• 2015年8月27日

女性のお客様には女性のスタッフを

嶋崎女性スタッフによるパソコンサポート会社です。 一人暮らしの女性や、家庭の奥様に、「女性だと安心」「なんでも聞きやすい」と好評です。テレワーク支援・無線LAN設定・LAN工事・電話工事もお任せください。リモートサポートに対応しています。

どんな人がやってるんだろう?と興味を持っていただいたら、どうぞブログを見に来てください。 社長100人挑戦ブログ(移転しました)「女でも工事屋になりたかったのです」

対応エリア:神奈川県座間市・相模原市・横浜市・川崎市・海老名市・綾瀬市・伊勢原市・厚木市・東京都町田市・他、リモートサポートにて世界中に対応。

  • 2022年6月30日

紙の領収書廃止のおしらせ

弊社は、2022年1月に電子帳簿保存法の改正に伴い、紙の領収証・報告書を廃止致しました。
メール・データ共有等にてお渡ししますので、予めご了承ください。

  • 2022年6月24日

iMacをMacbookのサブディスプレイにする

M1 Macbook Airを使っています。iMacも使っています。
このiMacも画面が綺麗で、使いやすくていい子です。
そこで、iMacをMacbook Airのサブディスプレイにしてみました。

「luna display」

USB Type-C で接続します。

luna display luna display

To begin, go to:
www.lunadisplay.com/start

そこで画面の案内に従ってアプリをインストール。

luna display

ディスプレイの配置を選んで、細かく設定したければ[Custom]で。

luna display

配置やディスプレイ設定をすると、マルチモニターの出来上がり。

luna display

Windowを動かす時に、画面が少しカクつきます。
あと、Macのマウスって、マウスポインターを見失った時に探す「シェイク」が使えなくなりました。
これはちと痛い。

でも、これでメインのMacをMacbook Airに替えられます。
ちなみにWindowsパソコンでiMacに出力することもできます。色の調整がめんどくさそうですが。

  • 2022年6月22日

LiveメールからThunderbirdへメールを移行できますか?

DELLパソコン購入から設定の続きです。

Liveメールは2017年に終了しました。
その当時もパソコンの買い替えに伴って、移行には苦労したものでした。
以前はThunderbirdのアドオン「ImportExportTools」を使いましたが、これが長期間メンテナンスされておらず、「ImportExportTools NG」というのがあります。ぐぐってみると、情報がなかなか見つかりません。こちらはサブフォルダが大量にあって、うまくいかない要素がたくさんあります。

ImportExportTools NG

まず、Thunderbirdにアドオン「ImportExportTools NG」をインストール。
受信トレイをクリックして、「ツール」→「ImportExportTools」→「フォルダからすべてのemlファイルをインポート」→「サブフォルダも含む」をクリック。
バックアップしたメールのフォルダ構成を確認して、フォルダを指定。今回は受信トレイと送信済フォルダをインポートしました。
嬉しいことに、全てのサブフォルダまでインポートできました。
アドレス帳もエクスポートして、ThunderbirdとGoogleContactにインポート。
昔は文字コード[ANSI]のせいで文字化けがありましたが、[UTF-8]になっていたのですね。GoogleContactではCSVファイルの項目名を[Name][E-mail Address]に替えてインポート。アドレス帳のサブフォルダは手作業でタグに指定しました。

今回は全部うまくいって助かりましたが、このアドオンの更新が継続されなかったら、いつかはThunderbirdのアップデートで使えなくなります。
プロバイダSo-netのWebメールも確認しましたが、いまいち使い勝手が良くない。
こちらのお客様にはGmailも設定して、GmailでもSo-netのメールを送受信できるように設定しました。

  • 2022年6月21日

MacBook Airにマルチモニタ接続するモニターを検討しています。
とりあえず、うちにあるEIZO_FlexScan_EV2785を検証。

かなり綺麗だと思いますが、Macの画面と比較すると黒が違います。
色の明るさやコントラスト・もっと細かい調整をすることもできますが、素人の私では何をどうすればMacの画面に近づくのかなかなか難しかったです。
詳しい人ならもっとちゃんとカラーマネージメントできると思いますし、カラーマネージメントモデルのモニターならもっと高画質になるでしょうね。

 

  • 2022年6月15日

MDM監理のiPadがJamfにチェックインできなくなった

会社でMDM監理しているiPadやiPhoneが、Jamf Nowにチェックインできなくなりました。
検証用のiPadはチェックインできるので、最初はあまり使ってない人がいるのか・・・と思っていましたが、段々できない端末が増えて、どうやら検証用端末以外はできないことがわかりました。
iPad OSのアップデートは手動でできますが、いくつかの端末のアプリが期限が切れるとメッセージが出ています。

チェックインできていない期間は、長い端末で72日。
おそらく、Appleサービスの「Apple Push Notification service (APNs)」「自動登録」「App の Volume Purchasing」の更新をした時に何か間違えたのだと想像できました。
マニュアルには正しい登録の仕方などは書いてありますが、間違えたかどうかの確認や、修正の仕方が経験が無いのでわかりません。
MDM監理は2社の監理に分かれていて、登録数が2台のみの方から確認をしました。もう片方は10台以上あって、端末は常時業務で使用しています。

いろいろやってみてもわからないので、Jamfの「ヘルプ&サポート」のチャットに書き込んでみました。
拙い英語のチャットで、チェックインできなくなった旨を伝えると、Jamf NowのAPNs画面と、端末の画面のスクショを送ってほしいとのこと。

取引先のパソコンでの作業であり、スクショをチャット画面に送るのに手間取っているうちに、タイムアウトになってしまいました。ウィンドウも閉じられてしまって、対応してくださった方のお名前もわかりません。
再度別のサポートの方に説明、今度は日本語で対応してくださいました。

送っていたスクショを再度送信すると、端末を初期化すれば接続できるようになるだろうとのこと。
MacbookにUSB接続して、端末を初期化。時間がかかるのでチャットは閉じて、続きはメールに切り替えました。
端末のアップデートが始まりましたが、終わっても何も変わらず、もしかしたら初期化されていないのかと思っていると、最初のサポート担当の方からもメールが届いていました。

Jamf Nowと端末のAPNを確認して、端末が最初に登録されていたものとは異なるものでAPN証明書を更新しているそうです。
[設定]-[一般]-[デバイス管理]-[CompanyName]登録またはMDMプロファイル-詳細-[モバイルデバイス管理]見出し-JAMF…ペイロード-[トピック行]に移動。
ここに表示される「com.apple.mgmt.External…」。これが一致しないと接続できないと説明して頂きました。

モバイルデバイス管理

この時点で行う必要があるのは、正しいプッシュ証明書を見つけて(使用した可能性のあるいくつかのApple IDにログインする必要がある場合があります)、APNを更新することだけです。正しいプッシュ証明書が見つからない場合は、Apple(https://support.apple.com/en-us/HT208643 )に連絡する必要があります。

 

これが2つの管理が逆になってしまっていたのでした。正しく登録し直すと、1台を残して全部修復できました。
最初になぜか1台だけ接続できていた端末が逆にできなくなったのは、間違えて登録していた間に設定した為だったかと思います。
これは、MacbookにUSB接続して、Apple Configurator2で初期化し、MDMの自動登録をすると正常に設定できました。

初期化

iPadでiPadOSを復元中

サポートしてくださったJamfのお二人に結果と感謝の意をお伝えして、この日無事に全台解決できました。
わかってしまえばマニュアルにも書いてある事で、当たり前なのですが、1年に1度の作業なので、どんなミスが起こり得るのかなかなかわかりません。
Jamfのサポートの方々と、Google翻訳と、DeepLに感謝です。

 

  • 2022年6月12日

DELLのパソコンを購入から設定

 Inspiron 14 お客様のパソコン買い替えのお手伝いをしました。
DELLでノートパソコンをご希望です。
DELL 公式サイトから2通り見積もって選んで頂きました。

New Inspiron 14 AMD 【即納】プレミアム(Office H&B付) 10万弱

CPU: 338-CELY AMD RyzenTM 5 5625U 6コア/12スレッド プロセッサーRadeonTM グラフィックス付き
OS:619-APTZ Windows 11 Home, 
Memory: 370-AGGX 8GB, 1x8GB, DDR4, 3200MHz
ハードディスク:400-BNED 256GB M.2 PCIe NVMe SSD
ビデオ カード: 490-BGOV AMD® RadeonTM グラフィックス

DELL公式サイトで手配するのですが、銀行振込を指定すると、なかなか購入手続きが進まなくなり、DELLのサポートに電話して説明すると、そのまま電話で購入受付してくれることになったのですが、受付担当が日本人でないせいか、「購入者がお客様で、配達を私の住所へ」というのが意味が通じず、翌日再度WEBから購入手続きをすると、今度は正常完了しました。

納期が1週間ほどかかるはずが、早めに発送されて、1週間で設定に伺うことになり、無線機も古そうなのでこの機会に買い換えることになりました。

パソコンはなかなか良かったです。
事前に初期設定、有線LAN接続して、アカウント作成でオフラインにしてスルー。WindowsUpdateを済ませておいて、お客様宅に訪問。

伺って無線ルータ(NEC PA-WG2600HS2)を設置しようとすると、ISNDのTAがあります。
フレッツ光の回線終端装置とひかり電話ルータがあるので、おそらく外し損なったままのTAだと思いますが、こちらのお客様宅に伺うのは初めてでもあるので、万が一を考えて電源を切ったまま1週間ほど様子を見て、何も問題なければ廃棄で良いかと思います。
古いSoftbankのFONもありましたが、これは不要ですから廃棄です。

データ移行する為にGoogleアカウントを作成、Googleドライブ、Googleフォトを設定。

プリンター設定(Canon TS8530)
So-netのメールをWEBメール設定しようとしましたが、ユーザーアカウントが違うと出ます。
パスワードリセットに進むと、アカウントが違っていることがわかりました。

WindowsLiveメールは終了しているので、メールをエクスポートして外付けハードディスクに保存。
ところが、パソコンはメモリが少なく、メールはデータ量が多すぎてコピーが終わりません。
仕方がないので、そのままにして撤収。後日リモートで続きをすることにしました。

  • 2022年5月31日

パソコン買い替えにつき、セットアップご依頼いただきました。

PC:NEC Lavie 
OS:Windows11 Home 64bit

無線LANご利用ですが、初期設定では有線LAN接続してローカルアカウントで設定。
Googleアカウント確認、Gmail設定。
Microsoft Officeセットアップ(Gmail)。
Adobe Reader インストール。

MicrosoftアカウントOfficeはOutlook.jpで前回登録していましたが、そのメールは使用していないし、Gmailにしておいた方が便利なので、新規にアカウント登録。
Officeセットアップ途中で新規アカウント登録しようとするとGmailを選べないので、ブラウザからアカウント登録に進み、Gmailを設定してからOffice認証に戻り、登録したGmailでサインイン。
認証を通したのに、アカウント名にビックリマークが残ったり、おかしな挙動がありましたが、再起動したりして認証をやりなおすと完了できました。

パソコン購入時にChromebookも気になったそうです。
ChromebookはMicrosoftが無いパソコンです。年賀状ソフトや銀行関係等で、Windowsでないと使えないソフトは使えません。GoogleChromeでできることで足りるなら充分です。
WindowsUpdateが無いので、今やウイルストラブルより多いWindowsUpdateトラブルがありません。
セキュリティはGooglechromeやGmailで、Googleのセキュリティに守られます。
Windowsと違って、必要スペックはさほど高くないので、Windows11にアップデートできないパソコンにChromeOSをインストールすれば、Chromebookになります。

  • 2022年5月25日

スマート電球の設定でNASのIPアドレスと競合

+Style今日、Google Nest Camの障害対応の後、+Styleのスマート電球[PS-LIB-W03]のセットアップをしました。
これはWiFi 5G帯でも設定できたのですが、夜Googleアシスタントでつけようとすると、認識したりしなかったりで不安定。
そのタイミングでSynologyのNASの管理画面が開けなくなりました。
確認すると、IPアドレスが競合。NASはもちろんIPアドレスは固定しているし、競合するような若い番号でもありません。

ルータの管理画面でネットワークの接続状態を確認すると、[Espressif inc.]のデバイスがNASのIPアドレスと競合したらしい。
これが+Styleのスマート電球[PS-LIB-W03]のようです。
ルータ再起動して、NASのIPアドレスは正常に取得されましたが、NASはずっと起動していたので、スマート電球はそれを奪った事になります。

たまたまかもしれませんが、ちょっと気になるので覚書です。
ググったところ、同様の記事も見つかりました。(感謝!)

スマートプラグ「Gosund W06」のルーター上での怪しい挙動 – with a Christian Wife 

 

  • 2022年5月25日

Nest Cam充電できなくなった

Google Nest Camのバッテリーが残り6%なので、充電しようと充電ケーブルを接続しても充電される気配が無い。
購入は2021年9月なので、まだ保証期間内。
充電ケーブルはカメラと同梱の物だし、コンセントを別の所に替えても充電できないので、Googleのチャットサポートに対応してもらった。

昨日6%で、それから充電ケーブルを繋いでいますが、充電されず、今5%です。と説明、LEDランプの色は緑点灯。
試したことを上記のとおり説明して、家の室温を聞かれたので、約25℃と答える。
一度Nest Camのリセットを求められたので、リセットしても充電は始まる気配が無い。
サポートの指示に従って、Google Home にあるNest Camを削除して、再セットアップ。
「Nest Camに近づけてみてください」と失敗するが、もちろんすぐそばでやっている。

Nest Cam

次に、GoogleHomeアプリに[新しい家の作成]をして、そちらでセットアップ。
これも失敗。

次に、Nest Camの充電ケーブルを外して、セットアップができるか確認。
これも失敗。

次に、iPhoneでも設定を試みる。
これも失敗。

他のスマート電球で、5G帯でNGになることがあるのですが、Nest Camはそれはありませんか?と質問。
Nest Camは2.4GHzと5GHzも対応できておりますが、2.4GHzの接続を推奨しております。2.4GHzのWi−Fi範囲のほうが広いためです。とのこと。

次にWiFiルータ(ASUS)を再起動。
アカウントに基づく情報を無効にしてから、再度有効にする。
Google アシスタント言語を英語に変更してから、再度日本語に変更。
スマホの機内モードをオンにしてから、再度オフにする。
スマホのBluetoothをオンにしてから、再度オフにする。
Google Nest Camの本体をリセット。
Google Homeアプリを削除してから、再度インストール。
Google HomeアプリからGoogle Nest Camの再セットアップ。

しかし、失敗。
次にテザリングでセットアップ、これも失敗。
製品のシリアル番号を伝えて、技術部署に確認するとのこと。
今、Googleからの返事待ちです。

この間約40分。
普通の人だったら対応できるのだろうか・・・。

5/30追記
Googleさんからメールが来ました。
リセットの指示ですが、今回はLEDが青色点滅になるのを確認して欲しいとのこと。
今度は、マニュアルよりずっと長くボタンを押し続けたところ、青色になり、スマホでセットアップ完了できました。
充電もされているようです。

結論、リセットが不完全だったようです。

  • 2022年5月24日

人感スマート電球とWiFiルータ

スマート電球をいろいろ使い始めて約3年が経ちました。
すでに自宅にはPhilips Hueの「ホワイト スターターセット + Philips Hue(ヒュー)モーションセンサー 人感センサー」が設置されています。
今回、+Styleで人感対応のスマート電球が出ていたので検証。

+Style +Style

まず、セットアップで躓きました。
ルンバの時もそうでしたが、WiFiの5G帯非対応です。
ルンバの時は、それでもandroid端末「Zenfone8」で設定できたのですが、今回はandroid・iPhone共にNG。
今回はASUSルータの設定でスマートコネクトをOFFにしてみました。

スマートコネクト

+Style

これでiPhoneで接続できたので、ルータのスマートコネクトはONに戻します。
これは設定時だけの問題なので、あとはクラウド設定になり、すぐにandroid端末でも認識できました。
スマート電球の設定は細かく変更可能で、自分がどこでどの程度の感度・明るさ・時間で使いたいかを調整できます。

賃貸の我が家で考えると、使いたい場所(クローゼット・玄関)にはコンセントが無い。
使いたい照明器具では口金サイズが合わない。
結局、充電タイプの人感ライトを使っています。
なかなかうまくいきません。