• 2021年2月24日

会社さんのテレワーク導入で、一括導入したiPhoneやiPadは予めAppleからMDM管理を前提に購入して、Apple Business ManagerとJamf Nowで管理しています。
今回、社員の退職に伴い既存の端末をMDM管理に切り換えてみました。
結構手こずったので覚書。

まず、社員の使っていたipadのAppleIDからサインアウト。データも設定も全部消去。

MacBookでApp Storeから「Apple Configurator 2」をインストール。

プロファイルの作成をし、まずはWiFi接続設定。その他パスコードの桁数とか、インストールしたいアプリを設定して保存。

これをプロファイルに追加する。

管理したいiPadをMacBookにUSBケーブル(Lightning-USB+変換アダプタ)で接続。

「Apple Configurator 2」に接続されたiPadが検出されるので、iPadの準備に進み、プロファイルをインストールする。

Jamfの自動登録で、「デバイスの表示」に出てきて、Apple Business Managerの「デバイス」に表示されれば良い。

これができるのは、最初の初期化状態だけ。
Jamfは端末3台までは無料で使えるので、子供の端末管理にも良いと思います。

MDM