• 2021年2月10日

Archer C55お客様のお宅で無線機が古いので交換しようと購入した「Tp-Link Archer C55」。
このメーカーの機器は初めてですが、なぜか設定に手間取り、ファームウェア更新したところ繋がりました。
と思ったら、これを2階につけると、1階でネットがダウン。
訳がわからないので、この機器はやめて別の無線機を設置しました。

このトラブルの原因がやっとわかりました。
この「Tp-Link Archer C55」はブリッジモードでの設定が可能です。
手順もサポートサイトに案内があります。
ブリッジモード(アクセスポイントモード)への動作モード切り替え方法

ですが、既存のネットワークにブリッジで無線アクセスポイントとして追加設定しようとすると、ルータのON・OFFを切り替えるボタンが無い為、一度はネットワークに接続することになり、その時点でルータが有効で他のネットが落ちてしまいます。
スマホアプリで設定しようにも、ネットに繋がっていない無線機には、スマホも接続できません。設定アプリはユーザー登録しないと使えません。
それでも前回は直結しているパソコンからブリッジの設定をしましたが、再起動してもブリッジにならなかったのです。

今回は、「Tp-Link Archer C55」のWANポートを外して電源を入れ、LANポートにパソコンを接続し、ブリッジの設定完了後、ルータがランプでOFFになったのを確認した上でWANポートをHUBと接続すると正常に利用できるようになりました。
アマゾンの↓レビュー、助かりました。(感謝!)
ブリッジ接続、APモードは初心者向けではありません

設定できれば電波状態も速度も良好です。
値段が安いのはこの辺の問題もあるのかもしれません。