FMV-BIBLO MR16BにUbuntu

PC:富士通 FMV-BIBLO MR-16B

OS:WindowsXP SP2→Ubuntu 7.04

CPU:Pentium4 1.60GHz-C

チップセット:Intel 845MP

HDD:40GB→60GB

Memory:256MB



お客様宅でHDD故障で買い替えて、不要になっていただいたPCです。

HDDは修復できたものの、不良クラスタがあるので60GBのものをヤフオクで落札して交換。

リカバリディスクも頂いたはずが、肝心なディスクだけ無かったので、Ubuntu7.04を入れてみました。



特に問題なくセットアップ完了。

市販のDVDを見れるようにしたいので、「Viva! ubuntu Magazine」 を参考にコーディック関係の設定とcss解除。

ところが、コマンド入力がなぜかうまくいかない。

あげくに「Synaptic パッケージ・マネージャ」が起動できなくなってしまった(汗)。

「sources.list」に変な記載がされてしまったようなので、「Ubuntu Guide」を参考に手入力で修正することにしました。

コマンド入力で、

==========================

sudo vi /etc/apt/sources.list

==========================



下記をコピペして、



========================================================================



## PLF REPOSITORY (Unsupported. May contain illegal packages. Use at own risk.)

deb http://medibuntu.sos-sts.com/repo/ edgy free

deb http://medibuntu.sos-sts.com/repo/ edgy non-free

deb-src http://medibuntu.sos-sts.com/repo/ edgy free

deb-src http://medibuntu.sos-sts.com/repo/ edgy non-free



========================================================================



escキーで編集終了、w 上書保存、q 終了

==========================

sudo apt-get update

==========================

で、データベースを最新に。



これで、「medibuntu」関係もセットアップできました。

市販のDVDもちゃんと再生できました。

Youtubuも見れます。

操作した感じはとても快適で、メモリ512MBのWindows SP1のデスクトップと一緒に電源を入れると、このメモリ256MBのUbuntuのほうが先に起動します。



それからセキュリティソフト、ほとんど必要無いかと思いますが、試しに「AVG Anti-Virus」を入れてみました。

が、画面上でUpdateはできません。



コマンド入力で、

==========================

sudo avggui

==========================

で定義を更新。



ここまでは良かったのですが、スキャンをかけるとフリーズします。終了もできません。

アンインストールしようにも、アプリケーションの一覧には「AVG」が表示されますが、追加と削除の項目には表示されません。



うーん、困りました。まあ、とりあえず使用には差し支えないですが・・・。





No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA