Windows Live OneCareが犯人

会社さんの移転に伴うLAN工事とPCのサポートを担当しました。
LAN工事もいろいろ予期せぬトラブルがあって手こずりましたが、その後のPCでまたトラブルが・・・。

移転先に既存のネットワークがあり、ネットワークHDDが接続されていました。
今回は、そこに2台のPCを繋げ、ネットワークHDD内の管理ソフトを共有したかったのです。
ところが、ネットワークHDDにあるはずの管理ソフト、実際にはPC内に保存されており、このPCはネットワークHDDには接続していなかったのです。それなら接続すれば良いはずですが、このPCだけワークグループに入れません。アクセス権が無いと怒られます。インターネット・メール・ネットワーク複合機は正常に動作するのに、ワークグループには入れないのです。

OSはWindowsXP Home Edition、アクセス権なんて設定していません。
ワークグループ名を試しに変えてみても、何をしてもダメ。
セキュリティソフトはMicrosoftの「Windows Live OneCare」。

で、やっぱり犯人は「Windows Live OneCare」。
設定でネットワーク検索のチェックが外れてました。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA