YAHOOモデム交換

YahooモデムYahooからモデム交換依頼が来たそうです。
それ以前に、ADSLが繋がらなくなったとのこと。
自分でモデム交換が自信が無い、説明書きに色々書いてあるのが、全部やって良いのか心配です。

訪問してみると、まず古いモデムに刺さっている2本の電話線が逆です。
これでは繋がりません。
ネットが繋がらなくて色々やっているうちに間違えたのかもしれません。
無線機のルータのスイッチがAutoになっていました。
これは、ブリッジに変更。
私が設定した時はブリッジにしたと思うので、やはり色々やっているうちに間違えたのかもしれません。

ともかく、正しくADSLモデムを交換して、無線機も電源を入れ直すと繋がりました。
無線LANの電波もそれほど強くはありません。
モデムと無線機は1Fで、2Fへは中継器をつけています。
いろんな不安定要素がありますね。

この電話線が逆というケース、何度も経験があります。
インターネットが繋がらないので、プロバイダーのサポートに電話をかけると、とりあえずモデム交換になり、送られてきたモデムを取り付ける際に間違えてしまうようです。
最初の繋がらなかった原因とは別の繋がらない原因を作ってしまうわけです。
ADSLは電話線を使うので、ドアホンやホームテレホン、親子電話など、過去にいろんな電話サービスがあって、宅内の配線状況によってはADSLを繋げるために電話工事をしています。
これらはその工事をした時に、工事人に聞いておかなければわからないでしょう。図面もありません。
工事人の名誉の為に言うなら、何年もたってから電話で聞かれてもわかりません。
プロバイダに電話で聞いてもわかりませんし、どんなにパソコンに詳しい人に聞いてもわからないのです。
かかりつけの電気屋さんとちゃんとお付き合いしましょう。

それから、ADSLモデムに付属する説明書、全部読んでそのとおりにやって、おそらくやらなくて良いことまでやって、その時にまた間違えると、ここでも繋がらない別の原因を作ることになりかねません。
新規契約の場合でも、交換の場合でも同じものが送られてくるのですから仕方ありません。

Comments are closed