• 2020年1月8日


パソコン2台をWindows7→Windows10アップグレードご依頼。2012年の製品で、もちろんWindows10アップグレードサポート対象外です。一体型のテレビの見れるパソコンですが、Windows10にアップグレードするとこれは非対応です。

PC:富士通 ESPRIMO FH50/HN (FMVF50HNTS) x 2
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit 
HDD:1TB
CPU:Intel Core i3
Memory:4GB→8GB(4GBx2)

セキュリティソフト(McAfee)アンインストール。マカフィーリブセーフアンインストールできない→MCPR.exeでアンインストール。

MCRP.exe

Christal Disk Infoインストール、HDD正常確認。
BIOSアップデート(1.14→1.22)
データバックアップ(MyDocunents、Picture、Desktop、JDL。

MicrosoftサイトよりWindows10アップグレード。無線LANは認識しなくなりましたが、有線LANで使用なので問題無し。

もう一台は、ずっとパソコン起動不可だったそうです。

Boot failure

富士通のチェックでは機械自体は異常無し。UbuntuでCD起動してみたところ、ハードディスクのパーティション内はまっさら。仕方無いのでWindows10でクリーンインストールしました。

最後に、パソコン内部を空けてクリーニング。もうひと頑張りしてもらいますよ。

  • 2020年1月6日


Windows7のパソコンを10にアップグレードすることになりました。このパソコン、Windowsを起動できません。BIOSではハードディスクを認識しています。富士通の簡易チェックでは機械自体に異常は無さそうです。UbuntuのCDで起動してみると、ハードディスクのパーティション内は空っぽです。

Windows10のフラッシュメモリで起動してWindows10をクリーンインストールすることにしました。ところが、インストールが最初に戻ってしまいます。つまりループ。
これの対応策は、パソコンのブートはHDDに設定して、インストール時には手動でUSBメディアを指定してインストール完了。

  • 2019年12月15日

再起動するとBIOSが出る


パソコンを起動するとBIOSが出るそうです。

BIOS

こちらのパソコン、先月も同じことがありました。BIOSを終了して起動し直すとWindowsの更新が出ます。

今回も全く同じでした。WindowsUpdateが怪しいと思います。

 

  • 2019年12月1日

WINDOWS10アップグレード(富士通 AH550/5A)


Windows7終了でお悩みのお客様、富士通の2010年夏モデル、過去にハードディスク交換修理しました。バッテリーは消耗しているし、ファンの音が大きくて本当は買い替えたほうが良いように思いますが、お客様の状況やご性格を考えると、なるべく何も変わらない方が望ましい。悩んだ末に、「ダメだった時は諦めもつくから」とアップグレードを選択されました。パソコンを宅配便で送って頂き作業。

PC:富士通 LIFEBOOK AH550/5A(FMVA555ACC)
CPU:Intel Core i5-450M
OS:Windows7 Home 32bit → Windows10 Home 64bit
HDD:500GB→SSD 240GB
Memory:4GB(2GBx2)

データのバックアップを取って、ハードディスクをSSDに換装。そのままではWindows10のロゴで止まり、インストールができません。
BIOSの[詳細]-[USB設定]で、「レガシーUSBサポート」を「使用しない」に変更。

起動デバイスの優先順位に除外された起動デバイスから、USB HDDを起動デバイスへ追加。

レガシーUSBサポート

起動デバイスの優先順位

これで、一度はUSBデバイスを認識したのですが、どうも安定しないのでDVDドライブでWindows10をクリーンインストールしました。シリアルはパソコン背面のWindows7のものを入力。特に問題無くアップグレード完了しました。

MS-OFFICE2010 Home & Businessセットアップ。LiveメールのデータをOutlookへ移行。
GoogleChrome、Adobe Reader、Dropbox、Photoshop Elements 5.0、VLC media player、てきぱき家計簿マム7、iTunesインストール。リカバリディスク他ソフトウェアディスクもあるので、筆ぐるめなど入るものはインストール。

拡張子「wlmp」のファイルを何とかしようと試みましたが、Windowsムービーメーカーは無くなりました。うちにある「WindowsLiveムービーメーカー」でも、バージョンが違うとはねられました。

うん、ファンの音は相変わらずしますが、前より静かになったような気がします。富士通の本当の国産ノートをまだまだお使いいただきます。

LIFEBOOK AH550/5A

  • 2019年9月22日

点字を打つパソコン

点字翻訳をなさるお客様、今回もWindows7からWindows10への乗り換えをご依頼です。

点字入力には6点入力[s][d][f][j][k][l]を同時に打てる必要があります。前回も探すのに苦労しましたが、今回は各メーカーに問合せをしてみました。

東芝Dynabook すべて対応OK
HP 動作検証情報無し
VAIO 動作検証OK
富士通 すべての機種での保証は無し

仲間の情報では、

Surface 動作検証OK
DELL 動作検証OK

店頭で試してみました。

HP OK
ASUS NG
ACER NG

スペックや価格等検討して選んだのがこれ

PC:4QM64PA-AAAB HP15-da0058TU-OHB
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel Core i7-8550U
Memory:8GB
SSD:128GB
HDD:1TB

訪問前にWindowsUpdateは全部実行。
無線ルータも古いので買替え(ASUS RT-AC670)、AIプロテクション有効。
Office Home & Business 2016セットアップ、Microsoft登録(OCNメールアドレス)
WindowsLiveメール→Thunderbird1乗り換え及びデータ移行。
プリンター設定(Canon MG5430)USB接続。
筆まめソフト代理購入及びセットアップ、データ移行。
読取革命は提供終了していますが、付属のCDよりインストール。

点字ソフト「ブレイルスター for Windows Ver.4」セットアップ。
パソコンの解像度が高い為文字が小さいので、解像度を少し下げました。アイコンサイズは中に設定、マウスの矢印のサイズも大きめです。
ファンクションキーの動作がFnキーを押しながらになっているので、BIOSで設定変更。それでも[Ins]キーがFnキーを押しながらになってしまいます。こういうのやめて欲しい。

 

  • 2019年9月21日

Windows7終了についてお客様からご相談を受けて、パソコンの状態を確認してみました。
PC:Sony PCG-7184N
OS:Windows7 Home Premium 64bit
CPU:Intel Core 2 Duo P8700 2.53GHz
Memory:2GB
HDD:500GB

Windows7初期のパソコンなので、2010年位でしょうか。もちろんWindows10対象外ですが、パソコン自体はとてもきれいでハードディスクも問題無し。動作が遅いのはメモリが少ないせいで、むしろメモリ2GBでよく動いていると感じました。お客様仰るとおりあまり使っていないようです。どうせダメなら買い替えですし、バックアップするデータもそう多くないので、ダメ元でWindows10にアップグレードしてみました。

メモリは4GBに増設して、セキュリティソフト(Norton)やバンドル版のiフィルターはアンインストールして、Windows10にアップグレード。Bluetoothはドライバが無いようで削除されましたが無くても問題無しです。この頃のVista以降のSonyのパソコンは結構Windows10で動いています。

  • 2019年8月23日

Panasonic CF-N9をWindows10にアップグレード

お客様の2014年中古購入したレッツノート、2010年販売の製品です。

Windows7のサポート終了に伴い、買い替えも検討しましたが、お客様の使用状況で現状全く問題無く、パソコンの調子も良いので、SSD換装してWindows10 64bitをクリーンインストールすることにしました。


PC:Panasonic CF-N9(CF-N9NWWKDS)
OS:Windows7 Pro 32bit SP1→Windows10 Pro 64bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i3 CPU M350
Memory:4GB
HDD:150GB→SSD(250GB)換装

32bitから64bitになったのでメモリも4GB使用可能になり、SSDなのでかなり快適です。ドライバーはメーカーサイトからダウンロード。Officeは今まで2003でしたが、Office2007があるのでこれをインストール。今回このお宅のパソコンは全部Windows10になり、Officeも2007と2019になって、2003を本当に終了させました。今回はNTTのウイルスクリアも解約。全部DefenderをON。

 

  • 2019年8月21日

2013年に購入したパソコンです。一度はWindows10強制Updateに見舞われ起動不可となり、ハードディスク故障にもあって交換し、買い替えたものの、その後何となく使えていたそうです。今回Windows7サポート終了に伴い、どうするか検討しましたが、なぜか使いやすいそうで継続使用となりました。Windows7だから使いやすかったのかもしれませんが、よく働いているので今回再度Windows10にアップグレードしてみました。

ASUS

PC:ASUS N53JF
OS:Windows7 HomePremium 64bit → Windows10 Home 64bit
CPU:インテル® Core™ i5-460M プロセッサー 2.53GHz
Memory:4GB
HDD:約500GB
Bluerayディスクドライブ付きです。

今回はあっさりWindows10にアップグレードできました。以前に強制アップグレードされてしまった時は、パソコン本体も随分熱を持っていましたが、今ではそんなこともありません。

  • 2019年7月4日

DELL LATITUDE E5520をWindows10にアップグレード

DELL LATITUDE E5520をWindows10にアップグレードしてみました。もちろん、メーカーサポートではWindows10サポート対象外です。

PC:DELL LATITUDE E5520
OS:Windows7 Pro 32bit → Windows10 Pro 64bit(Ver.1903)
CPU:Intel(R) Core i5
HDD:250GB→320GB
Memory:4GB(2GBx2)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
液晶:15.6inch
サイズ:388×251×33.2mm(幅×奥行き×高さ)、2.33kg(バッテリ搭載時)

ハードディスクは使用時間の少ないもの(HGST HTS725032A7E630、中古、データ消去済み)に交換。バッテリーは正常を確認。有線LAN・無線LAN正常。このパソコンはバッテリーを外したところにWindows7 Proのシリアルがあり、このシリアルでWindows10 Pro 64bitをクリーンインストール。Microsoft Office Personal 2010 インストール(ディスク有り)。

2012年の製品、5年で買い替えてそのまま保管されていました。使われていた会社は社員はほとんど女性で、社内禁煙。パソコンに多少の使用感はありますが、良質な中古と言えると思います。この時代のパソコンは今のパソコンよりもしっかりしています。Windows10の最新バージョンまでアップグレードしてみましたが、SDカードが認識しないというネットの情報がありましたが、認識しています。PCカードスロットと指紋認証リーダーは不可。

  • 2019年7月1日

いつもいつも迷惑でしかないWindowsUpdate。でも、今回の「Windows 10 May 2019 Update」(Ver.1903)は違った。今回は、更新を1週間遅らせる事が可能になったのです。今までもprofessional版ではできましたが、Homeではただただ忙しい時期にぶつからないよう天に祈るしか無かった。それが今回両方共可能になりました。Microsoftもやっと心を入替えたのか?さあ皆様、パソコンを使わない間にWindowsUpdateを済ませておいてください。このアップデートはネットの回線によっては丸一日かかります。