ISDNとビジネスホンを廃止

Bフレッツお客様の会社で、インターネット回線が遅い(古いBフレッツ)問題がありまして、また電話がISDN+ビジネスホン+おとくラインという厄介な事情がありました。
FAXトラブルに見舞われたり、一時的にネットが業務に支障が出るほど遅くなったり、テレワークでリモート接続にはさすがに無理な状況でした。
今回はそれに加えて、メッシュネットワークでゲストWiFiが使いたく、ようやく光回線を変えることになりました。

業務を止められないので、万が一にも備えて回線は別途契約しました。
工事当日も立会い、既存の配管はもう一杯でエアコンの穴から引き込み、引き込みの場所が変わったので、HUBまで床下配線でLANケーブルを通してもらいました。
電話はテレワークでアナウンスを流すのみなので、ビジネスホンを廃止し、家庭用FAX機で子機増設のできるものに替えました。

富士ゼロックスの複合機でトラブル発生。回線が話中になります。
これは前にも似たような障害があって、その時はTAの再起動で直ったり、電話配線の引き直しで直ったりしたのですが、症状としてはその時と同じです。
別の複合機を接続すると正常動作するので、このゼロックスの複合機の問題です。
土日でサポートが対応できるのが月曜になってしまうので、とりあえず古いFAX複合機を接続しました。
結局、TAに設定されていたナンバーディスプレイとダイヤルインの設定を複合機本体で設定する必要があったそうです。

こうして、ついにISDNとビジネスホンは廃止され、インターネットはずっと高速になりました。

ビジネスホン

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA