• 2015年3月18日

PHS→Zenfone5アドレス帳移行

携帯マスターNX7PHS(京セラ WX330K)からZenfone5に乗り換えたものの、アドレス帳をどうしたものか悩ましい。
もともとPHS(ガラケー)とタブレットやパソコンとはアドレス帳は連携しないようにしていました。
その方がセキュリティ上は良いと思ってのことですが、スマホに乗り換えるなら問題は違ってくる。
携帯にはお客様の連絡先は極力保存しないようにしていましたが、最近は老眼で、いろんな書類の小さな字が見えづらい。
これも仕方ないと割り切り、特に懇意にしていただいているお客様はアドレス帳で管理することにしました。

その具体的方法ですが、かなり困難です。
まず、PHS(京セラ WX330K)のアドレス帳の拡張子が「.kkc」、SDカードにバックアップを取ると「.kbf」
これを編集可能なソフトは、携帯電話購入時に付属していた「京セラPHSユーティリティソフトウェア」だが、パソコンで編集ができるだけで、CSVなどにエクスポートする機能は無い。
「H”問屋」というソフトでできるらしいが、すでにダウンロードページは無くなっている。
昔持っていたPHSについていた記憶はあるけど、さすがに処分してしまった。

次に、「携帯マスターNX7 for Y!mobile」、Y!mobileサポートサイトからダウンロード(2015/3/31で終了)。
有償版はジャングルストアで提供。
WX330KをパソコンにUSB接続(ドライバはY!mobileサポートサイトで提供)。
携帯電話追加をすると、アドレス帳が取り込めた。
「インポート/エクスポート」で、OutlookやCSVに書き出すことができる。
今回試したところでは、OutlookかWindowsアドレス帳にエクスポートしてからCSVにエクスポートすると、見出しを弄らずそのまま移行できました。
直接CSVに書き出すと、見出しが多くてGmailのアドレス帳に一致させるのが面倒臭そうでした。
設定でGmailに直接エクスポートもできるのですが、ちょっと怖くて試しませんでした。

Gmailのアドレス帳に入ってくれれば、Zenfone5でそのまま使えます。

  • 2015年3月10日

10年以上使ってきたPHS、今回思い切ってZenfone5に機種変してみました。
キャリアはNifMo。音声通話対応SIMカード(2Gプラン)を契約。

Zenfone5

料金は、データ通信基本料900円+通話対応700円+SMS対応150円=1,750円(税別)
初期費用3,000円(税別)。
国内通話料 20円(税抜)/30秒
SMS送信:3円(税抜)/通 受信:無料
回線速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。
通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限。
縛りは6ヶ月。

Willcomのだれとでも定額や、2台目無料は解約しました。
あんまり電話しないので問題無し。
設定も簡単。
これで、Bluetoothのイヤホンマイクも使える。
Ymobileからメールも来なくなる。うれしい!

Zenfone5 Zenfone5 

  • 2015年1月23日

Zenfone5に落下(紛失)防止

なかなかZenfoneが使い勝手が良いので、すっかりNexus7の使用頻度が減ってしまいました。
やはり片手で操作できるのは便利。
iPad miniとは併用です。
お客様のスマホをサポートするのに、iPad miniを持っていればiPhoneもiPadも両方対応できる。
初心者にはやはりiPhoneかiPad miniです。

私は絶対落としたくないもの、忘れたくないものには落下防止のチェーンをつけています。
ガラケーは胸のポケットに入れて、ポケットにチェーンで止めて、家の鍵、車のキーもカバンにチェーンでつけています。
本当に絶対無くしたくないし、忘れたくないんですよ。可能性0にしたいんです。

で、Zenfone5をどうするか、こんなのを試してみました。

Trinity(トリニティ)
TR-MUC-FL [Micro-USBポート用カラビナ フラミンゴ]

Zenfone 5

もちろんこれでぶらぶら持つ訳ではなくて、ポケットやカバンに入れるにしても、簡単には盗まれない、落とさない、忘れない為のものです。
どこに置いたかわからないなんて絶対NG。スマホは携帯電話ではなく、小さなパソコンです。

こうなるとPHSからZenfone5にMNPしたくなるけど、意外とPHSって音質良いし、実際使ったら通話料どうなるかわからない。
PHSは業務の発信専用にして、受信番号はZenfoneの方をみんなに教えちゃおうか・・・。