPad mini(iPhoneアプリ)ではこんなの、

i年齢表

i年齢表 i年齢表
西暦と和暦

西暦と和暦
今まではEXCELで自作したりしてたけど、これは便利。
他にもいっぱいあるので、自分の趣味に合うものを探してください。