• 2021年12月4日

液晶不良のiPhoneからLINEを移行する

iPhone7をiPhone13 Proに買い替えた法人のお客様、別の業務用iPhone6が調子が悪いので、買い替えで使わなくなったiPhone7を業務用にさらに入れ替えたいとご要望です。
購入したiPhone13 Proのセットアップが終わり、iPhone6をデータ移行しようとしたら、なんとそれまで映っていた画面に多数の線が入り始め、グラデーションになってしまいました。

液晶不良

これでは作業ができません。
使いたいのは取引先との連絡用LINEのみで、データは移さなくても良いと仰せですが、設定情報がわかりません。
液晶修理するほどのものでもありません。

最初は画面が見えていたのだし、しばらく電源を切って休ませたらちょっとだけまた起動したりするかな・・・とお預かりして様子を見ましたが、その後2度と画面は見えず、どうしたものかと考えて、MacBookのiTunesに接続してみることにしました。

iPhoneのバックアップ

MacBookのiTunesにiPhoneをUSB接続って、昔はよくやりました。私のMacBookはBig SureなのでFinderでiPhoneを管理します。
MacBookにiPhone6を接続すると、FinderにiPhoneが表示され、「信頼できる」ボタンをクリックします。
そして、iPhoneの画面に出ているであろう「信頼できる」ボタンをだいたいの場所でタップすると、なんと画面が見えるようになりました。

いつまで持つかわからないので、大急ぎでWiFi接続して、LINEのアカウント情報を確認し、「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定。
そこまでで、また画面はグラデーション状態になってしまいました。
そして、MacBook本体にバックアップ。

次に、iPhone7をMacBookにUSB接続し、バックアップを戻します。

バックアップを戻す

無事バックアップを戻すと、LINEのアクチベーションになります。
設定に入っていたSNS電話番号は解約しているので、別のLINEに使って良い電話番号が必要です。
アクチベーション後、アカウントの引き継ぎをすれば良いはずです。

こちらのサイトにお世話になりました(感謝!)
壊れたiPhoneからデータを取り出す方法

  • 2021年12月2日

噂のPocket Tripodを買ってみた

ネットで噂になった「Pocket Tripod」を買ってみました。

スマホをしっかり支える、カードスタイルで嵩張らないスマホスタンドです。
海外クラウドファンディング「Kickstarter」「Indiegogo」で、支援獲得しましたが、
日本では取扱がほとんど無くて、メンタリストDaiGoさんが紹介した優れものです。
詳しくはメーカーサイトやYoutubeをぜひとも見て頂きたい。

Pocket Tripod Pocket Tripod

すごい安心感・安定感。このデザインと機能がすごいです。色のバリエーションも良くて、5個購入しました。

Pocket Tripod

ちなみに、amazonに多数出品されているのは全部まがい物です。

  • 2021年11月24日

AirTagを車に置いてみた

AppleのAirTagを買ってみました。
設定は簡単。さすがApple。

AirTag

車に置いてみました。駐車場でよく自分の車を見失うので・・・。

AirTag

ある日のAirTag。

AirTag

どこに行くの・・・。

いや、GPSは以前からよくずれます。
最近はむしろズレが少なくなったくらいです。

  • 2021年11月17日

ガラケーからiPhoneに連絡先移行

いよいよ終了の迫るガラケーからiPhone12へ乗り換えのお客様です。
Docomoのガラケー[F-01G]からアドレス帳を移行したので覚書。

ガラケー

microSDカードを装着してアドレス帳(VCF)ファイルを保存。
この時、パソコンで初期化したSDカードは、「損傷している」と出て使えませんでした。
パソコンで初期化していないSDカードをガラケーで初期化して、連絡先を保存、そのままパソコンに接続してiPhoneへメールに添付して送ります。

iPhoneでメールを開き、

VCF

VCFファイルをタップ。

共有マークをタップ。

VCF

[連絡先]をタップ。

[保存]で完了。

VCF

パソコンのGoogleコンタクトでインポートしても良いですが、こっちの方が簡単です。

 

  • 2021年11月17日

楽天モバイルガラケー終了のお知らせが来たそうで、iPhone12をお勧めしました。
家族2人で、Docomoとauです。
iPhoneは自分で購入して頂き、一人はMNP、一人は新規で、格安SIMを申し込むことにしました。
お値段を考慮してiPhone12 miniをご案内しましたが、大きいほうが良いそうでiPhone12を購入されました。

格安SIMをどこにするかかなり悩みました。
評判の良いのはOCNモバイルですが、安いのは楽天モバイル。
OCNでiPhoneを購入する事も検討しましたが、iPhone12が品切れです。また、Appleから購入するのと値段が変わりません。
値段が同じなら、Appleの1年サポートを受けた方が有意義です。
SIMカードの申し込みで訪問して、カードが届いてからもう一度訪問と2度訪問作業になるより、楽天のeSIMで一度で終わらせられる方を選択しました。

MNPの方が時間がかかるかと思い、新規の方をさきにeSIM申し込みをしました。私の自分の申し込みでも当日で開通できたので大丈夫と思っていたら、変わっていました。
eKYC(AIかんたん本人確認)での申し込みなら即時開通、それ以外では書類郵送受け取ってからの開通だったのです。
これに気づいたのは翌日の再訪時で、仕方ないので書類を受け取ってから3度めの訪問をすると、何もしなくても開通していました。

これに気づかず、楽天アプリをインストールしても設定をダウンロードしても、電話の着信ができず、着信しても留守電になってしまう。
もちろんサポートはチャットだけなので、途方に暮れたわけです。

楽天モバイルは店舗もあるのですが、新規申込だけの店舗であって、サポートはやっていないとしっかり書いてありました。
そりゃそうでしょう。ほとんど無料のサービスです。
Docomoやauに行けば、使わなくても5000円/月以上払うのでしょうし、いろんなオプションつけられるところを、使い方間違ってWiFiをOFFにしていたとしても上限3278円です。

久々に大失敗でした。

  • 2021年10月12日

iPhone13 ProでAR

iPhone13 Proがやってきました。

iPhone13 Pro iPhone13 Pro

開けるやいなやフィルムを貼って、カバーをつけます。
今回、メインスマホはZenfone8にしましたが、iPhone13 Proには楽天のeSimとExciteのWSimにしました。どうやら私の行動範囲は楽天エリアで行けそうです。

設定は毎度のとおりクイックスタートと思いましたが、なぜか今回はうまくいかず、一旦設定し直しました。
それでも簡単です。
GoogleHomeやスマート家電の設定、ウォレットも設定。
指紋は今回もダメ。でも顔認証は楽ちん。

Zenfone8とiPhone13を買うにあたって、重さとカメラ機能でこの2つの使い分けを決めました。
Zenfone8がおサイフケータイと防水に対応したので、今までのZenfone7 ProとiPhone SEの役割を逆にしたわけです。

そのカメラがステキです。

マクロモードで撮影した虹水晶の中。

マクロモード

直径3mmほどのピアス。

マクロモード

そして、LiDARスキャナ。撮影から編集まで無料で簡単。

Scaniverse Scaniverse Scaniverse

バーチャルステージング!

バーチャルステージング

試したアプリは「Scaniverse」、ちょっとやってみただけでここまでできたので、もう少し練習すればもっときれいにできるでしょう。
アプリも色々あるので楽しみです。

 

  • 2021年10月10日

お客様のスマホが調子が悪いそうで、この機会にandroidからiPhoneに乗り換えをお勧めしました。
本当はAppleから直接変えば良いのだけど、○ocomoご契約で、何かキャンペーンがあるかもしれないので、とにかく機種変だけするようにとご注意しました。
オプションは一切いらない。ただiPhoneに機種変したいとショップで言うようにとご案内しました。
そして、機種変の翌日、無線LAN設定やGoogleアカウント、その他いろいろの設定のために、ご自宅に伺いました。

すると案の定、7000円もするフィルムを買わされ、○ocomo光への転用を申し込みさせられていました。
断ったけど、店員2人で勧誘されて断れなかったとのこと。
そんなのはいらないのでクーリングオフです。
電話すると、○ocomoでは受付できないので別の番号に電話してくれとのこと。
そして、理由を聞かれ、しつこく話を引き伸ばされ、なかなか取り消しさせてくれません。
これは消費者センターに通報でよろしいかと思います。

すでにいろんな安い通信サービス(MVNO)もあり、今後も色々変わっていくのに、光転用なんかしたら乗り換えできなくなります。電気をまとめるのもダメ。
しかも、問題がまったく一生無いなら良いですが、電話やネットで何か問題があったり、住まいのリフォームや移転などあると、本当に大変なのです。
これは経験者なら口を揃えて言うでしょう。

たくさんの宣伝のショートカットを使わないフォルダにまとめて、AppleIDやGoogleアカウントをパソコンで管理できるようにし、
携帯キャリアのサイトも自分のアカウントでログイン、ショップに行かなくても何でも手続きできるようにします。
ショップに行く人はカモですし、ショップに行かないと手続きできないようなサービスはいりません。
ホームページも本当にわかりにくい。もっと簡単なサービスに乗り換えましょう。

  • 2021年9月30日

Docomoでandroidスマホをご契約のお客様、スマホの画面がすぐ暗くなるそうで、もう4年ほど使ってますし、買い替えになるタイミングでiPhoneへの移行をお勧めしました。

長期間Docomoをご契約で、格安SIMへの乗り換えも可能ですが、iPhoneへの乗り換えで何かキャンペーンやポイント等溜まっているかもしれません。
一切のオプション無しで機種変だけしてもらって、私が自宅での設定とデータ移行をすることにしました。

iPhoneは電話とメール以外あまり使わないとのことなので、iPhone SE。
DocomoでもiPhone SEが届くまで時間がかかります。

端末が届いてすぐにご自宅へ伺うと、やっぱり・・・、Docomo光申込しています。
断っても店員2人でしつこく勧誘されて断れなかったとのこと。
これはまじでいらないので、クーリングオフ。
申込の翌日ですから間に合います。
Docomoに電話すると、クーリングオフは別の会社の管轄なのでそっちに電話して欲しいとのこと。
電話すると、クーリングオフの理由とか聞かれ、またしつこい引き止めにあいます。
いちいち話に付き合う必要はありません。
これは、高齢のお客様では断れないでしょう。
Docomo光にしてしまったら、この先格安SIMとか乗り換えできないじゃないですか。
そして、電話のトラブルなどで、NTTと直接話ができなくなります。
間にDocomoの素人が入るのです。
それに、言うほど安くありませんよ。
ちなみにiPhoneには7000円のフィルムが貼られていました。

  • 2021年9月30日

Zenfone7からZenfone8へ

2021年8月、Zenfone8登場。去年Zenfone7を買って、まだ1年未満。
去年は、それまで使っていたZenfone4が不調で買うしかなかった。
最初のZenfone5が大好きで、その後Zenfoneは新製品が出る度に大きくなって、大きくて重くて辛いけど買うしかなかった。
そして、iPhoneSEを購入。
こちらをメインに使うようSIMを変更。ウォレットも設定してモバイルSuicaを使うことにしました。

そして、今年Zenfone8、これが去年欲しかった。゚(゚´Д`゚)゚。
もうね、買うしか無いのよ。ASUSショップでZenfoneからの買い替えは1割引きキャンペーン適用。

Zenfone8は2種類、私が購入したのは「ZS590KS-WH128S8 [ZenFone 8/Android 11(ZenUI)/5.9インチ/メモリ8GB/ストレージ128GB/ムーンライトホワイト」。

Zenfone8とZenfone7

左がZenfone8、右がZenfone7。

Zenfone8とiPhone SE

左がZenfone8、右がiPhone SE。iPhoneSEよりは少し大きいけど、本当に軽いってうれしい。

おサイフケータイへの対応もすごくうれしい。
また、iPhone SEからZenfone8へ、SIMとモバイルSuicaも戻しました。
ついでにSIM契約を、NifmoからOCNモバイルへ乗り換え。これで通話もアプリ無しでお安く使えます。

ZenGimbal

Gimbalも軽くなりました。
カバーをつけたままでも装着できます。

ひとつ面白い機能がありまして、カメラのモードで「ドキュメント」。

 

文書と認識して撮影したものをPDFとしてエクスポートしてくれます。

ドキュメント

残念なのが、SDカードを装着できなくなった事。
自炊した本のデータを入れてたんですよね。

顔認証(顔パス)は便利です。指紋認証は、私の指は今回も全く登録できませんでした。

 

  • 2021年5月12日

Softbankの法人契約の転出ができない

法人契約のスマホやポケットWiFiの契約を、少しづつ整理、契約見直しをしているお客様。
Softbankの法人契約分ではまりました。

ナンバーポータビリティしながら、格安SIMに移行したい。
ところが、法人契約はWEB上からはできません。
面倒なので個人契約に切り替えようと思ったら、会社から個人への譲渡手続きは1日に1譲渡しかできない。
5台譲渡するには、譲渡元の社長が譲渡先相手と5回Softbankに行って手続きしなければいけません。
新コロナで外出を控えているというのに、なんということでしょう。
今月中に終らないと、違約金が発生します。

まったく、もはや中小企業はスマホの法人契約に何のメリットもありません。