• 2018年3月12日

Windows7から10にアップグレードしたてのパソコンで、EXCELファイルが開けない障害が出ました。
ファイルをダブルクリックすると、EXCELは起動するのですが、ファイルは開かれません。
EXCELを予め起動しておいて、[ファイル]-[開く]で開けば開けます。
このパソコンもOfficeの修復で改善しました。
Excel では、「プログラムにコマンドを送信するときにエラーが発生しました”エラー
Excel: How to Troubleshoot Excel opening blank when you double-click a file icon or file name

  • 2018年3月4日

Windows7のLet’s NoteをWindows10にUPして、SSD換装しました。

PC:Panasonic CF-B10AWCYS
OS:Windows7 Pro SP1 32bit→Windows10 Pro 64bit
Memory:4GB→8GB
HDD:150GB→257GB SSD

Window10の無償アップグレード期間は終了しているのですが、どうやらまだできるようです。
本当はSSDに換装してからWindows10にアップグレードをした方が良いのですが、できるかどうか確実で無かったので試してからSSDを購入したのです。
フラッシュメモリにWindows10を入れて、Biosで起動順序を変更してメモリから起動。
今の環境を引き継がず、64bitでインストールし直したいので、パーティションも全部削除してクリーンインストールしました。
メーカーのサポートサイトでは、Windows10へのアップグレード対象リストからは外れていましたが、特にドライバ等問題も無くうまく行きました。
気の遠くなるようなWindowsUpdateを繰り返しました。

さて、HDDをSSDに換装します。
HDDはバッテリーの横にあります。ネジを2つ外して・・・引っ張り出す。
このネジが、ねじ山の溝が小さくて浅いので、舐めてしまいそうで怖い。

レッツノート レッツノート

そして、ハードディスクからSSDへ直接ディスクコピー。
コピーしている間にメモリも交換します。既存のメモリは4MBで、同じメモリ4MBx2にしたいので、上のメモリを外して、その下のメモリも外します。

メモリ 

この下のスロットにメモリを差し込むのが結構大変でした。
これ、蓋を全部外したほうがやりやすいんじゃないか・・・。でも、それはそれでまた罠があったり・・・。

メモリ メモリ

何度もあちこちつついたのでかなり心配です。
ディスクコピーが終わったら、パソコンに装着して、電源投入。
あっという間に起動。メモリもOK。
成功です。

 

  • 2018年1月15日

WindowsUpdateで「Windows10をインストールできませんでした」と出て、更新を確認すれば通常のWindowsUpdateができますが、毎回このエラーが出ます。
Windows10への強制アップグレードをキャンセルしたパソコンでよく見かけます。
あちこちでよく見かけるので気持ちが悪い。対処法を確認してみました。

マイクロソフトのコミュニティなどで案内されている方法、マイクロソフト公式の修復ツールとか、更新プログラムを非表示にするとか、コマンドプロンプトであれこれ・・・というのは、結局未改善らしくて、答えは海外サイトに。
↓こちらのサイトにお世話になりました。(感謝!)
WindowsUpdate修復 – Windows10へのOSアップグレード失敗エラーからの復帰 - [雑記]
Error 80004004-40019 in Windows Update

regeditで、下記を削除

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate
\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate
\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0\0000]

  • 2018年1月13日

起動のパスワードが通らない

パソコンの起動時にパスワードが通らないとのことで訪問しました。

訪問してみると、キーボードのテンキー部分がNUMキーがOFFになっていて、キーボード上部の数字キーで入力するとパスワードは通りました。

お客様曰く、キーボード上部の数字キーでも認識しなかったそうです。
確かに電源を入れてから「ようこそ」の画面までも異様に時間がかかりました。
WindowsUpdateの履歴を確認すると、Creators Update(Ver.1703)の直後だったようです。
WindowsUpdateが原因だろうと想像します。
多分、再起動すれば治ったのではないかと思います。
今後も似たようなトラブルがあり得るので、使用しない時でもパソコンは起動しておいて、WindowsUpdateをスムーズにさせるのが良いでしょう。
WindowsUpdateトラブルがあっても、そのうち修復されます。
それでもダメな場合は、再起動(これ重要)。

PC:富士通 LIFEBOOK AH42/B1
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

来月お引越しだそうで、テレビと録画機器の接続をご相談頂きました。
引越し屋さんは外して運ぶだけで接続はしないそうなので、ケーブルと接続先に番号を振って付箋を貼りました。

  • 2018年1月7日

Windowsのバージョンとサポート期間の覚書

Windowsのバージョンとサポート期間がややこしいので覚書。
確認方法は、[スタート]-[設定]-[システム]-[バージョン情報]で「Windowsの仕様」を確認。

バージョン提供開始日

メインストリーム
サポート終了日

延長サポート終了日
Windows Vista SP22009/5/262012/4/102017/4/11
Windows 7 SP12011/2/222015/1/132020/1/14
Windows 82012/10/26
Windows 8.12013/10/182018/1/92023/1/10
Windows 102015/7/292020/10/132025/10/14
Windows 10(Ver.1507)2015/7/292017/5/9
Windows 10
November Update(Ver.1511)
2015/11/102017/10/10
Windows 10
Anniversary Update(Ver.1607)
2016/8/22018/3/xx (仮)
Windows 10
Creators Update(Ver.1703)
2017/4/52018/9/xx (仮)
Windows 10
Fall Creators Update(Ver.1709)
2017/10/172019/3/xx(仮)

参考:Windows ライフサイクルのファクト シート

なお、パソコンメーカーのアップデートサポート期間は別である。

  • 2017年10月21日

Windows10をクリーンインストール

液晶故障したWindows8パソコンに、Windows10をクリーンインストールしてみました。
メーカーサイトを確認しましたが、近い型番は10に対応確認されていますが、微妙に対象外でした。

PC:富士通 LIFEBOOK UH75/J(2012年秋モデル)※ 仕様
OS:Windows8→10 Home 64bit
HDD:約500GB HDD + 高速処理用SSD
Memory:4GB(交換不可)

このパソコンはDVDドライブが外付けになります。
Windows10のディスクで起動したいので、BIOSの設定を変更。
チャームを表示→[設定]→[PC設定の変更]→[PC設定]の[全般]を開く
[PCの起動をカスタマイズする]→[今すぐ再起動する]をクリック。
[オプションの選択]→[トラブルシューティング]→[詳細オプション]→[UEFIファームウェアの設定]→[再起動]
ああ、めんどくさい。

BIOSで起動の順序を変更し、再起動。
インストールする場所をフォーマットして、インストールしました。
認証は何もしなくても通ってました。
強制アップデートで通したことがあったかどうかはわかりません。
Windows10にアップグレードした後に「Fujitsu BIOS Driver」「富士通拡張機能ユーティリティ」をインストール。
高速スタートアップは無効に。
「Fall Creators Update」も問題ありませんでした。
OSのクリーンインストール直後なので、一番問題無いかもしれませんね。

ところで、このパソコンはキータッチが気持ち悪い。
富士通の一部にあるのだけど、キーを押した感じがぐにゅ・・・とする。
これがどうしても耐えられないお客様もいました。
軽くタッチすれば良いのですが、私も無理かも・・・。
このパソコンで「Fall Creators Update」の新機能を試してみましょう。

winver

  • 2017年10月1日

マウスもキーボードも動かない

起動できなくなったパソコンを一旦は修復しましたが、すぐにまた不具合が出たので、もう修理しても無駄と判断しました。
今回導入したパソコンはこれ。超小型パソコン。

PC:MousePro-M590C-SSD-1701
OS:Windows10 Pro 64bit
SSD:240GB
Memory:8GB(8GBx1)

LAN:BN MAX BCW710J2
インターネット接続:CATV
ISP:J:COM

無線LAN接続設定。
メール設定(Thunderbird)
プリンタ設定(EPSON EP-806AW)
回復ドライブ作成。

そろそろSSDのパソコンが一般にも普及してきました。一度SSDにするともう戻れません。
このパソコン、ディスプレイの後ろに取り付けるマウンタが同梱されています。
つまり、一体型パソコンが作れちゃうんですね。面白い。

2017-10-14 10.59.36

付属品 「 VESA マウンタ 」 の取り付け方法 ( コンパクト PC )

ハードディスク故障旧PCは起動するものの、マウスもキーボードも反応せず、まったく使えません。
諦めて新しいパソコンを導入。
前回、住所録ファイルをCSVファイルでエクスポートしておきました。
旧PCを後日確認したところ、ハードディスクに不具合が発見されました。
これを交換修理した場合、リカバリすればWindows7に戻り初期設定して、2020年までで終了。
Windows10をクリーンインストールして再設定すればまだ使えるかもしれませんが、それでもハードディスク以外に不具合が無い、あるいはすぐに別の部分に不具合が出ないとは限らない訳です。
また、強制アップデートでWindows10にされたパソコンはメーカーは推奨しなかったので対応義務は無いし、大きなアップデートの度にトラブルを誘発する「アップグレード版Windows10」と、どの時点で見切りをつけるか、修理にお金をかけるか、という選択になります。
もちろん親の形見のパソコンで、どうしてもずっと使いたいなら延々と修理をしてもかまいません。

 

  • 2017年9月18日

パソコンが起動できなくなったそうで、電話が来ました。

PC:Sony Vaio PCG-71712N
OS:Windows10

エラーメッセージ:OXC00000egが出ているそうです。
電源コードとバッテリーを一旦外して放電させて、再度全部取り付けて起動してみていただいたところ、起動できたそうです。
このところこんなケース多いです。
雷の影響?WindowsUpdateの影響?

  • 2017年9月18日

UbuntuからWindows10へWOLとリモートアクセス

メインマシン(Ubuntu16.04)から、Windows10へWOL(Wake On Lan)設定をしたので覚書。
このパソコンはWindows7からWindows10にアップグレードしたパソコンです。
ルータ(ASUS RT-AC68U)に、Wake On Lan機能があります。

PC:富士通 FMV-DESKPOWER F/G70T(FMVFG70TB)
OS:Windows10 Home 32bit

クライアント側(Windows)の準備。

BIOS設定
 起動時にF2を押してBIOS起動→「詳細」の「各種設定」で、「LANによるウェイクアップ」を「使用する」に設定。

BIOS
デバイスマネージャー設定
 デバイスマネージャーの「ネットワークアダプタ―」項目で、有線LANのプロパティを開く
 →「電源の管理」タブで、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」にチェック。

電源オプション設定
 [コントロールパネル]-[電源オプション]-[電源ボタンの動作を選択する]で、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。
「シャットダウン設定」項目の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す。

MACアドレスを確認
 このルータはネットワーク内の情報を管理しやすいです。

ルータからWOL
 マックアドレスを指定して、「ウェイクアップ」をクリック。

WOL

端末で確認

sudo ethtool eth0 | grep Wake-on
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g 

「Wake-on: g」ならOK。

端末からWOL

sudo apt-get install wakeonlan

でソフト「wakeonlan」をインストール

wakeonlan xx:xx:xx:xx:xx:xx(MACアドレス)

WOLアプリは?

gWakeOnLan」をインストールしてみました。
MACアドレスがわからなくても、IPアドレスで検索されます。
IPアドレスは固定しました。
左のチェックボックスにチェックを入れて、「Turn On」。

Gwakeonlan

ここまでは、ネットワーク内からのWOL。

次は、ネットワーク外からのWOL。
このルータには、「AiCloud2.0」機能があり、「Smart Access」でネットワーク外からインターネット経由でパソコンにアクセスできます。
スマホアプリを使ってWOLとリモートアクセスができるわけです。

AiCloud

但し、このWindowsPCはWindows10 Homeなので、リモートデスクトップアプリは入っていますが、リモートを受けることはできません。
ネットワーク内なら、Chromeリモートデスクトップがあります。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする

  • 2017年9月6日

Windows10でソフトが消えた

リフレッシュ突然Windowsupdateが始まって、戻そうと思って初期化したら、データやアイコンが消えてしまってインターネットもできないとのこと。
このパソコンは元々Windows7で、強制アップグレードでWindows10になったものです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/D(FMVA77DW)
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

確認したところ初期化はされていません。
ドキュメントにもピクチャにもデータはあります。OutlookのPSTファイルもあります。
デスクトップ上に「削除されたアプリ」というファイルができています。
この削除リストの中にOfficeはありません。
これは初期化ではなく、リフレッシュしたようです。
リフレッシュすると、データは消えませんが、OSが再インストールされます。
メーカーサイトを確認すると、この機種はWindows10アップグレード対象から外れており、近い機種もいろいろ制限事項があるようです。
削除されてしまったアプリの中にはもう再インストールできないものも多くあります。これは仕方ないでしょう。

MS-Office2010をインストールして、Outlookにメールアドレスの設定をすると、過去のメールもアドレス帳も元通りになりました。
バッテリー充電制御ユーティリティをアップデート。
バッテリパックが消耗しているようです。
ネットには繋がっています。GoogleChromeのアイコンが無くなったのでできないと思ったのでしょう。
GoogleChrome、Adobe Reader、Christal Disk Info インストール。
筆まめダウンロード購入。
筆まめの住所録ファイルが、1つの住所録に一人で保存されているので、1つに統合。
プリンタ設定(EPSON PM-G860)。

ハードディスクから小さくカタカタと音がします。
ちょっと嫌な感じがするので、回復ドライブ作成。
てっきり「Windows 10 Creators Update」かと思いましたが、まだのようです。