• 2021年12月2日

噂のPocket Tripodを買ってみた

ネットで噂になった「Pocket Tripod」を買ってみました。

スマホをしっかり支える、カードスタイルで嵩張らないスマホスタンドです。
海外クラウドファンディング「Kickstarter」「Indiegogo」で、支援獲得しましたが、
日本では取扱がほとんど無くて、メンタリストDaiGoさんが紹介した優れものです。
詳しくはメーカーサイトやYoutubeをぜひとも見て頂きたい。

Pocket Tripod Pocket Tripod

すごい安心感・安定感。このデザインと機能がすごいです。色のバリエーションも良くて、5個購入しました。

Pocket Tripod

ちなみに、amazonに多数出品されているのは全部まがい物です。

  • 2021年11月17日

楽天モバイルガラケー終了のお知らせが来たそうで、iPhone12をお勧めしました。
家族2人で、Docomoとauです。
iPhoneは自分で購入して頂き、一人はMNP、一人は新規で、格安SIMを申し込むことにしました。
お値段を考慮してiPhone12 miniをご案内しましたが、大きいほうが良いそうでiPhone12を購入されました。

格安SIMをどこにするかかなり悩みました。
評判の良いのはOCNモバイルですが、安いのは楽天モバイル。
OCNでiPhoneを購入する事も検討しましたが、iPhone12が品切れです。また、Appleから購入するのと値段が変わりません。
値段が同じなら、Appleの1年サポートを受けた方が有意義です。
SIMカードの申し込みで訪問して、カードが届いてからもう一度訪問と2度訪問作業になるより、楽天のeSIMで一度で終わらせられる方を選択しました。

MNPの方が時間がかかるかと思い、新規の方をさきにeSIM申し込みをしました。私の自分の申し込みでも当日で開通できたので大丈夫と思っていたら、変わっていました。
eKYC(AIかんたん本人確認)での申し込みなら即時開通、それ以外では書類郵送受け取ってからの開通だったのです。
これに気づいたのは翌日の再訪時で、仕方ないので書類を受け取ってから3度めの訪問をすると、何もしなくても開通していました。

これに気づかず、楽天アプリをインストールしても設定をダウンロードしても、電話の着信ができず、着信しても留守電になってしまう。
もちろんサポートはチャットだけなので、途方に暮れたわけです。

楽天モバイルは店舗もあるのですが、新規申込だけの店舗であって、サポートはやっていないとしっかり書いてありました。
そりゃそうでしょう。ほとんど無料のサービスです。
Docomoやauに行けば、使わなくても5000円/月以上払うのでしょうし、いろんなオプションつけられるところを、使い方間違ってWiFiをOFFにしていたとしても上限3278円です。

久々に大失敗でした。

  • 2021年9月30日

Docomoでandroidスマホをご契約のお客様、スマホの画面がすぐ暗くなるそうで、もう4年ほど使ってますし、買い替えになるタイミングでiPhoneへの移行をお勧めしました。

長期間Docomoをご契約で、格安SIMへの乗り換えも可能ですが、iPhoneへの乗り換えで何かキャンペーンやポイント等溜まっているかもしれません。
一切のオプション無しで機種変だけしてもらって、私が自宅での設定とデータ移行をすることにしました。

iPhoneは電話とメール以外あまり使わないとのことなので、iPhone SE。
DocomoでもiPhone SEが届くまで時間がかかります。

端末が届いてすぐにご自宅へ伺うと、やっぱり・・・、Docomo光申込しています。
断っても店員2人でしつこく勧誘されて断れなかったとのこと。
これはまじでいらないので、クーリングオフ。
申込の翌日ですから間に合います。
Docomoに電話すると、クーリングオフは別の会社の管轄なのでそっちに電話して欲しいとのこと。
電話すると、クーリングオフの理由とか聞かれ、またしつこい引き止めにあいます。
いちいち話に付き合う必要はありません。
これは、高齢のお客様では断れないでしょう。
Docomo光にしてしまったら、この先格安SIMとか乗り換えできないじゃないですか。
そして、電話のトラブルなどで、NTTと直接話ができなくなります。
間にDocomoの素人が入るのです。
それに、言うほど安くありませんよ。
ちなみにiPhoneには7000円のフィルムが貼られていました。

  • 2021年2月7日

画像ファイル(HEIC)がWindowsで開けない

iPhoneやiPadで撮影したHEICファイルが、NASやWindowsPCで開けません。
iPhoneやiPad側の設定で、カメラのフォーマットを「高効率」から「互換性優先」に変えればjpgファイルで撮影されますが、せっかくファイルサイズが小さくできるのですから、何とかしたいですね。
Windows10の「HEIF画像拡張機能」は、もうひとつ「HEVCビデオ拡張機能(120円)」を入れないと開けなくなってしまっています(嫌がらせかいな)。
MacBookでなら変換できますが、皆がMacBookを持っている訳でもない。
Googleフォト、フリーソフトを使うなどもありますが、もうちょっと何か・・・。
 

iPhone・iPad側でやりましょう。
写真の設定で、「MacまたはPCに転送」項目で、「自動」にチェック。
写真アプリからPCやNASに送る時になら、jpgに変換できます。
すでに保存してしまったHEICファイルは、今回は「iMazing HEIC Converter」を使ってみました。

追記(2021.05.30)
SynologyのNASでは、スマホ用アプリで自動的にjpgに変換されました。

Photo Station との最適な互換性を確保するため、DS photo は、iOS 11 以降を実行するデバイスで写真をアップロードする場合、 HEIC 形式の写真を JPEG 形式に変換します。

また、Teams経由でWindowsへ渡せば、jpgに変換されます。

  • 2020年6月26日

新コロナウイルスがようやく落ち着いたタイミングで、ガラケーからiPhoneに機種変のお客様です。
ショップに予約して行ってきたそうですが、予約しても3時間くらいかかり、帰ってくるなり操作がわからなくなって、パソコンでもLINEをやっていたのにできなくなってしまったそうで、急遽訪問してきました。

事前にDocomoIDも取得しておいて、機種はiphone8で良いでしょうと行っていましたが、ちょうどiPhone SEが出たので良かったです。
LINEをiPad miniでやっていらっしゃるのですが、iPad miniも古くてiOSのバージョンアップができなくなり、アプリのバージョンアップもどんどんできなくなっています。

パソコンのLINEはメールアドレスとパスワードでログインできました。Walletも登録。iPad miniで慣れているはずなのに操作ができなかったのは、小さなiPhoneを人差し指で操作しているからでした。人差し指でベタッと操作すると、広い範囲をタップして目的のところに当たっておらず、うまくいかないので余計に強く押して、なおさら広い範囲を長押しになってしまったりするようです。
できれば片手で、親指の爪の角あたりで操作するとスムーズに使えます。

ショップでは、ウイルスバスターを強く薦められて、古いiPad miniに入れようとしてできず、Appleに問合せしていたそうです。パソコンにも入れなさいとしつこく言われたそうですが、振り切って帰ってきたそうです。もう、ショップに行かなくてもWebでたいていの手続きはできそうです。

  • 2020年6月21日

テレワーク導入で会社から社員に貸与するiPhone、iPadをApple Business Manager+MDMで管理してみました。

初めての経験で、最初は自分の端末で試してみてからと思いましたが、Appleさんに問合せてみると、まずAppleさんからMDM利用を前提に購入しないといけないのでした。既存の端末も管理できないわけではありませんが、その場合の方が難しいようで、マニュアルを読めば読むほど、文章の途中で参照先を読んでいるうちにマニュアルをループし始めてしまい、ネットでググっても古い記事まで読んでしまい、さらにループにはまり、始める前に勉強をというのは時間がかかりすぎる事がわかりました。

で、やってみた\(^o^)/

Apple Business Manager

MDMはJamf Nowを契約。
実際に端末を登録してみると、面白いですよ!

学校だとApple School Manager、企業だとApple Business Managerで、要するに使う人が勝手に色々できないようにします。パスコード紛失とか、端末を紛失とか、盗難とかあっても、学校や会社で対処できるようになります。アプリも勝手にインストールはできませんし、必要なアプリはまとめてインストールできます。

携帯のキャリアで法人契約でiPhoneやiPadを購入すると、MDMもついてくるのですが、それだとそのキャリアで購入しないといけません。キャリアを通さずにAppleから直接購入すれば、携帯キャリアは必要ならSIMカードのみ契約すれば良いし、格安SIMでもSIM無しでも良いです。
何よりパソコンで管理できるのは便利で、お勧めです。

  • 2019年3月3日

マンションで停電があって、その後ネットが繋がらないそうで訪問しました。無線LANは接続していますが、ネットが全般できません。これは、無線機の電気の入れ直しで復旧。モデムや無線機の電気の入れ直しはしていただいていたのですが、順番が大事なのです。

簡単に終わってしまったので、iPhone、iPadのご相談。Docomoメールに迷惑メールが大量に来るとのこと。何か五輪関係で登録してから増えたとのこと。メールアドレスを変更するのが一番簡単ですが、登録しているものを変更するのが難しいと仰るので、今やっちゃいましょう!ということになりました。出先でキャリアメール宛の迷惑メール受信に通信料使われるのは面白くありません。

まず、登録しているサービスの登録メールアドレスをGmailに変更。IDにしているものも変更。知り合いはLINEなどでやり取りしているのでメールアドレスは急いでお知らせする必要は無いとのこと。急ぎなら電話してくる。また宣伝メールは全部解除設定。

そして、MyDocomoからメールアドレス変更。これで迷惑メールは来なくなります。そして、今後はなるべくGmailを使うようにすればGoogleの迷惑メールフィルタでうまくやってくれます。キャリアメールは使わないのが一番です。誰にもメアドを知らせず、通販等でも使わなければ迷惑メールも来ません。来てもまたメアド変更すれば良いです。iPadがWiFiモデルなのでキャリアメールが受信できませんが、Webメールを設定すれば見れます。どちらか故障しても大丈夫。

それにしても、Docomo関係のアプリはWiFiをOFFにしないといけないので、iPadの大きな画面で見たいのに不便でした。とにかく面倒くさい。こういう面倒なことはパソコンでやりたいですね。

  • 2019年1月28日

auのiPhoneからガラケーへ

仕事でiPhoneをお使いのお客様、液晶が破損してタッチの感触も良くないので買い替えたいのですが、ショップに行く暇がありません。この機会にご提案しました。

まず、通話と通信を分ける。こちらは通話が非常に重要で、通話のできない期間ができると業務に支障がでます。なので、壊れやすいiPhoneをそのリスクから外し、通話端末としてガラケー(4G LTE携帯)にすることをご提案。

iPhoneはずっと使いたいけど、最新の高額なiPhoneである必要は無いので、iPhone7を推奨。メルカリで状態の良い使用期間1年ほどのiPhone7を見つけたので購入。まず、旧iPhoneからデータ移行。これは問題無し。

新しいiPhone用に格安SIMを検討、今良さそうなのは「iijmio」。これを契約。auでのデータ定額5と同等のコース「ライトスタートプラン6G」を契約。念の為通話も有りにしました。

My auで契約状況や利用状況を確認し、プラン変更(ダブル定額Z)と機種変(ガラケー)を溜まってるポイントを使ってシミュレーション。問題無いのでそのまま進めようとしたら、法人契約は店頭でないと手続きできないとのこと。

仕方ないので後日ショップに行っていただきましたが、iPhoneからガラケーのアドレス帳移行がauショップでできなかったそうです。方法は以下の2とおり。まずはガラケーでSDカードをフォーマットしておきましょう。

1)アプリ”My Contact Backup(無料版)”を使う

”My Contact Backup”でバックアップ。Emailでパソコンへ送る。SDカードへ挿入。データフォルダ > SD > 電話帳でインポート。

参考:au iPhoneからガラケーへアドレス帳を移行する方法

2)iCloudを使う

iPhoneの設定でiCloudへ連絡先を同期。iCloudにログインし、連絡先のすべての連絡先をVcardに書き出し。ダウンロードしたファイルをメモ帳などエディタで開き、UTF-8からANSIに変更。SDカードに保存してガラケーのエクスプローラやファイルマネージャ、連絡先アプリで開いて取り込む。

参考:iPhoneからガラホ/Androidに電話帳を移すには

そして、キャリアメールが届くのが通信料がかかるそうで止めたいとのこと。特に使って無ければメール設定を削除しても良いでしょうが、過去にこのメアドでIDに設定したものがあると困ります。かと言って、ずっと受信しないとサーバーに貯まります。では、パソコンのWEBメールで受信できるようにしましょう。色々確認した上でこのメアドが何もIDとして使われていないようなら、@マーク前をすごく長く変更すれば、迷惑メールは来なくなります。

参考:auのEメール(@ezweb.ne.jp)をWebブラウザから利用できるようにしてみた

今回はiPhoneのフリーソフト「My Contact Backup」でiPhoneからバックアップし、そのままガラケーへメール送信。ガラケーで受信して添付ファイルを開くと連絡先を読み込んでくれました。
ガラケーのキャリアメールに届くメルマガはそれぞれのサイトで停止手続き。

Bluetoothでハンズフリーイヤホンを接続、自動応答設定。これで、液晶の割れたiPhoneもダメ元で良かったら自力修理もできるし、うまくいけば予備端末になります。これで、通信料も今までより安くなるはずです。

  • 2018年12月22日

パソコンとiPhoneとiPadでデータの共有をしました。MicrosoftのOfficeを使うならOneDrive。Googleドキュメントを使うならGoogleDriveやPhoto。そしてDropboxやiCloudをデータの内容によって使い分けます。とにかく、パソコンにデータは保存しません。パソコンでもスマホでも、故障しても大丈夫なくらいの使い方をしましょう。

iPadにBluetoothのキーボード(ANKER Ultra Compact Bluetooth Keyboatd)を接続しました。日本語のON/OFF切り替えで悩みました。Apple仕様のキーボードなので全角/半角キーはありません。ネットでググってわかりましたが、このキーボードではこの切り替えはいろんなケースがあるそうで、一つづつ試したところ、[CAPSLOCK]で切り替わることがわかりました。

 

  • 2018年12月10日

iCloudの容量が足りない

iPhoneをお使いのお客様の多くがiCloudの容量不足になっています。料金払って容量を増やしている方もいらっしゃいます。
困って携帯キャリアショップに相談に行って、言われるがままにもっと容量の大きいiPhoneに機種変させられた方もいらっしゃいます。ショップに行くと言いなりです。

たいていは写真が多い。iPhoneの写真はきれいで解像度が高くファイルサイズが大きい。これらを外に保存すれば良い。パソコンやNASに保存してiPhoneから削除。

 

クラウドのストレージサービス(Dropbox、Googleフォト)などを使って、カメラアップロードをONにすれば、WiFi接続したタイミングで自動でアップロードされるので、アップロードを確認したらiPhoneからは削除。
iPhoneのiCloudバックアップも、バックアップする内容を確認して、iTunesに保存して、iCloudのバックアップは削除。