• 2020年2月5日

OUTLOOK2019でメールのパスワードが通らない

パソコンを買い替えたそうで、訪問しました。

dynabook P2-T9KD-BGPC:dynabook P2-T9KD-BG(P2T9KDBG)
OS:Windows10 Home 64bit

LAN:Buffalo WSR-1166DHPL
インターネット回線:FTTH
キャリア:Fiberbit
ISP:Fiberbit

プリンター:EPSON EP812-A

ウイルスバスタークラウドを抱き合わせで買わされていらっしゃいましたが、不要なので返品していただくようご案内。旧PCにはインストールされていましたが、それでも「SpyHunter 5」がインストールされていました。無駄です。

こちらはインターネットマンションで、Fiberbitのメールをご利用ですが、今までお使いのWindowsLiveメールは終了しているので、Outlook2019で設定することにして、それ以外のプリンター設定やユーザー登録はスマホに登録されているGmailですることにしました。これもパスワードが通らないのでパスワードリセット。

ところが、Outlookでメールアドレスとパスワードを入力しても通りません。Fiberbitのサポートサイトを確認しても、Outlook2013までの設定方法しか説明はありません。何度確認してもダメで、試しにパスワード変更を試みるとちゃんとできるので、パスワードは正しかったということになります。

Fiberbitに電話してその旨伝えて、電話で聞きながらの設定となりました。
まず、最初に入力するメールアカウントはメールアドレスの「@」を「-(ハイフン)」に変えたものです。そして、一応先に進めるので詳細を手入力で編集します。
電話で聞きながら作業なのでメモも取れず、記憶は曖昧ですが、受信メールアカウントは「-」を「@」に戻し、送信アカウントは「-」にします。送信ポートは「25」→「587」。
これで設定できました。細かい所を再度確認したいのですが、Outlook2019は編集画面の開き方が難しく思い出せなかった。
この情報はサポートサイトにもどこにも書かれていません。
サポートのお姉さん曰く、いろんなケースがあるので書けずにいるとのこと。異論はあるがお姉さんのせいでは無いのでお礼を述べて終了。

データ移行の為にDropboxを設定。LiveメールからOutlook2019へアドレス帳を移行。宛名職人から住所データをCSVに出力。

心の底からOutlookは使うべきではないと思いました。
そして、みんなGmailに乗り換えるべきと思いました。

そして、やっと設定が終わって、スマホ(らくらくホン)を無線LAN接続したところ変なエラー、インターネットが切断されています。今までも時々こういう事があったそうです。パソコンのデータ移行作業が一時停止されました。
切断されて無線ルータを電気の入れ直しをした後が面倒です。いちいちBuffaloの回線確認が入ります。

もうね、Fiberbitもやめた方が良いと思いました。
でも、マンションの配線が原因なら他のauやSoftbankに替えても同じかもしれません。その辺を管理組合などに確認していただくようご案内。

  • 2020年1月26日

Windows7のパソコンですが、使用頻度のすごく少ないパソコンです。外観もきれいでトラブルもありません。スペックも良いのでWindows10にアップグレードしてみることにしました。

PC:富士通 LIFEBOOK A574/KW
OS:Windows7 SP1 64bit → Windows10 Pro 64bit
HDD:500GB
Memory:4GB

メーカのサポートサイトによればできそうです。

法人向けPC Windows 7 → Windows 10 動作確認情報 - LIFEBOOK A574/KW

ダウンロード検索(検索結果)

MicrosoftのWindows10ダウンロードサイトでやってみましたが、失敗しました。

Windowsをインストールできませんでした

Windows10をインストールできませんでした。
お使いのPCは、Windows10のインストールを開始する直前の状態に戻りました。
0x8007001F-Dx200006
REPLICATE_OC操作中にエラーが発生したため、インストールはSAFE_OSフェーズで失敗しました

とのこと。

ネットでググると、複数の情報がヒットします。セキュリティソフトをアンインストールしてみるとか、これはもちろんアンインストール済みです。

引き継ぐ項目

どうやら、設定とアプリを引き継がなければ成功するらしい。ファイルは残りますが、つまりリフレッシュしたのと同じになります。ダメ元で良いとのことなので、今回はこの方法でアップグレード

そして、メーカーサイトのサポート内容通りにドライバやBIOSのアップデートをして完了です。

  • 2020年1月8日

パソコン2台をWindows7→Windows10アップグレードご依頼。2012年の製品で、もちろんWindows10アップグレードサポート対象外です。一体型のテレビの見れるパソコンですが、Windows10にアップグレードするとこれは非対応です。

PC:富士通 ESPRIMO FH50/HN (FMVF50HNTS) x 2
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit 
HDD:1TB
CPU:Intel Core i3
Memory:4GB→8GB(4GBx2)

セキュリティソフト(McAfee)アンインストール。マカフィーリブセーフアンインストールできない→MCPR.exeでアンインストール。

MCRP.exe

Christal Disk Infoインストール、HDD正常確認。
BIOSアップデート(1.14→1.22)
データバックアップ(MyDocunents、Picture、Desktop、JDL。

MicrosoftサイトよりWindows10アップグレード。無線LANは認識しなくなりましたが、有線LANで使用なので問題無し。

もう一台は、ずっとパソコン起動不可だったそうです。

Boot failure

富士通のチェックでは機械自体は異常無し。UbuntuでCD起動してみたところ、ハードディスクのパーティション内はまっさら。仕方無いのでWindows10でクリーンインストールしました。

最後に、パソコン内部を空けてクリーニング。もうひと頑張りしてもらいますよ。

  • 2020年1月6日

Windows7のパソコンを10にアップグレードすることになりました。このパソコン、Windowsを起動できません。BIOSではハードディスクを認識しています。富士通の簡易チェックでは機械自体に異常は無さそうです。UbuntuのCDで起動してみると、ハードディスクのパーティション内は空っぽです。

Windows10のフラッシュメモリで起動してWindows10をクリーンインストールすることにしました。ところが、インストールが最初に戻ってしまいます。つまりループ。
これの対応策は、パソコンのブートはHDDに設定して、インストール時には手動でUSBメディアを指定してインストール完了。

  • 2020年1月6日

RESTORO: ホームページが乗っ取られています

RESTORO: ホームページが乗っ取られています

Restoroがあなたのホームページまたは検索が変更されたことを発見しました。
不正なプログラムにあなたのブラウザーが乗っ取られて可能性があります。あなたのパソコンをスキャンすることをおすすめ致します直ちに。
(今すぐスキャンする)

お客様のパソコンに表示されていました。
最近流行りの「PC Scan & Repair by Reimage」と全く同じ文言なので、多分名前を変えただけかと思われます。「今すぐスキャンする」をクリックすると、指示書が表示されて、「PC Scan & Repair by Reimage」をインストールするよう誘導されて、終わると修理代金を請求されるらしい。

Windows7のパソコンで、もう乗り換えなので使わないということでお願いします。

  • 2019年12月22日

iPad Pro 11今年どうしても欲しくなってしまったのがこれ、iPad Pro 11。キャリアからは買いません。いや、キャリアと契約ありませんから。Appleから直接WEB購入。

とりあえず液晶フィルム貼り付けて、SIMの契約をNanoSIMに変更手続き。iPad設定は既存のiPhone7で超簡単。すぐに終わりましたよ(Microsoft見習え)。

  • 2019年12月15日

データ消去ってどうやるの?

ノートパソコンのデータ消去をご依頼頂きました。

パソコンからハードディスクを取り出し、電気ドリルで穴を開けると、中の円盤が割れます。振るとカシャカシャと粉々になった音がします。

物理的データ消去

結構力が入ります。摩擦でドリルの先端はかなり熱を持ちます。破片も飛び散るので子供さんやペットのいるお宅はご注意ください。ノートパソコンなら簡単に割れますが、デスクトップは無理です。簡単には穴も開けられません。

こういう先々のデータ消去の手間を考えたら、デスクトップでもSSDにしておいた方が良いでしょうね。そして、パソコンは買い替えてもSSDは使い続けるのが良いかと思います。

  • 2019年12月15日

再起動するとBIOSが出る

パソコンを起動するとBIOSが出るそうです。

BIOS

こちらのパソコン、先月も同じことがありました。BIOSを終了して起動し直すとWindowsの更新が出ます。

今回も全く同じでした。WindowsUpdateが怪しいと思います。

 

  • 2019年12月1日

WINDOWS10アップグレード(富士通 AH550/5A)

Windows7終了でお悩みのお客様、富士通の2010年夏モデル、過去にハードディスク交換修理しました。バッテリーは消耗しているし、ファンの音が大きくて本当は買い替えたほうが良いように思いますが、お客様の状況やご性格を考えると、なるべく何も変わらない方が望ましい。悩んだ末に、「ダメだった時は諦めもつくから」とアップグレードを選択されました。パソコンを宅配便で送って頂き作業。

PC:富士通 LIFEBOOK AH550/5A(FMVA555ACC)
CPU:Intel Core i5-450M
OS:Windows7 Home 32bit → Windows10 Home 64bit
HDD:500GB→SSD 240GB
Memory:4GB(2GBx2)


データのバックアップを取って、ハードディスクをSSDに換装。そのままではWindows10のロゴで止まり、インストールができません。
BIOSの[詳細]-[USB設定]で、「レガシーUSBサポート」を「使用しない」に変更。

起動デバイスの優先順位に除外された起動デバイスから、USB HDDを起動デバイスへ追加。

レガシーUSBサポート

起動デバイスの優先順位

これで、一度はUSBデバイスを認識したのですが、どうも安定しないのでDVDドライブでWindows10をクリーンインストールしました。シリアルはパソコン背面のWindows7のものを入力。特に問題無くアップグレード完了しました。

MS-OFFICE2010 Home & Businessセットアップ。LiveメールのデータをOutlookへ移行。
GoogleChrome、Adobe Reader、Dropbox、Photoshop Elements 5.0、VLC media player、てきぱき家計簿マム7、iTunesインストール。リカバリディスク他ソフトウェアディスクもあるので、筆ぐるめなど入るものはインストール。

拡張子「wlmp」のファイルを何とかしようと試みましたが、Windowsムービーメーカーは無くなりました。うちにある「WindowsLiveムービーメーカー」でも、バージョンが違うとはねられました。

うん、ファンの音は相変わらずしますが、前より静かになったような気がします。富士通の本当の国産ノートをまだまだお使いいただきます。

LIFEBOOK AH550/5A

  • 2019年11月12日

NASに攻撃してくるやつ

我が家のNASにWAN側から接続を仕掛けてくるやつが・・・。○回失敗でロックがかかりますし、そもそも「admin」アカウントは無効です。

IPアドレスは「221.0.94.78」これを逆引きして調べると、中国です。China Unicom Shandong Province Network(中国聯合通信有限公司)LINEやメールの詐欺がここから来ていることが少なくありません。