• 2022年4月7日

ビジネスホンをやめる

事務所移設で、LAN・電話工事をしました。
ビジネスホンの電話機から電話線を抜いたら、先端が溶けて中に溶けた破片がこびりついていました。
これではもう使えません(地雷を踏んだ)。
ビジネスホンがあまりに古いので、この機会にやめて、家庭用の電話機(子機付き)を2セット買うことになりました。
NTTに電話してその旨伝えると、それまでと同様に電話機2台を同時に使えるようにするには、ルーター交換と設定変更が必要とのことで、切替工事となりました。
同時に使えなくて構わないなら、普通の家庭用ひかり電話と同じで簡単なのですが、今回は、工事費が高くても良いので、同時に使えるよう工事ご希望です。

とりあえず、電話機一台とFAXが使えるようにしておいたのですが、翌日にはFAXがなぜか繋がらなくなっていました。
NTTと詳細を打ち合わせて電話の切替工事です。

Netcommunity OG410Xa設置された機器は「Netcommunity OG410XaTM」。
管理画面は「192.168.1.1」。
ユーザーがいじれる設定はID:user
電話の細かい設定に関してはID:admin
パスワードは一応社外秘らしい(知ってるけど)。
電話の設定変更は、ユーザーは自分で変更できない。

今回の事務所移転の前に、コラボになっていたひかりの契約を転用戻ししました。電話の細かい打ち合わせがコラボではできないからです。コラボだと、NTTと直接話ができません。
間に素人が入るのは困るのです。
NTT電話切替工事は、とてもスムーズに終わりました。

これで、弊社のお客様はみなさんビジネスホンから卒業しました。

  • 2015年1月12日

法人のお客様から床貼替えと同時に床下配線の工事をご依頼いただきました。
こちらは何度もいろんな業者が工事して、電気やLAN・ビジネスホンを追加で工事していて、実際に何がどうなっているのか把握できなくなっていました。
会社なので毎日営業していますし、業務に支障の出る可能性のあることはとてもとてもできません。
私が伺うようになってからもわかったところから整理し、整理している間にも変更があったり、機器の買い替えがあり、全部を把握するのはなかなか難しい。
それを今回、少なくとも床を這っているものはすべて整理することになりました。
天井や壁の分までは無理です。

連休の3日で終らせるために、社員の皆様にも協力していただき、極力荷物を整理して移動しておいていただきました。
それでも、ネットワーク機器や床の配線を外すのは注意が必要です。
OA配線は私が確認。
配線を間違いなく元に戻せるように、特にビジネスホン関係は極力外さないで、壁や棚の上に退避。
机や棚を元に戻すために写真を撮って、使っていないと確認できた配線は撤去。

1日目で貼替えを済ませます。家具を移動して半分づつ。
2日目で床下配線が終了。
3日目には私がOA・ビジネスホン・ネットワークを復旧させます。
4日目には営業しなければいけません。

作業前(>_<)

 

少しづつ前倒しで作業は進み、3日目は一人では体力も精神力も持たないので助っ人を呼びました。
1日目に配線を外すところを確認しそこなった電話線や、使っているのかいないのかわからない最後まで謎だったISDN機器。
やっと整理できたビジネスホンの配線を、床下に納めて・・・。
移動後起動しないパソコン(T_T)。
この機会にやろうと思っていたルータのファームアップ。
ソフトのインストール・・・etc。

なんとか、3日で無事に終わりました。
寒かった床下が靴を脱いでも温かい。

作業後(^_^)

床下配線 HUB WiFiルータ

  • 2014年1月16日

年末にNTTの委託店になりました。
さっそく新春体験勉強会だそうで、参加しました。

「Netcommunity SYSTEM αNXⅡ」の実機を見て触って音声を聞いてみました。
メディアIP電話機ですって。

ビジネスホン

端末はWindowsCEからandroidに変わりました。
音質も良いです。
PoE対応で、電源が無くても設置可能です(LAN工事は必要ですが)。
 
ビジネスホン
生活防水です。
おしゃれになりました。
ビジネスホン
スマホを子機化できます。
ビジネスホン
専用アプリ。
勤怠管理
勤怠管理との連携も売りです。
いろんなカード(SUICA、住基カードなど)を使用できます。
留守中は携帯へ転送するとか、いろんな設定が可能です。
 
東日本の皆様、お問い合わせ待ってまーす。
北海道、東北にも行きたい嶋崎でした。