FTTH開通工事3度めの正直!!

FTTH工事FTTHを開通させる為に、配管があるのかどうか、あっても通線できるかどうか、数年前に2度調査して、一旦は不可能と言われてしまったお宅です。
その時は私は立ち会わなかったので、どういう状況なのかお客様だけではわかりませんでした。
今回、私も立会の上で再度調査することになりました。
一度、開通できないと言われても、別のお宅で再度申し込むと開通できた例もあります。

こちらは配管はあるのですが、引き込みからMDFまでの間に中継があるらしく、それが見つかりません。
通線紐が通してあるので、どこかにその出口はあるはずですが、かなり探しても見つかりません。
数カ所床下に点検口、天井の点検口、エレベーター室と探しましたが見つかりません。
引き込みから通線ワイヤーを入れてみると、かなり近くまで来ているようなのですが辿りつけません。
新築時の設計図面も見せてもらいましたが、中継らしき記載がありません。まっすぐストレートに配管してあるかのように書かれています。
半日探しても見つからないので、お客様と相談の上、外壁に穴を空けることになりました。

NTTさんは壁の穴空けはやらないので、弊社の工事屋さんで空けることになりました。
FTTHの本工事の前に、壁の穴空けと、NTTさんも外工事をしました。
そして、ようやくひかりが開通できました。
あとは、何とか1Fと2FのLAN工事ができれば、面倒なトラブルも解消します。

 

 

Comments are closed