• 2011年8月19日

無線LANはNG→有線LANでOK

PC:富士通 ESPRIMO
OS:Windows7 SP1 64bit
Memory:4GB

PC:SHARP INTERNET AQUOS
OS:WindowsVista HomePremium 32bit
Memory:1GB

LAN:CG-WLBARGNH
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:NetHome

離れた部屋までLANケーブルを伸ばしているので、無線LAN接続が可能かどうか調べて欲しいとのことで訪問しました。
無線ルータをお持ちなので、うまく繋がればそのまま販売する予定で無線アダプタを持参しました。
でも、残念ながら電波は届きません。途中の廊下まではなんとか届くのですが、部屋に入るとNG。
間にキッチンやその他の水回りがある部屋割りなので、これはどうしようもありません。
でも、使われていない電話のプレートを発見。
現在電話もJ:COMなので、部屋に既存の電話線は使用していません。
ルータの側からPCの部屋まで電話線が配管で繋がっていれば、そこを通してLAN工事ができます。
思ったとおり、工事できました。

また、新しいパソコンを購入したので不要なソフトを整理してほしいとのこと。
デスクトップ上のアイコンも、最初から一杯入っているお気に入りもどんどん整理。
WORD・EXCEL・Powerpointはオプションで、保存形式を97-2000互換形式に設定。
これで使いやすくなりました。

  • 2011年8月15日

雷でネットワーク障害

雷の後でインターネットができなくなったそうで訪問しました。
こちらは2Fにルータ、1Fまで 壁の中にLAN工事をしてあり、途中に中継があってHUBが設置されています。
まず、パソコンからルータまで長いLANケーブルで直結してみました。正常です。
パソコンもルータも正常。
HUBのランプはついていますが、HUBを再起動してもインターネットは繋がりません。各部屋ごとに導通確認をすると、導通は正常です。
HUBを交換して、すべて正常になりました。
HUB故障ですね。
ネットワーク機器は雷に弱いです。
でも、HUB交換くらいで済んで良かった。こちらの敷設済みのLANケーブルまでやられていたら引き直しはかなり大変でした。

  • 2011年3月6日

新築事務所の工事 -ネットワーク-

お客様の事務所(2階建)建て替えに、設計段階から参加しました。
弊社の担当は、LAN・電話・ドアホン・新規パソコン購入・パソコン回り一式の予定でしたが、途中でエアコン取付も加わりました。
パソコン及び電話機・ドアホン・エアコン等をネットで安く代理購入。工事当日に配達日指定。
建て替えの間、仮の事務所で営業していますが、業務に途切れること無く工事及び設定を済ませました。
NTTのFTTHで、インターネット・TV・電話をご契約。
NTT工事前日にLAN工事・電話工事・情報分電盤取付・エアコン工事を終わらせ、翌日NTTのFTTH工事に立会い、新しいパソコンと電話機の設定をします。

ピッカピカの白い事務所(2階)です。
パソコンの後ろにコードが見えません。
据付の机のすぐ下にコンセントプレートを設置して、机にコードを通す穴を空けています。
S字の引っ掛け金具を取り付けて、余ったケーブルを掛けて、マジックテープでとめました。
きっちり巻いてしまうより、この方がメンテナンスがし易いです。
パソコンは、CPUスタンドで移動が簡単になっています。
これで掃除もし易いです。
のぞき込まない限りケーブル類が見えません。
机の穴とコンセントを、事務所内6箇所に設置しているので、電源タップは不要です。

1階に情報分電盤を設置しました。
ここに光ファイバーを引き込みます。
NTT工事に立会い、電話とFAXの接続先等を指示、HUBと接続、フレッツTVを分配器に接続してもらいました。
NTTのルータの後ろに、8ポートHUBを設置しています。
大きめの情報分電盤なので、ゆとりがあります。

NTTに何かTVのオプション工事を勧められたようなのですが、TVの工事は来ませんでした。
来るものと思って待っていたので待ち時間が無駄になり、NTTがやると思っていた工事が来ないので、急遽地デジとBSの分配器を買いに行き設定しました。

これで無事工事完了。

  • 2009年7月30日

電波が届かない

PC:富士通 Deskpower FMV-CE50J7
OS:WindowsXP SP3
LAN:WHR-G300N/U
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:YahooBB

これまでADSLで無線接続していたのが、FTTHにしたら繋がらなくなったそうです。
1FにONUと無線ルータ、2Fにパソコン、確かに電波が弱いです。
ADSLの時とは無線ルータの場所が変わってしまったのです。
無線ルータの場所を可能な限り移動して電波状態を見てみましたが、どうやら2Fまで移動しないと無理のようです。
階段をたった1段降りても接続できなくなります。
木造のお宅なのですが、1Fと2Fの間の材質が問題なのでしょう。
無線ルータの真上ならまだ電波は届くようです。

パソコンの設置場所を真上の部屋に変更するか、無線ルータの位置を2Fにし、そこまでLAN工事するか、いっそ全部LAN工事をするか検討していただくことにして、それまでとりあえず長いLANケーブルをお貸しして使っていただくことにしました。

  • 2009年7月20日

間にドアを挟んでLAN工事

何年も無線LANのトラブルに悩まされてきたお客様です。
3部屋でパソコンをお使いです。ONUとルータは廊下に設置されており、ひかり電話があるのでこの場所は固定です。
有線LAN工事しようにも配管は無く、露出配線しかできませんが、各部屋のドアを越えなければいけません。
それで今まで無線LANにしてきたのですが、今回思い切って有線LAN工事することにしました。

まず、Cat5eでやるかCat6にするかですが、露出配線ですから家のリフォームや建て替え時にはやり直しになります。
ならば、あまり経費をかけない方向でということになり、Cat5eでの工事になりました。
ドアを通すにはフラットケーブルになりますが、全部をフラットケーブルにすると、途中で断線した際に、そのケーブルを全部張り替えることになるので、途中加工が可能な普通のLANケーブルの方が良いかと思われます。
そこで、ドアの前まで普通のケーブルで、ドアからパソコンまでを市販のフラットケーブルにしました。
最低限度の工事なので見た目は美しいとは言えませんが、これで本来の光の速度で安定して使えるでしょう。
費用をかけるならモール施工もしますが、今回は無しです。
細いLANケーブルも性能の良いものがありますが、今回はフラットケーブルです。

建て替えやリフォームの際には、ついでに配管も入れてネットワーク対応住宅にしましょう。
無線LANもそのまま併用しました。

  • 2007年7月26日

もう・・・、LAN工事しませんか?

そのお宅は、私がサポートの仕事を始めた頃からのお客様です。
無線LANの設定を依頼されたのでした。
その頃、WindowsXPの出始めの頃で、購入なさった無線アダプタ(USB)が相性問題にあたるわ、XPのSP1にUpして音は出なくなるわ。
この5年間のあらゆる世間のXPトラブルを丁寧に体験させてくださいました。
しかも、1Fと2Fの間に鉄筋が入っているのか、無線の電波がとても弱いのです。
無線の延長アンテナも購入されました。
繋がらなくなる度にお呼びくださるのですが、すぐまた繋がらなくなるようでした。
訪問して確認すると、その度にどこかちょっと設定が変わっていました。
どうしてそうなったかは不明です。

今回は、YahooBBからFTTH(Bフレッツ)に乗り換えするそうで、設定変更にお呼び頂きました。
でも、無線が安定しないのでは、回線だけ早くしても、無線の電波が弱いのも、すぐに繋がらなくなる問題も解決できません。
しょっちゅう無線が繋がらなくなるなんて、私も嫌です。

今回は、私から強くご提案しました。
「LAN工事しませんか?」

配管はあって、ONUのあるリビングから寝室を経由して、書斎にLANケーブルを這わせます。
将来的には2Fの子供部屋もインターネットが出来るようにしたいのですが、ここへは配管は来ていません。
そこで、無線ルータを2Fの書斎に置くことにしました。
1Fと2Fでは電波が弱いですが、2Fの書斎と子供部屋間は届きます。

うーん、いい感じです。
有線LAN工事をすると、本当に幸せになれます。

  • 2005年11月24日

宅内の配線についての相談

光ファイバーの工事の後でのパソコンの設定を請け負っています。
お客様、宅内のLAN配線を頼みたくても、

プロバイダのカスタマーに聞くと、「光ファイバーの工事の人に相談してください」と言われ、

工事の人に聞くと、「パソコンの出張設定の人に聞いてください」と言うらしい。

みんな適当なこと言うな!

で、正直言って、近くのお宅で無いとLAN工事なんてのはやりづらい。下見に行ったりすると、料金もかさんで来ます。だから、本当は近所のネットワークのわかる電気屋さんに頼むのが良いのですが、あちこち聞いてみたけどわからないと言われてしまう。

そうすると、たらい回しの中の一人になるのが嫌で引き受けてしまいます。

赤ちゃん抱いた奥さんに、「もうどこに頼んだらいいんでしょう?」ってすがるように聞かれると、断れません。
そんなことをしているうちに、LAN工事やら電話工事までやるようになっちゃったって訳です。

  • 2005年8月31日

今日のLAN工事(大変だった)

今日のお宅は、無線設定に伺ったものの、1階の無線親機と2階のパソコンが全く電波が届かなかったのです。
断熱材が入っているのでしょうか、本当に全くダメです。
本来設定して欲しかったのは1階のパソコンです。

よくよくお話を伺うと、1階と2階に電話が引けるようにと壁の中に配管が通っているとのこと。
配管は1階リビングから2階の廊下へまっすぐ降りているらしい。
「配管が通っているならLAN工事しますか」
「一人ではできないけど、安く済ませたいので一人でやります。手伝ってくださいね。」
という事で、急遽LAN工事となりました。

2階廊下から通線ワイヤを1階へと通します。配管が2つあるので、多分こっちかなと1つに通しました。ところが途中で止まってしまいました。いや、引くこともできません。げげっ。

1階にはまだ見えてもきません。配管のR(曲がり)がきついのかな。そこで引っかかってるんだろか・・・。
押したり引いたりしていると先端の音が違う方向から聞こえて来るのに奥様が気づきました。
どうやら配管は無線親機のある部屋の、使用していないプレートの奥に通っているようです。その前にはでっかい本棚が・・・。

奥様がんばりました。動かせるようになるまで本を降ろし、プレートの前を開けてくださいました。(えらい!)
プレートを外すと、ワイヤの頭が飛び出して引っかかっています。下に降りてなかったのね。

では今度は1階から通してみます。すると、また押しても引いても動きません(泣)。
奥様が家の図面を引っ張り出して見てくださいました。
「そういえば、別の部屋でもインターネットが出来るようにって、配管してもらったのよ」
と別の使用していないプレートを見つけてくださいました。今度は和室。やはり配管が2つ。
片方に試しに細いワイヤーを通してみると、1階に出ました。
えーん、1階リビングと繋がっていたのはここでした。

だんだん分かってきました。
2F書斎(無線親機)→2F廊下→2F和室→1FリビングとLANケーブルを延ばせば繋がります。
当初の予定とは全然違うけど、ここまで来たらやるしかない。
いや、まず抜けなくなったワイヤを何とか抜かねば・・・。
押したり引いたりしているうちに、ふっと軽くなりました。
おおっ抜けた(泣)。

これでやっと始まりです。
分かったとおりにLANケーブルを引き込みます。
奥様まで滑り止め付き軍手まで持ってきて手伝ってくださいました。
通れば早いのです。順調にLANケーブルを延ばすこと20m。
長めに用意してよかった。

1Fには安い無線機を設置して、晴れて1Fでも無線でインターネットができるようになりました。
私もえらかったけど、奥様もえらい。一人じゃとてもできなかった。か弱い奥様でなくて助かりました。
4時間かかってしまいましたが、今日中に終わってほんっとうに良かった。呼び線抜けて良かった。

ビールがうまいです。