• 2010年4月25日

Vistaのシステムの復元

fukugenVistaのシステムの復元をすると、途中で「システムの復元を開始すると、中断することも、完了した後で取り消すこともできません。続行しますか?」と出ます。
そんなことを言われたら、「いいえ」したくなっちゃいます。
どうやらこの文章自体が間違いで、実際には復元の取り消しが可能です。
Vistaから7にUpgradeしようと色々アンインストールしたのを復元してみました。
復元後、再度「システムの復元」を開くと、ちゃんと「システムの復元の取り消し」の項目があります。

これ、Microsoftは直す気無いのね。

  • 2010年4月23日

Vistaから7へUpgrade

PC:富士通 FMV-BIBLO MR-16B
OS:WindowsXP SP2→Ubuntu 7.04→7.10→Linux Mint4.0→Vista SP2→Windows7
CPU:Pentium4 1.60GHz-C
チップセット:Intel 845MP
HDD:40GB→60GB
Memory:256MB→512MB→1GB

2007年にうちにやってきた故障パソコン。
HDD障害
FMV-BIBLO MR16BにUbuntu
Linux Mint 3.1セットアップ
古いPCにVistaセットアップ
VistaにUPしたら無線IPアドレス取得できない
↑こんなふうにパーツを交換したり、いろんなOSに乗り換えながら、ついにWindows7にUpgradeしました。

Upgradeする前にWindowsUpdateをかけました。それがまた時間がかかり・・・。
そして、VistaからUpgradeです。約3時間。

いくつかドライバが無効になったのですが、Upgrade後のWindowsUpdateでほとんど解消し、最後に残った「Intel(R)82801CAM LPC Interface Controller-248C(電源管理システム用ドライバ)」も、トラブルシューティングにより「ドライバの問題に対して見つかった解決策の確認」により、富士通のホームページから7対応ドライバをインストールして解消されました。

起動にかかる時間は、約2分。
メモリ512MBのVistaや、メモリ256MBのXP SP3に比べたらずっと快適です。
Vistaインストール時にダメになった内蔵無線のドライバも7では対応したらしく、無線LAN復活です。
無線LAN設定時にちょっとおかした動きをしました。
IPアドレス取得で、WAN側のIPネットワークを取得してしまったのです。
なかなかそれを開放せず、再起動でやっと正しくIPアドレスを取得することができました。

  • 2010年2月3日

プリンタのWindowsVista互換ドライバ

PC:Sony Vaio VGN-Z71JB
OS:WindowsVista(64bit)
インターネット接続:FTTH
キャリア:KDDI
ISP:au one net
プリンタ:HP Deskjet 5551

プリンタの設定ができないそうで訪問しました。
メーカーサポートサイトではドライバの提供はXPまでで、Vistaでは互換ドライバを使用するとのこと。
Windows Vista 互換ドライバのインストール方法

[コントロールパネル]-[プリンタ]で、「プリンタのインストール」をクリック。
あとはウィザードに従ってHPの「hp deskjet 5550 series(HPA)」をインストールすれば良いのですが、これがなぜか見つかりませんでした。
[Windows Update]をクリックしても表示されず、何回か試すうちにやっと表示されたのでインストールできました。
私が見落としていただけなんでしょうか・・・。

  • 2008年12月14日

Vistaリカバリの恐怖

PC:Sony Vaio VGN-C60HB
OS:WindowsVista
Memory:512MB

パソコンが起動できなくなったそうで訪問しました。
セーフモードで起動するものの、すぐに動かなくなります。
特に大事なデータも無いのでリカバリでも構わないt仰います。
でも、機械的に損傷があれば、リカバリしても解決にならないので、念のため診断ツールをかけることにしました。
リカバリメニューの中に「診断ツール」があります。
1時間近くかけて診断ツールでチェックします。異常があれば修復する設定でかけました。
終わるとWindowsは起動できましたが、なんだかまだ動作が怪しげなので、念のためリカバリすることになりました。

リカバリ自体は30分程で完了しましたが、その後のアプリケーションリカバリがえらく時間がかかります。
これ、スキップできないんです。
メモリが少ないこともあって本当に時間がかかります。
結局90分かかりました。
その間にお客様、メモリを買ってきてしまいました。
リカバリ前に欲しかったですね。
メモリの少ないVistaパソコンのリカバリは要注意です。

  • 2008年11月2日

古いPCにVistaセットアップ

PC:富士通 FMV-BIBLO MR16B
OS:WindowsXP→LinuxMint→WindowsVista
Memory:256MB→512MB→1537MB

もともとこのPCはお客様宅で故障したPCでした。
お客様はさっさと買い替えなさって、「いらないので良かったらどうぞ」と頂いたものです。
故障の内容はHDDで、HDD交換して直ったのですが、リカバリCDが無いので、Linuxを入れてました。
今回、WindowsVistaが手に入ったので、これに入れてみました。

まずは、メモリ512MBのままでインストール。
OSのインストールはまあ許せるくらいの時間をかけて完了。
次にOffice2007をインストール、これが信じられないくらい時間がかかった。
どのくらいかかったか、計る気にもならないくらいかかった。
お客様宅でやれるような作業ではない。
メモリの少ないVistaPCのリカバリ作業は、メモリ増設と抱き合わせでないとやれないと確信。

ドライバの中で「Intel 82801CAM LPC Interface Controller」にビックリマーク。
ネットでググって、これはどうやら電源管理関係と判明。
WindowsXPではドライバもあるようだが、Vistaではこれ以上の情報は見つからなかった。
参考までに、XPならここにあるらしい↓
http://www.fujitsu-pc-asia.com/drivers/winter02/lbs6110/fuj02b1/fuj02b1.zip
Vistaでは「互換性が無い」と拒否されてしまいました。

日本語ではそのくらいしか情報は無く、海外サイトを探すと何やら怪しげなサイトにたどり着き、「有料だ」と言う話になる。
そんな手に乗るわけには行かない。
とりあえず、この件は保留。

  • 2008年4月2日

WindowsVista Businesse

PC:Panasonic Let's note CF-W7

OS:WindowsVista business

インターネット回線:CATV

ISP:J:COM



新規のパソコンセットアップからご依頼頂きました。

WindowsVistaのBusinessは初めてですが、

まあーーーーー、長かったです。

セットアップ自体も、WindowsUpdateも、

お客様も私もびっくりです。

WindowsUpdateなんてするつもりはなくて、シャットダウンではなく、再起動なら始めないだろと思ったのが大間違い。



  • 2007年11月2日

WindowsVistaトラブル

PC:富士通 FMV-BIBLO NF70W

OS:WindowsVista Home Premium

LAN:WHR-G54S

インターネット接続:CATV

ISP:It’sCom



新しくPCを購入したので、既存の無線ルータに接続して、旧PCからのデータ移行をして欲しいとのご依頼です。



まず、無線LAN。内蔵の無線を使いますが、旧PCはAOSSで接続しています。AOSSで設定するとESSIDもネットワークキーもすごく長くてとても手入力はできません。手入力可能なレベルを落とせば良いですが、できればこのままで繋ぎたいので、旧PCでルータの管理画面に入り、AOSS情報からESSIDやネットワークキーをコピーし、メモリースティックに保存。

それを新PCに接続して、コピーで設定しました。



データをメモリースティックで移行しようとしましたが、無線の設定では問題なかったのに、それ以後PCに差し込むと「フォーマットされていません」のメッセージが出ます。

仕方ないので、ファイル共有設定をしてデータをコピー。



アカウントは2つ設定。

メールソフトは「Thunderbird」をご希望です。

「Thunderbird」をメールアドレス設定後、アドレス張とメッセージをインポート。

アドレス張は「Windowsメール」にインポートするよりきれいにできました。



筆まめは新PCにも入っているので旧PCの住所録データをコピーするだけでOK。

セキュリティソフトは「NOD32アンチウイルス」をダウンロード購入及びセットアップ。

作業中になぜかIPアドレスが取得できなくなりましたが、再起動で復旧。



ここで、起動時にアカウントが4つ並んでいるのに気づきました。

2つ設定したのが、各2つづつ表示されています。2つあってもどちらを選択しても同じです。



ネットでググッてみると、富士通のサポートサイトに情報がありました。

「[Windows Vista] Windowsへログオンするときに、同じユーザー名が2つ表示されます。」



「指紋センサーを搭載している機種でWindows Updateを実施すると、インストールされる修正プログラムの影響で、Windowsへログオンするときに、同じユーザー名が2つ以上表示されることがあります。」とのこと。



お前が勝手にUpdateしたんだろ!



対応策は、「指紋認証ユーティリティ Softex OmniPassをアップデートしてください。OmniPassのアップデートは、アップデートナビで簡単に実施できます。」とのこと。

で、やってみましたが、指紋認証だけアップデートしたいのに、他にもいろいろ可能なアップデートが並んでいて、チェックボックスのチェックを外せません。

仕方なく全部アップデート・・・、約30分(泣)。



新規セットアップでのトラブルじゃ、追加料金頂くわけにもいきません。





  • 2007年7月28日

内蔵無線搭載Vistaに、無線LANカードセットアップ

PC:Sony Vaio VGC-LA3

OS:WindowsVista Home Premium

LAN:WZR-G144NH/P

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:OCN



こちらでは今までもYahooでエアステーションを使って無線でインターネットをしていました。

今回、FTTHにするので速度が速くなるよう量販店で勧められて、ハイパワーの無線ルータと子機のセットをご購入です。

このVistaパソコン、無線内蔵なのですが、無線親機をハイパワーの高価なものに変えてもこの内蔵無線では電波が弱いです。

あまり気が進みませんが、セットの無線LANカードをセットアップすることにしました。

気が進まないのは、無線内蔵パソコンに外付けで無線LANアダプタを設定すると、時々不具合が生じる為です。

でも、高価な無線ルータを購入したのに電波がこう弱いのでは意味がありません。



内蔵無線を無効にして、無線LANカードのセットアップを進めていくと、カードを挿入したところで・・・、



ブルースクリーン、そして強制的に再起動(泣)。



ああ、当たってしまいました。

デバイスマネージャから失敗したドライバを削除して、もう一度セットアップを試みます。

でも、やはりカードを挿入すると・・・、



ブルースクリーン、そして強制的に再起動(泣)。



もう一度だけ・・・、セーフモードで削除して・・・とデバイスマネージャを見てみるとおや?正常に入っているようです。

無線LANカードのランプもついています。



もう一度、通常起動をしてみると、無線LANカードが正常にセットアップされています。

無線接続をして、さらに再起動しても大丈夫です。電波も強いです。



良かった・・・・(泣)。



これで様子を見ていただき、問題なければこのままお使い頂けます。

頻繁にブルースクリーンが出るようなら、残念ながらこの無線LANカードは使わないほうが良いと思います。



前にもVistaで無線LANカードが認識されないことがありました。

あの時も、しばらくしてから刺してみたらちゃんと認識されて使えるようになりました。

何がひっかかっているのやら・・・。

  • 2007年4月3日

Vistaの感想

Vistaのパソコンを見てきての感想ですが、

CPUとメモリの控えめなパソコン、触りたくないほど遅い。
初期設定、XP以上に時間がかかる。
なぜか、Windowsメールの設定に入ると文字入力の反応が激遅になる。
富士通パソコンでなぜWindowsメールのエンコードが「西ヨーロッパ」になっている?
内蔵無線で暗号を入れて接続設定をしてから接続されるまで時間がかかる。または再起動しないといけないことがある。
ファイル共有はわかりやすくなった。
メニューバーやツールバーあたりがレイアウトや操作法が変わっていて、ユーザーを迷わせる。
サイドバーとガジェットは気に入った人には便利かも。
初めて見たときは、シャットダウンを探してしまいましたよ。

お客様に「Vista買ったら遅いんですよぉ?」と言われましても、私はVistaが早いと言ったことは一度も無いんです。