• 2022年6月24日

iMacをMacbookのサブディスプレイにする

M1 Macbook Airを使っています。iMacも使っています。
このiMacも画面が綺麗で、使いやすくていい子です。
そこで、iMacをMacbook Airのサブディスプレイにしてみました。

「luna display」

USB Type-C で接続します。

luna display luna display

To begin, go to:
www.lunadisplay.com/start

そこで画面の案内に従ってアプリをインストール。

luna display

ディスプレイの配置を選んで、細かく設定したければ[Custom]で。

luna display

配置やディスプレイ設定をすると、マルチモニターの出来上がり。

luna display

Windowを動かす時に、画面が少しカクつきます。
あと、Macのマウスって、マウスポインターを見失った時に探す「シェイク」が使えなくなりました。
これはちと痛い。

でも、これでメインのMacをMacbook Airに替えられます。
ちなみにWindowsパソコンでiMacに出力することもできます。色の調整がめんどくさそうですが。

  • 2022年6月12日

DELLのパソコンを購入から設定

 Inspiron 14 お客様のパソコン買い替えのお手伝いをしました。
DELLでノートパソコンをご希望です。
DELL 公式サイトから2通り見積もって選んで頂きました。

New Inspiron 14 AMD 【即納】プレミアム(Office H&B付) 10万弱

CPU: 338-CELY AMD RyzenTM 5 5625U 6コア/12スレッド プロセッサーRadeonTM グラフィックス付き
OS:619-APTZ Windows 11 Home, 
Memory: 370-AGGX 8GB, 1x8GB, DDR4, 3200MHz
ハードディスク:400-BNED 256GB M.2 PCIe NVMe SSD
ビデオ カード: 490-BGOV AMD® RadeonTM グラフィックス

DELL公式サイトで手配するのですが、銀行振込を指定すると、なかなか購入手続きが進まなくなり、DELLのサポートに電話して説明すると、そのまま電話で購入受付してくれることになったのですが、受付担当が日本人でないせいか、「購入者がお客様で、配達を私の住所へ」というのが意味が通じず、翌日再度WEBから購入手続きをすると、今度は正常完了しました。

納期が1週間ほどかかるはずが、早めに発送されて、1週間で設定に伺うことになり、無線機も古そうなのでこの機会に買い換えることになりました。

パソコンはなかなか良かったです。
事前に初期設定、有線LAN接続して、アカウント作成でオフラインにしてスルー。WindowsUpdateを済ませておいて、お客様宅に訪問。

伺って無線ルータ(NEC PA-WG2600HS2)を設置しようとすると、ISNDのTAがあります。
フレッツ光の回線終端装置とひかり電話ルータがあるので、おそらく外し損なったままのTAだと思いますが、こちらのお客様宅に伺うのは初めてでもあるので、万が一を考えて電源を切ったまま1週間ほど様子を見て、何も問題なければ廃棄で良いかと思います。
古いSoftbankのFONもありましたが、これは不要ですから廃棄です。

データ移行する為にGoogleアカウントを作成、Googleドライブ、Googleフォトを設定。

プリンター設定(Canon TS8530)
So-netのメールをWEBメール設定しようとしましたが、ユーザーアカウントが違うと出ます。
パスワードリセットに進むと、アカウントが違っていることがわかりました。

WindowsLiveメールは終了しているので、メールをエクスポートして外付けハードディスクに保存。
ところが、パソコンはメモリが少なく、メールはデータ量が多すぎてコピーが終わりません。
仕方がないので、そのままにして撤収。後日リモートで続きをすることにしました。

  • 2022年5月24日

人感スマート電球とWiFiルータ

スマート電球をいろいろ使い始めて約3年が経ちました。
すでに自宅にはPhilips Hueの「ホワイト スターターセット + Philips Hue(ヒュー)モーションセンサー 人感センサー」が設置されています。
今回、+Styleで人感対応のスマート電球が出ていたので検証。

+Style +Style

まず、セットアップで躓きました。
ルンバの時もそうでしたが、WiFiの5G帯非対応です。
ルンバの時は、それでもandroid端末「Zenfone8」で設定できたのですが、今回はandroid・iPhone共にNG。
今回はASUSルータの設定でスマートコネクトをOFFにしてみました。

スマートコネクト

+Style

これでiPhoneで接続できたので、ルータのスマートコネクトはONに戻します。
これは設定時だけの問題なので、あとはクラウド設定になり、すぐにandroid端末でも認識できました。
スマート電球の設定は細かく変更可能で、自分がどこでどの程度の感度・明るさ・時間で使いたいかを調整できます。

賃貸の我が家で考えると、使いたい場所(クローゼット・玄関)にはコンセントが無い。
使いたい照明器具では口金サイズが合わない。
結局、充電タイプの人感ライトを使っています。
なかなかうまくいきません。

 

  • 2022年5月7日

ファイル名一斉変換

会社さんのデータ管理をNASからGoogleDriveに切り替えることになりました。
何年も前からファイル名やフォルダ名のルール問題が課題になっていて、何度も同じ話題が出ては実行できず・・・、そこでこの機会に、移行データに含まれる半角カタカナやスペースを一斉変換できるソフトを探してみました。

お~瑠璃ね~む

このソフト、とても使いやすくてうれしいです。対応環境 : Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10って偉いです。
お陰様で簡単にファイル名の一括変換ができました(感謝!)。

まず、半角カタカナ→全角カタカナ

お~瑠璃ね~む

スペース→[_(アンダーバー)]。

お~瑠璃ね~む

ガチガチのルール既定までしなくても良いですが、機種依存文字はやめましょうよ。
あと、自分が見つけやすいように★を頭につけるのは、自分のPCだけのファイル整理では構いませんが、組織で共有するファイルではやめましょう。
ファイルやフォルダの整理は、ファイルを目で探す前提ではなく、並べ替えたり検索することを考えましょう。
目で探しているとフォルダ階層がやたら深くなります。
フォルダ階層が深くなると、パスが長くなって、プログラミングなどでは面倒になります。
目も疲れますよ。

  • 2022年4月12日

ChromeOS Flexを子供用に試してみた

前回に続いてChromeOS Flex。今度は子供用にセットアップしてみました。
これもWindows7からWindows10にクリーンインストールしてあります。
当然Windows11アップグレード非対応。

PC:Toshiba 
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Intel(R) Celeron(R) CPU 1005M@1.90GHz 1.90GHz
Memory:4GB

東芝Dynabook Sattelite

今回は「お子様」でセットアップしてみました。

ChromeOS Flex

私のお子様はもうお子様という年齢ではないので、架空の名前と生年月日(4才)でアカウントを作ってみました。
Googleファミリーリンクアプリで利用時間やアプリの管理・デバイスのリモートロックができるようです。

ChromeOS Flex

Googleから保護者の方へのメッセージです。ここはちゃんと読みましょう。

Google Playでの使用制限、購入やダウンロードは保護者の承認が必要です。

ChromeOS Flex

Google Chromeのフィルタ、成人向けサイトのブロック。

ChromeOS Flex

Google検索のフィルタ、Googleセーフサーチ。

Googleセーフサーチ

保護者は、ファミリーリンクアプリで、子供のパソコンの利用時間の管理、アプリリクエストの承認、アプリの利用時間の確認ができます。

学校用アカウントを追加
子供の通う学校が「Google Workspace for Education」アカウントを採用していて、「Google Classroom」を使っているなら、そのアカウント設定を追加します。

学校用アカウント

Google Workspace for Education

Googleアシスタントへ、子供の画面へのサポートの許可をします。

Googleアシスタント

Googleアシスタント

Googleアシスタントを有効にするなら、子供の声を覚えさせます。これをしないと誰が言っても反応してきます。
Web会議の声でも反応して口出しされますw

OK、Google

完了です。

ChromeOS Flex

壁紙を変えてみました。

ChromeOS Flex

Googleファミリーリンクは保護者のPCやスマホで確認できます。
うちのかなり古いZenpadでもインストールできました。

Googleファミリーリンク

Googleファミリーリンク

しっかり管理しようとする家庭と、無関心な家庭と、学校の連携が課題と思われます。

  • 2022年4月12日

Chrome OS Flexを試しました

中古のDELLパソコン、もともとはWindows7で、Windows10をクリーンインストールしてあります。

PC:DELL Latitude E5520
OS:Windows 10 Pro 64bit
Memory:4GB

DELL Inspiron

Windows11アップグレード非対応。
他に問題はありませんが、3年後には使えなくなります。
試しに[Chrome OS Flex]を入れてみました。
GoogleのC設定モデルリストでは、「Minor issues expected」

DELL Latitude

ChromeOSは出始めの頃に試してみましたが、今年2月末に開発版の[Chrome OS Flex]が発表されていました。
USBメモリでインストールメディアを作るのも、特に難しいこともなく、GoogleChromeのセットアップと同じ感じです。

ChromeOS Flex

ChromeOS Flex

[ChromeVox]はスクリーンリーダーですね。有効にすると音声で案内してくれます。

ChromeVox

国と言語を選びます

ChromeOS Flex

インストールせずに試すこともできますが、今日はインストール。

ChromeOS Flex

自分用か、子供用か選びます。今回は業務用の検証なので自分用。

ChromeOS Flex

ちなみに、子供用を選ぶと保護者用設定になります。

ChromeOS Flex

 

完了です。

ChromeOS Flex

USBメモリを抜いて起動。
起動はやや時間がかかります。壁紙は好みのものを設定。

ChromeOS Flex

GoogleChromeでやっていることは同じように使えます。
普段使っている拡張機能。

ChromeOS Flex

NASへの接続も[ファイル]から[SMBファイル共有]。
OfficeはWEB版が使えますし、もちろんGoogleドキュメントやスプレッドシートが便利です。
他のPCやスマホとも自分のGoogleアカウントで同期。
自分の別のGoogleアカウントもPCと同様に設定。
印刷はPDFへ出力。

Googleを普段も使っているなら何の違和感もありません。
予算の少ない会社なら、業務内容に応じてこれで充分な業務もあるでしょう。
Windowsでないと動かないソフトを使うとなると、[Parallels Desktop for Chrome OS]が必要とのこと。
また、GoogleWorkspaceは多機能なので、使いこなしていくと有償のサービスが必要になるような気がします。

まだ開発版なので、今後を楽しみにしたいと思います。

  • 2022年3月21日

iMacとMacBookとiPadでUniversal Control

macOS 12.3で公開された「Universal Control」をさっそく試してみました。

Universal Control

まだベータ版。

Universal Control

一応3台まで設定可能ですが、さすがに3台の間をシームレスに・・・という訳にはいきません。

iMacとiPad
iMacとMacBook
MacBookとiPad

で、マウスとキーボードが行き来できました。
特にiPadでキーボードが使えるのがうれしい。

Universal Control

iPadの丸い図形がマウスポインタです。
iMacの左を超えて、iPadの右からマウスポインタが出てきました。
上下は非対応。

これで、UbuntuとWindows PC 3台でlogicoolマウスとキーボードを共有。
iMacとMacBookとiPad ProでApple Keyboadとマウスを共有となりました。

  • 2022年3月4日

マルチペアリング キーボード「logicool KX800」

WindowsノートPCやUbuntuデスクトップで、logicool Bluetoothマウスをマルチペアリングで使っています。
今回ゲーミングノートPCを購入したので、これも追加してキーボードもマルチペアリングました。

マルチペアリング

充電はUSB Type-C。

マルチペアリング キーボード

サポートアプリの[logicool options]で設定を確認。環境を変えたのでマウスも一緒に設定変更します。

logicool options

ファンクションキーの設定を変更。Fn+Escを押して、ファンクションキーの設定を変更できますが、

logicool options

これは、「標準のファンクションキーとしてF1〜F12を使用」で固定します。

logicool options

3つのボタンに、3台のパソコンを登録して、ボタンで切り替えます。これは、マウスのボタンと同じに設定。

logicool options

これで、マウスとキーボードを3台のパソコンで共有できました。
ノートパソコンは蓋を閉じたままで、ディスプレイだけ切り替えて操作ができます。

logicool KX800

キーボードのLEDは普段は消灯していて、手をキーボードに載せると点灯します。控えめな灯りが目に優しい。

logicool KX800

WindowsキーやPrintscreen・NUMキーなどが表記が違うので、[logicool options]はちゃんと確認した方が良いです。
すごく快適になりました。

 

  • 2022年1月30日

HP Pavilion Aero 13-be

最初のご相談はExcelのバージョンが古すぎて(2003)人から受け取ったExcelファイルとの互換性問題についてでした。さすがにこれはもう無理なので、幾通りか対応策をお知らせしました。

1)新しいパソコン+Officeソフト(買切)
ASUS+Office Home & Business 2019 129,800円
https://www.yodobashi.com/product/100000001005808902/

2)パソコンは今のままでOffice365 Personalを年間契約
12,984円/年

3)パソコンは今のままでOffice Personal 2021を購入
¥32,784円買切り
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/buy/compare-all-microsoft-365-products

4)無料のOffice on the web を使う
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/free-office-online-for-the-web

そして、買い替えを検討することになり、改めて採用されたのがこれ。

【快適パソコンライフ!】HP Pavilion Aero 13-be0000 スタンダードプラスモデル【C2】HP個人向けパソコン最軽量957g!キャンペーン

ベースユニット HP Pavilion Aero 13-be0000
OS Windows 11 Home (64bit)
オフィスソフト 【50%OFF】Microsoft Office Home & Business 2019
プロセッサー AMD Ryzen 5 5600U モバイル・プロセッサー
ディスプレイ 13.3インチワイド・WUXGA非光沢・IPSディスプレイ
ボディカラー ピンクベージュ
メモリ 16GB オンボード
ストレージ 512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス AMD Radeon グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
無線LAN/Bluetooth IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth
キーボード バックライトキーボード (日本語配列)
スピーカー B&O Playデュアルスピーカー
Webカメラ HP Wide Vision HD Webcam
Windows Hello 指紋認証センサー
ACアダプター (標準) ACアダプター
価格(税抜)  ¥111,273 (税込¥122,400 )

 

HP Pavilion Aero 13-be

電源ボタンが右端ではなく、Deleatキーの隣です。危ないです。

HP Pavilion Aero 13-be

このパソコンは有線LANが無く、無線LAN設定の画面に、Windows10まではあった「インターネットに接続していません」や「制限された設定で続行する」がありません。
何ということでしょう。これを回避するために、ここでUSB接続のLANアダプタを使います。

有線LANアダプタ

そして、Microsoftアカウント作成のところでLANケーブルを抜くと、ローカルアカウントを設定することができます。

ローカルアカウント

また、ファンクションキーの設定が「Action Keys Mode」有効になっているので、BIOSで[Disabled]に変更。

BIOS

きれいで軽くて気に入って頂けました。
この頃のノートパソコンはメモリ増設ができないものが多いので、メモリは多めにしておきました。

GoogleChromeセットアップ、Adobe Readerインストール、Officeセットアップ。
Gmailをパソコンとスマホで別々のアカウントになっているので、どちらも使えるように設定。
家族とのデータ共有用にGoogleDriveを設定。共有については家族の方にフォルダを作ってもらいましょう。
プリンター設定(Canon TS8230)これはUSB接続していらっしゃいましたが、WiFi接続に変更。
ファンクションキーが、デフォルトでFnキーを押しながらなので、BIOSで変更。

パソコンの起動を指紋認証設定。これはうれしいです。
電源オプションを設定
 カバーを閉じる→スリープ
 電源ボタン→シャットダウン

今までのパソコンは壊れてはいないので、家族にあげるそうなので、OSのクリーンアップで全部消去。

  • 2022年1月26日

ノートパソコンの蓋を閉じたままWOL

ノートパソコン(Panasonic CF-MX5)を蓋を閉じたままWOL設定したので覚書。

レッツノート

PC:Panasonic CF-MX5(2016年発売の中古購入)
OS:Windows 10 Pro(64bit)
CPU:Intel Core i5 2.4GHz
Memory:8GB
SSD:256GB
画面:2.5inch

BIOS設定

Power On by LAN機能 [許可]

ネットワーク設定

有線LAN接続して、IPアドレスを固定。

Wake On Magic Packet [有効]

wol

電源の管理タブ、項目3箇所チェック。

電源オプション設定

カバーを閉じた時の動作 [何もしない]
高速スタートアップを有効にする項目を、チェックを外す。

WOL

シャットダウン状態で蓋を閉じたまま、リモート接続時に電源ON。
閉じたままでもパソコンを操作できます。
つまり、自宅から会社のノートパソコンの電源を入れて、操作ができます。

WOL

このパソコンはハイブリッドスリープに対応しています。

スタンバイ

参考:モダン スタンバイと S3