• 2020年3月21日

テレワーク導入作業で、Macをどうするかかなり悩みました。以前はMacは標準で画面共有ができました。それが macOS Mojaveで『どこでも My Mac』廃止。介護の見守り案件の時もこれが使えなくて困りました。
Appleから「Apple Remote Desktop」というアプリが公開されているのですが、10,000円もする上に、レビューの評価が低い。

今回「Screen4 for macOS」を試しました。 
まず、遠隔操作されるパソコンに「Screen connect」をインストールし、Screens IDを取得し、サインイン。
[環境設定]-[共有]で、「リモートログイン」「リモートマネージメント」項目に自分のユーザー名を登録。

環境設定-共有

次に接続するパソコンに「Screens 4」をインストールして、Screens IDでログイン。
「認証が必要です」と出るので、接続されるパソコンのユーザー名・パスワードを入力して[認証]。

認証が必要です

すると、以前の「どこでも My Mac」と同じ操作が可能になりました。
遠隔操作アプリでMacに対応しているものもあるのですが、毎月課金になるものより、このシェアウェアはとてもお得です。

ScreensConnect

下記のサイトにお世話になりました(感謝!)。

Screens 4を導入
Screensを使ってMacのリモートデスクトップ環境を作る

last comments
ふくやす
ふくやす

使い勝手はいかがですか? どんな感じか、動画で上がると嬉しいのですが。 同じく、…
marumi
marumi

これを設定した会社さんでは好評です。自宅でもお試し版入れてみましたが、もう期間終…