• 2017年10月15日

Office2016 for Macの設定

お客様がWindowsからMacに買い換えるので、これを機会に「Office2016 for Mac」のサポート記事を書くことにしました。
私自身は普段は「LibreOffice」をメインに使っており、どうしても必要な時だけ、Windowsで「MS-OFFICE2016」を使用しています。
スマホ(android)にもOfficeアプリを入れたことはありますが、あまりに重くて耐えられず削除しました。
「Microsoft AutoUpdate」で自動チェック有効。
「Office2016 for Mac」現時点でバージョンは15.38.0。

Mac版では、昔ながらのメニューバーが表示されます。

office for mac

【Office共通】

個人用設定
[全般]で、「Officeテーマ」をクラシックに設定。
「○○の起動時に○○ギャラリーを開く」のチェックをOFF(どれかで設定すると全部に反映される)。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズ
複数回クリックしなければできない操作の繰り返しは無駄。
よく使用する操作「ファイル」「保存」「名前を付けて保存」「元に戻す」「繰り返し」「印刷」などを登録。

【Word】

「遊明朝」フォントが妙に薄く見えて気持ち悪いので、既定のフォントは変更。
[形式]-[フォント]で好みのフォントに変更(ex:MS P明朝、ヒラギノ明朝等)、「規定値」をクリックしてOK。
[環境設定]-[保存]で、標準のファイル保存形式:「Word文書(.docx)」
[.doc]で保存すると図の挿入ができない。一旦[.docx]で保存すれば図の挿入はできるので、作業中は[.docx]にしておき、
最後に[.docx]で保存すれば良い。

【Excel】

フィールドの設定
「Excelの起動時にブックギャラリーを開く」のチェックをOFF

【Powerpoint】

[表示]-[スライドマスター]-[フォント]の▼をクリック。
任意のフォントをクリック。
これでスライドごとでなく、プレゼンテーション全体の既定のフォントが設定できる。

【Outlook】

[メール]-[作成]を開き、「形式とアカウント」項目で、
「既定ではHTMLでメッセージを作成する」のチェックを外す。(これは好みによります。)
受信メールが文字化けする場合はエンコードを変更、またはGmailやThunderbirdを併用する。
基本的にOutlookはお勧めしない。

  • 2017年6月17日

アカウントが一時的に使用停止になっています新規にパソコンを購入したのでセットアップをご依頼です。

PC:富士通 ESPRIMO FH52/A3
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:1TB
Memory:4GB

今日は有線LANで接続しますが、実際には別の部屋で使用するので、その時は無線機を設置することになります。
ということは、しばらくネットに繋げなくなるので、今日のうちにWindowsUpdateした方が良いのです。
時間はかかると思いますが・・・。
電源を入れて初期セットアップ開始。
セットアップ中にWindowsUpdateをしました。
すると・・・、30分以上ボーッっと待つことに・・・。

やっと終わって、GoogleChromeインストール、Gmail設定。
既存のパソコンと同じに設定します。
プレインストールのMS-OFFICE2016を起動し、認証をすると・・・、通りません。
「ライセンス認証回数が上限に達しているためライセンス認証を実行できません」
Office 製品のライセンス認証ができないお客様へ

つまり、1月に大発生したトラブルで、そのまま改善されてない。
上記は今見つけた記事で、問い合わせの電話番号は、現場ではパソコンには表示されません。
WEBからログインしろとか言われます。
ログインしようとすると正しいID・パスワードを入力してもログインできず、パスワードリセットに進むと、
「アカウントが一時的に使用停止になっています」
と難癖つけられました。
「お客様のアカウントxxxx@gmail.com 使用して大量の迷惑メールが送信されたか、Microsoft サービス規約に違反する行為が行われた可能性があります。」
そんなことはありません(怒)。
続行して、担当者さんの携帯電話のSMSで確認コードを受け取って、使用停止を解除。

Officeはまだです。
認証画面のヘルプをクリックしたところでやっとMicrosoftのサポートの電話番号が表示され、電話が繋がりました。
電話認証になり、アナウンスの声に従い認証IDを入力すると、これも認証できず、
サポートは日本語を話しますが、日本人ではありません。
そして、認証IDが発行され、その通りに入力すると認証が通りました。
さっさと電話を切ろうとするので、どうして認証が通らなかったのかと質問すると、原因はわからないとのこと。
そして、お客さんに迷惑をかけたという認識はありません。

Outlookでメール設定。
もう、時間が無いので、続きは次回に持ち越しました。
つまり、Microsoftの認証がすべて通らないトラブルなのでしょう。

  • 2017年5月28日

突然Windowsの窓が開いて「応答なし」になり、中は真っ白で、写真を撮ろうとしたら消えました。
まるでウイルスかと思うような現象で、急いでググると他にも同じ現象が出ているようです。

何かのウインドウが一瞬開いて閉じる
最近定期的に謎のウィンドウが一瞬開いて閉じる

officebackgroundtaskhandler.exe

タスク名「OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」に「タスクの作成または変更時 – トリガーされた後、1時間ごとに無期限に繰り返します」
気持ち悪いんですけど、犯人はMicrosoftだそうで、私の場合はWindowsはあまり使ってないのでとりあえず放置様子見することにしました。

 

  • 2015年8月28日

MS-OFFICEのビューアソフト

パソコンに「MS-OFFICE」が無いお客様のご相談です。
買うと「Microsoft Office Home and Business 2013パッケージ版(プロダクトキーのみ)[Windows版] (PC2台/1ライセンス)」」で27,500円。 
「Microsoft Office Home and Business 2013 [オンラインコード] [ダウンロード][Windows版] (PC2台/1ライセンス)」で25,616円。

こちらはたいして使っていません。たまにExcelは使いますが四則計算のみ。そんなお客様はけっこう多いです。
こんなお金を出してまで必要なソフトでは無い。
でも、無いとファイルを開くことすらできないのは困ります。

そこで今回は、ビューアソフトを入れてみました。
WORD VIEWER
EXCEL VIEWER
POWERPOINT VIEWER

ファイルを作成したり編集する為には、これをインストールしました。
LibreOffice

これもフリーのオフィスソフト、もう10年くらい使っています。
メニューがOFFICE2003に近いのでむしろ使いやすいです。
MS-OFFICEとの互換性は完全とは言えませんが、そもそもあのように多機能である必要を多くの人は感じていません。むしろその多機能さの為に重い使いづらいソフトになっている。
他にも安価なオフィスソフトがありますが、私はLibreOfficeをお勧めします。
これで使ってみて、やっぱりお金を出してもMS-OFFICEが欲しいと思ったら買ってインストールすれば良いです。

  • 2013年11月29日

Screenshot_2013-11-29-10-17-28

タブレット上でMS-OFFICEファイルの編集が「Quickoffice」でできるのを確認しました。
Googleドライブ」に保存することで編集はしてましたが、アプリがandroidでもiOSでも対応しているので、かなり便利。
本当のOfficeほどの機能はもちろんありませんが、そもそもそんな高機能なものは不要です。
出先でファイルを受け取るのも、メールに添付されるとPPTファイルなんて無駄にサイズがでかくて受信に時間がかかるし、必要な取引先とは共有フォルダ作っておけば、Officeの入っていないパソコンでも、Nexus7でもiPad miniでもファイルが開けて編集までできる。
相手がGoogleアカウントを持っていなくても、リンクで共有すればGoogleログオフ状態でもファイルが開けるってのも便利だ。
そして、Googleドライブはアップロード時にウイルススキャンをしてくれるので、今噂のWordを装ったウイルスもここで防げるってことになるんじゃないかな。
しかも全部フリーソフト。
メール自体が迷惑メールフィルタにはまったりして、もう全然安心できないし、いい加減メールでのやりとりはやめたい。

  • 2013年1月19日

タブレットでOfficeを編集する

仕事で使うタブレットとしてネックになっているのがOffice対応です。
パソコンでもOffice無しでOfficeを使う方法を、以前にも調べて見ました。
Office無しでOfficeを編集

タブレットでも現状を調べて見ました。
ここに発見↓
Quickoffice + Google Apps = better document conversion and an iPad app
GoogleがOffice編集アプリ「Quickoffice」のiPad版を無償提供、有料版Google Apps専用
Quickoffice
でもこれは
Google Apps for Businessのユーザーのみのサービスで、Pro版購入だと1700円。

もうひとつ発見!
『Office』をiPadで使える無料アプリ『CloudOn』

iPadの場合

cloudon
androidの場合(iPadのようなファンクションキーや矢印キーが出ない)

cloudon
これはiPadでもandroidでも無料で使えて、編集して上書き保存もできるのですが、日本語対応していないのと、操作性に難があって、特にandroidではキーボードの操作もタップでもまともに編集できないみたいです。キーボードの設定を変える必要があるのかも・・・。

androidでは「Olive Office Premium」がなかなかの出来です。
DropboxやGoogleDocsとも連携しています。
Officeファイルを編集できますが、上書き保存はできません。
一旦タブレットに保存してアップロードするようになります。

で、iPadでもandroidでも使えるOfficeアプリってのはまだ無いと言って良いでしょう。
Officeファイルを開ければ良いくらいに割りきって、そのうち良いアプリが出るのを待ちますか。

  • 2012年8月31日

MS-OFFICE2007アンインストールできない

MS-OFFICE2007が使いづらいので2003に替えて欲しいとのこと、会社のライセンスがもうひとつあるのでそれを入れることになりました。
ところが、「プログラムと機能」から2007をアンインストールしようとすると、「このインストールパッケージの言語システムはサポートされていません」と出てしまいます。
Microsoft Answersやサポートサイトに対処法が紹介されていたので試して見ました。

Office 2007 をアンインストールできない
KB975927の修正プログラム
↑入れてもダメ。

Windows 7 または Windows Vista Service Pack 2 をインストールしたコンピューターで 2007 Microsoft Office system 製品のアンインストールを実行する時、メモ帳および特定の常駐プログラムが起動しているとアンインストールが中断する
↑常駐プログラム全部終了してもダメ。
OFFICE2007の再インストールは、当日持ってきていないので無理。
レジストリはいじりたくない。

Microsoft Office 2007 スイートをアンインストールまたは削除する方法
↑ Fix itでアンインストールできました。

たかがソフトのアンインストールごときに手間かかってしまいました。
この腹立ちをどこにぶつけたら良いやら。

  • 2012年7月31日

AndroidでOfficeを編集

ASUS TF300Tで「Polaris Office」を試してみました。
Office2003までの形式なら編集もできました。
Office2007以降の形式では、開けず閉じてしまいました。
また、パスワードのかかったファイルには対応していません。
「SkyDrive」ならOffice2007以降のファイルも編集できます。

  • 2010年5月1日

Office起動時に使用許諾契約書が表示される

「MS-Office2007」がどうしても使いにくいので、ダウングレードご希望のお客様です。
2007をアンインストールして、「MS-Office2003」をセットアップし、2007の互換パックを入れておきました。

ところが、認証を通したのにOfficeを起動する度に使用許諾契約書が表示されます。
「同意する」をクリックして使用可能ですが、毎回表示されます。
これはMicrosoftのサポートオンラインに解説がありました。
Windows 7 および Windows Vista にプレインストールされている Office を起動するたびに使用許諾契約書が表示される

ユーザー アカウント制御 (UAC) の機能が既定で有効になっているために発生するとのことです。

[スタート]-[検索の開始]で、「winword」を検索。
表示された[winword]を右クリックで、「管理者として実行」。
起動したWordの使用許諾契約を同意すればOKです。

  • 2010年4月16日

OpenOfficeでXMLファイルを開く

Office2007で採用された「Office Open XML Formats」。
これを使ったzipファイルが取引先から届いたので、試しにOpenOffice Ver.3.1で開いてみました。

zipファイルのまま開けました。
文字サイズが大きくなってしまったり、A4サイズに入り切らなかったりと、やはり完全に互換というわけにはいきませんが、開ければ良いだけならOKです。

ちなみに、Office2002、2003でも、
Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック」をインストールしておいて、zipファイルを解凍して開けば大丈夫です。