• 2016年4月13日

お引越しをしたお客様のFTTH引き込み工事に立ち会い、電話・LAN・TVの工事及び設定をしました。
電話機も機種の提案と購入をして、事前にパナソニック デジタルコードレス電話機「VE-GD72DL-W」を購入して持参しました。
最近の電話機は、迷惑電話対応機能や録音機能が充実しています。

こちらのマンションは今までVDSLで光を引き込んでいたようなのですが、NTTはVDSLの新規申し込みを終了しており、ギガマンション(光配線)での契約となりました。
プロバイダは最安のBBExcite、メールはとりあえずauのメールアドレスをプラン変更で継続しましたが、以前のように2〜300円では済まないそうで、もったいないので徐々にGmailに移行することになりました。
引っ越しからFTTH工事まで少し期間があったので、ホームページを見てメールをするくらいできるよう、モバイルルータをお貸ししました。

ひかり電話なので、ルータとパソコンと複合機(FAX付)と、電話機をそれぞれLANケーブルと電話線で接続しなければいけません。
ルータと電話機は近くなのですが、パソコンと複合機(FAX付)が別の部屋です。
これは前の住まいの時も同様で、LAN・電話の配線工事をしました。
途中にテレビがあるので、テレビのところでLANをHUBを経由させておきました。これは、将来的にテレビもLAN接続すると思われるためです。

LAN工事

LAN工事
テレビが映りません。
すべて接続はしていますが、「接続されていません」とメッセージが出ます。
前の住まいからそれほど遠くない場所で、同じ市内です。
おかしいと思ったら、テレビの視聴設定をやりなおす必要があったのでした。

壁に穴を空けてLAN配線をし、モール施工で仕上げました。
電話は一つの番号でFAX兼用ですが、普段あまり使わないので、まず複合機に接続して、複合機から電話機側への戻し配線をしています。
電気のコンセントも数が少ないので、7つ口でコードの長いものを購入し、予め家具の後ろを通しておきました。

今回は、いろいろと訪問してみないとわからない事が多かったので一人で全部やりましたが、さすがに疲れました。
本当はBSアンテナ工事もしたかったのですが、マンションの位置が悪く無理でした。

  • 2016年3月28日

ホームページを見てのご依頼です。
ご自宅の無線LANが1階から2階までまったく届きません。
壁に穴を空けて外を通して2階までLANケーブルが通っていますが、その他の部屋は無線LANが不安定だそうです。
今回、必要な部屋3部屋に有線LAN工事をし、モール施工しました。

LAN工事 LAN工事

どこに聞いてもやってくれる業者がなかなか見つからなかったそうです。
写真に撮ると地味ですが、凹凸や壁の穴空けがあって、結構時間がかかりました。
スマホがあるので無線LANも必要ではありますが、パソコンがある以上有線LANは一番安定します。

  • 2015年6月29日

MDF光を開通できたお客様、いよいよLAN工事です。
こちらの建物は工事がとても大変なのです。
そして、どんな大変な工事もやってくれる助っ人が家電工事屋キツカワさん(笑)。
まさに不可能の文字は無い。

1Fが業務で2Fが自宅部分となるのですが、今までADSLをそれぞれに引いていました。
セキュリティを考えれば、それも悪くないかとも思うのですが、いかんせん速度が遅い。
またこの頃ではiPhoneをよく使うようになってきて、iPhoneでFAXを確認したり、だんだん有効活用するようになってきて、その場合、ネットワークが別だと何かと繋がらないトラブルにもなりがちでした。
昔は無線の電波も階をまたぐと繋がらなかったのですが、無線の技術が進むにつれ微妙に電波が届くもので、弱い電波を掴んだまま移動してしまうのです。
お客様自身はあまりネットワークを意識せずに使っているので、iPhoneがどっちに繋がっているのかわからなくなってしまいます。
今回はそれが解消できました。
回線も光になったので、テレビもネットに繋がりました。

  • 2015年4月12日

テスターホームページを見てLAN工事をご依頼頂きました。
電気屋さんで聞いても、やりたくないみたいだったようです。
近所でLAN工事やってくれそうなところをネットで検索していて見つけてくださいました。
FTTHの引き込みの1階から2階の部屋までLAN配線。
1階から2階の別の部屋には配管が通っていたので、そこを通して、後は廊下を露出配線。
間に2枚ドアを挟むので壁に穴空けました。 長さはだいたい25mくらい。

  • 2015年1月12日

法人のお客様から床貼替えと同時に床下配線の工事をご依頼いただきました。
こちらは何度もいろんな業者が工事して、電気やLAN・ビジネスホンを追加で工事していて、実際に何がどうなっているのか把握できなくなっていました。
会社なので毎日営業していますし、業務に支障の出る可能性のあることはとてもとてもできません。
私が伺うようになってからもわかったところから整理し、整理している間にも変更があったり、機器の買い替えがあり、全部を把握するのはなかなか難しい。
それを今回、少なくとも床を這っているものはすべて整理することになりました。
天井や壁の分までは無理です。

連休の3日で終らせるために、社員の皆様にも協力していただき、極力荷物を整理して移動しておいていただきました。
それでも、ネットワーク機器や床の配線を外すのは注意が必要です。
OA配線は私が確認。
配線を間違いなく元に戻せるように、特にビジネスホン関係は極力外さないで、壁や棚の上に退避。
机や棚を元に戻すために写真を撮って、使っていないと確認できた配線は撤去。

1日目で貼替えを済ませます。家具を移動して半分づつ。
2日目で床下配線が終了。
3日目には私がOA・ビジネスホン・ネットワークを復旧させます。
4日目には営業しなければいけません。

作業前(>_<)

 

少しづつ前倒しで作業は進み、3日目は一人では体力も精神力も持たないので助っ人を呼びました。
1日目に配線を外すところを確認しそこなった電話線や、使っているのかいないのかわからない最後まで謎だったISDN機器。
やっと整理できたビジネスホンの配線を、床下に納めて・・・。
移動後起動しないパソコン(T_T)。
この機会にやろうと思っていたルータのファームアップ。
ソフトのインストール・・・etc。

なんとか、3日で無事に終わりました。
寒かった床下が靴を脱いでも温かい。

作業後(^_^)

床下配線 HUB WiFiルータ

  • 2014年9月6日

LANケーブルテスタ去年、無線LANの中継器設定をしても電波が届かなかったお宅です。
決して安くもない無線機を2台も購入して、出張設定を依頼して、どんなに設置場所を工夫しても、家の作りがコの字型で、外壁を2枚も挟むので不安定だったのです。
ファームウェアをUP、無線チャンネル変更など何をやってもダメで、しかも一番使いたい場所が一番遠いお部屋で、なるべく外壁を間に挟まない位置に設置するようアドバイスしていましたが、今回、有線LAN工事を希望されました。
中継器設定はやめて、無線ルータ→有線LAN配線→無線アクセスポイントの設定にしました。
すると、やっと安定しました。
無線LANって言ったって、減らせるのはLANケーブル1本です。

  • 2014年8月31日

事務所レイアウト変更に伴いLAN(電話)工事

お客様の事務所のレイアウト変更に伴い、複合機のLANケーブルと電話ケーブルを配線工事してほしいとのこと。
単純に壁沿いにきれいに配線した次第です。
ことさらに嫌われる有線LANですが、一番安心で確実なのはやはり有線LANです。
無線LAN(WiFi)は併用すればよろしい。
有線LAN工事有線LAN工事

きれいに工事終了して写真を撮ると、作業前写真を撮ることを忘れていたことに気づきます。
いつもそう。

お客様から、よく「このお仕事はやっぱり資格が必要なんでしょうね」と聞かれますが、LAN工事は資格は必要ありません。
電話工事は線を剥いて変更するには資格が必要です。

  • 2014年4月6日

以前から無線LANが不安定で、前回有線LAN工事の事前調査をしていましたが、今回いよいよ工事することになりました。
引き込みの1F〜2Fは配管があり、2Fの廊下にモジュラ-ジャックがあります。
そこにLANジャックを作り、廊下からパソコンのある部屋まで露出配線工事をします。
間にドアがあるので、穴を開けました。
回線がADSLの遅いコースですし、配管もあまり太く無いので、今回はCat5eで施工しました。
これで安心です。
無線機はモデムがLANポート1つのタイプなので、HUBとスマホ用の無線機として残しました。

ウイルスバスタークラウドの契約を複数更新してしまったそうで、現在ウイルスバスタークラウドは1契約でPC3台までインストール可能なので、一つのシリアルをPCに登録し他のシリアルは以後更新しないようにしました。

auのスマホにエラーが度々出るとのこと。

スマホエラー

 

「Googleサービスフレームワーク(com.google.process.gapps)が予期せず停止しました。やり直してください。」

古いandroidスマホなので、機種変した方が良いかもしれません。
さらに調子悪くなってきたら、iPhoneに機種変検討しましょうか。

  • 2013年1月16日

新居のLAN工事とTV設定

家の建て替えをなさったお客様です。
前回、仮住まいのお宅に伺って、インターネットやTVのネット接続をしました。
その際、建て替え中ならとTVとルータの間に壁の中に配管を入れておくことを強くお勧めしました。

今回伺って、試しにルータとTVを有線LAN接続してみました。
インターネット回線がADSLなので速度が遅く、アクトビラは止まります。
でも、Youtubeはスムーズに動いています。
Youtubeだけでも動くならネットワーク接続する価値があるとのことで、配管にLANケーブルの通線工事することになりました。
ルータとテレビは部屋の反対側なので、やはり配管しておいて良かった。
このテレビはUSB接続の無線LANアダプタを接続することも可能ですが、 できるだけ有線LANにしておいた方が将来的にもトラブルが少なくなります。

 

  • 2012年12月6日

FTTH工事難航

年明けオープンの会社さんのネットワーク工事と設定をご依頼いただきました。
パソコンはWindows7の方が良いので、早めに購入していただきました。
インターネット回線は、NTTの光ネクストを申し込み。プロバイダは最安のBB Exciteをお勧めしました。

リフォーム中の現場を事前に下見に伺い、壁の中に配管があることを確認。
引き込みは1階、1階を経由して壁の中の配管は2階に繋がっています。
アナログ回線も1回線ありセキュリティに使い、電話とFAXはひかり電話、TVもフレッツTV。
設計担当の方とも一応確認。

当初、12/2のはずだったNTT工事が場所が地中配線で12/2に間に合わないとかで、直前に12/6になり、スケジュール調整に苦戦。
しかも、プロバイダの書類が2日前になっても届かないとのこと。
BB Exciteの申し込みはNTT経由なので、NTTにお客様からお電話して頂くと、直接BB Exciteに電話して欲しいとのこと。
すると、なんとBB Exciteは個人名でないと申し込みできないと今になって仰る。
とにかく、個人名義ならWeb上から当日でも申し込みできるので大丈夫とご説明。

そして当日、NTT工事は午後の予定で、細かい時間は当日連絡が来るとのこと。
ルータが1階になるか、2階になるかわからないけど、とにかく有線LAN工事は必要なのでCat6eのLANケーブルと4芯の電話線を通線しながらNTTさんを待ちます。
すると、先にアナログ回線工事とTV工事の担当者が来て、今日は多分FTTH工事は無理とか仰る。
結局、地中配線では無いらしく、外工事がかなり遠くからになっているらしい。
アナログ回線の工事は1階に引き込んで完了。

TVの工事次第でルータの場所が変わるので相談すると、なぜかTVの場所に来ている同軸ケーブルが使えないとのこと。
ルータからTVの部屋まで露出配線して、間にある壁は穴を空けることになる。
それだと、ルータは1階でも2階でも大変なことです。
1階上の点検口から電気工事などをしているようなので、天井裏を通せばきれいにできそうな気もしますが、NTTの工事では天井裏は入らないとのこと。
そこで、NTTの工事はキャンセルして、いつも頼りにしている工事屋さんに頼むことにしました。

NTTのFTTH工事を待つ間にパソコン2台のセットアップ。
でも、ネットが繋がらないので何もできません。
宅内の通線工事は終わって、外工事を待つ。
17:00くらいに宅内にルータ設定。
外の経路を変更して開通させたそうで、局内の切り替えが2時間くらいかかる。
その後ひかり電話が開通するのにも時間がかかる。
19:00頃ネットは切り替わり、あとは電話。
さすがにお客様もお疲れで、この後の作業は別の日にすることにしました。