• 2022年8月8日

M1 Macbook Airではまった

M1 Macbook Airに、EIZO FlexScan EV2480-ZWTをマルチモニタに設定しました。

Macbook Airとモニタを、モニタ付属のUSB Type-Cケーブルで接続して、モニタのUSB Type-Aに外付けハードディスク(I-O DATA HDPH-UT1WR)を接続しました。

HDPH-UT1WR

WindowsとmacOSの両方で使用する場合は、「NTFS-3G for Mac I-O DATA」をインストールします。
接続は簡単にできたのですが、一度は繋がったのにハードディスクが認識されなくなりました。

NTFS-3G for Mac I-O DATA

メーカーのサポートサイト「画面で見るマニュアル」によると、Appleシリコン搭載のMacで使う場合、[起動セキュリティユーティリティ]で、[セキュリティポリシー]を[低セキュリティ]に変更する必要がありました。
ntfsformaciodata.pdf

Appleシリコンを搭載したMacの起動ディスクのセキュリティ設定を変更する

起動セキュリティユーティリティ

これで接続はできましたが、今度はマルチモニタが認識されなくなってしまいました。
Macbookを再起動してもだめでしたが、これはEIZOディスプレイの背面にある電源スイッチを入れ直すと復旧しました。

MacbookをUSB Type-Cケーブル1本で繋いだり外したりできるのは便利なのですが、USB接続のハードディスクは、事前に安全な取り外しをしないといけません。

 

  • 2022年8月1日

M2 MacBook Airがやってきた

我が家に、M2 Macbook Airがやってきた。
人気のミッドナイトブルー、もともとこの色は私の一番好きな色でして、ASUSがよく採用してました。

M2 MacBook Air

実は今年3月に、M1 Macbook Airを買ったばかり。
並べると大きさは全く同じ。
メモリ:16GB
SSDストレージ:512GB
で、値段は164,780円でした。

M2も同じスペックで、値段は236,800円

M2 Macbook Air

いつものとおり、移行アシスタントで約1時間で設定完了。

M2 Macbook Air

せっかくM1とM2がほぼ同じスペックであるので、色々比較してから、問題なければM1は売却しようと思う。