• 2023年1月29日

office for macでPowerpoint画面がちらつく

M2 Macbook AirでマルチディスプレイにしてPowerpointを使っていると、内蔵ディスプレイがちらつくことに気づきました。
ネットでググってみると、2016〜2017年あたりにやはりちらつきが話題になって、iOSのアップデートで改善したようです。

Screen flickering in Powerpoint presentation on new MacBook Pro 13 Touch Bar

更にググって下記のページを見つけました。

Mac® M1/M2 外部モニターのちらつきを修正する方法

「輝度を自動調節」をOFF

これを試したところ、ちらつきは無くなりました。

 

  • 2023年1月28日

インターネットバンキングを使いたい

ずっと銀行の窓口に通ったり、銀行から担当者が来てくれていたお客様、コロナ禍に窓口に行かなくても済むように、使用中の銀行のネットバンキングを手続きしました。
まあ、そのホームページのわかりにくかったこと、結局窓口に行かないと手続きができなかったそうです。
しかも、利用料が高い。

そこで、別の銀行を使いたいとご相談です。
ご主人の意見では、近所に窓口がある○○銀行がどうかと・・・。

試しにその銀行のホームページを見てみると、またしてもわかりにくい!!
本当にネットバンキング増やしたいと思ってる?
これだと、多分窓口に行かないと手続きできないでしょう。

私の使ってるネット銀行は、個人ならスマホで申し込みして4時間後には開通しました。
利用料はかかりません。
クレジットカードも使えます。
iPhoneのウォレットにも設定できます。
ホームページはわかりやすいです。

つまり、店舗のある銀行と無い銀行では、最初から思想が違うと言えるでしょう。
窓口の無い銀行は、お客様とのトラブルが起きないよう、システムが設計されています。
近所にある窓口、いつまでもあるとは限りません。
会社まで来てくれる担当者、いつまでも来てくれるとは限りません。
窓口があるからって、安心とは限らないのです。

古い銀行とつきあいをやめてとは言いませんが、ネットバンキングは別に考えて取引することをお勧めします。
できること、できないこと、それぞれに違います。
どちらか一つだけと絞ることは無いですよ。

  • 2023年1月27日

ThunderbirdでPDFの添付ファイルが開けなくなった

数日前からThunderbirdでPDFの添付ファイルが開けないとご相談です。

確認してみると、以前はPDFはadobe Readerで開いていましたが、Thunderbird内でプレビューになります。
前と同じにして欲しいとご希望なので、設定を修正しました。

[設定]-[ファイルと添付]で、PDFを「Thunderbirdでプレビュー」になっているのを、「Adobe Acrobatで開く(標準設定)」に変更。

Thunderbirdでプレビュー

Adobe Acrobat
以前、別のお客様でもありました。Thunderbirdのアップデートで設定が変わったのかもしれません。

  • 2023年1月20日

パソコンの処分はどうしたら良いですか?

パソコンを処分する際に、データの消去が必要になります。
「たいしたデータは入ってないから」と思っていても、そう思っているだけで、実際には削除済みデータもまだハードディスクにはデータ復旧可能な状態です。
故障して起動できないパソコンからも、データは取り出し可能です。
ノートパソコンの2.5inchハードディスクなら、電気ドリルでちょっと突けばパリッと中の円盤(プラッタ)が割れますが、デスクトップやNASの3.5inchはかなり労力がかかります。
今回、秋葉原最終処分場で、HDD破壊ツールで穴を明けてもらいました。

パソコン本体の処分は、かつては料金を頂いてデータ消去やパソコンの処分をしていましたが、今はお客様にはこちらをお勧めしています。
有償でデータ消去もやっています。

パソコン無料回収のリネットジャパン

 

  • 2023年1月15日

HEIC画像をJPEGに変換できるパソコンとできないパソコンがある

iPhoneで撮ったHEIC画像を、PCで開けない問題。
フリーソフトを使いたくない。
画像を開こうとすると、

「HEVCビデオ拡張機能」120円に誘導されます。

以前は、無料の「HEIF画像拡張機能」をインストールすればHEIC画像を開けるようになりました。

今、この画面が出て、「開く」をクリックすると説明が・・・

HEIF 画像拡張機能を使用すると、Windows 10 デバイスで High Efficiency Image File (HEIF) 形式を使用するファイルの読み取りや書き込みを実行できます。このようなファイルのファイル拡張子は、.heic または .heif です。

.heic ファイル拡張子を持つ HEIF ファイルに画像が格納されている場合、これらの画像は HEVC 形式を使用して圧縮されています。こうしたファイルを使用するには、HEVC ビデオ拡張機能パッケージもインストールする必要があります。HEVC ビデオ拡張機能パッケージがインストールされていないと、HEIF 画像拡張機能では .heic ファイルの読み取りや書き込みができなくなります。

仕様変更したんですね。
たかが120円ですが、お客様のパソコンの場合にこの支払い手続きとかやりたくありません。

ちなみに、Gmailに添付したり、Googleフォトにアップすれば、jpegに変換できます。
Macならまとめて変換できます。

いろいろ探していたら、こんなツールを公開していらっしゃる人を見つけました。

heic->jpeg変換ツール公開 (インストール不要 フリーソフト)

これはPythonで書かれていて、インストールも不要、広告も入らない。
うれしいです。感謝。

  • 2023年1月12日

お客様からよく聞かれるのですが、

「携帯通信費を安くできますか?」

菅元首相が大幅に携帯料金を下げてくれたのですよ。
だから安いプランに変更すれば良いですし、格安SIM(MVNO)に乗り換えればもっと安くなります。
どれにしたら良いかは自分で決めないと、それぞれサービスが違います。
スマホはパソコンですから、設定を頼まれればやはり料金がかかります。
誰かに決めてもらうのではなく、自分で説明書を良く読んで自分で決めないといけません。
今まで携帯料金が高かったのは、何も考えなくても使えて、手取り足取り教えてもらえる料金だったからです。

  • 2023年1月10日

パソコン起動時にWORDが開く

パソコン起動時にWordの新規画面が開きます。
他の会社でも発生している現象で、ネットで調べても同様の事例と対処法がヒットします。
それに従い確認及び対処して、Officeの修復などするのですが、しばらくするとまた発生します。

今回は、[ユーザー]-[サインインオプション] のプライバシー項目で、「更新または再起動の後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します。」をOFFにしてみました。
再起動してもWordは開きませんが、またしばらく様子を見ます。

  • 2022年12月24日

Wordを覚えるのにお教室に通ったほうが良いですか?

組合の役員になってしまったお客様、Wordで文章を作らなければいけなくなったそうです。

「お教室に通ったほうが良いですか?」

とのご質問。

そういうケース、他のお客様でもありました。
その時は何度かお宅に伺って、一緒に勉強しながら組合の文章も作りました。
でも、お客様は別にパソコンを使えるようになりたい訳では無かったのです。
組合の文書作成は数ヶ月に1度です。
パソコンを使い続けるなら、古くなれば買い換えなければいけません。
Officeソフトも高いです。
無料で使えるWeb版Officeもありますが、OneDriveを使わなければならずかなり面倒です。

そこで、原稿をFAXしていただいて、私がWordで文書作成して、メールでデータを納品することになりました。
本当にパソコンが使えるようになりたいなら、そういう講習はできますが、今のWordってそんなに使いやすいソフトではありません。
高いお金をかけてお勧めはしません。
むしろ、スマホをもっと使った方が便利だと思います。

そうして、そのお客様の役員期間は終了しました。

  • 2022年11月9日

施設で受付にいるスタッフと簡単に話ができるようにしたいとご相談です。
放送設備もあって、お客様への呼び出しはこれを使っています。
わざわざ追加の工事をするのも・・・、わざわざ電話するのも・・・ということで考えてみました。

受付にはiPhone(セルラーモデル)とパソコン(Windows)があります。
各スタッフはiPadを持っています。

[設定]-[アクセシビリティ]-[タッチ]-[通話オーディオルーティング]-[スピーカー]にチェック。
「自動で電話に出る」を好きな秒数で設定します。
これだと、Facetimeで無料通話が使えて、自動的に着信してスピーカーで話ができます。
これを、「Hey Siri,○○に電話して」と、フリーハンドでやりたい。
受付が別件対応中で、すぐに対応できなくても、ビデオ通話で様子が見えればそれなりの対応ができるのではないでしょうか。

この方法は、以前ベッドに寝たきりの方に、子どもたちが電話できるように設定したことがあります。

  • 2022年10月23日

メールの成りすましを見分けるか?

お客様から質問です。

Googleより、「2段階認証プロセスが29日より自動的に有効になる」とメールが入りました。
設定したほうが良いですか?

Google2段階認証メール

まず、Googleの2段階認証については、やった方が良いです。
もうひとつ、このメールは本当にGoogleから送られたものでしょうか?
メール内のリンク先は問題無さそうですが、いつもそうだとは限りません。
そのメールが本当にGoogleからなのか、成りすましではないかの確認です。

GoogleChrome画面の右上、自分のアカウントのアイコンをクリックして、
「Googleアカウントの管理」でセキュリティの確認ができます。
私の場合は2段階認証設定済みなので、そのように表示されます。

Google2段階認証

2段階認証設定していない場合、「設定を有効に・・・」とか書かれているのでは無いかと思います。

つまり、メールの本文のリンクをクリックしなければ良いのです。
人の目でメールが本物かどうかを判断するのは時間の無駄です。
そのメールが本当かどうか、判断する必要もありません。
気になったら、メールからではなく直接メーカーサイトのユーザーページを確認すれば良いです。
情報が欲しかったら検索すれば良いのです。

それ以前にメーカーからのメールは、必要なもの以外は絶対に受信しない設定にします。
楽天のように油断するとすぐメールが来るようなものも、ひとつ来たら速攻で停止します。
そこまでしても来るメールも、Gmailで受信すればしっかりフィルタリングしてくれます。
Gmailの迷惑メールフィルタリングは優秀ですよ。