• 2018年9月19日

パソコンを起動したらいきなりdiskpart.exeが走り、Preload Wizardが出るそうです。これを進めるとリカバリされてしまいます。急いで訪問しました。

 
PC:ASUS R510C
OS:Windows7 Pro SP1 64bit
Memory:4GB

パソコンを一旦終了してBIOSを確認。ハードディスクは認識されています。Ubuntuのディスクで起動してデータを確認できました。試しにセーフモードで起動すると、「Windows 更新プログラムの構成に失敗しました。変更を元に戻しています。コンピューターの電源を切らないでください。」が表示され、これが終わると普通に起動できました。WindowsUpdateを取り消したのでしょう。

起動できたので動作確認(インターネット・メール・Googleアカウントログイン・Office)。
「Christal Disk Info」でハードディスクの正常確認。
セキュリティ「Canon NOD32 Antivirus7」確認。

NASに接続できなくなっているので、NAS再起動して接続。
プリンター確認。

WindowsUpdateを改めて実行。全部完了して何度か再起動しても大丈夫です。リカバリになってしまうくらいなら、このパソコンは一度Windows10にアップグレードしているので、10をクリーンインストールした方が良いです。ハードディスクや機械に異常があるようならWindows7は1年4ヶ月後にはサポート終了ですから買い替えをお勧めするところです。

  • 2018年8月22日

PC:富士通 LIFEBOOK WU1/X
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel Core i3
Memory:16GB
HDD:500GB

EXCELが起動できなくなったそうで、再起動もしていただき、WindowsUpdateを全部実行していても改善せず、アプリの修復を試していただきましたが修復できず、パソコンを送っていただきました。

まず、起動が著しく遅い。ファンの音がやけに大きい。PCのプロパティを確認すると、プロセッサとメモリが使用不可。CPUはCore i3ですが、メモリは16GBなので、こんなに遅いのは異常です。これらを確認する為に設定などを開こうとしても、半分くらいクリックが失敗します。

Defenderの状態レポートが「アプリとソフトウェア」に問題ありと表示するので確認すると、Windowsストアアプリが正常動作していないとのこと。画面の指示に従って進みましたが未解決。Sipping Toolが保存しようとするとひどく時間がかかったり応答なしになる。

  

イベントビューアを確認すると、8/10にExplorer.EXEに障害発生。8/11 11:10からエラー大発生。「svcMPPFclient.exe」とか、「KERNELLBASE.dll」のエラーが続きます。EXCELの障害が起きたのは8/10です。

WindowsUpdateを確認。Windowsのバージョンは1803。確認している間にも多数のWindowsUpdateを実施。

Thunderbirdが受信はできるが送信できないそうで、設定を確認。Hotmailの送信ができなくなっているので設定を修正して改善。

受信サーバ:pop-mail.outlook.com
Port:995
SSL:SSL/TLS
Authentication:Normal password
送信サーバ:smtp-mail.outlook.com
Port:587
SSL:SSL/TLS
Authentication:Normal password
アカウント:メールアドレス
パスワード:メールパスワード

CrystalDiskInfoでハードディスクの正常を確認。富士通付属のPCカルテでも異常無し。

何度かWindowsUpdateを繰り返し再起動すると、「0x800705b4」発生。Windowsのトラブルシューティングで、「トラブルシューティングツールの実行」を試す。ファンが大きな音を立てる。

   

何時間もかかって結局修復できない。次に「0x8024a21e」発生。ググると海外サイトで今発生中の障害がヒットしました。

Windows10の修復インストールを試します。事前に「無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」 はアンインストール。Windows10はisoファイルを標準でマウントできる。インストールはかなり時間がかかりましたが、これで改善されました。

 

参考(感謝!):Windows 10 で Windows Update に失敗する場合の対処法

ISO ファイルから Windows 10 を最新バージョンにする方法または、ISO ファイルから Windows 10 の修復インストール方法

Windows Update Error (0x8024a21e)

富士通アップデートナビが起動不可。

アンインストールして、メーカーのサポートサイトからインストールを試みるも、起動不可。でも、スタートボタンから起動するとOK。はあ???富士通アップデートで手動でインストール。

インテル(R)グラフィックス・ドライバー
インテル(R)ワイヤレス Bluetooth
インテル(R)PROSet/Wirelessソフトウェア
BIOSアップデート

WindowsUpdateもすべて完了し、富士通アップデートナビもすべて完了してメンテナンス終了かと思いきや、なぜか起動時にようこその画面から真っ黒になり、マウスポインタのみ表示される状態が約1分弱続くようになりました。

ググッて対応策をまた全部やりました。
セーフモードで起動し直し、グラフィックス・ドライバー入れ直しも未改善。
レジストリの確認(regedit.exe)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon

これのShellの値は[explorer.exe]だったので問題無し。

次にユーザーアカウントを別に作ってみたところ、セットアップしなくても作っただけで改善しました。ユーザーアカウントに問題があったということでしょう。

うちのネットに繋いでEXCELは正常に使用できました。EXCELは起動していたようで、何度も強制終了したのでファイルを自動保存しています。画面への表示が異常だったという感じです。

 

お客様のインターネット回線はADSLで、回線の品質や遅さがWindowsUpdateの障害に繋がるのでは無いかと思っています。ああ、疲れた。

参考(感謝!):Windows 10 にアップグレード後、黒い画面が表示される場合の対処法

 

  • 2018年8月4日

新規PCセットアップとWindowsUpdate

法人のお客様、Windows7からWindows10へと入れ替えが始まりました。今回はその1台目。
PC:富士通 LIFEBOOK A577/SW
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Core i5
Memory:4GB

「MS-OFFICE Home & Business 2016」インストール済み、いつもはサインインして認証を通すのですが、今回はサインイン無しでした。これはOffice360の有無なのかな?メールはMS-OUTLOOK2016でデータ移行。
プリンター設定(EPSON LP-S210、Docucentre-V C5571)。
銀行関係、証明書移行。ヤマトB2アプリからクラウドへ移行。翌日以降で確認可能。
運送会社の出荷ラベル発行ソフト「iSTAR-2」、Net Framework1.1が必要なのですが、途中でインストールが中止されてしまいます。
ネットでぐぐっても情報は無いので嫌な予感がして運送会社のサポートに電話すると、Windows10のバージョン1709でインストールできない現象が確認されており、1709以外にすることでインストール可能とのこと。つまり、WindowsUpdateを全部終了しないとできません。つまり当日の設定は不可でした。
パソコンを早めに購入して、すぐには使い始めないケースがありますが、要注意です。
パソコンは事務作業用で、Windows7の時と同スペックで注文したようですが、Windows10の場合はWindowsUpdateが始まると非常にパソコンが遅くなるので、メモリは8GBあった方が良いと思います。今回も作業中に動作が重たくなりました。

  • 2018年7月29日


パソコンの画面がタスクバーなど出てこず、マウスやキーボードの操作もできないそうで、電話でパソコンを有線LAN接続して放置していただくようご案内しました。

さて、訪問すると、少し表示が増えています。とそのうち全部表示されてパソコンの操作ができるようになってきました。これはWindows10のUpdateのせいです。WindowsUpdateの履歴を確認すると、2日前から何か失敗したり、インストールできなかったりした様子。イベントビューアを確認すると、何かひっかかった様子。Outlookが何かエラーを吐いています。MS-outlookを起動するとメニューバーがなかなか表示されません。

この場合、訪問してもできることはありません。WindowsUpdateで何かぶつかって修復に時間がかかって、超絶パソコンの表示が遅くなっているのでしょう。だったら、画面に従うのが一番。せめて、電源オプションの設定で電源アダプタが接続されている時はスクリーンセーバーやスタンバイはオフにします。たまに画面を見て、再起動の指示が出ていたら、再起動のスケジュールを待たずに再起動しましょう。普段もあまりシャットダウンせずになるべく放置しましょう。2〜3日様子を見てWindowsUpdateが終わったら多分不具合も修正されるでしょう。Windows10というのはそういうOSです。Windows10 ProならWindowsUpdateをスケジュール調整することもできますが、Windows10 Homeではできません。近いうちに再訪の予定があるので、メモリ増設しましょう。

  • 2018年6月18日

Windows10とセキュリティソフト

パソコンの画面にNortonの期限が切れるとかなんだとか出て、セキュリティソフトが必要だと思って、どういう訳かソースネクストの「ZEROスーパーセキュリティ」をダウンロード購入して、ダウンロードしたもののうまくできなくて訪問となりました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/C
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

まず、Windows10には「Defender」が最初から入っているので、普通の個人宅ではまずこれだけで良いはずです。なぜか6/14にNortonやら「Amazon Assistant」「Teoma Search App」「Auto~ Mechanic~ 2018」が入っているので、これらをアンインストール。

 

購入してしまった「ZEROスーパーセキュリティ」は勿体無いですが、不要なのでインストールしません。勿体無いからとインストールすると、かえってリスクが増えます。ただでさえ、Windows10はWindowsUpdateのトラブルがあるのに、セキュリティソフトまで他社のものをインストールして、トラブルの可能性を増やすだけです。

このパソコンはWindows7からのグレードアップであり、インターネット回線がADSLなので、常駐するソフトはなるべく少なくするべきです。毎月実施されるWindowsUpdateの為に、パソコンは影響を受けるでしょう。Windows10ならこれはどうしようもありません。

ブラウザはedgeをお使いで、トップページはNifty。ソースネクストの広告がたくさん出ています。何か広告が出たのを警告と思ったかもしれません。「Teoma Search App」はJavaのアップデートで入るらしい(askみたい)。試してみたところ新規インストールでは出なかったけど、インストールガイドに言い訳っぽい文章がありました。

これらはウイルスではないので、どんなに優秀なセキュリティソフトを導入していても、防ぐことはできません。自分で入れたことになるのですから。
ソースネクストは「駅探エクスプレス」は使っていますが、メールマガジンは必要無いのですべて受信しない設定にしました。
Liveメール1011をお使いで、これも何かトラブルが出たら、もうサポート終了しているので、使用も終了です。NiftyのWEBメールを使えるようにしてあります。

時々、パソコンの反応が遅いように思いますが、そのうちWindowsUpdateで修正されるかもしれません。
次回はメモリ増設した方が良いと思います。

  • 2018年5月16日

5/11から、パソコンを起動するとこんなメッセージが出て使え無くなったそうです。

User Profile Serviceサービスによるログオンの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません。

PC:富士通 LIFEBOOK
OS:Windows7 Pro SP1 64bit

結構昔からある障害ですが、この頃頻発しているようです。
バッテリーを一旦外してもNG。
スタートアップ修復は「問題無し」と。
システムの復元は「不明なエラー」。

不明なエラー

セーフモードで起動し、管理者アカウント作成。
レジストリでプロファイルを操作すれば直るとの情報があり、見てみましたが、プロファイルのバックアップが見当たりません。
イベントプロシージャのログにはバックアップを作成した旨の記載があるのですが・・・。


そして、システムの復元は失敗したものの、なぜか正常起動できました。
こういうケースは以前もありました。
別のお客様ですが、「WINDOWS7、正規品ではありません」と出るようになってしまった時、やはりシステムの復元に失敗したのに、なぜか直りました。
他にも似たような経験があって、システムの復元から復元の失敗で終るまでの過程で何か修復されるのかな・・・と想像しています。
Christal Disk InfoでHDDに異常無しを確認。
WindowsUpdateして、正常起動を確認。
再発するとの情報もあるので、様子を見ていただくようご案内。

参考:“ユーザー プロファイル サービスによるログオンの処理に失敗しました” エラー メッセージが表示される

  • 2018年4月4日

PC:東芝 Dynabook T554/45KG(PT55445KSXG)
OS:Windows10
Memory:4GB
もともとWindows8.1から無料アップグレードされたパソコンです。
パソコンが起動すると、マウスポインタがぐるぐる回って操作不可能です。キーボードで[CTRL]+[ALT]+[DEL]も反応しません。
セーフモードで起動しても、同様でぐるぐる回るだけです。
セーフモードでも同じだと、アプリや周辺機器は原因では無い。
回復ドライブは作成されていません。
訪問中の作業では絶対の終わらないので、一旦お預かり、入院していただきました。

バッテリーを外して放電させてみようと思いましたが、この機種はバッテリーが内蔵なので、簡単に取り外せません。
BIOSセットアップ画面に放電操作があるのを見つけました。
それでも未改善。
どうせ保証期間は過ぎているので、分解してバッテリーを物理的に外して、再度付け直してみましたが、やはり未改善。

BIOSから[回復環境の起動]でWinPEを起動。
[以前のビルドに戻す]が表示されるってことは、WindowsUpdateから10日経っていない。でも、システムの復元には3/14、3/22、3/30の復元ポイントがある。
システムの復元を試みましたが、3/14、3/22は「システムの復元は正しく完了しませんでした。コンピューターのシステムファイルと設定は変更されませんでした。」となります。
不明なエラー(0x80070017)
「・・・、このエラーが引き続き表示される場合は、高度な回復方法を試すことができます。」と出ます。
3/14には復元成功したものの、やはりマウスポインタが回り続けます。
[スタートアップ修復]もNG。
コマンドプロンプトでの修復もNG。

システムの復元でNGなので、機器の物理的障害の可能性が高い。
そして、起動したまま様子を見てもスリープ・休止になると、マウスを動かしても電源ボタンを軽く押しても復旧しない。
でも、放置しているとタスクバーの時計が表示されたり、東芝のサポートキャラクターが出たりするので、どうやらフリーズではなく、異常に動作が遅くなっているだけのようなのだ。
例えばスタートボタンをクリックすると、15分後くらいにメニューが表示されるという感じ。かと思えば、何かのタイミングで少し操作が軽くなる。
突然電源が落ちたりは無い。

そのうち、デスクトップ上のアイコンの名前も表示されなくなりました。
一部表示されているので、多分少しづつ表示されていくのでしょう。


ネットでググっていて下記を見つけました。
2018年3月の Windows Update の不具合・注意事項 (3/31更新その2)

Windows10のスタートメニューが 開かない・表示されない 場合の対処方法

最終手段のWindows上書きインストール。
でも、外付けのUSBメモリからの起動ではダメなのです。
Windows上からやらなくてはいけません。
この途方もなく遅いパソコンで可能なのか・・・。
で、ちょっと動きが早くなった隙に電源オプションを変更し、電源が繋がっている限りスクリーンセーバーも休止もなしにして、Windows最新バージョンのDVDを起動指示して放置して寝ました。
結果、成功しました。
「ようこそ」からも「電源を切らないでください」とか、かなり長くかかり不安になりましたが、無事に改善されました。

念の為、Christal Disk Infoでハードディスクを点検、問題無し。

※参考:
Windows 10 を上書きインストールする方法

  • 2018年1月7日

Windowsのバージョンとサポート期間の覚書

Windowsのバージョンとサポート期間がややこしいので覚書。
確認方法は、[スタート]-[設定]-[システム]-[バージョン情報]で「Windowsの仕様」を確認。

バージョン提供開始日

メインストリーム
サポート終了日

延長サポート終了日
Windows Vista SP22009/5/262012/4/102017/4/11
Windows 7 SP12011/2/222015/1/132020/1/14
Windows 82012/10/26
Windows 8.12013/10/182018/1/92023/1/10
Windows 102015/7/292020/10/132025/10/14
Windows 10(Ver.1507)2015/7/292017/5/9
Windows 10
November Update(Ver.1511)
2015/11/102017/10/10
Windows 10
Anniversary Update(Ver.1607)
2016/8/22018/3/xx (仮)
Windows 10
Creators Update(Ver.1703)
2017/4/52018/9/xx (仮)
Windows 10
Fall Creators Update(Ver.1709)
2017/10/172019/3/xx(仮)

参考:Windows ライフサイクルのファクト シート

なお、パソコンメーカーのアップデートサポート期間は別である。

  • 2017年11月18日

EPSONドットプリンター障害

VP-1900昨夜(11/16)からEPSONのドットプリンターが動かないとSOSが来ました。
今困っている人の為に結果を言うと、WindowsUpdateが原因です。

Windowsアップデート後 ドットインパクトプリンターから印刷できなくなる現象について
対処法はここ↓
Windowsアップデート後、エプソンドットインパクトプリンターで印刷ができなくなりました

このプリンターはEPSON 「VP-1900」、標準ではUSBまたはパラレル接続で、インターフェイスカード「PRIFNW7」を取り付けて有線LAN接続しています。
急遽リモートサポートで現地のパソコンに接続して確認すると、プリンターにpingが飛びません。
IPアドレスが重複しているかも・・・と思い、プリンターの電源を入れ直して、それでダメなのでルータ再起動。
それでもNGです。ネットワークの一覧からも接続できません。

LANケーブルの経由しているHUBを確認して頂くと、HUBのランプがプリンターと接続しているポートが消灯しています。
ポートを変えても消灯なので、LANケーブルを交換していただくと、ランプが点灯しました。
プリンターにpingは通りました。
プリンターの管理画面を見ても正常です。
プリンターのプロパティからテスト印字をしますが、プリンターは無反応。
パソコンにも、プリンターにもエラーは返りません。
ただ、印刷できないのです。

もう一台予備として同じプリンターを購入してあるそうで、それを接続設定してみることになりましたが、これはインターフェイスカードがついていないので、USB接続することにしました。
ところが、やはり何も反応しません。
EPSONのサポートには電話が繋がらないそうです。
どうにも不可解です。
何か情報が無いかとEPSONのホームページに行くと、なんとまさにこの障害が報告されていました。

Windowsアップデート後 ドットインパクトプリンターから印刷できなくなる現象について
対処法はここ↓
Windowsアップデート後、エプソンドットインパクトプリンターで印刷ができなくなりました

kb4048957

上記の案内のとおりに更新プログラムをアンインストールしてプリンターが復活したそうです。

※ 11/22 Microsoftより「この更新プログラムの既知の問題」が確認されました。
Windows7に関しては「KB4055038]」で対応したようですが、Windows10についてはまだ対応中。

Windowsアップデート後エプソンプリンターから印刷できなくなる現象のOS別情報一覧

2017 年 11 月 15 日 – KB4048960 (セキュリティのみの更新プログラム)
x86 および x64 ベース システムにこの更新プログラムをインストールすると、Epson SIDM (Dot Matrix) および TM (POS) プリンターで印刷できなくなることがあります。
この問題は KB4055038 で解決されました。


  • 2016年11月20日

2016-07-10-18-10-46お客様よりインターネットができなくなったと連絡が来ました。
こちらは同じノートパソコン(Windows10)を2台と別のパソコンもお使いで、今回はノートの1台のみ繋がらないとのこと。
無線LANの切替スイッチは見つけられない。

お急ぎでは無さそうなので、パソコンを無線ルータに有線LAN接続して放置していただきました。
ちょっと不便ですが有線LAN接続すれば一応パソコンは使えますし、2〜3日のうちに修復されるかもしれません。
すると、翌日直ったとの連絡が来ました。
想像するに、WindowsUpdateで何かしくじって無線LANが切断されたのでしょう。
そして、再起動や次のWindowsUpdateなどで自動的に修復した。
他のお客様の場合も急いで駆けつけると直っていたりするので、多分そうなのだと思います。
ただ、ネットから切断されてしまうと修復もできないので、有線LAN接続をしていただきました。

WindowsUpdateトラブルは当分続くでしょう。
だって、メーカーが推奨しないのに強制的にWindows10させたのですから。
すぐに駆けつけて修復させたとしても、またすぐにWindowsUpdateで切断されるかもしれません。
そんなことで儲けるのも嫌ですし、私の作業を疑われてしまうかもしれません。
Windows10の不具合対策には有線LAN接続が有効です。
ますます有線LANが重要になります。