• 2011年11月13日

Windows7 SP1トラブル

メールが使えなくなったそうで訪問しました。
メーラーは「Thunderbird」、起動するとパスワードを聞かれます。
一昨日まで普通に使えていたそうです。
メールの設定書類はご家族が管理していらっしゃるので、見せてもらって入力し、パスワードを保存するチェックを入れれば良いはずです。
メーカーサポートに電話したところ、「Thunderbird」はサポートできない、「OutlookExpress」があるはずと言われたそうです。
Windows7には無いってば。
OCNに電話するよう案内されたそうです。
OCNに電話してもパスワードは教えてくれませんし、書面での再発行も今はしていません。自分でWEB上で変更することになります。
WindowsLiveメールにも設定があるのですが、こちらもパスワードは消えています。

IEのメニューが英語表示になっています。
これ、他のお客様でもありましたが、IE9にUpdateした際に英語版IEになってしまうのです。
ここ↓から日本語パックをダウンロードしてインストールすれば直ります。
Windows 7 と Windows Server 2008 R2 向け Windows Internet Explorer 9 の言語パック
お気に入りが無くなったそうで、これは位置が変わって、IE右上になったので表示させます。

システムの復元で最近あった変化を確認しました。
Windows7 SP1がインストールされた履歴がありました。
多分これに伴ってIE9にUpしてのトラブルでしょう。
でも、ThunderbirdやLiveメールの方は謎です。

  • 2010年5月1日

Office起動時に使用許諾契約書が表示される

「MS-Office2007」がどうしても使いにくいので、ダウングレードご希望のお客様です。
2007をアンインストールして、「MS-Office2003」をセットアップし、2007の互換パックを入れておきました。

ところが、認証を通したのにOfficeを起動する度に使用許諾契約書が表示されます。
「同意する」をクリックして使用可能ですが、毎回表示されます。
これはMicrosoftのサポートオンラインに解説がありました。
Windows 7 および Windows Vista にプレインストールされている Office を起動するたびに使用許諾契約書が表示される

ユーザー アカウント制御 (UAC) の機能が既定で有効になっているために発生するとのことです。

[スタート]-[検索の開始]で、「winword」を検索。
表示された[winword]を右クリックで、「管理者として実行」。
起動したWordの使用許諾契約を同意すればOKです。

  • 2010年4月30日

タイトルバーのフォントが縮小

WindowsVistaでタイトルバーのフォントが横幅半分に縮小されてしまいます。
タイトルバーのみで、他は正常です。
フォントサイズ(DPI)を変更してみました。

[スタート]-[コントロールパネル]を開き、[デスクトップのカスタマイズ]→[個人設定]を選ぶ。
左側にある「フォントサイズ(DPI)の調整」をクリック。
既定のスケールにチェックが入っているのを、「大きなスケール(120DPI)」に変更。
タイトルバーは直りました。

文字もアイコンも少し大きめですが、この方が見やすいとお客様が希望されたのでこのままでOKです。

  • 2008年4月29日

アイコンの文字の背景が透明にならない

デスクトップ上のアイコンの文字、その背景は普通透明なのですが、たまに透明にならなくなってしまうことがあります。

今回もそのケース。

対処法はネットで調べると結構出てきます。



デスクトップ アイコンが透明な背景または影付きで表示されない



アイコン名に影を付ける設定が適用されない場合がある



アイコン.jpg今回は、画面のプロパティの

「デスクトップ」タブで、「デスクトップのカスタマイズ」を開き、「web」のタブに余計な設定がありました。



インターネットで取り込んだらしき画像へのチェックが入っていました。

実際にはその場所に画像は無いので削除してOKです。