• 2020年7月10日

Zenfone 4 Max(ZC520KL)をandroid8にupdate

Zenfone 4 Max2018年購入の私のメインスマホ「Zenfone 4 Max」型番:X00HD。最近、急にバッテリーの消耗が激しくなりました。バッテリー大容量のスマホなのに、1日持たないのは困る。そろそろ買い替えても良いのだけど、欲しい後継機が無い。私は5inchのスマホが欲しいのに、新製品は6inch以上のものばかり。ポケットに入らないスマホは嫌なんだよ。

それにしても困るので、バッテリー交換とか色々確認したところ、androidのバージョンが7.1.1のままで、自動では8のバージョンアップがされないのに気づいた。なんでよ・・・。

去年は突然画面が表示できないトラブルなどあって、泣く泣く初期化したりしましたが、その後忙しくて放置気味でした。アップデートでバッテリーの問題が解消する可能性もあるみたいなので、とりあえずやってみることに。それでもダメならバッテリー交換かなあ・・・。

アップデート中はバッテリー充電できないそうなので、とにかく充電。充電もこの頃時間がかかるので、充電設定で必要ないアプリを終了。
「設定」 → 「電池」 → 「PowerMaster」 → 「節電オプション」 → 「不要なアプリを終了する」 → 「更新を確認」

さらに、純正のアダプタとケーブルに変えたら結構充電が早くなりました。

アップデート作業については↓こちらにお世話になりました(感謝!!)。
Zenfone4Maxアップデートするべきか?するなら方法は?

まったくこちらのサイトのとおりでOKです。
Zenfoneで、ASUSのサポートサイトから「バージョン JP-15.2016.1907.523」をダウンロード。

ASUSアップデート

ダウンロード完了通知から、ダウンロードしたファイルをタップすると、ファイルマネージャが起動したので、ファイルを内部ストレージフォルダ直下に移動。

ファイルマネージャ

 

普通に再起動後、上に通知が出るのでアップデート開始。

アップデート開始

後は画面に従って、再起動して、大人しく待ちます。

アップデート中

アップデート完了

無事、アップデート完了。

ついでに壁紙も変えて、新しくなったスマホ感を出してみました。
これで、色々調子良くなったらうれしい。

※ 1週間使ってみました。バッテリーは以前のように丸一日持つようになりました。めでたし、めでたし。後はZenfone7が出るまでこのまま使います。

  • 2019年7月16日

お客様が使わないまま放置してしまったスマホ。こちらは起動時のパターンを忘れています。何度か間違うとPIN入力とかメールアドレスが出るはずなのですが何故かいくら入力しても何も変わらないので、ロックされていたのかもしれません。昔はハードリセットすれば工場出荷時に戻すことができましたが、android5.1以降は[Device Protection(端末保護)]が導入され、ユーザーの個人情報保護や盗難防止の為、リセット後元のアカウントでログインしないと使えません。これを知らないで譲渡して困るケースが少なくありません。

今回もハードリセットして、お客様のGoogleアカウントでログインを試みますが、これもパスワードを紛失しています。お客様ご自身はアカウントも記憶に無いのですが、パソコンのGmailに設定時の確認メールなどあるので、一緒にパスワードの可能性のあるものを探して何とか当てました。一旦ログインした上で正しい処分をします。

まず、ハードリセット。

[Volume down]+[Power]を長押し → 端末が振動したら[Power]のみ離し、[Recoveryモード]に入る → [Volume down]で移動し[wipe data/factory reset]を[Power]で選択 → [Yes—delete all user data]でリセットし、完了後[reboot system now]で再起動

前のアカウントでログインしてひととおりセットアップ。この時も、お客様の別の端末に確認が表示され、許可して表示される数字を入力しないとできません。

次にアカウント削除。あくまでもこの端末から削除であって、アカウント自体を削除する訳ではない。他の端末に影響は無い。

[設定]→[アカウント]でアカウント削除

そしてデータ暗号化、今回はすでに暗号化されていました。

[設定]→[セキュリティ]→[端末の暗号化]

ここまでやった上で、改めて[設定]からリセットして終了です。スマホはパソコンと同じです。

[設定]→[バックアップとリセット]→[データの初期化]→[デバイスをリセット]

  

 

  • 2019年1月10日

HOMEボタンを押さないアプリ「Swiftly Switch」

Zenfone(ASUS_X00HD)のHOMEボタンが時々無反応になって、再起動で直ったりしていますが、メインスマホでこういうのはイラッとして、精神衛生上宜しく無いので、対処法を考えました。iPhoneならHOMEボタンが故障した場合に備えてHOMEボタンを画面上に別に作れたりしましたよね。

「Swiftly Switch」というアプリを導入。
これは、HOMEボタンや戻るボタン・タブボタンを押さなくても同様の操作ができるようメニューを設置できます。いわゆるサブランチャーアプリ。なかなかセンスが良くて、片手ですべて操作できます(これ大事)。内側にRecent apps(最近使ったアプリ)か、Circle Favorite(お気に入り登録アプリ)とか、自分の好きなように設定。外側はQuick Actions、HOMEボタンや戻るボタンなど好みのボタンを登録できます。自分の指の押す強さなども調整できて気に入りました。左親指がバネ指っぽいのでこういうカスタマイズはありがたいです。設定のバックアップができるので初期化しても安心。いっそ画面上のアイコン消しちゃおうかと思います。

無料で使える機能限定版なのに広告も表示されないので、感謝と応援の気持ちを評してPro版に切り替えました。最初からPro版インストールするより、無料版からアップグレードするほうがお安いです。メニューを左右に2つ設定しました。前のZenfone5に設定しましたが、追加料金請求されませんでした。いきなり古いZenfone5が使いやすくなってしまいました。グローブモード使えるのはありがたい。
開発会社はベトナムのde-studio。なかなかやるな。

  • 2018年11月18日

Zenfone4でホームボタンが無反応に

突然にZenfone4のホームボタンが反応しなくなりました。とりあえず再起動で直ったのですが、念の為ググってみたところGoogleアシスタントアプリがホームボタン動作不良に関係あるとか・・・、そう言えば最近何もしていないのにやたらとGoogleアシスタントが起動して、その都度キャンセルをしてました。念の為Googleアシスタントアプリを無効化。

[設定]→[アプリ]の右上歯車マーク→[アシストと音声入力]→アシストアプリを「なし」

  • 2018年2月10日

ASUS Zenfone4 Maxを買ったよ

Zenfone4 Max

Zenfone5の液晶を割ってしまって、購入後3年なので買い替えを検討しました。
比較検討したのはiPhone SEだけ。
海外で使えるスマホの代表的なのがASUSとiPhone。
他にもあることはあるけど、私のネットワークに入れて良い候補に入らない。

Zenfone4 Max(ZC520KL)

見た目、iPhoneっぽい(笑)。
Zenfone5よりちょっとだけ大きい。本当はもうちょっと小さくなってほしい。
片手で操作できるくらい、胸のポケットに収まるくらい、そうiPhone SEがそれだった。
もちろんSIMフリー、トリプルスロット、デュアルSIMデュアルスタンバイ対応、4,100mAhの超ロングバッテリー、リバースバッテリー内蔵。デュアルレンズカメラ。
カタログはここ

すごいっすね、モバイルバッテリー持たなくて良い。
microSDカードは最大256GBなので、ネットに繋がらない場所に動画や音楽を持ち出すことも可能です。 
ひとつ要注意なのは、「手袋モード」が無くなったこと。
IngressやポケモンGo、バイクで使う人にはかなり重要かも。

Googleアカウントで同期しているので、移行はすごく簡単。
ただ、2段階認証だけは全部やり直す必要がある。
意味を考えれば当然ですね。
銀行・株取引や、暗号通貨などやる人は、壊れてから買い換えるより、早めにサブスマホは購入しておいた方が良さそうです。
ましてや、ショップで交換してきちゃうといったいどうなるのか・・・。
私はショップでスマホを契約したことがないので想像もできません。
何もかも1台だけで済ませたいという人が少なくないけど、恐ろしいことですよ。

 

  • 2015年3月18日

PHS→Zenfone5アドレス帳移行

携帯マスターNX7PHS(京セラ WX330K)からZenfone5に乗り換えたものの、アドレス帳をどうしたものか悩ましい。
もともとPHS(ガラケー)とタブレットやパソコンとはアドレス帳は連携しないようにしていました。
その方がセキュリティ上は良いと思ってのことですが、スマホに乗り換えるなら問題は違ってくる。
携帯にはお客様の連絡先は極力保存しないようにしていましたが、最近は老眼で、いろんな書類の小さな字が見えづらい。
これも仕方ないと割り切り、特に懇意にしていただいているお客様はアドレス帳で管理することにしました。

その具体的方法ですが、かなり困難です。
まず、PHS(京セラ WX330K)のアドレス帳の拡張子が「.kkc」、SDカードにバックアップを取ると「.kbf」
これを編集可能なソフトは、携帯電話購入時に付属していた「京セラPHSユーティリティソフトウェア」だが、パソコンで編集ができるだけで、CSVなどにエクスポートする機能は無い。
「H”問屋」というソフトでできるらしいが、すでにダウンロードページは無くなっている。
昔持っていたPHSについていた記憶はあるけど、さすがに処分してしまった。

次に、「携帯マスターNX7 for Y!mobile」、Y!mobileサポートサイトからダウンロード(2015/3/31で終了)。
有償版はジャングルストアで提供。
WX330KをパソコンにUSB接続(ドライバはY!mobileサポートサイトで提供)。
携帯電話追加をすると、アドレス帳が取り込めた。
「インポート/エクスポート」で、OutlookやCSVに書き出すことができる。
今回試したところでは、OutlookかWindowsアドレス帳にエクスポートしてからCSVにエクスポートすると、見出しを弄らずそのまま移行できました。
直接CSVに書き出すと、見出しが多くてGmailのアドレス帳に一致させるのが面倒臭そうでした。
設定でGmailに直接エクスポートもできるのですが、ちょっと怖くて試しませんでした。

Gmailのアドレス帳に入ってくれれば、Zenfone5でそのまま使えます。

  • 2015年3月10日

10年以上使ってきたPHS、今回思い切ってZenfone5に機種変してみました。
キャリアはNifMo。音声通話対応SIMカード(2Gプラン)を契約。

Zenfone5

料金は、データ通信基本料900円+通話対応700円+SMS対応150円=1,750円(税別)
初期費用3,000円(税別)。
国内通話料 20円(税抜)/30秒
SMS送信:3円(税抜)/通 受信:無料
回線速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。
通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限。
縛りは6ヶ月。

Willcomのだれとでも定額や、2台目無料は解約しました。
あんまり電話しないので問題無し。
設定も簡単。
これで、Bluetoothのイヤホンマイクも使える。
Ymobileからメールも来なくなる。うれしい!

Zenfone5 Zenfone5 

  • 2015年1月23日

Zenfone5に落下(紛失)防止

なかなかZenfoneが使い勝手が良いので、すっかりNexus7の使用頻度が減ってしまいました。
やはり片手で操作できるのは便利。
iPad miniとは併用です。
お客様のスマホをサポートするのに、iPad miniを持っていればiPhoneもiPadも両方対応できる。
初心者にはやはりiPhoneかiPad miniです。

私は絶対落としたくないもの、忘れたくないものには落下防止のチェーンをつけています。
ガラケーは胸のポケットに入れて、ポケットにチェーンで止めて、家の鍵、車のキーもカバンにチェーンでつけています。
本当に絶対無くしたくないし、忘れたくないんですよ。可能性0にしたいんです。

で、Zenfone5をどうするか、こんなのを試してみました。

Trinity(トリニティ)
TR-MUC-FL [Micro-USBポート用カラビナ フラミンゴ]

Zenfone 5

もちろんこれでぶらぶら持つ訳ではなくて、ポケットやカバンに入れるにしても、簡単には盗まれない、落とさない、忘れない為のものです。
どこに置いたかわからないなんて絶対NG。スマホは携帯電話ではなく、小さなパソコンです。

こうなるとPHSからZenfone5にMNPしたくなるけど、意外とPHSって音質良いし、実際使ったら通話料どうなるかわからない。
PHSは業務の発信専用にして、受信番号はZenfoneの方をみんなに教えちゃおうか・・・。