• 2022年8月27日

Wordで「制限されたフォントの削除」が出て読み取り専用

本の執筆をされるお客様、編集担当から送られてきたWord文書の原稿で、編集できるページと読み取り専用になって編集できないページがあります。

この文書を変更するには、印刷またはプレビューのみが許可されているフォントを削除してください

できないファイルは、「この文書を変更するには、印刷またはプレビューのみが許可されているフォントを削除してください。」と出て、[制限されたフォントの削除]をクリックすれば、編集できますが、標準フォントに置き換わってしまいます。

お客様は修正したいのですが、送ってきた相手がどういう認識なのかわからないので確認が必要です。
この画像を送って、「修正したいのですがどうしますか?」って聞きましょう。

  • 2022年8月11日

スキャンしたPDFを回転できますか?

TS-8130プリンターが故障したそうで、買い替えからお手伝いしました。
CANON TS-8130
後継機も出ているのですが、インクカートリッジは変わります。
後継機の方が少し安いので、どちらが良いか相談して、同じ製品を購入することになりました。
お客様は書籍の執筆のお仕事があり、PDFスキャンをお使いなので、操作方法が変わらないほうが良いのです。

WiFi接続でセットアップし直して、ついでにWindows Update。
またもOneDriveの同期が有効になってしまっているので、これは切断。

お客様のご質問で、本などをスキャンした際に、90度回転したい事があるそうです。
PDFの編集は、Adobe Readerでは有償の製品へ勧誘されます。
見る為に回転することは可能ですが、保存はできません。

これは、複合機のパネルからではなく、付属のアプリ[IJ Scan Utility]でやりましょう。このマニュアルはオンラインマニュアルになります。

まず、[ScanGear]のスキャン設定で、保存場所・PDF(複数ページ)・検索可能なPDF、その他好みに設定。

[IJ Scan Utility]を起動
→  [ScanGear]をクリック
→ 原稿をセット
→ 「プレビュー」をクリック
→ 回転が必要な場合は回転
→ 「スキャン」
閉じるとスキャン終了で保存される。

TS-8130 オンラインマニュアル
TS8130ser_OnlineManual_Win_JP_V01.pdf

  • 2022年8月7日

パソコンデータは引っ越しできますか?

パソコンの新規セットアップとデータ移行をご依頼いただきました。

PC:NECのデスクトップ
OS:Windows11

メールは使っていないとのこと。プリンター設定は特に問題無し。
Officeアプリは契約がありません。
旧PCにはバンドルされていたようですが、新PCにはバンドルされていません。
Googleアカウントの設定はあるのですが、子供さんのもので、それについては子供さんが自分でログインするそうです。
Microsoftのカレンダーをお客様お使いですが、Microsoftアカウントも別の子供さんのものです。
ご依頼のお客様本人は、自分のアカウントを持っていないのでした。

どうしましょう。自分のアカウントではないので、移行はもちろんできません。
カレンダーは、Googleカレンダーなら引っ越しもできそうですが、Microsoftのカレンダーでは自分のアカウントでなければ移行できません。
お客様にご説明しても、自分のアカウントという認識がありません。
パスワードももちろんわかりません。

とにかく、GoogleアカウントとMicrosoftアカウントを本人用に作成して、カレンダーと、無料で使える「Office on the web」を設定しました。
Officeは厳密に言うとバンドルはされていて、契約がありません。
まったく入っていないならまだわかりやすいのですが、一応入っていて契約へと誘導されます。
「Office on the web」の画面上でも、インストールに進めばクレジットカードの登録に進んで契約へと誘導されます。
有償でも良いので使いたいなら契約すれば良いのです。

子供さんには、Googleアカウントは、自分のアカウントを追加して切り替えて使うようご説明しました。
ログアウトしてしまったら、自分では何がどうなったのかわからないかもしれません。
とにかく、設定内容を報告書に詳細に書いてお渡し。
子供さんたちにも見てもらうようご説明しました。

今のパソコンはクラウドの部分が多いので、自分のアカウントを自分で管理しないとデータは管理できません。

  • 2022年7月25日

テレワークと家庭内フリーデスク、そしてライフスタイル

フリーデスクが流行りです。
大手企業のおしゃれなフリーデスクとは別に、テレワークの家庭内のフリーデスクを考えています。

それぞれに家庭内の事情の違い、インターネット回線の違いも踏まえてのフリーデスク。
私の場合は自分の部屋が事務所兼用です。
しかし、季節の変化に伴い、仕事に適した部屋で仕事をするよう変えることで、快適さも違い、電気代も節約できます。
また、同じ部屋で同じ姿勢で長時間同じ仕事をするより、時々場所を変えたほうが体も楽です。
違う仕事を交互に入れることで、目の負担も軽くなったりします。
眠くなったらちょっと寝たり、気分転換にゲームをやったりすることで、むしろ効率も上がります。

luna displayその為には、基本的にパソコンはノート型でできるようにする。
見るだけで良い作業はスマホやタブレットでする。通知を受けるにもこの方が良い。
細かい作業は、事務所のディスプレイにノートパソコンを接続してする。
とにかく、「これでしかできない」というのを無くす。
どれかが充電中になれば、別の方法で。
どれかが調子悪ければ、別の端末で。
柔軟に対応できれば、どこでも仕事ができるし、自宅以外でも出先でも、旅行先でも仕事ができるようになります。
もっと年をとっても、自分の能力が落ちてきても、自分で可能なペースで仕事を続けられます。

また、家族と同じインターネット回線を使うリスクも考えます。
我が家の場合は、賃貸マンションにインターネット回線が家賃に含まれて(ネット無料と謳っているが込みである)設置されていますが、別途光回線をひいて、家族の遊びのネットと、仕事とは分けています。
普通のお宅では2回線契約が難しければ、スマホの契約を上限の安い格安MVNOで契約しておけば良い。

引っ越しの際に、多くの資料・書籍をスキャンしてデータ化しました。
電子帳簿法対応も済ませました。
FAXも領収証も紙は廃止しました。
お客様対応もリモートをメインにしています。
こうすると、むしろ本当に緊急な案件にすぐ駆けつけることが可能になります。
そして、たまに外に出るといいなって思います。

そして、もっともっと年を取ったら、その頃はどんなに技術が発展して、どんなに世の中が変わっていくか楽しみです。
今度はどこに引っ越そうかしら。

  • 2022年7月11日

キーボードの数字が入力できません

お客様から、「銀行のログインができません」とSOSが来ました。
この申告をそのまま受け取ると、銀行との契約か何かと受け取りそうですが、とりあえずリモート接続で画面を一緒に見てみると、文字入力ができないようです。
前回訪問時にはできていたので、おそらくはNumlockキーが無効になっているか、その逆も有りえます。

Panasonic Let’s Noteのキーボード、このNumlockキーを有効にすると、

キーボード

789
 U I O
 J K L
  M

 ↓

7 8 9
 4 5 6
  1 2 3
   0

となります。

このデスクトップのキーボードだと、Numlockキーが有効なら電卓のようにテンキーが使えます。

逆にNumlockキーがOFFだと、テンキーが使えません。
実際にNumlockキーがOFFのまま、「このテンキーは使えないのだ」と思っている人も少なくありません。

では、このLet’s Noteに外付けディスプレイと、キーボードを接続して使ったらどうなるでしょう?
そう、ちょっと面倒なことになります。
内蔵のキーボードではNumlockキーはOFFにしたいけど、外付けキーボードのNumlockキーはONにしたいところですが、そういう設定オプション(Numlock非連動)は無さそうです。この問題はよくUSB接続のテンキーで発生します。
外付けのキーボードを使うなら、内蔵のキーボードは使わない、またはそういう仕様と理解の上、切り替えながら使うとしましょうか。

このお客様はノートパソコンの内蔵キーボードをお使いなので、右側のテンキーでダメなら上部の数字キーを使ってみて、それで入力できるならNumlockキーを押してみていただくようご案内しました。
なぜNumlockキーがOFFになってしまったのか?それは手が当たったかもしれませんね。

  • 2022年7月9日

Cookieって何ですか?

近頃、Cookieについて、個人のお客様から質問され、法人のお客様からは海外での業務において問題になっているので、整理しておきたい。

パソコンやスマホでホームページを見ていて、よく画面に出てくるのがこのCookieについての承諾。
「OK」またはCookieの内容をカスタマイズするか選択するように求められます。
ブラウザがユーザーの情報を記憶していて、便利に使えるようにしている仕組みですが、悪用されるリスクもある、簡単に言うとそういうことです。
わかりやすく解説しているサイトはたくさんあるのですが、まずは画面に表示されている文章を読んで欲しい。
もちろん、読んでもわからないでしょう。わからないから聞いてるのは承知の上です。
でも、それでも読むことは大切です。誰かに聞いて簡単に答えを教えてもらう。
それが間違っていたらどうします?
以前はそれで良かったかもしれないけど、ネットの事情はどんどん変わります。世の中もどんどん変わります。

Cookie試しにスマホのブラウザのCookieを無効にしてしばらく使ってみるとわかります。
理屈ではなく体感してわかります。
便利さとリスクの間のバランスを体感して、自分の価値観で考えてみてほしい。
みんなと同じにしますか?
みんなと同じなら間違ってても諦めがつきますか?
大手のサービスにお金を払って全部お任せしますか?
詳しい社員に聞いて済ませますか?
お金を払ったら安心ですか?

このCookieは個人情報に含まれます。
EUではGDPR(一般データ保護規則)により、EU域外へCookie等を含む個人情報が移転することを禁じました。
その為、多くのホームページやアプリでCookieの承諾を求められ、承諾しないなら使えなかったりページが見れなかったりします。
大切なことは、自分や自社がどのようにネットを使うのか、ポリシーを持つことでは無いでしょうか?
ただ恐れるのではなく、難しくてもITやネットを受け入れ、ある程度学び、ある程度妥協し、そのバランスを自分で受け入れていくことかと思います。

私もお客様(会社も個人も)の環境事情や、ITスキル・リテラシーの度合いによって、また経済状況によって、さらに年齢・性格などによっても対応を変えます。
できそうであれば厳しく指導しますし、病人にまでそれを求めることはしません。

  • 2022年7月5日

EXCEL2016で開けないファイルがあるそうです。しかも、今朝は開けたファイルが開けない。開けるファイルとの違いもわからない。拡張子の違いとかでは無いようです。
Excelを管理者として起動すると開けますが、それではおかしい。

パソコンを再起動しても、Officeの修復をしてもNG。
リモートで確認すると、パソコンのアカウントがMicrosoftログインになっています。
これはWindowsUpdateで誘導されてなってしまったので、ローカルログインに戻します。
OneDriveも同期設定になってしまっています。
開けるファイルも、「Excelを使用中にキャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため変更内容をアップロードできません。」などと警告が出たりしています。

OneDrive同期

そもそも、こちらのパソコンは誰とも共同編集などしていません。おそらくWindowsUpdateのタイミングで設定変更を誘導されたと思われ、OneDriveの「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」のチェックをはずして共同編集を無効にしたところ、全部正常に動作しました。

  • 2022年6月22日

LiveメールからThunderbirdへメールを移行できますか?

DELLパソコン購入から設定の続きです。

Liveメールは2017年に終了しました。
その当時もパソコンの買い替えに伴って、移行には苦労したものでした。
以前はThunderbirdのアドオン「ImportExportTools」を使いましたが、これが長期間メンテナンスされておらず、「ImportExportTools NG」というのがあります。ぐぐってみると、情報がなかなか見つかりません。こちらはサブフォルダが大量にあって、うまくいかない要素がたくさんあります。

ImportExportTools NG

まず、Thunderbirdにアドオン「ImportExportTools NG」をインストール。
受信トレイをクリックして、「ツール」→「ImportExportTools」→「フォルダからすべてのemlファイルをインポート」→「サブフォルダも含む」をクリック。
バックアップしたメールのフォルダ構成を確認して、フォルダを指定。今回は受信トレイと送信済フォルダをインポートしました。
嬉しいことに、全てのサブフォルダまでインポートできました。
アドレス帳もエクスポートして、ThunderbirdとGoogleContactにインポート。
昔は文字コード[ANSI]のせいで文字化けがありましたが、[UTF-8]になっていたのですね。GoogleContactではCSVファイルの項目名を[Name][E-mail Address]に替えてインポート。アドレス帳のサブフォルダは手作業でタグに指定しました。

今回は全部うまくいって助かりましたが、このアドオンの更新が継続されなかったら、いつかはThunderbirdのアップデートで使えなくなります。
プロバイダSo-netのWebメールも確認しましたが、いまいち使い勝手が良くない。
こちらのお客様にはGmailも設定して、GmailでもSo-netのメールを送受信できるように設定しました。

  • 2022年5月31日

パソコン買い替えにつき、セットアップご依頼いただきました。

PC:NEC Lavie 
OS:Windows11 Home 64bit

無線LANご利用ですが、初期設定では有線LAN接続してローカルアカウントで設定。
Googleアカウント確認、Gmail設定。
Microsoft Officeセットアップ(Gmail)。
Adobe Reader インストール。

MicrosoftアカウントOfficeはOutlook.jpで前回登録していましたが、そのメールは使用していないし、Gmailにしておいた方が便利なので、新規にアカウント登録。
Officeセットアップ途中で新規アカウント登録しようとするとGmailを選べないので、ブラウザからアカウント登録に進み、Gmailを設定してからOffice認証に戻り、登録したGmailでサインイン。
認証を通したのに、アカウント名にビックリマークが残ったり、おかしな挙動がありましたが、再起動したりして認証をやりなおすと完了できました。

パソコン購入時にChromebookも気になったそうです。
ChromebookはMicrosoftが無いパソコンです。年賀状ソフトや銀行関係等で、Windowsでないと使えないソフトは使えません。GoogleChromeでできることで足りるなら充分です。
WindowsUpdateが無いので、今やウイルストラブルより多いWindowsUpdateトラブルがありません。
セキュリティはGooglechromeやGmailで、Googleのセキュリティに守られます。
Windowsと違って、必要スペックはさほど高くないので、Windows11にアップデートできないパソコンにChromeOSをインストールすれば、Chromebookになります。

  • 2022年5月15日

縦書PDF文書をコピーしたら文字分割された

縦書きのPDF文書をコピーしたら、1文字ごとに改行が入って貼り付けできないそうです。





↑こんな感じ。

EXCELに貼り付けて、行列入れ替えコピーして、セルの結合してみました。

 

縦書文書を横書に

GoogleスプレッドシートでもOKです。
ひとつのセルに複数文字入ってしまったところもありました。それはleft関数とかでなんとかしましょう。