• 2021年11月18日

GMAILで直近3ヶ月のメールが消えた!

iMacのGmailで、突然直近3ヶ月(8/26〜11/14分)のメールが消えました。

すべてのメールで受信トレイだけでなく、送信済みもゴミ箱も本当にすべてのメールです。
iMacのメールアプリでもIMAP設定があるのですが、こちらも同様です。
iPhoneやiPadでも同様です。

以前には逆に古いメールが全部消えるトラブルに見舞われました。
復活を試みましたがすべて未改善です。
ゴミ箱のメールを3ヶ月分のみ復活させることはできました。あまり役には立ちませんが・・・。
Webメールなので、パソコンには何も残っていません。
かなりググって調べましたが、こんな現象はほとんど手がかりがありません。
前回のトラブルの時はもう少しネットで似たような情報もあったのですが、今では何も見つかりません。
Google側のサーバー障害などの情報はありません。
以前Googleドライブで空きが足りない問題はありましたが、今回はそんなメッセージは出ていません。
一応、Googleに情報提供はしましたが、答えは期待できません。
あちこち確認作業をしているうちに、なぜか1ヶ月分(10/19〜11/14)メールが復活しました。

メールトラブルが2回目なので、何か対策を取らなければいけません。
そもそもメールソフトのトラブルが嫌でWebメールにしたのです。
メールアプリで、pop設定をして、パソコンにもメールをダウンロードする設定にしました。
送信はメールアプリからするようにしますか。

  • 2021年10月21日

Gmailで○○にアクセスできなくなりました

Gmail突然、Gmailのトラブル。
独自ドメインのメールをGmailから送受信しているのですが、メール送信できているのに、エラーメールが返ります。

件名:Mail Delivery Subsystem <mailer-daemon@googlemail.com>

○○@workdesign.jp にアクセスできなくなりました。このメールを送信するには、別の「送信元」アドレスを選択してからもう一度お試しください。詳しくは、https://support.google.com/mail/answer/22370?hl=ja をご覧ください

ぐぐったらすぐにわかりました。
Gmail側のトラブルのようです。
設定の「アカウントとインポート」の「名前」の項目にある当該のメールアドレスを一度削除して、再度設定し直したら直りました。

  • 2019年9月3日

不審なログインの試みをブロックしました

お客様から、こんなメールが来たけどどうしたら良いですか?と連絡が来ました。

このメールアドレスの再設定用に登録しているメールアドレスに来たそうです。事務員さんがちょうどアクセスしてたまたま拒否られたかもしれません。このIPアドレスを逆引きしてみると、そのお客様のプロバイダでした。

お客様に確認くんでIPアドレスを確認していただくと、IPアドレスが一致しました。住所は神奈川県ではありますが20kmくらい外れています。いつもこの位は普通にずれます。確認したら、「はい、心当たりがあります」にチェックして送信しておきましょう。

  • 2017年4月16日

転送メールそのお客様はHotmailのドメインメールをお使いで、WindowsLiveメールの終了を機会に、Gmailを取得し、しばらく併用しながら徐々に移行していくことになっていました。
Gmailなら、パソコンを買い替えてもスマホを買い替えても簡単だし、Googleのセキュリティは信頼性が高い。
ところがいつまでも旧アドレスに送ってくる人がいます。
メールアドレスが変わったことは都度伝えているのですが、一向に切り替えてもらえない。
パソコンやスマホなどアドレス帳が連動していないとそういう事になるかもしれません。
むしろ届いてしまうから切り替えてくれないのかもしれませんが、重要なメールに限ってそれで届かなかったりするのでなかなか切り捨てられません。
Hotmailは今では、Outlook.comになりました。
OutlookExpressやWindorsLiveメールが終了したように、MS-OFFICEがほぼ別物に変わってしまったように、またいつ何が終了するかわかりませんから、パソコンにメールやデータを保存するのは極力やめています。

今回は、この旧メールアドレスに転送設定と自動返信メッセージを設定しました。
海外とのやりとりがあるので、英語ですでにメールアドレスは終了しており、現在のメールアドレスは○○なので、アドレス帳の確認をお願いしますという内容です。
旧メールアドレスにメールを送ると、上記の内容でメールが送られ、Gmailに転送されます。
ただ、迷惑メールにも新メールアドレスを教えてしまうことになってしまうのですが、どうせ返信メールを確認するようなシステムにはなっていないでしょう。
設定はMicrosoft側がブロックするので、結構めんどうでした。
転送設定でサーバーに残すようにしていないと、自動返信メッセージは送信されません。
こうやって、本当に必要なメールが旧アドレスに届かなくなったら、旧メールアドレスはアカウント削除します。

何においてもMicrosoftの仕様は直感的に操作できないので使い勝手が悪い。
しかも俺様体質なので、使えば使うほど慣れるより不愉快感が増します。

  • 2012年4月1日

Gmailが遅い

PC:Sony Vaio VPCEB28FJ
OS:Windows7 HomePremium 64bit
Memory:4GB

IEでGmailを開くと読み込み中がとても長く、受信トレイが開いた後も、すべての操作が遅いとのこと。
Gmailヘルプにも、その他いろいろ対処法が書いてありますが、今回はバンドル版のMcAfeeがアクティベートせず放置されているのをアンインストールしたら解消しました。
替りにフリーソフトの「AVG Free Edition」をインストールしてみましたが、問題無いようです。

 

  • 2010年2月3日

GmailをLiveメールに設定

プロバイダのメールを追加すると月額がかかるので、Gmailをお勧めしました。
で、Gmail取得後、Liveメールに設定したところ、インターネット回線がADSL3Mコースなもので、いちいち同期に時間がかかる。
しかも、2人分取得したので余計に時間がかかる。
ラベルとかに慣れてないから余計にできるフォルダがうざったい。
これってどうせ同期するだけなら、Web上のGmailでメールした方が全然快適。
お2人別々にログインするから、他人のメールを見ることも無いし。
パソコン買い換えてもデータの移行の手間も無い。
そうご説明して、WEB上でGmailをお使いいただくことになりました。

  • 2009年6月13日

Gmail Labs

お客様より良い翻訳ソフトは無いかとご相談を受けました。
海外とのメールのやりとりが増えているとのことです。
そこで提案したのが「Gmail Labs」。
ここのある翻訳を有効にすると、Gmailに翻訳機能が追加される。
読みたいメールを簡単に翻訳できる・・・はずだった。

お客様のパソコンで、設定をする為の「Labs」タブが見つかりません。
英語表示に切り替えても無い。
ネットで確認すると、「IE6.0」には対応していないとのこと。
「IE7.0」では対応しているそうですが、お客様のパソコンはメモリが少ないのでUpしたくありません。
そこで、「Firefox」をインストールすることにしました。

この際、ブラウザは「Firefox」に、メールソフトは「Gmail」に切り替えて、ISPのメールアドレスも「Gmail」で受信するように設定をしました。
慣れてしまえばこっちの組み合わせの方が、ずっと使いやすく動さも軽く、高機能です。
もちろん、必要な時には(IEでないと使えない機能とか)、IEもOutlookExpressも使えます。
海外とのメールのやりとりがあるなら迷惑メール対策の優れたGmailがお薦めです。