• 2022年7月19日

ディスプレイをEIZOで統一してみました

今まで使っていたASUSのモニターを買い替えて、EIZOのEV2785で統一しました。
真ん中がメインのUbuntu。これをiMacの増設モニタに切り替えとします。
左のモニタもEIZOのEV2785。
WindowsノートPC2台と、MacBook Airをこれにマルチモニタ接続し、ます。
USB Type-Cで給電も可能です。

マルチモニタ

iMacのディスプレイに合わせて、輝度を調整してみました。ほとんど変わらないと思います。

マルチモニタ

マルチモニタ

マルチモニタ

ディスプレイの角度・位置を自由に調整できるので、立ったままの作業も可能です。

  • 2022年7月11日

FAXペーパーレス化の方法

FAXのペーパーレス化の現状をまとめてみました。

  1. NTTひかり電話のオプション「FAXお知らせメール」
     ※ 昔使いました

      FAX → メール通知   
         NTTサーバー ← パソコン

  2. 複合機の機能で、複合機内にFAXデータを保存し、パソコンからそのフォルダへショートカットを作成。
     ※ これはユーザーは楽で、採用会社多数、セキュリティは?

      FAX → 複合機 ← パソコン

  3. 複合機の機能で、クラウドストレージへ転送したり、メール転送する。
     ※ 現在Brotherプリンターで利用中、Google Driveへ転送、Gmail転送可能。サブスク料金無し

      FAX → 複合機 →クラウドストレージ・メール ← パソコン

  4. インターネットFAXサービスを契約する。

     ※ 料金ピンキリ、使ってみないとわからない。サーバーはどこ?

      FAX → クラウドFAXサービス ← パソコン

 

今回は、複合機のFAXパソコン転送を応用してみました。

複合機の機能でNASやパソコンにFAXデータを転送することができますが、クラウドへの転送ができません。
そこで、1台のパソコンにFAXデータを転送し、そのフォルダ[FAX受信]をGoogleDriveで同期、他社員と共有しました。

または、FAXデータをGmailに転送し、GASでGoogleDriveに格納するように設定。これはスケジュールを設定するか、トリガー設定をするか、会社の事情によると思います。

そもそも、ずっとFAXを続けるのか、業務のスキームはそのままで良いのかを検討すること、定期的に見直すことが必要と思います。

 

 

 

  • 2022年7月11日

キーボードの数字が入力できません

お客様から、「銀行のログインができません」とSOSが来ました。
この申告をそのまま受け取ると、銀行との契約か何かと受け取りそうですが、とりあえずリモート接続で画面を一緒に見てみると、文字入力ができないようです。
前回訪問時にはできていたので、おそらくはNumlockキーが無効になっているか、その逆も有りえます。

Panasonic Let’s Noteのキーボード、このNumlockキーを有効にすると、

キーボード

789
 U I O
 J K L
  M

 ↓

7 8 9
 4 5 6
  1 2 3
   0

となります。

このデスクトップのキーボードだと、Numlockキーが有効なら電卓のようにテンキーが使えます。

逆にNumlockキーがOFFだと、テンキーが使えません。
実際にNumlockキーがOFFのまま、「このテンキーは使えないのだ」と思っている人も少なくありません。

では、このLet’s Noteに外付けディスプレイと、キーボードを接続して使ったらどうなるでしょう?
そう、ちょっと面倒なことになります。
内蔵のキーボードではNumlockキーはOFFにしたいけど、外付けキーボードのNumlockキーはONにしたいところですが、そういう設定オプション(Numlock非連動)は無さそうです。この問題はよくUSB接続のテンキーで発生します。
外付けのキーボードを使うなら、内蔵のキーボードは使わない、またはそういう仕様と理解の上、切り替えながら使うとしましょうか。

このお客様はノートパソコンの内蔵キーボードをお使いなので、右側のテンキーでダメなら上部の数字キーを使ってみて、それで入力できるならNumlockキーを押してみていただくようご案内しました。
なぜNumlockキーがOFFになってしまったのか?それは手が当たったかもしれませんね。

  • 2022年7月9日

Cookieって何ですか?

近頃、Cookieについて、個人のお客様から質問され、法人のお客様からは海外での業務において問題になっているので、整理しておきたい。

パソコンやスマホでホームページを見ていて、よく画面に出てくるのがこのCookieについての承諾。
「OK」またはCookieの内容をカスタマイズするか選択するように求められます。
ブラウザがユーザーの情報を記憶していて、便利に使えるようにしている仕組みですが、悪用されるリスクもある、簡単に言うとそういうことです。
わかりやすく解説しているサイトはたくさんあるのですが、まずは画面に表示されている文章を読んで欲しい。
もちろん、読んでもわからないでしょう。わからないから聞いてるのは承知の上です。
でも、それでも読むことは大切です。誰かに聞いて簡単に答えを教えてもらう。
それが間違っていたらどうします?
以前はそれで良かったかもしれないけど、ネットの事情はどんどん変わります。世の中もどんどん変わります。

Cookie試しにスマホのブラウザのCookieを無効にしてしばらく使ってみるとわかります。
理屈ではなく体感してわかります。
便利さとリスクの間のバランスを体感して、自分の価値観で考えてみてほしい。
みんなと同じにしますか?
みんなと同じなら間違ってても諦めがつきますか?
大手のサービスにお金を払って全部お任せしますか?
詳しい社員に聞いて済ませますか?
お金を払ったら安心ですか?

このCookieは個人情報に含まれます。
EUではGDPR(一般データ保護規則)により、EU域外へCookie等を含む個人情報が移転することを禁じました。
その為、多くのホームページやアプリでCookieの承諾を求められ、承諾しないなら使えなかったりページが見れなかったりします。
大切なことは、自分や自社がどのようにネットを使うのか、ポリシーを持つことでは無いでしょうか?
ただ恐れるのではなく、難しくてもITやネットを受け入れ、ある程度学び、ある程度妥協し、そのバランスを自分で受け入れていくことかと思います。

私もお客様(会社も個人も)の環境事情や、ITスキル・リテラシーの度合いによって、また経済状況によって、さらに年齢・性格などによっても対応を変えます。
できそうであれば厳しく指導しますし、病人にまでそれを求めることはしません。

  • 2022年7月7日

ネットが遅い原因は保安器だった

以前からインターネットが遅かったお宅です。
その前がADSLで、CATV(J:COM)の勧誘を受けて安いコースを契約しているので、ベストエフォートと言われれば仕方なく、FTTHに乗り換えて速度は早くなっても料金は安くはなりません。
そこにJ:COMの作業の人が、雷対応の機器が古くなっていたので交換したところ、インターネットが早くなったそうです。
雷対応の機器というのは、おそらく保安器のことでしょう。
こちらがJ:COMを契約したのは2013年。その頃からインターネットは遅かったのですが・・・。

  • 2022年7月5日

EXCEL2016で開けないファイルがあるそうです。しかも、今朝は開けたファイルが開けない。開けるファイルとの違いもわからない。拡張子の違いとかでは無いようです。
Excelを管理者として起動すると開けますが、それではおかしい。

パソコンを再起動しても、Officeの修復をしてもNG。
リモートで確認すると、パソコンのアカウントがMicrosoftログインになっています。
これはWindowsUpdateで誘導されてなってしまったので、ローカルログインに戻します。
OneDriveも同期設定になってしまっています。
開けるファイルも、「Excelを使用中にキャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため変更内容をアップロードできません。」などと警告が出たりしています。

OneDrive同期

そもそも、こちらのパソコンは誰とも共同編集などしていません。おそらくWindowsUpdateのタイミングで設定変更を誘導されたと思われ、OneDriveの「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」のチェックをはずして共同編集を無効にしたところ、全部正常に動作しました。

  • 2022年7月5日

ThunderbirdでGmailがエラー

ThunderbirdでGmailを受信しているお客様、突然受信できなくなりました。

gmail.comのパスワードを送信できませんでした

xxxxx@gmail.comのパスワードを送信できませんでした。メールサーバー pop.googlemail.com からの応答:Username and password not accepted

ネットでググって対応(感謝!)。
【Gmail】 メールアプリ(Thunderbird)で受信できないので対処する

[Thunderbird]の[設定]-[プライバシーとセキュリティー]で、
「サイトから送られてきたCookieを保存する」にチェック。
「サードパーティCookieの保存」は「訪問したサイトのみ許可」

[Thunderbird]の[設定]-[アカウント設定]で、
Gmailアドレスの[サーバー設定]で、「セキュリティ設定」の[認証方式]を[OAuth2]。
Gmailアドレスの[SMTPサーバーを編集]で、「セキュリティと認証」の[認証方式]を[OAuth2]。

ThunderbirdでGmailを受信しようとすると、Googleのログイン画面が出るので、ログイン。
「Mozilla Thunderbird EmailがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしています」と出るので、[許可]。

これでおしまい。

  • 2022年6月30日

紙の領収書廃止のおしらせ

弊社は、2022年1月に電子帳簿保存法の改正に伴い、紙の領収証・報告書を廃止致しました。
メール・データ共有等にてお渡ししますので、予めご了承ください。

  • 2022年6月24日

iMacをMacbookのサブディスプレイにする

M1 Macbook Airを使っています。iMacも使っています。
このiMacも画面が綺麗で、使いやすくていい子です。
そこで、iMacをMacbook Airのサブディスプレイにしてみました。

「luna display」

USB Type-C で接続します。

luna display luna display

To begin, go to:
www.lunadisplay.com/start

そこで画面の案内に従ってアプリをインストール。

luna display

ディスプレイの配置を選んで、細かく設定したければ[Custom]で。

luna display

配置やディスプレイ設定をすると、マルチモニターの出来上がり。

luna display

Windowを動かす時に、画面が少しカクつきます。
あと、Macのマウスって、マウスポインターを見失った時に探す「シェイク」が使えなくなりました。
これはちと痛い。

でも、これでメインのMacをMacbook Airに替えられます。
ちなみにWindowsパソコンでiMacに出力することもできます。色の調整がめんどくさそうですが。

  • 2022年6月22日

LiveメールからThunderbirdへメールを移行できますか?

DELLパソコン購入から設定の続きです。

Liveメールは2017年に終了しました。
その当時もパソコンの買い替えに伴って、移行には苦労したものでした。
以前はThunderbirdのアドオン「ImportExportTools」を使いましたが、これが長期間メンテナンスされておらず、「ImportExportTools NG」というのがあります。ぐぐってみると、情報がなかなか見つかりません。こちらはサブフォルダが大量にあって、うまくいかない要素がたくさんあります。

ImportExportTools NG

まず、Thunderbirdにアドオン「ImportExportTools NG」をインストール。
受信トレイをクリックして、「ツール」→「ImportExportTools」→「フォルダからすべてのemlファイルをインポート」→「サブフォルダも含む」をクリック。
バックアップしたメールのフォルダ構成を確認して、フォルダを指定。今回は受信トレイと送信済フォルダをインポートしました。
嬉しいことに、全てのサブフォルダまでインポートできました。
アドレス帳もエクスポートして、ThunderbirdとGoogleContactにインポート。
昔は文字コード[ANSI]のせいで文字化けがありましたが、[UTF-8]になっていたのですね。GoogleContactではCSVファイルの項目名を[Name][E-mail Address]に替えてインポート。アドレス帳のサブフォルダは手作業でタグに指定しました。

今回は全部うまくいって助かりましたが、このアドオンの更新が継続されなかったら、いつかはThunderbirdのアップデートで使えなくなります。
プロバイダSo-netのWebメールも確認しましたが、いまいち使い勝手が良くない。
こちらのお客様にはGmailも設定して、GmailでもSo-netのメールを送受信できるように設定しました。