• 2022年3月28日

PD-S Viewerが開けない

病院でもらったレントゲン写真のCD-ROMが見れないそうで訪問しました。
CDには、Viewerアプリとそれで開く画像ファイル、それらを案内するhtmlファイルが入っていました。

pdsviewer

PD-S Viewer

「ビューアーで画像を表示する」で、Viewerアプリを起動すると、読み込みに失敗しました。とエラーが出て、Viewerアプリ自体が終了してしまいます。

PD-S Viwer

画像の形式は、Viewerアプリでないと開けません。
「readme.txt」で推奨スペックを確認すると、Windows11については記載が無い。
ネットでメーカーサイトを確認しましたが、そこにも何も記載はありません。

Windows11非対応かな・・・と思い、CD-ROMをお預かりして自宅のWindows10PCで試してみました。
やはり同じエラーメッセージが出ます。

CD内の「PD-S Viewer.exe」を直接起動すると、画像を表示することができました。

  • 2022年3月21日

iMacとMacBookとiPadでUniversal Control

macOS 12.3で公開された「Universal Control」をさっそく試してみました。

Universal Control

まだベータ版。

Universal Control

一応3台まで設定可能ですが、さすがに3台の間をシームレスに・・・という訳にはいきません。

iMacとiPad
iMacとMacBook
MacBookとiPad

で、マウスとキーボードが行き来できました。
特にiPadでキーボードが使えるのがうれしい。

Universal Control

iPadの丸い図形がマウスポインタです。
iMacの左を超えて、iPadの右からマウスポインタが出てきました。
上下は非対応。

これで、UbuntuとWindows PC 3台でlogicoolマウスとキーボードを共有。
iMacとMacBookとiPad ProでApple Keyboadとマウスを共有となりました。

  • 2022年3月18日

MacBook Air(M1 13inch)セットアップ

Appleイベントで私の欲しい12inch MacBook Airは登場しなかったので、13inch MacBook Air(シルバー)Z128 を購入しました。

MacBook Air

システム構成
• 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
• GRAPHICS 065-C99L 8-core GPU
• 16GBユニファイドメモリ
• 512GB SSDストレージ
• Touch ID
• Thunderbolt / USB 4ポート x 2
• 感圧タッチトラックパッド
• True Tone搭載Retinaディスプレイ
• PRO APPS 065-C171 NO FINAL CUT PRO X PREINSTALLE
• SW LOGIC PRO X 065-C172 NO LOGIC PRO X PREINSTALLED
• バックライトMagic Keyboard – 日本語(JIS)

いつものとおり、古いMacBookから移行アシスタント。

移行アシスタント

移行アシスタント

移行アシスタント

移行アシスタント

40分で完了。

古いMacBookは初期化して、この後小学生さんのMacBookになります。

  • 2022年3月16日

タスクバーにアイコンが無い

タスクバーにアイコンが表示されていません。右側の隠れたインジケーターも4つしかありません。
設定を見てもおかしな点は無くて、1週間ほど前からこうなったとのこと。
WindowsUpdateを確認すると、なかなか画面が開きません。
パソコンを再起動すると、タスクバーは正常になりました。
Windowsのトラブルですね。

  • 2022年3月12日

デスクトップなのにタブレットモードになった

突然デスクトップ画面がタブレットモードになったそうです。
当日朝、私がリモート接続してメンテナンスをしてました。WindowsUpdateもしましたが、その時は正常でした。
現地で使おうとしてタブレットモードになったようです。

アクションセンターに[タブレットモード]がありません。
設定を確認すると、「常にタブレットモードを使用する」になっていました。

タブレットモード

このパソコンは、デスクトップなので、「デスクトップモード」に設定して直りました。

原因不明です。

※原因がわかりました。Surfaceからリモート接続をしたところ、縦横比が合わず再起動後タブレットモードになってしまったようです。

  • 2022年3月6日

ドコモ電話帳をGMAILに移行できますか?

Docomoのスマホから電話帳をGmailに移行をご希望です。

Docomoにはそういうサービスがありません。
iPhoneなら簡単なんですが、androidです。

ドコモ電話帳の右上のメニューで、
[SDカード/SIMカード/共有]→[全件データ送信(共有)]で、「vcards○○○.vcf」をエクスポートし、Gmailに添付。
閉じると下書きになる。

これをPCのGmailで開き、添付ファイルをPCに保存。
Googleの連絡先(コンタクト)のエクスポートで、Vcardを選択し、「vcards○○○.vcf」を読み込む。

これで移行できました。

  • 2022年3月6日

このwi-fiは安全ではありません

無線機とプリンター買い替えとセットアップをご希望です。

無線機は壊れてはいませんが、「このwi-fiは安全ではありません」と出るそうです。
こちらの無線機は、BuffaloのWHR-G54S、10年以上お使いですから壊れていなくても買い替えするべきです。
現在のインターネット契約を確認して、さほど高速なコースではないので、ギガビット対応の無難なお値段の無線機をチョイス。
プリンターも印刷できないそうなので、買い替えになりました。

Docomoメールからご連絡頂いたのですが、返信しても受信拒否されます。Docomoメールはこういうのがとても多いです。
スマホからでもGmailでご連絡頂くようお願いしました。

PC:mouse MB-F575SN1-S2-B
OS:Windows10 Home 64bit
SSD:240GB
Memory:8GB

LAN:NEC PA-WG2600HS2
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:J:COM
プリンター:EPSON EP-714A

  • 2022年3月5日

無償版G suite終了の話

2022年1月、Googleが無償版G suiteを完全に終了決定しました。

ビジネス向けのGoogleのサービスとして、「Gmail for Your Domain(ベータ)」がスタートしたのが2006年。
同年に「Google Apps for Your Domain」として正式にスタート。
いろんな機能を追加しながら、2010年「Google Apps for Business」となる。

個人で使用するGmailは今では広く普及していますが、上記は法人のドメインメールでの運用で、当時無料で使うことができました。
2012年12月、Googleはこの無償G suiteの新規加入を停止。それでも既存のユーザーはそのまま使用できたのです。
Googleはこの無償版G suiteを完全に終了決定しました。

今ユーザーは、有償版への契約か無償の個人使用に切り替えるか、Gmail以外のサービスに乗り換えるか、選ばなければなりません。
その移行作業が大変です。
無料でメールアドレスを増やすことができたので、アカウントを増やしているケースがあるからです。
そもそも、エイリアス追加でグループとしてメールアドレスを無料で追加できる仕様なのですが、アカウントとしてメールアドレスを増やしていると、その数分の有償契約することになります。

Googleが、この移行を考慮して新しく「Google Workspace Essentials Starter」というコースを作ったので、試しに登録してみました。

Google Workspace Essentials Starter

Google Workspace Essentials Starter

G suiteからGmailを外したようなサービスです。
これで助かる会社があるとは考えづらいですが・・・。しばらく検証用に使ってみます。

当時この無償版G suiteを使っていた人は、かなり詳しい人だったと思われます。
私が知っている会社で、これを使っているのは弊社取引先の一社と、2ちゃんねる創始者のひろゆきさんだけです。
ネットでぐぐっても、実際に切替を話題にしているユーザーはそう多く無く、いてもアカウント数もそう多くは無いようです。

しかし、昔詳しい社員が設定して、社員が退職した後もそのままよくわからないまま続けている会社が無いとも限りません。
その場合、ネット上で話題になっているこの話が、自分のメールも対象だと知らないままということは無いかと心配しています。

私が個人事業主として起業したのが2002年。
ドメインメールは使用していましたが、個人のGmailでドメインメールを送受信することができるので、今に至るまでそのまま個人契約のまま法人メールも使っています。
Googleのセキュリティは強固で、そのへんの会社のセキュリティよりも信用できると思っています。
中にはフリーメールは信用できないと言う会社もありますが、その会社の社員でも、本当はGoogleの方を信用できると考えていたりします。
もちろん、100%ではありませんが、それはどの会社のメールでも同じかむしろそれ以上で、過去のあらゆるトラブルを考えても、私は今後もGmailを使用します。
心配なら、GmailとレンタルサーバーのWEBメールを併用すれば良いし、popでの受信が必要ならそれも併用すれば良いのです。

  • 2022年3月4日

マルチペアリング キーボード「logicool KX800」

WindowsノートPCやUbuntuデスクトップで、logicool Bluetoothマウスをマルチペアリングで使っています。
今回ゲーミングノートPCを購入したので、これも追加してキーボードもマルチペアリングました。

マルチペアリング

充電はUSB Type-C。

マルチペアリング キーボード

サポートアプリの[logicool options]で設定を確認。環境を変えたのでマウスも一緒に設定変更します。

logicool options

ファンクションキーの設定を変更。Fn+Escを押して、ファンクションキーの設定を変更できますが、

logicool options

これは、「標準のファンクションキーとしてF1〜F12を使用」で固定します。

logicool options

3つのボタンに、3台のパソコンを登録して、ボタンで切り替えます。これは、マウスのボタンと同じに設定。

logicool options

これで、マウスとキーボードを3台のパソコンで共有できました。
ノートパソコンは蓋を閉じたままで、ディスプレイだけ切り替えて操作ができます。

logicool KX800

キーボードのLEDは普段は消灯していて、手をキーボードに載せると点灯します。控えめな灯りが目に優しい。

logicool KX800

WindowsキーやPrintscreen・NUMキーなどが表記が違うので、[logicool options]はちゃんと確認した方が良いです。
すごく快適になりました。

 

  • 2022年2月19日

スマホで確定申告をやってみたよ

確定申告会社の確定申告はパソコンのeTaxソフトでやってますが、個人の確定申告をiPhone+マイナンバーカードでやってみました。

生命保険会社と連携して、控除証明書も取得できますが、これは取得申し込みして取得できるのは翌日です。
源泉徴収票はカメラでスキャンして、申告データ作成するのですが、源泉徴収票のフォームがソフト毎に違うので、正しく読み取れない場合は手入力で作成します。

[次へ]、[次へ]と進んで指示に従っていけば完了しますが、別のアプリと行ったり来たりする時に、何か見落とすとぐるぐる同じところを繰り返して迷路にはまったりします。
私はiPhoneですが、androidはメーカーごとに色々仕様があるので、トラブルも色々ありそうです。

申告データ作成して、送信後に控を印刷するのですが、そのPDF画面が裏に出ていて気づくのに時間がかかりました。
マニュアル動画が用意されているので、詳しくない人は動画は見たほうが良いでしょう。
そうこうしながら、納税までiPhoneで完了しました。
なんと、私の生命保険控除額の計算ミスを見つけてもらえました。

ここまでできるようになれば、来年は多分簡単ですね。