• 2020年11月15日

Zenfone7pro待ちに待ったZenfone7、ちょうどiPhone12も出て、どのサイズのどの色を買うか悩ましい。
うちのZenfone 4 Maxが、バッテリーがすぐ無くなったり、充電ケーブルの差込口の接触が怪しげだったり、もうそろそろやばいので本当に待ち遠しかった。
ただ、この大きさが・・・、大き過ぎる。でも、買わないという選択肢は無い。

買うことは決まっているのでネットで購入でも良いのだけど、オーロラブラックかパステルホワイトのどっちにするか、色を直接見たかったのでヨドバシカメラに行ってみました。
が、見本はオーロラブラックしかありませんでした。ついでにiPhone12もと見に行くと、ブルーしかありません。サイズも標準サイズしかありません。miniが見たかった。
ヨドバシで置いてないのなら他所でも置いてないだろう。

観念してしてZenfone 7 Pro(オーロラブラック)を購入。
すぐに液晶フィルムを貼ってセットアップ。
セットアップは自動でZenfone4 MaxをBluetoothで接続して、データの移行もやってくれる。この辺はiPhoneと同じ。便利になったもんだ。

Zenfone7pro

ディスプレイ:6.67インチはでかい。もうこれはタブレットでは無いか。Nexus7に近い。
ちょうどモバイルバッテリーと同じくらい。ということは、モバイルバッテリー替りになる。モバイルバッテリーよりも軽い。
そう考えるとカバンは軽くなる。

Zenfone7pro Zenfone7pro

ケースは同梱されているけど、プラスチックですぐに傷がついてせっかくの背面のデザインが台無しなので、市販品で良さそうなのを発注。
ストラップホールが無いので自分で開ける。いらないかもしれないけど一応。充電しているのはiPhone SE。

通話契約しているNifmoのSIMを、iPhoneSEに装着してこっちを通話用スマホに変更。LINEもこちらに移行。
LINEのandroid版からiOS版への移行はトークが引き継がれないけど、Chrome版がそのまま残っているので助かりました。
ZenfoneにはBBExciteのデータ専用+SMS。つまりメインスマホは、この流れでいずれはiPhone12 miniになることが決定。

SIM

指紋認証は相変わらず私の指は認識しません。奇跡的に一度できたものの2度と認証できませんでした。
その代わりに顔認証。噂のカメラがうぃーんと出てきてこっちはちゃんと認識しています。マスクは無理だけどメガネは大丈夫。
このカメラ、パソコンの後ろとか見えづらいところを見るのに便利。

想定外のうれしい発見が一つ。
愛用していたなんでもビューアプリ「clipbox」の古いバージョンがデータ移行で継承されて、前のZenfoneでは起動できなくなっていたのが復活!
再びYoutube動画もダウンロードできるようになった。

電源ボタンがそのままだと触れただけで認証になっちゃうので、設定で押すように変更。
ダークモードが評判良いので変えてみたらGoodでした。
あとは車載ホルダー、今のは押さえが電源ボタンに当たっちゃうのと、厚みが足りません。

メインはiPhoneになっちゃうけど、androidも違う役割があるのです。

  • 2020年7月18日

iPhoneSEでeSIMをデュアルSIMやってみたいので、今度はIIJmioのeSIM「データプランゼロ」を契約してみました。これが申し込むとすぐに開通して、SIMカード不要なので簡単でうれしい。

主回線はBBExciteで、副回線をIIJmio。設定もめっちゃ簡単。
初期費用:200円。通信料:月額150円。追加データ料が1GB:300円。
このチャージがたいてい500GB:500円なので、チャージ専用回線にすると良いかも。

iPhone SE

ちょうど、So-netの0simが終了するので、その替わりです。

メインスマホ(Zenfone4 Max):Nifmo
タブレット(iPad 11 Pro):Rakuten UN-LIMIT)
サブスマホ(iPhone SE):BBExcite + IIJmio
ちなみにBBExciteは実家の母のスマホと通信費シェア。これは全く使ってる気配が無い。
どれも契約に縛りは無いので、1年毎に契約見直します。

  • 2020年7月17日

iPhone SEでデュアルSIMでeSIMを試したくて一年間無料のRakuten UN-LIMIT 2.0を契約してみたところ、間違ってnanoSIMを契約してしまった。

SIMタイプの変更は案内が無いので多分できないと思われ、持っている端末の中でどれか使えないか確認したところ、Apple iPad 11 Proに使えました。

rakuten UN-LIMIT2.0

rakuten UN-LIMIT2.0

 

 

Zenfoneも全滅だし、iPhone SEもデータ通信のみ。対応しているスマホが結構少ない。
この分のNifmoのSIMを解約。1年間通信料無料になりました。
楽天ポイントの使いみちができて良かった。

  • 2020年7月10日

Zenfone 4 Max(ZC520KL)をandroid8にupdate

Zenfone 4 Max2018年購入の私のメインスマホ「Zenfone 4 Max」型番:X00HD。最近、急にバッテリーの消耗が激しくなりました。バッテリー大容量のスマホなのに、1日持たないのは困る。そろそろ買い替えても良いのだけど、欲しい後継機が無い。私は5inchのスマホが欲しいのに、新製品は6inch以上のものばかり。ポケットに入らないスマホは嫌なんだよ。

それにしても困るので、バッテリー交換とか色々確認したところ、androidのバージョンが7.1.1のままで、自動では8のバージョンアップがされないのに気づいた。なんでよ・・・。

去年は突然画面が表示できないトラブルなどあって、泣く泣く初期化したりしましたが、その後忙しくて放置気味でした。アップデートでバッテリーの問題が解消する可能性もあるみたいなので、とりあえずやってみることに。それでもダメならバッテリー交換かなあ・・・。

アップデート中はバッテリー充電できないそうなので、とにかく充電。充電もこの頃時間がかかるので、充電設定で必要ないアプリを終了。
「設定」 → 「電池」 → 「PowerMaster」 → 「節電オプション」 → 「不要なアプリを終了する」 → 「更新を確認」

さらに、純正のアダプタとケーブルに変えたら結構充電が早くなりました。

アップデート作業については↓こちらにお世話になりました(感謝!!)。
Zenfone4Maxアップデートするべきか?するなら方法は?

まったくこちらのサイトのとおりでOKです。
Zenfoneで、ASUSのサポートサイトから「バージョン JP-15.2016.1907.523」をダウンロード。

ASUSアップデート

ダウンロード完了通知から、ダウンロードしたファイルをタップすると、ファイルマネージャが起動したので、ファイルを内部ストレージフォルダ直下に移動。

ファイルマネージャ

 

普通に再起動後、上に通知が出るのでアップデート開始。

アップデート開始

後は画面に従って、再起動して、大人しく待ちます。

アップデート中

アップデート完了

無事、アップデート完了。

ついでに壁紙も変えて、新しくなったスマホ感を出してみました。
これで、色々調子良くなったらうれしい。

※ 1週間使ってみました。バッテリーは以前のように丸一日持つようになりました。めでたし、めでたし。後はZenfone7が出るまでこのまま使います。

  • 2020年7月10日

Ymobileお客様のiPhone買い替えと格安SIM乗換を支援したので参考までにアップします。お客様はauご契約で、iPhone6からの乗換です。通話はそんなに長電話しないそうなので、Ymobileをご提案。多分一番簡単でお得です。

まず、iPhoneの機種選定、画面が大きい方が良いかと心配されましたが、私は片手で操作できて、ポケットに入るサイズをお勧めして、iPhone SEになりました。端末はWEBでAppleから直接ご購入。容量は128か256GB。モデルはセルラーモデル。SIMサイズはNANO。液晶フィルムは必要なら開封後すぐに貼るようご案内。

auサイトでMNP(携帯電話番号ポータビリティ)予約番号取得。

旧iPhoneをiCloudバックアップを完了しておいて頂く。LINEのバックアップ手順も今年のバージョンを確認しておいて頂く。LINEはよく変わるので常に最新情報を確認。

iPhone到着したら、YmobileのSIMを装着して、旧iPhoneと一緒に電源を入れると自動的にデータの移行が始まります。Ymobileは今は設定も無いので、WiFiをOFFにしてみてネットができれば大丈夫。

旧iPhoneはauのSIMロック解除を(WEBで)しておきましょう。

以前より登録に使うメールはGmailにするのをお勧め。キャリアメールはやめる。Gmailはメールアドレスとパスワードを入力して開通。Facebookのアカウントがauのezwebメールになっていたりしたので、パソコンでFacebookのメールアドレスをGmailに変更。パソコンの作業のみリモート接続でサポートしましたが、それ以外はお客様ご自身でできました。こういう時にパソコンはあった方が良いです。何でもWEBから手続きすれば、ショップであれこれ勧誘されて悩むこともありません。

Walletの登録はSuicaのクレジット機能付を契約して登録するようお勧めしました。公共交通機関で自動チャージは快適です。

  • 2020年6月26日

新コロナウイルスがようやく落ち着いたタイミングで、ガラケーからiPhoneに機種変のお客様です。
ショップに予約して行ってきたそうですが、予約しても3時間くらいかかり、帰ってくるなり操作がわからなくなって、パソコンでもLINEをやっていたのにできなくなってしまったそうで、急遽訪問してきました。

事前にDocomoIDも取得しておいて、機種はiphone8で良いでしょうと行っていましたが、ちょうどiPhone SEが出たので良かったです。
LINEをiPad miniでやっていらっしゃるのですが、iPad miniも古くてiOSのバージョンアップができなくなり、アプリのバージョンアップもどんどんできなくなっています。

パソコンのLINEはメールアドレスとパスワードでログインできました。Walletも登録。iPad miniで慣れているはずなのに操作ができなかったのは、小さなiPhoneを人差し指で操作しているからでした。人差し指でベタッと操作すると、広い範囲をタップして目的のところに当たっておらず、うまくいかないので余計に強く押して、なおさら広い範囲を長押しになってしまったりするようです。
できれば片手で、親指の爪の角あたりで操作するとスムーズに使えます。

ショップでは、ウイルスバスターを強く薦められて、古いiPad miniに入れようとしてできず、Appleに問合せしていたそうです。パソコンにも入れなさいとしつこく言われたそうですが、振り切って帰ってきたそうです。もう、ショップに行かなくてもWebでたいていの手続きはできそうです。

  • 2020年5月16日

WEBミーティング用IPAD設定

大学の先生から、新コロナウイルス対応で急遽WEB会議に参加しなくてはいけなくなったと連絡が入りました。自分のノートパソコンではできないので、どうしたら良いかとご相談です。外付けのカメラはどこも売り切れです。そこで、iPad Air購入をご提案しました。iPad Air

iPad Airは携帯キャリアで買う必要はありません。Appleから直接ネットで購入。iPad Airにスマートキーボードをつけて、フィルムを貼って、自宅と大学以外でも使うかもしれないので、格安SIMを一番安いBBexciteで契約して納品しました。1年毎に契約を見直しましょう。

最初は、大学側も混乱しているので話がまとまりが無く、お客様も不安で一杯だったようですが、やってしまえばうまく行ったようです。そう、やる前にいろんな話をされるのでかえって混乱して不安になるのです。とりあえず、SkypeとZoomを使えるようにしました。

ところで、ノートパソコンを確認したところ、内蔵のカメラとマイクでWEBミーティングは可能でした。ただ、内蔵のマイクでは音量が不十分なので、イヤホンマイクは買ったほうが良さそうです。

  • 2019年8月30日

スマホは小さい方がポケットに入るし、片手で操作可能な5インチ未満が良い。でも、画面を読んだり操作するには小さくて目が辛い。そこで、「Airdroid」というアプリを使ってみました。

Airdroid

ユーザー登録して、スマホでもサインインするだけでパソコン上でキーボード・マウスを使ってスマホを操作できます。

基本的に画面の指示に従って、アクセスを必要なもののみ許可していけば良い。スマホの写真をダウンロードしたり削除したりはすごく楽になります。今まではDropboxにカメラアップロードを設定していたけど、Dropboxの無料でのインストール台数が3台に制限されてからは不便だったのです。スクリーンショットもこの画面上の「スクリーンショット」で撮って、そのままパソコンやNASに保存。

メッセージもパソコンでキーボードで書ける。どんなに慣れてもスマホの文字入力は疲れるので助かります。

Youtubeをダウンロードして出先で通信費をかけずに視聴していたのですが、だんだんYoutubeの仕様が厳しくなって難しくなってきましたが、Firefosの拡張機能でダウンロードして、Airdroidでビデオフォルダにコピーできます。今まで使っていた「Clipbox」が起動できなくなって困っていましたが、この方法の方が安定して使えそうです。私は個人的にアドレス帳へのアクセスは許可しませんでした。もともとContactを使っているのでパソコンで管理できているからです。無料版では接続端末数2台までです。Pro版はさらに高機能で、カメラを無音で操作したり、端末の場所をリモートで確認することもできます。

スマホの設定を彼氏に頼んだりしてはいけませんね。

 

  • 2019年7月16日

お客様が使わないまま放置してしまったスマホ。こちらは起動時のパターンを忘れています。何度か間違うとPIN入力とかメールアドレスが出るはずなのですが何故かいくら入力しても何も変わらないので、ロックされていたのかもしれません。昔はハードリセットすれば工場出荷時に戻すことができましたが、android5.1以降は[Device Protection(端末保護)]が導入され、ユーザーの個人情報保護や盗難防止の為、リセット後元のアカウントでログインしないと使えません。これを知らないで譲渡して困るケースが少なくありません。

今回もハードリセットして、お客様のGoogleアカウントでログインを試みますが、これもパスワードを紛失しています。お客様ご自身はアカウントも記憶に無いのですが、パソコンのGmailに設定時の確認メールなどあるので、一緒にパスワードの可能性のあるものを探して何とか当てました。一旦ログインした上で正しい処分をします。

まず、ハードリセット。

[Volume down]+[Power]を長押し → 端末が振動したら[Power]のみ離し、[Recoveryモード]に入る → [Volume down]で移動し[wipe data/factory reset]を[Power]で選択 → [Yes—delete all user data]でリセットし、完了後[reboot system now]で再起動

前のアカウントでログインしてひととおりセットアップ。この時も、お客様の別の端末に確認が表示され、許可して表示される数字を入力しないとできません。

次にアカウント削除。あくまでもこの端末から削除であって、アカウント自体を削除する訳ではない。他の端末に影響は無い。

[設定]→[アカウント]でアカウント削除

そしてデータ暗号化、今回はすでに暗号化されていました。

[設定]→[セキュリティ]→[端末の暗号化]

ここまでやった上で、改めて[設定]からリセットして終了です。スマホはパソコンと同じです。

[設定]→[バックアップとリセット]→[データの初期化]→[デバイスをリセット]

  

 

  • 2019年3月3日

マンションで停電があって、その後ネットが繋がらないそうで訪問しました。無線LANは接続していますが、ネットが全般できません。これは、無線機の電気の入れ直しで復旧。モデムや無線機の電気の入れ直しはしていただいていたのですが、順番が大事なのです。

簡単に終わってしまったので、iPhone、iPadのご相談。Docomoメールに迷惑メールが大量に来るとのこと。何か五輪関係で登録してから増えたとのこと。メールアドレスを変更するのが一番簡単ですが、登録しているものを変更するのが難しいと仰るので、今やっちゃいましょう!ということになりました。出先でキャリアメール宛の迷惑メール受信に通信料使われるのは面白くありません。

まず、登録しているサービスの登録メールアドレスをGmailに変更。IDにしているものも変更。知り合いはLINEなどでやり取りしているのでメールアドレスは急いでお知らせする必要は無いとのこと。急ぎなら電話してくる。また宣伝メールは全部解除設定。

そして、MyDocomoからメールアドレス変更。これで迷惑メールは来なくなります。そして、今後はなるべくGmailを使うようにすればGoogleの迷惑メールフィルタでうまくやってくれます。キャリアメールは使わないのが一番です。誰にもメアドを知らせず、通販等でも使わなければ迷惑メールも来ません。来てもまたメアド変更すれば良いです。iPadがWiFiモデルなのでキャリアメールが受信できませんが、Webメールを設定すれば見れます。どちらか故障しても大丈夫。

それにしても、Docomo関係のアプリはWiFiをOFFにしないといけないので、iPadの大きな画面で見たいのに不便でした。とにかく面倒くさい。こういう面倒なことはパソコンでやりたいですね。