• 2008年3月10日

Linux Mint 3.1セットアップ

080310_0030.jpgPC:富士通 FMV-BIBLO MR16B
OS:WindowsXP SP2→Ubuntu 7.04→7.10→Linux Mint4.0
CPU:Pentium4 1.60GHz-C
チップセット:Intel 845MP
HDD:40GB→60GB
Memory:256MB→525MB

ブログにコメントで「デスクトップの美しさならこれ」とお勧め頂いたLinux Mint。
Ubuntu7.04から7.10にUpしたとたん、起動が激遅になったFMV-BIBLOがどうしても許せないので、LinuxMintを入れてみました。

うん!お勧め頂いたとおりきれいなデザインです。
起動も早くなりました。

インストール後の手順は、
俺様Linux備忘録」 にお世話になりました。
感謝です。

以下、抜粋

sudo gedit /etc/apt/sources.list
日本語リポジトリであるこの二行↓を追記して上書き保存
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy/
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy-ja/

再びコンソールを起動して
sudo aptitude install ubuntu-ja-keyring
sudo aptitude update
sudo aptitude upgrade
sudo aptitude install ubuntu-desktop-ja

sudo apt-get -f install

メニューのSystemにあるLanguage Supportを起動し、
ダイアログ上段の窓の中からEnglishとJapanese以外のチェックを全部外す。
中断の言語選択の窓を Japaneseに設定。
再起動。

これで日本語化完了。

  • 2008年2月14日

小さくて静かなデスクトップ

どうもパソコンの調子が良くないそうで、不安なので買い替えたいとのこと。
それならと、数点候補を上げた中からお客様が選んだのがこれ。

PC:EPSON Endevor ST110
OS:WindowsXP SP2

モニター・キーボード・マウスは前のパソコンのものが使えるので本体のみの購入。
本体がとても小さくて、サイズは75×185×195mm。
お客様宅に伺った際に、「箱から出しておきました」と言われて、どこにあるのか探してしまったほど。
今回は本体だけの購入だけど、モニターと一体型に設置できる「専用一体型キット付」らしい。

そしてとても静かです。
あまりに静かなので不安になるほど。
これはすごいかも・・・。

  • 2008年2月13日

フレッツセーフティ

PC:Sharp Mebius
OS:WindowsVista Home Premium
LAN:WebcastarX310、WBC V110M
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:So-net

Vistaの初期セットアップ、画面に何も出ないまま真っ暗の待ち時間が長いです。
不慣れなお客様だと不安になってしまうでしょうね。
今回は長いこと意外は特に問題無し。

「WebcastarX310」にて接続中ですが、これは今年3月でサービス終了する「フレッツセーフティ」です。
サービス終了してしまうので、機械は動いていても新しいウイルス定義への更新はできなくなり、NTTでは新しいセキュリティサービスのウイルスクリアへの変更を案内しています。
お客様に確認しても、再三NTTから手紙が来ているがまだ連絡していないとのこと。
こちらの場合は、レンタルの「WebcastarX310」を外して返せば良いだけでは無く、もうひとつ接続してるひかり電話対応ルータ「WBC V110M」にインターネット接続設定をしなければいけません。
どうやら、その為に出張設定サービスを申込んでもいないそうなので、今回私がやっておきました。
ちょうど良いタイミングでしたね。

  • 2008年2月6日

マイシールドでメール受信不可

PC:東芝 Dynabook TX/66E
OS:WindowsVista
LAN:corega CG-WLBARGSX
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:NetHome

買ったばかりのパソコン、自分で初期設定までやっておくつもりだったのですが、途中でわからなくなって中断してしまったとのこと。電源を入れると確かに途中から続きが始まります。
初期設定から続いてセキュリティソフトが自動的にインストールされてしまいます。
約15分待たされて、キャンセルもできません。これはちょっと迷惑。

その間に無線ルータを確認。なんだかランプがおかしいです。
電源ランプは緑点灯で正常ですが、Wirelessランプが消灯、LANポートに何も刺さっていないのに4番ポートのランプが着いて、LANランプが緑点灯、インターネットランプ消灯。
電源を入れ直しても変わらず、初期化を試みましたが初期化されません。
これはもう初期不良。

いそいで購入店に電話して頂き、状況を説明し、明らかに初期不良であることと、出張設定の訪問中であることを伝えると、「これから交換品をお持ちします!」とのこと。
よーし、えらいぞ。

その間に有線接続して、メール設定とセキュリティソフトのアンインストール及び、J:COMのセキュリティソフト「マイシールド」のセットアップ。
ここまで済んだところで無線ルータの交換品が到着。良いタイミングです。
交換すると、すんなり繋がりました。
無線接続設定がすごく簡単です。こんなに簡単じゃあ、普通の方はセキュリティの存在もわからないでしょう。
問題無ければ簡単ですが、失敗したらきっと訳がわからないでしょう。

あとは操作方法をご説明・・・、ところがメールの送受信ができません。
もうすでに送受信テストは済んでいるので、設定に間違いはありません。
「マイシールド」を入れてから?
カスタマーサポートに電話すると、やはり「マイシールド」だろうとのこと。
回避策は、メール受信サーバーの設定で、「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れ、ポート番号は995で使うようにとのこと。

初めて買ったパソコンなのに、お客様は不安になってしまったようです。
でも、私がいる間に不具合起こって良かったじゃないですか。

  • 2008年2月3日

DELLのリカバリ

PC:DELL Inspiron6400
OS:WindowsXP SP2
インターネット接続:FTTH
LAN:WLA-G54
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN

メールができなくなってパソコンをリカバリしたのだそうです。そうしたら、無線LANもダメになり、音も出なくなり、訪問をご希望です。
DELLパソコンはほとんど自作パソコンと同じなので、リカバリなんてしたら各種ドライバ手動で入れなくてはいけません。付属のCD-ROMで入れられます。
そして、無線接続設定ですが、こちらの無線機はブリッジタイプでした。これでは複数台のパソコンが同時にインターネットはできません。今回は仕方ないのでこのまま設定しておきますが、無線ルータの購入と設定をご希望で、再訪することになりました。

  • 2008年1月17日

CompizFusion有効!

FMV-BIBLO MR16BにUbuntu7.10インストールした続きです。
なんとかCompizのセットアップに成功しました。
compiz.jpg
PC:富士通 FMV-BIBLO MR16B
OS:WindowsXP SP2→Ubuntu 7.10
CPU:Pentium4 1.60GHz-C
チップセット:Intel 845MP
HDD:40GB→60GB
Memory:256MB→525MB

結局、ドライバはそのままで使えたのでした。

glxinfo |grep directを実行で
direct rendering: Yes

です。

下記をインストールすると、
gnome-compiz-manager
libgnome-compiz-manager
xserver-xgl

「システム」>「設定」に「GL Desktop」項目が表示され、これを有効に。
CCSMが起動しないのでアンインストールしてインストールし直しましたら、「外観の設定」で通常効果が選べるようになりました。CCSMも起動できます。

炎.jpgまとめると簡単そうですが、かなり遠回りをして、 「Ubuntu日本語フォーラム」でお世話になりました。
感謝。

以下は有効にできたモード
展開、Ringスイッチャー、半透明、反転、デスクトップのズーム、デスクトップの壁、揺れるウィンドウ、炎を描画、スプラッシュ、Shift Switcher

ダメだったモード
Cube Caps、デスクトップキューブ、水効果、

よくわからないもの(効果が効いているのかいないのかわからない)
モーションブラー、Trailfocus、アニメーション、

  • 2008年1月5日

FMV-BIBLO MR16BにUbuntu7.10インストール

前回、Ubuntu7.04を入れたノートパソコン、年末に「7.10へアップデートが可能です、アップデートしますか?」なんて聞かれて、「OK」したところ、途中で何か聞いてきたと思ったんですが、忙しかったのでそのままOKしちゃったもんで、再起動後、まともに起動できなくなっちゃいました。ガーン!

忙しいときにアップデートなんかしちゃいけないんだよ。

で、お正月にやっと時間ができたし、アップグレードだと不具合もあるとかちらほらネットに出てるので、7.10をダウンロードして、クリーンインストールすることにしました。

インストールは順調で、前回同様に
市販のDVDを見れるよう、基本コーディックインストール
MPlayerインストール
BitTorrentを使いたいのでAzureusをインストール
セキュリティソフトは、avast!をインストール及び登録

で、3Dデスクトップは今回は「CompizFusion」を試そうとしたのですが、前回の「Beryl」と同様でダメでした。
ATIのRaedon7500でもできるはずらしいのです。

まず制限付きドライバの管理からドライバを使用しようとしましたが、一覧に表示されません。

sudo gedit /etc/X11/xorg.conf
で、Section ”ServerLayout”の所の
InputDevice”eraser”SecondCoreEvents”の行の下に
Option ”AIGLX””false”と追加

Synapticパッケージマネジャで「Compiz」と「compizconfig-settings-manager」をインストール

glxinfo |grep directを実行で
direct rendering: Yes

なので、良いと思うのですが。
「外観の設定」から「視覚効果」で通常効果にしようとすると、「Desktop effects could not be enabled」とはねられます。

Ubuntu日本語フォーラムで同様のトラブルの書き込みがあったので、それを参考にしてあれこれ試しました。

$ cat /var/log/Xorg.0.log | grep LoadModuleを実行すると、
GLcoreをLoadしているのがいけないらしい。
「xorg.conf」を編集してこれを無効にしようにも、ここにはSection Module自体が無い。

「LinuxSalad」さんのサイトによると、↓
>正しいドライバを選ぶ、「制限付きドライバの管理」から「ATIの高性能グラフィックドライバ」が
>利用可能であっても、利用しないことを推奨

試しに、グラフィックのドライバを、「システム管理」→「モニタとグラフィックスカード」で、近いものに変更してみたところ、「xorg.conf」にSection “Module”が出てきました。

でも、この行をコメントアウトしても無効にならないのです。
ああ、手詰まりです。

  • 2007年11月25日

XPマシンのパワーアップ

PC:富士通 FMV-Deskpower C9/160L
OS:WindowsXP SP2

どうにも動作が遅くて耐えられないので、一度リカバリして欲しいとのご希望です。
でも、動作が遅い原因のひとつはメモリ不足です。
メモリ256MBでWindowsがSP2まで上がり、ウイルスバスター2007が入っていれば普通は遅いです。
そこで、今回はメモリも1GBに増設することにしました。

リカバリはすぐ終わりましたが、SP2までUpgradeするのがすっごーーーーく時間がかかって、泣けます。
また、音が出なくなるのでYAMAHAの音源ドライバをメーカーサイトからダウンロードして設定。
無線接続設定、インターネット・メール設定、プリンタ設定、MS-OFFICEセットアップ。
結局、3時間もかかってしまいましたが、すごく快適になりました。
あと5年くらいは使いましょうか。

  • 2007年11月2日

WindowsVistaトラブル

PC:富士通 FMV-BIBLO NF70W
OS:WindowsVista Home Premium
LAN:WHR-G54S
インターネット接続:CATV
ISP:It’sCom

新しくPCを購入したので、既存の無線ルータに接続して、旧PCからのデータ移行をして欲しいとのご依頼です。

まず、無線LAN。内蔵の無線を使いますが、旧PCはAOSSで接続しています。AOSSで設定するとESSIDもネットワークキーもすごく長くてとても手入力はできません。手入力可能なレベルを落とせば良いですが、できればこのままで繋ぎたいので、旧PCでルータの管理画面に入り、AOSS情報からESSIDやネットワークキーをコピーし、メモリースティックに保存。
それを新PCに接続して、コピーで設定しました。

データをメモリースティックで移行しようとしましたが、無線の設定では問題なかったのに、それ以後PCに差し込むと「フォーマットされていません」のメッセージが出ます。
仕方ないので、ファイル共有設定をしてデータをコピー。

アカウントは2つ設定。
メールソフトは「Thunderbird」をご希望です。
「Thunderbird」をメールアドレス設定後、アドレス張とメッセージをインポート。
アドレス張は「Windowsメール」にインポートするよりきれいにできました。

筆まめは新PCにも入っているので旧PCの住所録データをコピーするだけでOK。
セキュリティソフトは「NOD32アンチウイルス」をダウンロード購入及びセットアップ。
作業中になぜかIPアドレスが取得できなくなりましたが、再起動で復旧。

ここで、起動時にアカウントが4つ並んでいるのに気づきました。
2つ設定したのが、各2つづつ表示されています。2つあってもどちらを選択しても同じです。

ネットでググッてみると、富士通のサポートサイトに情報がありました。
「[Windows Vista] Windowsへログオンするときに、同じユーザー名が2つ表示されます。」

「指紋センサーを搭載している機種でWindows Updateを実施すると、インストールされる修正プログラムの影響で、Windowsへログオンするときに、同じユーザー名が2つ以上表示されることがあります。」とのこと。

お前が勝手にUpdateしたんだろ!

対応策は、「指紋認証ユーティリティ Softex OmniPassをアップデートしてください。OmniPassのアップデートは、アップデートナビで簡単に実施できます。」とのこと。
で、やってみましたが、指紋認証だけアップデートしたいのに、他にもいろいろ可能なアップデートが並んでいて、チェックボックスのチェックを外せません。
仕方なく全部アップデート・・・、約30分(泣)。

新規セットアップでのトラブルじゃ、追加料金頂くわけにもいきません。

  • 2007年9月27日

HDD交換

先日PCを買い替えたお客様、古いPCの処分に困ってしまいました。
DELLのPCは初心者にはリカバリも大変ですし、不具合のあるPCなので下取りも取ってもらえません。
そこで、うちで引き取ることにしました。
リカバリして、DELL Diagnostics(診断)プログラムでチェックをかけると、やはりHDDに不良クラスタが多数見つかりました。

DiagnosticsこれはやはりHDD交換です。
幸い、HDD以外には問題は無いようで、せっかくWindowsXPのライセンスのあるPCですから、使ったほうが良さそうです。
もとは40GBですが、オークションで新品同様のバルク品120GBを落札。交換してセットアップし直してみました。
WindowsXP SP1からSP2にUpしてみましたが、メモリが256MBでも結構快適です。
ま、何も他に入っていない状態ですけど。

PC:DELL Dimension 2400C
OS:WindowsXP SP2
CPU:Celeron 2.00GHz
チップセット:Intel 865G
HDD:Western Digital WD1200BB 120GB IDE 内蔵HDD/7200rpm/2MB
メモリ:256MB

またどこかにお嫁に行かせましょうか。